お金に困ったときは「お金がない馬」

支出が多くて家計が厳しい人に…理由別の対処法を伝授します!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

毎月毎月、給料明細と家計簿をにらめっこしてため息を付く…。

家計が厳しい人はそのような行為が習慣化してしまっていると思います。

しかし、いくら家計簿や給料明細を眺めていても家計は改善しません。

そこで今回は家計が厳しい人に対して、その理由別の対処法を伝授していきたいと思います。

この記事はこんな方におすすめです
  • 毎月、給料日前にお金に余裕がなくなる人
  • お金に困る生活から脱出したい人
  • お金の問題で夫婦仲が危うくなっている人

なんで家計が厳しくなるの?

まず大事なことは、なぜ我が家の家計は厳しいのかという根本の部分を理解することです。

家計を構成する要素は「収入」と「支出」の2つしかないわけですから、これらのうちのどちらか、もしくは両方に原因があるはずです。

収入が少ない

家計が厳しいときに最初に考えられることは、収入が少ないということです。

収入の多さは家計の自由度と直結しますから、その収入が少ないようでは、家計が厳しいと感じてしまうのもある意味必然と言えるかもしれません。

必要な金額と現在の収入がどの程度乖離しているかによって、問題を解決するための難易度が変わります。

また、主生計者の年齢や雇用形態によっても、問題解決の難易度が大きく変わってきます。

支出が多い

収入面で問題がないとすれば、支出が多いから家計が厳しいとしか考えられません。

収入が多く自由度が高いのをいいことに、計画性もなく出費を重ねているのではありませんか?

そのように無計画な支出をすると、最初の数ヶ月、数年は家計をなんとか維持できても、そのうち必ずどこかで厳しい状態に追い込まれるのは目に見えています。

収入が少ないからという理由と比べるとすぐに改善できるように思われますが、難儀なことにこのパターンで家計が厳しい人というのは、当の本人が「支出が多い」ということに対して無自覚であることが多いのです。

自分の家の出費がいかに多く、いかに無駄だらけかということを認識することが何よりも大切だと言えるでしょう。

収入と支出のバランスが悪い

収入も決して少ないわけではない、支出もそこまで多すぎるわけではないという家庭。

それでも家計が厳しいなら、収入と支出のバランスが極端に悪いからだと考えられます。

家計の余裕というのは極限まで簡素化すると「収入ー支出」で表されますから、この関係式を見る限り、収入が少ないとか支出が多いときのみに家計に余裕がなくなるはずです。

しかし、引き算である以上は、収入と支出がほぼ同値であるときは、家計に余裕は生まれません

どのように収入と支出の差をプラスにするのか考えて、改善点を見つけていく必要があるでしょう。

収入が少ない場合はどうすればいいの?

では、それぞれの理由ごとに解決策・対処法を考えていきましょう。

まず収入が少ない場合であれば、基本方針はもちろん「収入を増やそう」ということになります。

収入を増やすための方法について説明していきます。

共働きで収入を増やしましょう

今働いているのが夫だけ、もしくは妻だけという状態なのであれば、もう片方も働いてみてはいかがでしょうか。

いきなりフルタイムで働くのは難しいと感じる人は、アルバイトやパートで構いませんので、とりあえず働き始めましょう。収入の問題が一気に解決する可能性もありますよ。

現在の職場からの収入を増やすのは容易なことではありませんが、新しくアルバイトやパートを初めてお金を稼ぐなら、夫婦二人の総収入は簡単に増えますよね。

もちろん子供の世話など各家庭の事情があると思いますから、働こうと思ってもすぐに働けないこともあるでしょう。

しかしそのような場合でも、働けるようになったときにはすぐに仕事に応募できるように、求人情報にはこまめに目を通しておくといいでしょう。

子供が幼稚園に通っていてもパートは可能?保育園への転園が必要?

