お金に困ったときは「お金がない馬」

イオンカードが残高不足で引き落としできなかった!払えないとどうなる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

口座の残高不足でイオンカードの引き落としができなかったときは、どうなるのでしょうか。

再引き落としを実施するのか、また、自力で未納金を振り込まなくてはいけないのか、どこに連絡すれば処理をスムーズにできるのか等、イオンカードの引き落としに関する疑問を徹底的に解説します!

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 口座の残高不足でイオンカードの引き落としが行えなかった人
  • 支払いの滞納が続く場合の対処法を知りたい人

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%
最短即日
新規の方はお借入れ全額60日間無利息、又は5万円180日間特典あり
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

イオンカードの引き落としができなかったときは再引き落としされます!

イオンカードでは締め日が10日、引き落とし日が翌月2日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に設定されています。

口座残高が不足しているために、イオンカードの引き落としができなかった場合、再引き落としはされます。

しかし、条件がそろわなければ再引き落としがされないケースもあるため、再引き落としのときにはイオンカード会社から何らかの連絡が来るのか、そして、未納金はどのように支払うのかについて解説します。

なお、イオンカードの支払いが滞ると、最終的には財産を差し押さえられることになります。

引き落とし口座がイオン銀行の場合は再引き落としされる

イオンカードでは、振替日(2日、2日が銀行定休日のときは翌営業日)に口座引き落としが実施できない場合には、3日~5日に再引き落としを実施してくれます。

ただし、支払口座としてイオン銀行を登録している場合に限ります。

したがって、決済口座がイオン銀行以外のときには、再引き落としがされずに他の支払手段を取らなければなりません。

さらに、イオン銀行を振替口座に登録している場合でも、3日~5日が土日祝日のときは再引き落としを実施しません。

年末年始やゴールデンウィークなどは、3~5日全てが休日で再引き落とし日がないこともあるので注意してください。

振替口座として登録した金融機関3日~5日が全て土日祝日3日~5日に1日以上の平日があるとき
イオン銀行再引き落としをしない再引き落としをする
イオン銀行以外再引き落としをしない再引き落としをしない

引き落とし口座がイオン銀行以外の場合は、振込で支払う必要がある

引き落とし口座がイオン銀行以外の場合は、再引き落としがされないため、指定の振込口座に支払を行う必要があります。

指定口座についてはイオンカードから連絡が来ますが、イオンカードからの連絡を待っていると延滞期間が長くなるため、気が付いた時点で自分から確認したほうが良いでしょう。

自分から確認する場合には、イオンカードのマイページ(暮らしのマネーサイト)か、テレホンアンサー(自動音声応答サービス)から確認できます。

テレホンアンサーの電話番号は以下の通りです。

  • 固定電話:0120-223-212(無料)
  • 携帯電話:0570-064-750(有料)

なお、指定の口座に振り込む際の振込手数料は、利用者負担となります。

振込先はイオンの「暮らしのマネーサイト」で確認できる

イオンカードのマイページ「暮らしのマネーサイト」にログインし、「お振込口座のご案内」をクリックすると、引き落としに間に合わなかったときの振込先口座が表示されます。

再引き落としにも間に合わなかったときや、イオン銀行以外で再引き落としのサービスがないときには、こちらから確認しましょう。

暮らしのマネーサイトにログイン後は、右側のサービスメニュー内にあるお振込口座のご案内をクリックすると、口座情報が表示されます。

引き落としが実施できなかったことが分かったら、すぐに振込先を確認して、未払金を支払うようにしてください。

◆ イオンフィナンシャルサービス公式サイト:「暮らしのマネーサイト ログイン」

イオンクレジットの滞納!時系列で解説

イオンクレジットカードを滞納するとどうなるのか、時系列で解説します。

滞納1日目:カードの利用停止

3日(2日が土日祝日のときは4日以降)には、イオンクレジットカードが使えなくなってしまいます。

振替口座をイオン銀行にしている人は、至急、イオン銀行に請求額を入金し、再引き落としがされるのを待ちましょう。

振替口座をイオン銀行以外にしている人は、イオンコールセンターに電話をかけて、利用金額の振込先を確認して下さい。

クレジットカード会社からハガキが届くのを待つよりも、自分から電話をかけて振込先を尋ねるほうが、早くカード停止を解除してもらえます。

◆イオンフィナンシャルサービス公式サイト:「お問い合わせ」

利用停止の解除までには2~4営業日かかる

再引き落としや振込によって滞納金を支払ったとしても、すぐにイオンクレジットカードの利用停止が解除されるわけではありません。

入金後、2~4営業日経ってから再びクレジットカードが利用できるようになりますので、週末や連休を挟む場合は1週間ほど使えなくなってしまいます。

滞納1週間以内:督促のハガキが届く

滞納して1週間以内に、督促のハガキが届きます。

記載されている請求額を、指定された期日までに指定された口座に振り込みましょう。

滞納2~3週間後:電話がかかってくる

支払督促のハガキに書かれている期日までに入金するなら、過去に何度も滞納したことがある人でない限りは、イオンクレジットから電話がかかってくることはありません。

しかし、期日までに入金しない場合や今までにも何度も滞納や再引き落としの経験がある場合は、滞納を始めてから2~3週間後(当月20日前後)にイオンクレジットから電話がかかってきます。

