お金に困ったときは「お金がない馬」

年金だけでは足りない!生活が苦しいときの解決策

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

定年後には年金生活がまっています。

現役時代とは違い大きく収入が減るため、お金の制限があるものの、年金だけでも暮らしている人はたくさんいます。

そこで生活費が足りなくなり、年金だけでは苦しい生活になる人もいます。

一方で生活に困らない人もいますので、なぜ生活が苦しくなるのか、その背景を見ていきましょう。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%
最短即日
新規の方はお借入れ全額60日間無利息、又は5万円180日間特典あり
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

意外と多い老後破産とその原因

会社勤めをしていた人で、退職金をもらったものの老後の生活が苦しく、生活費が足りず赤字になる人がたくさんいます。

まずはその原因を見ていき、注意することは何なのかを見ていきましょう。

貯蓄をしたくても現役時代にできなかった

給料が少なく貯金する余裕がなかった人や、老後資金を貯金しようとしたがその時期に子供の進学や親の介護などが重なり出費がかさみ、貯蓄をできなかった理由は人様々です。

相互の生活にゆとりができない人の、特徴の一例を把握しておきましょう。

生活水準を下げられない

年金暮らしになると、当然現役の頃より収入が減ります。

収入が減ればそれに見合った生活をしなければいけません。

しかし、生活水準を落とすということは、なかなか難しいようです。

特に専業主婦はふだんの生活で配偶者がいつもいるだけで、生活自体は変わらないため余計にその傾向があります。

収入が減っていることを、しっかりと自覚して生活に無駄がないのかしっかりと把握をしておきましょう。

出費が多い理由

歳を重ねるといつまでも、元気というわけにはいきません。

病気にかかり医療費がかかる場合もあります。

子供にお金がかかったり、孫にお金がかかったりすることもあるでしょう。

また定年後は時間に余裕があるので、趣味を見つけて楽しむ人も多いです。

趣味があるのはいいことですが、余りにお金のかかる趣味は考えものです。

なるべくお金のかからない趣味を見つけるなど、生活に支障のない範囲で楽しむようにすることをおすすめします。

■老後破産しないための7つのポイント

関連記事をチェック!

老後には1ヶ月25万~35万円の出費が必要

老後には、単身世帯で1ヶ月25万、夫婦では1ヶ月35万円が必要と言われています。 1ヶ月に35万円の生活費ということは、60歳で退職して85歳まで生きるとすると、約1億円もの老後資金が必要になること...

老後には1ヶ月25万~35万円の出費が必要

年金の種類によってもらえる金額が違う

年金には国民年金、厚生年金があります(共済年金は一元化され、教職員も厚生年金に加入)。

この年金の種類によって、大きく老後の収入に差が出てきます。

その差を見ていきましょう。

国民年金は約78万円

国民年金は最も基礎的な年金で、日本に住んでいる20歳歳以上60歳未満の全ての国民が加入しなければいけません。

また、国民年金には「第一号被保険者」「第二号被保険者」「第三号被保険者」があります。

第一号被保険者は自営業や個人事業主、フリーターや学生になります。

満額で年間77万9,300円の受給ができます。

第二号被保険者は厚生年金、旧共済年金に加入している人になります。

そして、第三号被保険者は第二号被保険者の配偶者です。

厚生年金は現役時代に保険料を多く支払っている

厚生年金の平均受給額は男女で差があり、月額で男性は18万、女性は9万円となっています。

20万円以上受給する人もいますが、そう多くはありません。

年額にすると男性216万、女性で108万円となります。

国民年金と違い厚生年金費加入している人は、大きな生活の足しとなるでしょう。

厚生年金は勤務先と折半で、年金のかけ込みをします。

これは、収入によって年金保険料を納める金額が異なってくるのですが、大きく年金を受給しているということは、現役時代もそれ相応の負担をしていたことになります。

老後安心して生活するには

働いているときには問題なく払えていた金額が、年金だけで生活となるとなかなか難しいということが分かります。

年金だけでは補えないなら、やはり貯金を切り崩していくしかありません。

そこでいくらの貯金があれば余裕のある老後をおくることができるのか見ていきましょう。

定年前に貯蓄しておきたい金額は本当のこと?