現在、専業主婦(主夫)で、お子さんが幼稚園に通っている場合でも、パートを始めることは可能です。

9:00~14:00なら働けますから、1日4、5時間程度は仕事ができますね。

大抵の幼稚園は午後2時に保育が終了しますが、最近、延長保育として午後4~5時までなら預かってもらえる幼稚園も増えていますよね。仕事によっては延長保育を活用しても良いですね。

お子さんを保育園に転園させると、世帯収入によっては10万円を超える保育料を請求されることもあります。

パート収入が保育園の保育料以下のときは損をしてしまいますので、幼稚園に預けたままにすることをおすすめします。

保育園に子供を転園させるなら、少なくとも給料が保育料よりも高くなくては意味がありませんよね。

しかし、お金以外の問題にも目を向けてみてください。

子供にかけられる時間が減ることや家事の負担が増えること、また、ストレスによって余裕のない態度で家族に接することなども、考慮しておく必要がありますね。

副業という選択もあります

配偶者が働けないという状況なのであれば、主生計者がどうにかして収入を増やすしかありませんが、職場を変えずに給料を増やすことは決して簡単なことではありません。

そもそも一般的な企業では昇給の機会は年1回しかありませんので、昇進したり役職に付いたりしない限りは、劇的な給料増は望めないからです。

ですから収入を増やすための方法としては、現在の職場ではなく別の職場から収入を得る、つまり、副業を行うことがもっとも現実的と言えるのではないでしょうか。

本業のない日に週1回程度バイトを行うとか、家にいる時間を利用してネット上で仕事を行うなど、最近では副業を行うための手段は多彩になってきています。

本業との兼ね合いを考えたり体力と相談したりした上で、自分に適した内容の仕事を副業として行うといいでしょう。

子供が幼稚園に行っていると、昼間、中途半端に時間が余ることがありますよね。

在宅でできる副業なら、子供が幼稚園に行っている間に幼稚園代くらいは稼げそうですね。

給料が今よりも良い会社への転職も視野に入れましょう

本業を行っている会社で副業・バイトが禁止されているとか、そもそも本業の都合上副業を行うような時間が取れないという場合は、どうにかして本業での収入を増やすしかありません。

しかし繰り返しになりますが、昇給で給料を増やすのは容易なことではありませんので、転職で給料を増やすことを考えてみるのも一案です。

年齢や職種によって転職の難易度はグッと変わってきますが、うまく行けば労働量を変えずに収入を増やすことも可能です。

一度転職エージェントなどを利用して、自分の市場価値を探ってみてから本格的に転職活動するといいでしょう。

今よりも給料のいいところに転職できる可能性が高そうなのであれば、本腰を入れて転職活動に取り組んでください。

転職が成功した暁には、家計が厳しいという問題を永続的に解決できる可能性がありますよ。

「ここは給料が相場よりも低すぎる」と思うなら、給料に不平不満を言うのではなく、転職活動をしてください。

文句を言っているだけでは、いつまで経っても状況は改善されませんよ。

関連記事をチェック!

給料が安い、安月給!生活できない!!そんなときの対処法5つ

「給料が安すぎて生活ができない・・・」このような人は少なくないようです。 では、そのようなときどうすればいいでしょうか? そこで、給料が安いため生活ができないという人のために、5つの対処法...

給料が安い、安月給!生活できない!!そんなときの対処法5つ

支出が多い場合はどうすればいいの?

では続いて、支出が多い場合の家計改善対策を考えていきましょう。

支出が多い場合の基本方針は、もちろん「支出を削ろう・無くそう」ということになってきます。

支出を削る・無くすための方法について具体的に見ていきましょう。

固定費を削りましょう

支出を削る際の原則は「費用が大きいもの」「一度削ると効果がずっと続くもの」を削るということです。

100円のジュースを1回買うのをやめるだけでは家計の厳しさを解消できないということは、何となく想像がつきますよね。

「費用が大きく」「効果が続く」ものの代表と言えば、家賃・光熱費・通信費などの固定費が挙げられます。

これらは日々の生活の中で意識して支払うようなものではないですが、毎月必ず出ていくお金を一度削ってしまえば、当月だけでなく翌月・翌々月と、その効果は非常に長く続きます