家や勤務先に電話がかかってくることも

イオンクレジットからの電話には、かならず出るようにしてください。

会議中など、何らかの事情で電話に出られなかったときも、すぐに折り返して電話をかけましょう。

イオンクレジットからの電話に出ないと、次は家の固定電話や勤務先に電話がかかってきます。

もちろん本人であることを確認しないうちに要件を言うことはありませんが、明らかに緊迫した声で電話がかかってくることもありますので、応対した家族や同僚に「借金があるのかしら?」と訝られてしまいます。

滞納3ヶ月目:強制解約

滞納3ヶ月目(2月2日が当初の支払い日のときは4月3日以降)に入ると、イオンクレジットカードから強制解約されてしまうことがあります。

強制解約はイオンクレジットから一方的に封書で告知されますので、利用者は異議を申し立てることができません。

イオンクレジットカードを使い続けたいという気持ちがあるなら、このタイミングまでには滞納金を完済するようにしてください。

カード強制解約は、信用情報に金融事故として記録されるブラック情報です。

このため、強制解約になってしまうと他のカードの契約やローンの借り入れなども不可能になってしまうので、大きなデメリットがあることは覚悟してください。

関連記事をチェック!

お金がないけど幸せになれるポジティブ・プラス思考とは?

「お金がない どうする」などのキーワードで検索すると、お金がないときこそプラス思考を持つべきだといった自己啓発的なサイトがたくさん見つかります。 もちろん、お金がないと言う状況をあまりにもマイナ...

お金がないけど幸せになれるポジティブ・プラス思考とは?
イオンクレジットの滞納分を分割払いにする

どうしても一括で滞納金を支払えないときは、イオンクレジットに電話をかけて分割払いにできないか頼んでみるようにしましょう。

完済するまでの期間が延びる分、遅延損害金も増えてしまいますが、対応によっては強制解約を回避できることもあります。

滞納4ヶ月目:裁判や財産差し押さえ

強制解約されたにも関わらず、滞納金を支払わないでいると、最悪強制執行手続きをされてしまう可能性があります。

強制執行手続きとなると、裁判所から「支払督促」や「差し押さえ予告書」などが届き、いよいよ法的措置に入っていきます。

具体的な強制執行手続きとは、給与差し押さえになることが一般的です。

給与差し押さえになると、支払われる給料のうち4分の1が持っていかれてしまいます(手取り金額が月額44万円を超える場合は、手取り金額から33万円を控除した残りの金額)。

また、勤務先にもイオンクレジットカードの支払いでトラブルを起こしていることが当然バレてしまうので、リスクが大きいということは覚悟しておきましょう。

どうしても支払えないときは、裁判所から封書が届く前に次のいずれかの策を取るようにしてください。

  • イオンクレジットに電話をかけて相談する
  • 法律事務所に出向いて、債務整理の相談をする
債務整理によっては免債や利息免除になることも!

債務整理を専門に扱う法律事務所に出向き、任意整理や自己破産などの債務整理を行えないか相談して下さい。

浪費やギャンブル、税金の滞納は免債されることはありませんが、それ以外の理由による借金だと判断されるときは、借金全額が免債されたり利息分が免除されたりすることもあります。

債務整理にかかる手数料は、債務整理後に支払えばOKな法律事務所も増えていますので、お金に余裕がないときでも弁護士や司法書士に相談できますよ。

債務整理前に、次の記事もぜひ読んでみて下さい。

関連記事をチェック!

お金がない状態で国際結婚をすることの危険性とは?

愛する人と結婚をすると言うことは非常に素晴らしいことですが、結婚には何かとお金が必要になります。 日本人同士の結婚であってももちろんですが、これが国際結婚ともなると日本人同士の結婚からは想像もできな...

お金がない状態で国際結婚をすることの危険性とは?