よくいわれるのが老後に3,000万円あれば良いというものです。

3,000万円なら65歳から90歳までを生活すると考えると、毎月10万円使えるという計算になります。

年金がある程度、多い人ならそれでも十分生活していけます。

しかし年金が少なかったり、支出の多い家庭であったりする場合は少し足りなくなるでしょう。

退職金をあてにしている人もいますが、今の時代に退職金が、しっかり払われるという保証はないのであてにしないことをおすすめします。

ただし、前提としている生活費の15万円というのは、意外と多い金額になります。

節約をすると、まだまだ出費を減らすことも可能です。

実際に国民年金だけで生活をしている人も多く、裕福な生活さえおくるつもりがなければ問題はありません。

定年前には生活費の試算を

定年後に安心して生活するには、定年前からの準備が必要です。

60歳まで現役で働き、65歳までは再雇用で働くとします。

60歳まではしっかり給料がもらえますが、60歳から5年間は給料が減額する人がほとんどでしょう。

その5年間で生活水準を下げ、年金生活になっても収入の範囲内で生活していける準備をする必要があります。

最低限の食費や、光熱費はいくらかかるのか事前に知っておくことがとても大切です。

また携帯代や娯楽費で抑えられるものがないのか、車は必要なのかなど無駄を見つけることもしておきましょう。

年金は1か月で考える

年金は2か月に1度振り込まれます。

それを何も考えずに使ってしまうと、次の支給までお金が足りないということになりかねません。

2か月分の年金受給額を半分にし、1か月の生活費として考えれば分かりやすいので管理がしやすくなります。

クレジットカード払いはやめる

クレジットカード払いだとどうしても使いすぎる傾向がある人は、デビットカードに移行しましょう。

デビットカードなら使った分だけ通帳から引かれるので使いすぎを防ぐことができます。

通帳に残高がなければ支払いができませんので、使いすぎる心配がありません。

ただし、全てのお店でデビットカードが、利用ができるとは限りませんので注意が必要です。

平均的な夫婦二人の老後の生活費

将来もらえる年金額について、おおよそ理解できたところで、今度は老後に必要な生活費についても、確認していきましょう。

65歳夫婦二人持ち家の場合

以下は、65歳の夫婦二人暮らしで、既に持ち家の住宅ローンを完済している場合の例となります。

1ヶ月の生活費の例
支出項目金額
食費50,000円
住居費(メンテナンス費用など)10,000円
水道光熱費15,000円
通信費(携帯・インターネット等)15,000円
雑費・交通費40,000円
娯楽費30,000円
税金・社会保険料など40,000円
合計200,000円

上記例はあくまで基本の生活費のみですから、自宅が賃貸物件だったり、医療費などが必要になってくると、この金額にさらに5~10万円程度がプラスされる場合もある事を想定しておく必要があります。

どうしても生活していくお金がないときは?

生活保護制度を利用する

月々の変動費など支払えずに生活していけないときは、生活保護制度を利用しましょう。

なお、生活保護制度を利用するにはいくつかの条件があります。

  • 預貯金、生活に利用していない不動産は売却して生活費にあてる必要がある
  • 様々な手当など別の制度を利用できないこと
  • 親族などから援助が見込めないこと

上記の条件が必要になりますので、まずは条件に合致するのか確認をしてみましょう。

障害年金を利用する

障害年金とは「障害基礎年金」と「障害厚生年金」があり、病気やケガの障害が原因で生活や仕事が難しいときに適用されます。

障害基礎年金は年金制度に加入していない期間(満60歳から満65歳)に病院の初診を受け、法令に定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態であることが条件となります。

障害厚生年金は厚生年金の加入期間中に病院の初診を受け、障害等級表(1級・2級)に該当する状態になった場合、障害基礎年金に上乗せされて受給できます。

また障害の状態が2級までにならない、程度の軽い場合で障害者等級が3級に認定されれば、障害厚生年金が支給されます。

なお、病院の初診から5年以内に原因となる病気やケガが完治し、障害者等級4級以下の障害が残ったときには、一時金として障害手当金が支給されます。

関連記事をチェック!

お金がないのに病気等で働けない!そんな人の支援制度

家賃収入などの不労所得がない限り、働けないなら収入が得られません。 そのようなときに利用できる制度や保育園入園対策について説明いたします。 怪我や病気で一時的に働けないとき 怪我や病気で一定期間働け...

■障害年金のみでも融資可能な商品や制度を紹介

まとめ

年金だけで生活するには、収入に見合った生活をすることが大切です。

きちんと貯蓄をし、最低限生活するには、いくら必要なのかを試算することも安心して暮らす上で必要です。

どうしても生活が苦しいときは、生活保護などを利用するのも良いでしょう。

自分が条件に該当するかなど、居住地の市区町村役場に相談だけでもしてみましょう。

■年金受給者がお金を借りるには

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能