お金に困ったときは「お金がない馬」

結婚式に招待されたけれどお金がない、ご祝儀をだせない時の断り方とは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

結婚式に招待されることは、相手から「結婚式に呼びたいほど仲のよい友人」だと認められていることになるため、非常にうれしいことです。

ただし相手がいつ結婚するかということはなかなか分からないため、結婚式に招待されたタイミングに極度に金欠であるということも十分考えられます。

そこで今回は、結婚式に招待されたけれどお金がないときの断り方や、断ってしまった後の対処法などについて説明して行きます。

ご祝儀相場っていくらいくらいなの?

重なるときには重なってしまう、披露宴のご祝儀ですが、そもそもご祝儀相場というのは、いくらくらいなのでしょうか?

年代や新郎新婦との関係の違いなどにより、若干異なる場合もありますが、最も多いご祝儀相場のケースは「3万円」となっています。

もちろん、新郎新婦の兄弟や親族などの場合、または家族で参列する場合などは、5万円、又は10万円というケースもあります。

では、なぜ3万円という金額が最も多いのか…。

それは、偶数が「分かれる」という意味での縁起の悪さを示している事と、披露宴で出される飲食費が、おおよそ1人2万円かかる事に起因します。

したがって、その二つの要素を考えると、必然的に3万円が多くなるという訳です。

しかし、これも披露宴の形態によっても、若干異なる場合があります。

例えば、披露宴がテーブル席ではなく、立食にてパーティー形式で行われる場合などは、1万円や2万円、という会費制で行われる場合もあります。

ご祝儀を渡すときにはマナーも重要

ちなみに、披露宴などでご祝儀を渡す場合の、最低限のマナーも覚えておくようにしましょう。

一つ目は、もはや常識ではありますが、ご祝儀のお金は新札を入れること。

さらに袋に入れる場合は、表向きで入れるようにしましょう。

また、受付でご祝儀を渡す場合には、必ず袱紗(ふくさ)に入れて渡すようして下さい。

20代の方でも、このような礼儀作法をきっちり守れば、「あっこの人は礼儀をわきまえているな」というふうに見られ、好印象です。

お金がないと直に言うのはマナー違反

結婚式に不参加の場合には、理由も添えて断りを入れることがマナーとされています。

ここで、正直に「お金がない」と伝えるのはダメなのでしょうか。

これに関しては自分が結婚する人だとして、仲のいい友人が「ごめん!お金がないから参加できない!」と言ってきた場合のことを想像してみると分かりやすいでしょう。

「お金がない=お金を出してまで2人のことを祝いたくはない」と言っているのとほぼ等しいということが、よく分かります。

お金がないという理由で断ることは、その後の友人関係にヒビを入れてしまいかねないためおすすめしません。

ただ、相手が自分の経済状況まで含めて自分のことをよく知っていてくれるような人であれば、逆に正直に言ってしまうのもひとつの手です。

経済状況まで知られているような深い間柄であれば、取り繕ったとしても逆にボロが出てしまいますし、「お金がない」と断ったとしてもそれが本当であることも分かってくれるでしょう。

お金がないと直接伝えるかを判断するときには、お祝いする相手との信頼関係によって変えることをおすすめします。

お金がなくて行きたくない結婚式の断り方5選

結婚式に招待されたときに、ただ「行けません」と返事をするのはNGです。

結婚式に行けないときには、マナーとしてきちっとした断り文句を持って断る必要があります。

ここでは、いけない理由に併せて断り文句を確認して行きましょう。

理由①先約が入ってしまっている

最も穏便な理由として用いられやすいのは、友人が結婚式を行う日が既に先約で埋まってしまっているという理由です。

ただ、人の結婚式よりも優先されるべき先約とは何かとなるとなかなかそういった候補はないものなので、「身内や会社関連で参加しないわけには行かない結婚式」としておくのが一般的です。