イオンカードの引き落としできなかったときに覚えておきたい3つのリスク

イオンカードの引き落としができなかった場合、利用者にとって良くないリスクを負う可能性があります。

1日、2日遅れるだけだったら、大きな影響は出ないだろうと高をくくってしまうと、思いもよらないデメリットが出るかも知れません。

そこで、イオンカードの引き落としができなかったときに起こりうる、3つのリスクについて解説します。

① イオンカードの利用料金が引き落とせないとカードは利用停止になります

口座残高不足により、ショッピング一括払いや、キャッシングの請求金が引き落とせないときは、すぐにイオンカードの利用が止められてしまいます。

また、ショッピングの2回払いやリボ払い、ボーナス一括払いに関しては、既定の支払日から20日を過ぎても未納状態が続いているときに、イオンカードの利用が止められてしまいます。

イオンカードを固定料金の支払いに利用している場合には、カードが利用停止になった結果、固定料金の支払いも滞ってしまう可能性があります。

それぞれの固定料金も、併せて滞納をする可能性があるなど、2次被害のことも考えなければならないのです。

② 遅延損害金がかかってきます

引き落とし日から一日でも延滞をすると、既定の引き落とし日の翌日から未納分を完済した日までの日数分、遅延損害金が発生します。

イオンカードの遅延損害金の金利は、次の通りとなります。

利用区分遅延損害金の年利
ショッピング利用分の中の一括払いとリボ払い14.6%
ショッピング利用分の中の一括払いとリボ払い以外のもの6.0%
キャッシング利用分20.0%

ここで、遅延損害金がどれぐらいの金額になるか、上表の金利を用いてシミュレーションしてみましょう。

イオンカードでキャッシングを行うと、7.8%~18.0%の金利が適用されますが、今回は上限金利である18.0%の金利が適用されたとして、シミュレーションを行います。

ショッピング枠・キャッシング枠それぞれで、30万円を1ヵ月利用した場合と1ヵ月延滞した場合に支払わなければらない利息・遅延損害金は、以下のようになります(ショッピング枠は一括払いを想定)。

ショッピング枠キャッシング枠
1ヵ月利用利息:0円利息:30万円×0.18×30÷365≒4,438円
1ヵ月延滞遅延損害金:30万円×0.146×30÷365=3,600円遅延損害金:30万円×0.200×30÷365≒4,931円

ショッピング枠を一括払いで利用する場合、利息の支払いは必要ありませんが、1ヵ月延滞すると3,600円の遅延損害金を支払わなければなりません。

キャッシング枠の利息と遅延損害金は、一見するとあまり変わらないように見えます。

ただ、利息と遅延損害金のどちらかだけを支払えばいいのではなく、利息を支払ったうえに遅延損害金も支払わなければならないので、純粋に負担が増えることになってしまいます。

延滞日数が延びるほど、より多くの遅延損害金を支払わなければならないので、できるだけ早く返済するようにしましょう。

③ 支払いの滞納が続くと、信用情報機関のブラックリストに載ります

信用状態に傷がつくこと、つまり、CICやJICCなどの個人信用情報機関に、延滞や遅延記録などのネガティブな情報が登録されてしまうことをいいます。

「ブラックリストに載る」と表現することもあります。

イオンカードの返済日に引き落としができないまま、支払いを滞納し続けると、ブラックリストに載ってしまうかも知れません。

ブラックリストに載ってしまうと、今後、クレジットカードの新規発行が難しくなったり、住宅ローンの審査に通りにくくなったりすることがあります。

引き落としに間に合わなかったとしても、すぐにブラックリストに載るということはありませんが、未納のまま数日以上放置しておくと、何らかの記録が個人信用情報機関に載ってしまうことがあります。

とにかく1日でも早く、未納状態を解消するようにしてください。

一度停止になった後はいつ利用再開してもらえるの?

