馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

お金がない時に限って結婚式!どうやってご祝儀を用意する?

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

お金のない時に限って続いたりする、友人の結婚披露宴。

おめでたい事だから仕方がない…とはわかりつつも、何回も続くと金銭的にも大変ですよね。

今回は、そんなお金がない時のご祝儀にまつわる、とっておきの情報をお届けしたいと思います。

ご祝儀相場っていくらいくらいなの?

重なるときには重なってしまう、披露宴のご祝儀ですが、そもそもご祝儀相場というのは、いくらくらいなのでしょうか?

年代や新郎新婦との関係の違いなどにより、若干異なる場合もありますが、最も多いご祝儀相場のケースは「3万円」となっています。

もちろん、新郎新婦の兄弟や親族などの場合、または家族で参列する場合などは、5万円、又は10万円というケースもあります。

では、なぜ3万円という金額が最も多いのか…。

それは、偶数が「分かれる」という意味での縁起の悪さを示している事と、披露宴で出される飲食費が、おおよそ1人2万円かかる事に起因します。

したがって、その二つの要素を考えると、必然的に3万円が多くなるという訳です。

しかし、これも披露宴の形態によっても、若干異なる場合があります。

例えば、披露宴がテーブル席ではなく、立食にてパーティー形式で行われる場合などは、1万円や2万円、という会費制で行われる場合もあります。

ご祝儀を渡すときにはマナーも重要

ちなみに、披露宴などでご祝儀を渡す場合の、最低限のマナーも覚えておくようにしましょう。

一つ目は、もはや常識ではありますが、ご祝儀のお金は新札を入れること。

さらに袋に入れる場合は、表向きで入れるようにしましょう。

また、受付でご祝儀を渡す場合には、必ず袱紗(ふくさ)に入れて渡すようして下さい。

20代の方でも、このような礼儀作法をきっちり守れば、「あっこの人は礼儀をわきまえているな」というふうに見られ、好印象です。

どうしても欠席したい!そんな時は?

しかし、20代や30代前半の友人が多い場合、なぜか1年に何回もの披露宴が続く場合もあります。

お金に余裕のある方ならともかく、20代なら給料も少ないケースも多く、連続での出席はなかなか厳しいものがあります。

友人の披露宴という事で、お祝いしたい…とは思うものの、どうしてもお金に余裕がなければ、心苦しいですが「出来れば欠席したい」、というのも正直なところです。

ここからは、そんな時に使える、披露宴出席を断れる、もっともな「言い訳」について考えてみたいと思います。

いざという時に使える三つの言い訳

家族・親族の結婚式/法事

一つ目は「法事などの慶弔行事と重なった」という言い訳です。

さすがに、それを言われたら、新郎新婦も納得せざるを得ません。

仕事

二つ目は、どうしてもキャンセルできない、重要な仕事を言い訳にする事です。

しかし、仕事関係の同僚が結婚する場合には、これも使うことは出来ません。

正直に事情を話す

三つ目は、極めて仲の良い友人の場合は、正直に「お金がない!」という事を伝えることです。

しかし、これも必ずフォローが必要です。

「当日はお金がないから参加できないけど、後日絶対個人的にお祝いするから!」と言って、後で食事に招待するなど、気配りも必要です。

ちなみに、上記の理由を使って、披露宴の欠席連絡をする場合には、少なくとも1ヶ月前には連絡してあげるようにしましょう。

披露宴直前にキャンセルされた場合、新郎新婦は席次を考え直したり、挨拶や余興の内容を変更したり、当人の欠席だけではない様々な問題が発生します。

結婚式の準備期間中は、とても忙しい新郎新婦ですから、できるだけそのような事が発生しないように、気配りしてあげたいものです。

以下の記事でも、お金がないときの誘いの断り方に関して書かれています。

お金がないと友人の誘いを断るのは人付き合い悪い?