結婚式のシーズンは重なりやすいため、他の結婚式と重なることは珍しくはありません。

したがって、身内など近しい人の結婚式が重なったことが理由でも、相手にとっても違和感を与えにくいです。

この場合、断りを入れるときに「別の結婚式が既に入ってしまっているので」と詳しく伝えるか、「先約が入ってしまっているので」と伝えるにとどめるかは自由ですが、詳しく伝えてしまった方が角は立ちにくいでしょう。

理由②年回忌と重なってしまっている

結婚式と同様に、弔事関係の理由も断る際には重宝する理由です。

ただ、結婚式の招待状をもらうのは結婚式が行われるずっと前であるのが普通なので、「~の葬式があるので」という理由で断ることはできません。

このような場合には「祖父の3回忌の日程と重なっておりまして」といったように、年回忌を理由にすることでつつがなく断ることができるでしょう。

なお、どのような理由で断りを入れるにせよ「誠に残念ながら」や「どうしても都合がつかず」といったような言葉を用いることで、「本当は行きたかったのですが…」という気持ちをにじませることが重要です。

理由③仕事が忙しい時期で行けない

仕事が忙しいことが原因で、結婚式を断ることも断り方の原因として悪いことではありません。

しかし、結婚式は多くの場合土日に行われるため、仕事があるだけの理由で断ると相手から不審に思われる可能性があります。

例えば、サービス業で土日が忙しい場合や会社の決算期で土日の勤務が必要になるなど、事前に土日でも出勤が必要であると分かっている場合は、素直に伝えてよいでしょう。

また、出張や研修などで結婚式の日程近くに、仕事の予定があるときにも「毎年その時期に出張が入るから、直前にキャンセルするのは悪いので残念だけど」と言って断るのが、波風を立てにくいでしょう。

理由④体調不調で参加できない

結婚式に参加できないような体調不良の場合、基本的には直接体調のことを伝えずに断ることがマナーと言われています。

体調不良で結婚式に参加できない旨を相手に伝えてしまうと、新郎や新婦に心配を掛けてしまう恐れがあるため、「都合が合わないため…」とぼかして伝えるとよいでしょう。

ただし、出産に関する体調不良はおめでたいことであるため、新郎新婦に直接伝えてよいでしょう。

臨月の日程が被るときや医者から出席を見合わせた方がよいと判断されたときには、素直に出席できない理由を伝えましょう。

また、新郎新婦と親しい間柄であれば、体調不良であることを直接伝えてもよいでしょう。

体調不良を伝えないと、「なぜあのときに言ってくれなかったの?」と親しい関係にヒビが入ってしまうこともあります。

体調不良については新郎新婦の間柄に合わせて、直接伝えるかぼやかすかを調整しましょう。

理由⑤子供を預けられない

子供がいる場合には結婚式に迷惑を掛けることを考えて、断ることもあるでしょう。

子供が結婚式に参加できないほどの年齢である場合には、「結婚式に迷惑を掛かるし、両親にも予定があって預けることが難しいので…」と断りを入れるとよいです。

また、子供も併せて結婚式に招待されているときには、「式中にじっと座っていることができないので」と伝えることがよいでしょう。

ただし、新郎新婦によっては、「他の友人も子供を連れてくるから気にしなくてよい」と参加を求められることもあるので気をつけてください。

お金がないときの二次会を断り方

結婚式に招待されたときには、併せて二次会にも招待されることが多いです。

しかし、二次会の参加にも高額な参加費が必要であることが多いため、お金がないときには断りたいところです。

しかし、「お金がないから二次会には行けない」と直接伝えるわけには行きません。

そこで、お金がないときの二次会の断り方について紹介して行きます。

親しい関係の場合

結婚式と一緒に二次会にも招待されるほどの親しい間柄であるときには、二次会だけ断ることは難しいです。

そこで、おすすめの断り方は他の結婚式に招待されていると伝えることです。

同じ日に違う結婚式があるとしたら、親しい間柄でも二次会に参加できないとしても不審に思われないでしょう。

また、「別の友人の二次会に招待されていて、二次会はそちらに参加する」と伝えることで、あなたとは仲がいいから優先して結婚式に参加していると、暗に伝えることができおすすめです。