未納金を完済して数日たつと、再度、イオンカードを利用できるようになります。

利用再開までの具体的な日数は、状況によって変動しますが、2~5営業日以内であることが多いです。

しかしながら、何度も滞納を繰り返している場合には、未納金を完済してもイオンカードの利用がなかなか再開されないことや、強制解約措置が取られることもあります。

また、未納状態を繰り返すことで、ショッピングやキャッシングの利用限度額が減ってしまうこともありますので、注意をしましょう。

イオンカードの支払い滞納が続くときの対処法

イオンカードの支払を滞納し続けてしまうと、これまで説明してきたように様々なリスクが降りかかってきます。

このため、イオンカードの支払滞納はできる限り早めに解消したほうが良いですが、経済的に難しいことも多いでしょう。

そこで、イオンカードの支払を滞納してしまうときに、取れる対処法をいくつか紹介します。

まずはイオンカードに連絡することが大切です

イオンカードの支払いを滞納してしまったとき、もしくは支払いを滞納しそうなときには、まずはイオンカードに滞納の旨を連絡することが重要です。

支払いの滞納をしてしまった情報は消えませんが、連絡を行うかどうかでイオンカード側の心証が大きく変わります。

連絡をせずに滞納を続けてしまうと、最悪の場合カードの強制解約や法的手段を取られることもありえます。

電話連絡はしにくいかも知れませんが、滞納が分かった時点でこちらから連絡を行いましょう。

カードローンで借りて長期で返済していく方法もあります

支払いを滞納してしまうと、将来5年、10年信用情報に悪影響を与えてしまいます。

このため、短期間で支払いが厳しいのであれば、カードローンでお金を借りて長期的に返済していく手段もあります。

カードローンの借り入れは利息を払う必要があるため、気後れしてしまうことが多いですが、イオンカードの支払いを長期間滞納するよりは良いでしょう。

プロミスなら即日での借り入れが可能

イオンカードの滞納を1日でも早く支払うため、カードローンの借り入れもできる限り早く行いたいところです。

このような場面では、プロミスのアプリローンがおすすめです。

アプリローンであれば、申し込みから借り入れまですべてスマホのアプリから行えます。

カードローンで多くの場合必須になるローンカードも、アプリローンであれば発行せずに借り入れができます。

また、審査時間も最短30分と短く、スムーズに手続きがすすめば1~2時間で借り入れが可能です。

素早く借り入れが行いたい場合に、プロミスのアプリローンは非常におすすめです。

どうしても支払いが厳しいなら弁護士に相談も

滞納が長期間になってしまい、カードローンなどで借り入れをすることも難しい場合には、弁護士に相談することもひとつの手です。

弁護士は借金関係のプロであるため、アドバイスをもらうことやイオンカードと交渉をして、支払を減らす「任意整理」を行うなどの対策を採ってもらえます。

相談料が気になる人は、法テラスに相談に行けば弁護士や司法書士が、無料で相談に乗ってくれます。

任意整理など、法的手続きを行う場合の弁護士のあっせんも行ってくれるため、滞納が長期化するときには最初に法テラスに相談に行ってみましょう。

イオンカードの引き落とし日と時間をおさらいしておこう

イオンカードの再引き落としについて紹介してきましたが、大切なことは引き落とし日を忘れずにしっかり入金をしておくことです。

そこで、引き落とし日や詳しい時間、引き落とし日が休日だったときの対応など、引き落としに関する情報を確認していきましょう。

イオンカードの引き落としは毎月〇日、時間は?

イオンカードの引き落とし日は毎月2日となっています。

前々月の11日から前月の10日までの支払いを行うこととなり、詳しい金額は暮らしのマネーサイトで確認できます。

また、イオンカードの料金を登録口座から引き落とすタイミングは、金融機関によって異なります。

早朝に引き落とされるときは振替日当日に入金しても間に合いませんし、夕方以降に引き落とされるときは、振替日当日に入金しても未納扱いにはなりません。

とはいえ、「間に合うかな?」とドキドキしながら、振替日当日に振り込むのはイヤですよね?

必ず2日の前営業日までに、イオンカードの請求額以上のお金を入金しておくようにしてください。

ちなみに、引き落とし口座がイオン銀行の場合、当日中に入金すれば(2日23:59まで)引き落としされる仕組みになっています。

引き落とし日が土日祝日に該当するときは?

引き落とし日(毎月2日)が土日や祝日に該当するときは、金融機関の翌営業日に引き落としが実施されます。

たとえば、2日が土曜日の場合翌営業日が4日月曜日となるため、通常よりも2日遅れて引き落としされます。

ゴールデンウィークや年始は、引き落とし日が大幅にずれる可能性があるので、事前にイオンカードの公式ホームページで確認しておきましょう。

引き落とし日変更はできる?

イオンカードの引き落とし日は、振替口座として登録している金融機関にかかわらず一律2日となっています。

そのため、個人的な理由で、引き落とし日の変更はできません。

引き落とし口座を変更したいときは?

イオンカードの引き落とし口座を変更することは可能です。

イオンカードのマイページ「暮らしのマネーサイト」にログインし、「カード登録内容照会・変更」から新しい金融機関の口座が登録できます。

また、24時間年中無休でつながる「テレホンアンサー」に電話をかけて、口座変更用紙を郵送してもらうこともできます。

郵送で登録口座変更を実施するときは、手続きに3~4週間ほどかかりますので、翌月あるいは翌々月の請求分から新しい口座で引き落とされることになります。

◆イオンフィナンシャルサービス公式サイト:「暮らしのマネーサイト ログイン」

◆イオンフィナンシャルサービス公式サイト:「テレホンアンサー」

イオンカードが残高不足で引き落としできなかったときの対処法、まとめ

クレジットカードの支払日は10日や25日に設定されているものが多いですが、イオンカードは2日と独自の日程になっています。

そのため、口座に入金するのも忘れてしまいやすく、カードが利用停止されてしまったり、未納金を自力で振り込まなくてはならなかったりするケースも多いのです。

イオンカードを不便なく利用し続けるためにも、必ず毎月1日には引き落とし口座の残高を確認し、イオンカード会社からの請求額以上のお金があるのか、チェックするようにしてください。

また、引き落としができなかった場合には、再引き落としを利用するか、イオンカードに連絡を行い、少しでも早く支払いを行いましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能