意外に知らなかった地方のご祝儀事情

「披露宴のご祝儀相場は3万円」という事は既にお伝えした通りなのですが、実は日本国内でも、その相場とはちょっと異なる地域があります。

ここからは、そんな「他府県のご祝儀事情」をお伝えしたいと思います。

北海道

まず、最も有名なのは、北海道のご祝儀事情です。

北海道での披露宴は、基本的に発起人と呼ばれる方が主催するパーティーで行われます。

そして、そのパーティーは会費制になっていて、会費は15,000円~20,000円が相場です。

それとは別にご祝儀を持っていく必要はありませんから、友人へのお祝いなどはその会費のみでOKという事になります。

関東から関西

次に、関東~中部~関西などのご祝儀相場は、ほぼ「3万円」です。

名古屋地方の結婚式は派手だという事をよく聞きますが、それは新郎新婦やその親が負担する費用が高くなるだけの話ですから、参列者まで多額のご祝儀を包むことはないようです。

沖縄

最後に、沖縄地方のご祝儀相場もチェックしてみましょう。

沖縄地方のご祝儀相場は、なんと1万円です。

もちろんそれ以外に個人的にお祝いの品を贈ったりするケースもあるようですが、披露宴に招待された場合は、1万円のご祝儀で済むようです。

たしかに、東京などと比較して給与水準も若干低い地方ではありますが、参列者には嬉しい慣習ですね。

少しでも負担を軽くする裏技

ここからは、「お金がないけど、どうしても参加しないといけない…」という時に使える、裏技を少しご紹介したいと思います。

ただ、この方法は新郎新婦の意向で失敗するケースもありますから、あくまで参考程度に覚えておいてください。

受付・スピーチを自らかって出よう!

お金がない時に使いたい裏技…。

それは、自ら「披露宴での大役をかって出る」という事です。

新郎新婦など、披露宴の主催者側は、当日披露宴のお手伝いをしてくれたり、挨拶をしてくれたりした方へ、お礼をされるケースが多いようです。

例えば、受付をしてくれた方へは5,000円。

主賓としてスピーチをお願いした場合には、10,000円。

さらに、乾杯の発声をお願いした方へは5,000円というような感じで、現金でお礼を渡される場合があります。

そのお礼をあてにする…と言うと、非常に不謹慎ではありますが、どうしてもお金がないなら、そのような大役を自ら申し出てみましょう。

さすがに主賓の挨拶などは、本当の主賓の方がいるので、無理ですが、受付などはさせてもらえるかもしれません。

どうしてもお金がない時の対処方法

しかし、どんな方法を使っても、披露宴の出席とご祝儀は免れない…となった時は、どうすれば良いのでしょうか?

まずは身近な人に相談を

まず、最初に検討してみていただきたいのは、親や兄弟に相談する事です。

確かに3万円程度のお金で親に相談するのは恥ずかしいかもしれませんが、数ヶ月の間に披露宴が何度も重なった場合など、きちんと事情を話せば、少しくらいは融通してくれるかもしれません。

親から借りるとなった場合は、いくつか気をつけておきたいポイントが有りますので、以下の記事をご覧ください。

親からお金を借りるときに気をつけること

クレジットカード

二つ目に試して欲しいことは、クレジットカードのキャッシングを利用するという事です。

たしかに金利は年率で18%かかるところが殆どですが、3万円をキャッシングして1ヶ月度に返済すれば、利息は500円程度です。

申込み手続きもなく、気軽に利用できますので、一度検討しみてください。

クレジットカードのキャッシング機能についてもっと知りたい方は、以下の記事が参考になります。

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレカのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

カードローン

最後に、カードローンを利用するという方法もあります。

最近の消費者金融カードローンでは、カードローンの契約が始めての場合は、契約日から30日間は利息がかからない、30日間無利息サービスというものを提供してくれています。

そのようなローンを賢く利用する事で、ピンチを乗り越えることも可能になります。

以下の記事も参考にしてみてください。

30日間無利息サービスでお得に借り入れ

まとめ

今回、どうしてもお金がない時の、結婚式のご祝儀について、皆様の役に立つ情報をいくつかご紹介しました。

おめでたい席ですから、多少無理をしてでも、できれば披露宴には参加したいものです。

こちらの記事でご紹介した内容を参考に、是非ピンチを乗り越えて、友人の結婚をお祝いしてあげましょう。

結婚式だけに限らず、冠婚葬祭関連のことについては、以下の記事でまとめられています。

葬儀のような急な出費が発生した場合にはどう対処すればいい?

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能