義理で招待された場合

二次会だけ招待された場合には、そこまで新郎新婦と仲がよくない、義理での招待であることが多いです。

このような義理での招待では、結婚式などの大きな予定以外で断りを入れても、そこまでマナー違反ではありません。

二次会の日に「以前から旅行の予定を立てていた」や「同窓会の予定が先に入っている」など、先約が入っていることを理由に断りを入れるとよいでしょう。

本音を暴露!当たり障りのない断り方の裏事

結婚式への参加を断る理由として都合のいい断り文句を幾つか紹介してきましたが、つまるところこれらは「建前」にすぎません。

このような「建前」の裏に隠された「本音」としてはどのような理由が考えられるでしょうか。

「お金がない」はもちろん理由のひとつとして考えられますが、その他に考えられそうな理由を挙げて行きましょう。

遠方のためめんどくさい

まずは、結婚式が行われる場所が遠方のためそこまで出向くのが面倒くさいというケースです。

高校や大学のときの友人の場合だと、現在ではお互いバラバラの地域に住んで仕事をしていることも珍しくありません。

例えば自分が東京都で相手が千葉県程度の違いであれば出向くのもおっくうではないかも知れませんが、自分が鹿児島県で相手が北海道ともなるとなかなかにめんうどくさいですし、交通費もバカになりません。

そのような場合では、当たり障りのない理由をつけて断ることも十分に考えられます。

相手とそこまで仲がいいわけではない

また、結婚式に招待してくれるのはうれしいんだけど俺そんなにあいつと仲良かったかなぁ…?というような場合もあります。

そのような友人から招待の場合、気持ちもそこまで前向きになりませんし、ちょっとしたネガティブな理由があるだけですぐに「まぁ参加しなくてもいいか」という結論に達してしまいがちです。

近場で結婚式を行ってもらえるなら構わないけれど、上述したように遠距離に住んでいるような友人の場合であれば、なおのこと断りたいという気持ちが強く働いてしまうでしょう。

結婚式にどれくらいの距離感までの友人を招待するかということは非常に重要な問題ですが、その問題を重要だと思っているのは招待する人だけではなく、される人にとっても同じくらい重要な問題なのです。

本当に断り文句通りの場合もあり

こうやって色々と断り文句の裏にある、可能性のある本音のようなものを探ってしまうと、「親族の結婚式で…」というような断り理由を見るたびに、「あっこいつ、めんうどくさいんだな」と思うようになってしまうかも知れません。

しかし、もちろん中には本当に断り文句通りの理由で欠席する人もいることは忘れてはなりません。

自分が結婚式を挙げようと思う日は恐らく大安などの好ましい日を選ぶでしょうから、その日に他のカップルが結婚式を挙げようとしていることも、それがたまたま自分の友人の親族であることも珍しいこととは言い切れないからです。

ですので、断ってきた友人に関しては「残念だなぁ」という程度の感情を抱くにとどめておくのが、心の平静を保つためにもいいのかも知れませ。

結婚式の参加を断る場合の対処法

お金がないから結婚式を欠席したとしても、友人をお祝いしたいという気持ちはきっとあるはずです。

そこで、結婚式を欠席する場合でも、友人にお祝いの意思を伝えることができるような対処法について考えて行きましょう。

後日改めてお祝いをする

結婚式が行われるタイミングにはお金がなかったとしても、その後であればお金も貯まっているはずです。

そこで、結婚式に参加できなかったことをわびるとともに改めてお祝いさせてほしいという旨の連絡を友人に送るといいでしょう。

友人1人にお祝いするのでもいいですが、できれば新婚夫婦2人ともにお祝いしてあげたいでしょう。

お祝いの内容としては何か友人が好きそうなものや、新婚生活で便利に利用できそうなものをプレゼントするのもいいですし、こちらも既婚者であるならば2家族での会食の場を設けるのでもいいでしょう。

お祝いの気持ちをきちんと形に表すことで、相手にもあなたの誠意が伝わると思います。

祝儀だけでも送る

結婚式に参加するための移動費・宿泊費や、その後懐かしい友人と旧交を温めるための出費なども考えるとちょっと参加するのは厳しいという人でも、祝儀を出すぐらいの余裕はあるでしょう。

参加せずとも祝儀だけは送ることで、自分のお祝いの気持ちを相手に伝えることができます。

式には参加せずに祝儀だけ送る場合の金額の目安は1万円と言われているので、そこまで痛手となる出費でもないでしょう。

式当日に祝儀だけ送っておいて、後日改めてお祝いするという合わせ技でももちろん構いません。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)お金がない時に限って結婚式!どうやってご祝儀を用意する?