今よりも家賃の低いところに引っ越す、スマホの通信プランを見直すなどといった案が考えられるでしょう。

生活費が足りない時に51の裏技

よその家庭を意識し過ぎないようにしましょう

人間はどうしても他人のことを意識しますし、自分が他人にどう見られているかということも意識してしまいます。

マンションに住んでいる場合はあまりないかもしれませんが、一戸建ての多い住宅地に住んでいると隣近所同士での付き合いは欠かせないものです。

その時に、〇〇さんのところは新しいホームシアターを買っていたとか、△△さんのところは旅行でパリに行ったというような話を聞くと、知らず知らずに周囲と自分の家庭との違いを気にしてしまうのが自然です。

しかし、他の家庭と自分のところの家庭では、抱える事情が何もかも違うはずですよね。

子供のころに友達が持っているおもちゃを自分も欲しいとねだって、「よそはよそ、うちはうち」と怒られた人は多いと思いますが、まさに今こそその精神を思い出す時と言えるのではないでしょうか。

出費を見直しましょう

出費を削る際には「あって当たり前」という考え方を排除して、全ての出費をゼロベースで考え直すことも時には必要です。

もちろん、食費や通勤時の交通費といったように削れないものはあるものの、「今まで当たり前に支払っていたけど別にこれはなくてもいいんじゃない?」といったような出費を見つけることができるかもしれません。

月に1、2回程度しか利用しないのに何となくで保有し続けている自動車、滅多に行かないスポーツクラブやホットヨガスタジオなどは、利便性と出費を天秤にかければ売却・解約してしまうほうがいいかもしれません。

あれば便利だからという理由でずっと契約しているスマホの有料アプリや、有料のネット新聞やネット雑誌の購読料も、無料のもので充分なことも多いですよ。

小泉元首相のような、「聖域なき構造改革」が思わぬ効果を生むかもしれませんよ。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)あなたにお金がない理由!原因はこの5つ

お金がない理由や原因はどこにあるのか、探してみると「こんな理由だったのか」、とか「お金がない原因はコレだったのか」といまさらながらに気づくときがあります。 もちろん収入が少ないからお金がないとい...

今話題の保険見直しを利用する手も…

出費を見直す際に、ぜひ保険も見直してください。

ショッピングモールや商店街などにある保険見直し専門の店舗にお願いするのも良いのですが、自治体で実施しているファイナンシャルプランナーと直接話し合える相談会などを利用するのも良いですね。

ファイナンシャルプランナーは保険に関する知識が豊富なだけでなく、「特定の保険商品に肩入れした勧誘はしてはいけない」という決まりに準じた説明を実施しますので、公平な立場によるアドバイスを受けることができますよ。

なお、ご自身で保険を見直すときは、次の5つのポイントに留意してください。

  1. 掛け捨てタイプの保険の場合は、料金が適正かどうか(月に5,000円以下が望ましい)
  2. 積立タイプの保険の場合は、満期時の返戻率は十分に高いか
  3. 医療保険を2つ以上かけている場合は、同時に受け取ることが可能なのか(他の保険が適用されるときは保険金が下りないことが多いため)
  4. 住宅ローンを支払っている場合は、住宅ローンの主契約者が別の生命保険に加入していないか(住宅ローン契約時に団信に入ってときは、生命保険の解約も検討しよう)
  5. 学資保険の満期時の返戻率は100%を超えているか

収支のバランスを取る方法は?

