馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

家計簿があってもなくても家計管理こそお金を増やす第一歩!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金を増やすために最初にやるのは家計管理です。

わかってはいるけれど、家計簿って続かないし面倒だという人も多いのではありませんか。

でも、家計簿の有無に関わらず、お金を増やすためには家計管理は必須!

というわけで、今回はお金を増やすための家計管理について解説します。

なぜ家計簿をつけるの?

家計管理の方法といえば、まずは家計簿をつけることからだといわれていますよね。

でも、家計簿をつけるのは面倒です。

いったいなぜこんな面倒なことをしなければいけないのでしょうか?

それは、収支をしっかり把握するためです。

家計簿をつけるきっかけというのは人それぞれで、もっと節約したいと思って家計簿をつけ始める人もいますし、貯金をするために家計簿をつけ始める人もいます。

目的は何であれ、まずは収支を把握しなければ始まりません。

特に赤字体質の家計を改善するためには、収支の把握が不可欠で、赤字になってしまう理由を知る必要があります。

まずは赤字を黒字にするために、家計簿をつけて収支を把握し、家計管理できるようになりましょう!

関連記事をチェック!

家計が厳しい人に…理由別の対処法を伝授します!

毎月毎月、給料明細と家計簿をにらめっこしてため息を付く…。 家計が厳しい人はそのような行為が習慣化してしまっていると思います。 しかし、いくら家計簿や給料明細を眺めていても家計は改善しませ...

家計が厳しい人に…理由別の対処法を伝授します!

家計簿でお金を増やすことができる?

しかし、面倒だなぁと思いながら、ただ家計簿をつけていてもお金は増えません。

お金を増やすためには、次の3つのステップを着実に踏んでいく必要があるのです。

1.毎月の収支の把握

毎月、どこからいくら収入があって何に使っているのかを洗い出します。

まず、家賃や光熱費・通信費など、毎月決まって引き落とされる固定費と、食費や消耗品費など日々の生活に必要な流動費とに分けて管理します。

固定費がいくらかかっているのかを把握するのが最初の作業となります。

光熱費や通信費は月により多少上下するものの、固定費はほぼ毎月決まった金額ですので、引き落とし口座の取引履歴を見ればすぐに把握することができますね。

食費や消耗品費などの流動費は、まずは数か月しっかり家計簿をつけて、何にいくら使っているのかチェックしてください。

2.支出の振り返り&見直し

収支の把握ができたら、収入に対して支出が適正かどうか、振り返りと見直しをします。

先に、把握しやすい固定費を見てみましょう。

携帯電話や保険は、見直しをすることでグッと抑えることができます。

携帯電話は、キャリアから格安スマホに変えるだけで毎月の負担額が半額になることもあります。

保険も、よくよく中身をチェックしてみたら補償がかぶっているものがあったり、不要な特約が付いて保険料が高くなっている場合もあります。

次に、流動費はレシートや家計簿をよく見て、明らかに無駄遣いだと思われる買い物をピックアップしていきましょう。

関連記事をチェック!

あなたにお金がない理由!原因はこの5つ

お金がない理由はとてもシンプル あなたが今、「お金がない」と感じているなら、その理由はとてもシンプルです。 支出もしくは使いたいお金が収入よりも少ないのです。 本気でお金がない人は次のよ...

3.適正な予算&予算内のやりくり厳守

そして、大切なのが予算立てと予算内でのやりくりです。

収支を把握し、支出の見直しをしたら、それをもとに翌月の予算を立てます。

あまり無理のある予算を立てると、結局途中で投げ出してしまいますので、無理のない適正な予算立てをしましょう。

そして、その予算を守り抜くことが大切です。

予算内でのやりくりができるように、毎月トレーニングを繰り返します。

こうして、家計簿をつけて家計を管理することができるようになれば、お金を増やすことができるようになります。

家計簿がなくてもお金は増やせる?

実は、自然と家計を管理できている人というのは、家計簿がなくてもお金を増やすことができます。

それは、細かく家計簿をつけていなくても、家計の収支が頭に入っているため、常に家計管理できている状態にあるからです。

そういう人がお金を増やすには、わざわざ家計簿を付ける手間がないので、把握している投資可能な資金の範囲内で、お金を増やす手段を考えるだけでよいわけです。

家計簿なしで家計管理するには?

とはいえ、家計簿がないのにすべて頭の中で覚えているなんて超人技ですよね。

家計簿なしで家計管理するにはコツがあるのです。

まず、お金の流れをシンプルにしましょう。

いくつも銀行口座を持たないで、引き落とし口座はひとつにまとめます。

クレジットカードも、持つのであれば1枚だけにします。

そして、引落口座・貯金口座・財布の3つを管理するだけにします。

管理がシンプルになり、貯金がいくらあるのかも一目瞭然です。

クレジットカード1枚でほぼすべての買い物を済ませてしまえば、クレジット明細で支出のチェックも簡単にできますよ。

関連記事をチェック!

生活費のカード払いは家計管理におすすめの方法!

生活費をクレジットカード払いにすることで、家計管理が簡単になります。 家計管理をきちんとしたいけれど家計簿をつけていない人、そして、クレジットカードの引き落とし明細を見る度に「こんなに使ったっけ...

家計簿が苦手でもお金を増やす方法

そうはいっても、家計簿なしで家計管理できる人ばかりではなく、かといって家計簿は苦手でどうしても長続きしないという人もいます。

そんな人は、家計管理のルールを徹底することでお金を増やすことが可能になります。

最初に、固定費の見直しをしっかりとやっておきます。

なぜなら、赤字体質の家計には、固定費が高すぎるケースが多いからです。

固定費は収入の40%程度が理想ですので、できるだけそこに寄せられるように頑張りましょう。

また、貯金の目安としては収入の10%程度がいったんの目標となります。

お給料が入ったら、その日のうちに固定費と貯金をそれぞれの口座に入れ、残った金額を財布に入れます。

次のお給料日までは、財布に入っている現金だけで生活すればよいわけです。

クレジットカードを使う場合は、使った分の現金をすぐに口座へ入金するようにします。

日々の生活費を使う際には、買い物のたびに一呼吸置きます。

今この瞬間にお金を払おうとしているものが、無駄遣いでないかということを常に意識してください。

このルールを徹底すれば、貯金口座のお金は毎月着実に増えていきますので、家計簿で細かい家計管理をしなくても大丈夫です。

まとめ

今回は、家計簿を有効に利用した家計管理の大切さや、家計簿なしで家計管理をする方法をご紹介しながら、お金を増やすために必要不可欠な家計管理について解説してみました。

家計簿に拒否反応が出てしまう人は、家計簿を付けずに家計管理する方法もありますので、お金を増やすために、まずはしっかりと家計の状況を把握して、家計管理できるようになりましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能