お金のない時に限って続いたりする、友人の結婚披露宴。 おめでたい事だから仕方がない…とはわかりつつも、何回も続くと金銭的にも大変ですよね。 今回は、そんなお金がない時のご祝儀にまつわる、と...

祝電を送る

式に参加せずともお祝いの気持ちを伝えるための方法としては、祝儀を贈る以外に電報を送るという方法も考えられます。

最近の電報は色々と種類も増えてきていますので、相手が喜びそうなタイプの電報を選んで送ることで、あなたの気持ちもきっと相手に伝わるはずです。

祝儀としてただお金を送るよりも、相手のために文章を考えて電報の種類を選んで…と相手のために色々と気を回して時間を割いていることも伝わりやすいでしょう。

安いものだと1,000円程度で送ることができますし高くとも数千円単位と、値段的にも無理のない設定になっているのもうれしいポイントです。

ふだんであれば結婚式に参加して、「〇〇様より電報を頂いております」と聞く側(がわ)であることの多い電報ですが、是非自分も送る側(がわ)に回ってみましょう。

友達でもメールやラインで断らない

仲のよい友人でから結婚式の招待状が届いたとしても、断りの連絡は必ず手紙か電話で連絡をしましょう。

直接会って事情を伝えることはよいですが、決してメールやラインなどで気軽に伝えてはいけません。

結婚式は友人にとっても一世一代の行事であるため、メールやラインなどの簡易的な連絡手段で欠席を伝えることはマナー違反です。

親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、結婚式の連絡も礼儀を持って伝えるようにしましょう。

お金を原因に断られたときの気持ちの持ち方

結婚式を主宰する新郎新婦としては、お金がないなどの金銭的な理由で参加を断られることは、心理的なショックが大きいと言えます。

このような、お金を原因に結婚式の参加を断られた場合にも、前向きに気を持てる方法を紹介して行きます。

相手に同情してみる

金銭的な理由で結婚式の参加を断られた場合には、相手に同情してみると心が楽になるかも知れません。

友人にしても本当は参加したかったのに、お金がないことで泣く泣く参加ができない可能性もあります。

お金がないことを理由にされた場合には、不満をぶつけるのではなく、「生活は大丈夫?」など相手の経済的事情を心配して、自分にサポートできることがないかを考えることが、友達としては大切かも知れません。

お金に対する考え方の違いを知る

一般的には結婚式は冠婚葬祭ひとつであるため、経済的な理由で断ることをしない人が多いです。

しかし、お金に関する考え方は人それぞれであるため、結婚式といえども金銭的に余裕がなく参加しないという考え方があってもおかしくはありません。

友人から「金銭的に余裕がないので不参加でお願いします」と言われたとしても、お金に対する考え方が自分と違うなと、価値観の違いを勉強するきっかけにすることもよいでしょう。

参加してくれる人のことを考える

金銭的な理由で参加を断られた場合、他の結婚式参加者について考えることも大切です。

結婚式のご祝儀や二次会の参加費は、ある程度高くても仕方ないと思われやすいですが、他の参加費と比べると高額なことが多く負担になりやすいです。

このような高額なご祝儀を支払ってまで参加してくれる人がいるということは、非常に素敵な友達や仕事仲間がいると言えます。

金銭的な理由で不参加の人がいることで、参加してくれる人の有り難みを感じるきっかけにしてみてください。

お金がないなりの参加の仕方とは

ここまで、お金がないため結婚式に参加できないという前提で話をすすめてきましたが、お金はなくともどうしても参加したいという場合もあるでしょう。

そこで、お金がないなりにどうにかして参加するための方法を考えて行きましょう。

二次会だけ参加する

結婚式は通常、挙式→披露宴→二次会というような流れで行われ、挙式から参加する場合は最後まで参加することが多く、途中参加の場合は二次会から参加するというのが一般的です。