収入が特別少なすぎるわけでもなく、支出に無駄があるわけでもないのに家計が厳しい。

そんなときは、収支のバランスを適正化する必要があります。

次の3つの方法で、収支のバランスを整えましょう。

家計を「見える化」してみて判断しましょう

収支のバランスが悪い家庭というのは、収入と支出を「なんとなく」で判断していることが多いと言えます。

「まぁ食費は一家三人ならこんなもんだろう」とか「これぐらい支払っていても足は出ないだろう」とかそういったどんぶり勘定で家計を把握しているようでは、そもそも「家計が厳しい」と嘆く資格すらないでしょう。

一度、1ヶ月の収入および支出を全て「見える化」してみましょう。

すべてのレシートや領収書、クレジットカードの明細、生活費に使っている預金口座の通帳を集め、支出の項目ごとに分類した上で、客観的に判断してみると、今まで見えていなかったことが見えてくるかもしれません。

「もしかしたら食費使いすぎかも」「収入の手取りってもろもろ引かれたらこれぐらいしか残ってないんだ」などショックな気づきが多いかもしれませんが、家計の改革に乗り出すためには、まずはすべての収支を「見える化」し、現実を直視することが大切なのです。

関連記事をチェック!

4人家族の生活費が赤字ならシュミレーションしてみよう! 

節約を始めるのであれば、まず、自分の家族の生活費はいったいどれくらいかかっているのかを把握し、一般的な平均と比べてみるとよいでしょう。 今回は、4人家族の生活費に注目して、理想の家計バランスをも...

4人家族の生活費が赤字ならシュミレーションしてみよう! 

他の家庭の話を参考にしてみましょう

先ほど支出を減らすための方法として、他の家庭を意識しすぎないという話をしましたが、今回は逆に他の家庭の話を参考にすることで、解決の糸口を見つけていきましょう

収入と支出のバランスが悪い家庭では、家計を任されている人が、一般的な常識とは少しズレた金銭感覚を持っていることがあるからです。

参考にするのは自分の家庭と収入が近しい(であろう)家庭に限られてはしまいますが、そういった家庭で月々何の費用にどれぐらい割いているかを聞いてみると、自分の家と大きな開きがあった、ということがあり得ます。

その家庭の出費をベンチマークとして、自分の家の出費を見直してみるなら、家計の問題点が解明できなくても家計の問題を解決できることがあるのです。

ただ、お互いの家計のことをざっくばらんに話せるような間柄の人がいない場合には、この方法は避けておくのが無難でしょう。

配偶者の意見に耳を傾けましょう

参考にできるのは他の家庭の出費だけとは限りません。

家計を妻か夫どちらかのみに任せているような状態であれば、普段は家計にはノータッチの配偶者の意見を聞いてみることで、自分にはない視点からのアドバイスや意見がもらえる可能性があります。

また、男性目線と女性目線では気になる点が異なる場合が多いですから、配偶者の意見と自分の意見をぶつけてすり合わせることで理想的な解決方法が見つかることもあります。

家計は本来家族全体に関わるものですから、夫婦どちらか一人ではなく二人で協力しながら解決していきたいですね。

夫婦間で意識したいこととは

金銭的なことから夫婦仲が悪くなり、別居や離婚といった望ましくない方向に進むことも珍しくありません。

夫婦間の溝が大きくなる前に、かならずお金の問題について二人で話し合ってください。

家計問題を話し合う際に、夫婦間で意識しておくポイントを3つ紹介します。

関連記事をチェック!

生活苦で離婚したい?夫が理解してくれないときにはどうするといい?

どんなに話し合いたくてもそもそも夫がお金の話を嫌がり、全く話にならず状況が悪化してしまう家庭も多いと聞きます。 「だったらいっそのこと離婚して楽になりたい」と考えてしまう人もいるようです。 ...

生活苦で離婚したい?夫が理解してくれないときにはどうするといい?

自身の収支を洗いざらい報告しましょう

まず1つは、お互いに自身の収入や収支に関して包み隠さず報告するということです。

例えば、本来は出張手当が出るがそれを妻には内緒にして自分のタバコを購入するための費用にしているとか、旦那には内緒でカードローンで借り入れを行っており、その返済を毎月行っているというようなことですね。

今まで相手に内緒にしていたことだけに告白するのは難しいことかと思いますが、お互い協力して家計を改善していこうというときに、収支に関して食い違いがあればうまく改善できるはずがありません