そこで、挙式から参加して祝儀も支払って…というような余裕がない場合には、二次会だけ参加するという方法がおすすめです。

二次会からの参加であれば、二次会の会費数千円を支払うだけでOKなので金銭的な負担もそこまで大きくないでしょう。

もちろん「お金がないから二次会だけ参加します」とは言わずに「どうしても外せない用事があるけど、せめて二次会だけは参加させてもらいます」というような形で伝えることが重要です。

また、二次会にもドレスコードの指定があるので、二次会の案内をしっかり確認してから参加しましょう。

夜行バスなど格安の移動手段を利用

遠距離で行われる結婚式の場合は、祝儀以上に交通費が痛手となる場合が多いでしょう。

遠方から参加してくれる人に対してはお車代が支払われることが多いですが、それでも足が出ることもありますし、一時的とはいえ交通費を自己負担しなければならないのが厳しいという人もいるかも知れません。

そのような場合には新幹線や飛行機を使わずに、夜行バスなどの格安の移動手段を利用することで移動費の負担をグッと抑えることができるでしょう。

事前に予約することができるのであれば、LCCを利用することで快適な移動手段を確保しつつ交通費を抑えることも可能です。

関連記事をチェック!

友人や家族と旅行へ行きたい!旅行費用を節約, 稼ぐ方法

宿泊費や交通費、食事代、おみやげ代など旅行にはどうしてもお金がかかりますよね。 そのため、「旅行に行きたいけどお金がない・・・」という人は多いものです。 では、このような時どうすれば旅行に...

友人や家族と旅行へ行きたい!旅行費用を節約, 稼ぐ方法

友人たちと一緒に車で向かう

交通費を抑えるという観点から考えるのであれば、公共の交通機関を利用せずに自力で向かうという方法も考えられます。

結婚式に招待されているのはきっと自分だけではないはずですから、近隣の友人を誘い合わせて複数人で車に乗り合わせて行けば、高速道路代やガソリン代も折半できるので非常に安上がりとなります。

車を出してくれる友人や運転を担当してくれる友人の分は、他のみんなで少し多めに支払うなどしてカバーすれば誰からも不満が出にくい形となるでしょう。

結婚式に向かう道すがら、車内で昔の話に花を咲かせるのも学生時代に戻った気分になってきっと楽しいです。

受付・スピーチを自らかって出よう!

お金がない時に使いたい裏技…。

それは、自ら「披露宴での大役をかって出る」という事です。

新郎新婦など、披露宴の主催者側は、当日披露宴のお手伝いをしてくれたり、挨拶をしてくれたりした方へ、お礼をされるケースが多いようです。

例えば、受付をしてくれた方へは5,000円。

主賓としてスピーチをお願いした場合には、10,000円。

さらに、乾杯の発声をお願いした方へは5,000円というような感じで、現金でお礼を渡される場合があります。

そのお礼をあてにする…と言うと、非常に不謹慎ではありますが、どうしてもお金がないなら、そのような大役を自ら申し出てみましょう。

さすがに主賓の挨拶などは、本当の主賓の方がいるので、無理ですが、受付などはさせてもらえるかもしれません。

結婚式までにお金を調達する方法

よくよく考えると、結婚式の招待をもらってから実際に結婚式が開かれるまでには多少の時間的猶予があります。

その間に、結婚式に向けてお金を調達する方法は何かないのでしょうか。結婚式の参加費を工面する方法を確認して行きましょう。

毎日少しずつ貯金をする

結婚式に招待された日から結婚式に向けて少しずつ貯金をして行けば、結婚式の費用を捻出できるかも知れません。

結婚式に招待されたのが実際に結婚式を行う日付の3か月前だとすれば、例えばその日から毎日200円ずつ貯金をすることで2万円ほどの資金を捻出することができる計算になります。

毎日300円であれば3万円ですし500円であれば5万円となるので、必要な費用に応じて毎日の貯金額を設定して計画的に貯金を続けて行くことで、無理なく結婚式に参加するための費用を貯めることができるでしょう。

貯めたお金を結婚式前に散在しないようにだけ、注意しておきたいところです。

急な出費に対応するには貯金はどれぐらい必要?