まずは膿を全て出し切ってしまい、夫婦2人の認識を統一することが重要となります。

貯蓄の目標額を決めましょう

夫婦2人で話し合って、「5年後には貯金500万円」といったような具体的な目標を決めましょう。

このとき大事なことは、具体的な目標を夫婦2人で決めることです。

具体的な目標を掲げると、それを達成するためにはどうすればいいかを考えるようになり、自然と家計の改善につながっていきます。

また、その目標を夫婦2人の共通のものとすることで、「目標決めたじゃない!」「俺はそんな話聞いてない!」といったケンカやすれ違いが起こるのを防いでくれます。

ただし、「30年後に~」といったようなあまりに先の目標にしてしまうと実感がわきにくいため、できれば5年後・10年後ぐらいが望ましいでしょう。

また、「1億円貯める!」というような実現がほぼ無理であろう目標も、心が折れてしまう可能性が高いので控えておくべきです。

ちょっと頑張れば実現できそうな目標を、遠すぎない未来に設定することがポイントです。

関連記事をチェック!

お金が原因の夫婦喧嘩を回避するには【生活費足りないと嫁に言われる方へ】

「お金がなくても愛さえあれば幸せに暮らせる」というのは妄想です。 実際には、お金がないことは幸せなことではありませんし、精神的にも余裕がなくなり、ちょっとしたことで言い争うようになります。 ...

お金が原因の夫婦喧嘩を回避するには【生活費足りないと嫁に言われる方へ】

お互いに褒め合ってモチベーションを高め合いましょう

2人で目標を定めたら、達成するために夫婦それぞれが努力をしていくことと思います。

その努力の成果が出たら、その都度、2人で褒めあうようにしましょう。

「あなたがタバコを吸う本数を減らしてくれたからその分貯金が増えたわ」「毎日お弁当を作ってくれるおかげで食費がだいぶ浮いてるよ」などなど、お互いへの感謝を交えながら声に出すことが重要です。

家計を改善するための道は決して平たんなものではありませんから、ともすれば途中で心が折れてしまいそうになります。

しかし、自分が行っていることは無駄じゃないということを最愛の配偶者に認めてもらうことで、また引き続き頑張っていこうという気になるものです。

家計を改善していく中で、あらためて夫婦愛も認識しなおすことができるかもしれませんね。

夫婦できちんと話し合うことが、家計改善のポイントでもあります。

節約も貯金も、成功するかどうかは、二人が同じ方向を向いているかどうかにかかっていますよ。

家計のやりくり7つのQ&A

家計のやりくりをするときに、気になる質問とその答えをまとめました。

これから本気で家計改善に取り組む人は、ぜひチェックしてみてください。

①結婚式の招待状を受け取ったら家計が厳しくても出席するべき?欠席しちゃダメ?

結婚式に参加したことで家計が追い込まれたとしても、招待してくれた新郎新婦が責任を取ってくれるわけではありません

無理に出席するのではなく、「ごめんね…。1年も前から旅行の予約をしていたの」「入園説明会に行かないと、来年、保育園に入れないかもしれないの」などと適当な理由をつけて、角が立たないように断りましょう。

しかし、絶対に参加しなくてはいけないほどの仲であるときや、後々、不参加だったことがマイナスに響きそうなときは、カードローンなどで必要なお金を借りて出席するようにしましょう。

当然のことではありますが、借入期間が長引くと利息は増えますので、借りたお金はできるだけ短期で完済してくださいね。

関連記事をチェック!

結婚式に招待されたけれどお金がない、ご祝儀をだせない時の断り方とは?

結婚式に招待されることは、相手から「結婚式に呼びたいほど仲のよい友人」だと認められていることになるため、非常にうれしいことです。 ただし相手がいつ結婚するかということはなかなか分からないため、結...

結婚式に招待されたけれどお金がない、ご祝儀をだせない時の断り方とは?

②「家計が厳しい」って具体的にはどういう状況?

「家計が厳しい」と感じる基準は、人によっても異なります。

しかし、いつも給料前にやりくりが大変になるのなら、家計が厳しいと言って差し支えないでしょう。

また、お祝い事や手術などの急な出来事が起こったときに、「お金をどうしよう」と過度に不安になる人も、深層心理では家計が厳しいことに気付いていると考えられますね。

「お金がない」ってどれぐらい余裕がないことを言うの?

「お金がない」と感じる基準も、人によって異なります。

貯金が1億円以上あっても「お金がない」と感じる人はいますし、その日暮らしでも「お金がない」と感じずに生きている人もいます。

しかし、現代の日本において、成人が1,000円を使うときに3分以上悩むなら、「本気でお金がない」もしくは「本物の守銭奴」と言っても良いのではないでしょうか。

個人の性格にもよりますが、1,000円程度なら悩まずに使ったり人にあげたりできる大人になりたいものですね。

確かに節約するのも大切なことですが、収入を増やして生活を豊かにすることも大切ですよね。

もちろん、豊かな生活とは無駄の多い生活のことではないですよ。

文化的かつ知的、そして清潔に居心地よく暮らすために必要なお金を必要なだけ使う生活が、物的側面と心的側面の両面において豊かな生活なのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

お金がない男の特徴を徹底解説!こんな男は要注意

交際や結婚をしたお相手が、実はお金がない男だとすると、後々苦労を背負うかも知れません。 この記事では、お金がない男の見分け方や、一生貧乏かも知れない男の特徴、お金がない男との結婚リスクついて紹介...

お金がない男の特徴を徹底解説!こんな男は要注意

③年収が300万円台でも子供2人を育てていける方法ってあるの?

年収が300万円代でも、子供2人を育てることは可能です。

学校は当然、公立学校で高校まで進み、大学に行くときは奨学金を借りさせましょう

また、学校にお金がかからなくても、お稽古代や学習塾代がかさんでしまうと、元も子もありません。

教育費全体をできるだけ減らすように考える必要があるでしょう。

ところで、収入が少ないと、子供がしたいと望むことを我慢させなくてはいけないケースが起こってくると予想されます。

そのようなことがある度に、子供が「わたしはこの家に生まれてきて不幸だ」と思うのでは、不憫すぎますよね。

子供が傷つく前に、親として、もっと頑張って収入を増やしてください。

確かに正論ですが、親自身が「選択肢はない生活だったが、自分自身の努力によって豊かな生活を手に入れた人」でないのなら、あまり説得力はありませんよね。

お金がないために子供に好きなことができる環境を提供できない親は、少なくとも、「どのように生きていくべきか」「勉強とはどのようにするものなのか」を言葉と実践で示していく必要があるのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

子供に習い事させたいけどお金がない!そんな時の読む処方箋

「子供の才能を伸ばすため習い事をさせたい!」 お子さんを持つ親なら、こう考える人が多いのではないでしょうか。 しかし、現実問題として習い事にはお金がかかります。 そのため、「お金がな...

子供に習い事させたいけどお金がない!そんな時の読む処方箋

④配偶者に家計が厳しいことへの自覚がない場合の改善策はあるの?

ところで、あなたは、配偶者に「家計が厳しい」ということを知って欲しいのですか?それとも、一緒に節約に取り組んで欲しいのですか?

家計改善は家族みんなで取り組まなければ効果は出ませんので、深層心理では、配偶者に「家計が厳しい」ことを理解してほしいのではなく、節約に取り組んで欲しいと願っているのだと思われます。

「家計が厳しい」という自覚がない配偶者は、大抵、「何のために節約しなくてはいけないのか」ということが分かっていないものです。

マイホームを建てたい、子供の就学資金を貯めたいなどと目標を明確にし、目標額はいくらで、月にいくら貯める必要があり、今月からどの支出をどの程度節約するのかを表に提示しましょう。

節約方法が具体的に分かるようになると、きっと配偶者も節約に取り組んでくれるようになるでしょう。

里帰り出産は生活のベースが2つに分かれてしまうため、出費が多くなりがちです。

そんな中、「面倒だから」という理由で無駄遣いをする夫…。

子供が生まれた後も、何かと問題を引き起こしそうで不安ですね。

関連記事をチェック!

旦那と離婚したいけどお金がない!そんな不安を払拭する解説書

「長年連れ添ったけど旦那にはもうウンザリ!すぐにでも離婚したい!!」 このように、近年、熟年離婚を希望する人が増えています。 しかし、いざ離婚となるとお金の問題がでてきます。 特に生...

旦那と離婚したいけどお金がない!そんな不安を払拭する解説書

⑤母子家庭で子供を私立中学に行かせたい場合、前夫に塾代や学費の請求をすることは可能?

離婚するときは、どちらかの親が「親権」を取らなくてはなりません。

しかし、この「親権」というのは、「親である権利」なのではなく、「子供の財産を管理する権利」なのです。

そのため、親権を取らなかった方の親も「その子供の親であること」からは逃れることができず、子供が未成年のときは、教育費や生活費を支払って育てていく義務があるのです。

とはいえ、実際には、離婚時に「私立中学に行かせる教育費を支払う」といった取り決めを交わしていない限り、前夫に塾代や学費を請求することは困難です。

子供自身に「お父さん、払って」と頼ませるのが、もっとも穏当かつ成功率が高い方法と言えるでしょう。

なお、母子父子寡婦福祉資金貸付の修学資金や就学支度資金は、私立高校に進学するときは利用できますが、私立中学に進学する時は利用できませんのでご注意ください。

授業料さえ払えれば私立中学に行けるというわけではありません。

学校にもよりますが、長期休みには全員参加で短期留学に行くこともありますし、子供同士の付き合いも親同士の付き合いも派手になることもあります。

私立中学は高校とセットのことが多いですから、そのような授業料以外の支出も、6年間支払い続けるということになるのです。

「もうこれ以上はお金が続かないから」と、途中で子供を転校させるのはかわいそうですよね。

授業料×1.2~2倍のお金を毎月支払えるのかどうか吟味してから、進学させるようにしましょう。

⑥家計診断ってどこでやってくれるの?

ファイナンシャルプランナーによる家計診断を受けたい方は、日本FP協会の公式サイトから資格を持つファイナンシャルプランナーを探してみてはいかがでしょうか。

お住まいのお近くで相談できるファイナンシャルプランナーを探すことができますよ。

また、公民館などの公的施設でも、時折、家計診断を無料で実施していることがあります。

お近くの公民館に問い合わせてみてください。

◆ 日本FP協会「CFP®認定者検索システム」

⑦生活に余裕がない時に切り詰めるべき費用は何?

外食や出来合いのお惣菜ばかり利用しているというわけでないのなら、毎日の食費を切り詰めても、大きな節約効果は見込めないでしょう。

やはり、大きな節約効果を求めるのなら、食費や日用品などの細々したものよりも、保険や購読料、会費、お稽古代などの毎月かかる固定費用を削減してください。

固定費用を見直して切り詰める部分がまったくないときは、食費や日用品の見直しをします。

食費や日用品の買い物に行くときは、かならずメモに必要な物を書き出してから出かけるようにしてください。

スーパーマーケットでお得品を見つけたとしても、お得な商品を買うことよりも何も買わない方がお得だという真実を理解しておきましょう。

関連記事をチェック!

4人家族の生活費が赤字ならシュミレーションしてみよう! 

節約を始めるのであれば、まず、自分の家族の生活費はいったいどれくらいかかっているのかを把握し、一般的な平均と比べてみるとよいでしょう。 今回は、4人家族の生活費に注目して、理想の家計バランスをも...

4人家族の生活費が赤字ならシュミレーションしてみよう! 

まとめ

以上、家計が厳しい人に対してその理由別の対処法を伝授してきました。

家計の問題は普段の生活に直結する問題だけに、言葉や態度に表す・表さないの違いこそあれ、多くの人が悩みを抱えていると思います。

自分の家の問題点が収入にあるのか支出にあるのかを明らかにした上で、今回ご説明した内容なども参考にしていただきながら、解決への道を模索していってくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能