日雇バイトなどを何度か行う

結婚式までしばらく期間があるのであれば、その間に日雇や日払いのバイトを何度か行うことで結婚式の費用を捻出することもできます。

仕事が休みの日などに1日まるまるそういったバイトを行えば、およそ1万円前後の収入になることが多いので、3~4回繰り返すことで結婚式に参加するぐらいのお金を貯めることができるはずです。

毎日コツコツと貯金して行くということが性格的に苦手な人にとっては、バイトで稼ぐ方が向いているかも知れません。

もちろん両者を組み合わせて、毎日100円や200円ずつ貯金して行いつつ短期のバイトを1,2回行うというのでも、必要なお金は十分に貯められるはずです。

今すぐお金が必要!日払いのバイトはある?

身近な人に相談を

検討してみていただきたいのは、親や兄弟に相談する事です。

確かに3万円程度のお金で親に相談するのは恥ずかしいかもしれませんが、数ヶ月の間に披露宴が何度も重なった場合など、きちんと事情を話せば、少しくらいは融通してくれるかもしれません。

親から借りるとなった場合は、いくつか気をつけておきたいポイントが有りますので、以下の記事をご覧ください。

親からお金を借りるときに気をつけること

カードローンでお金を借り入れる

毎日貯金をして行くような余裕もなく、休日に短期のバイトをするのも体力的にしんどいという場合には、いっそのことカードローンを利用して結婚式に参加するためのお金を借り入れてしまってもいいかも知れません。

結婚式に参加するためですから数万円単位の借り入れを行うことになると思いますが、返済は一気にまとめてではなく数千円単位で少しずつ返済して行けばいいので、家計に与える負担もそこまで大きくはならないでしょう。

稼いだお金であろうとも借りたお金であろうとも、お金であることには変わりはありませんし、そのお金があれば結婚式に参加できることは紛(まぎ)れもない事実です。

友人の結婚式に参加したいという気持ちがあるのであれば、手段を選んでいる場合ではないかも知れません。

友人の門出を祝福した後は、返済に向けてコツコツと頑張って行きましょう。
キャッシングを即日利用ランキング!おすすめカードローン

やっぱり結婚式を欠席したい???

いろいろと努力はしてみるけれど、もしお金を用意することができなかったら、結婚式を欠席するしかないかな・・・なんて、安易に考えている人はいませんか?

結婚式のドタキャンなんて、もってのほかです!

なんのために結婚式の出欠の返信を、1ヶ月以上前までにすることになっているのか、わかりますか?

もし欠席するのであれば、期限までにやむをえない理由を添えて、欠席の返信をする必要があります。

招待する側は、席順を考え披露宴のお料理や引き出物など、おもてなしの準備をしているのです。

それに、披露宴当日に空席があったらどう思われるでしょうか?

ちなみに、結婚式を欠席したとしても、招待された以上、ご祝儀は渡さなければいけません。

ドタキャンする人=お金がない人

ところで、結婚式に限ったことではなく、ドタキャンする人にはお金が巡ってこないと言われているのをご存知ですか?

なぜなら、信用をなくしてしまうからです。

お金はどうやって巡ってくるかというと、人を介して巡ってくるものなのです。

日頃から平気でドタキャンするような人は、だれからも信用されなくなり、ひいてはお金が巡ってこなくなるというしくみになっています。

意外に知らなかった地方のご祝儀事情

「披露宴のご祝儀相場は3万円」という事は既にお伝えした通りなのですが、実は日本国内でも、その相場とはちょっと異なる地域があります。

ここからは、そんな「他府県のご祝儀事情」をお伝えしたいと思います。

北海道

まず、最も有名なのは、北海道のご祝儀事情です。

北海道での披露宴は、基本的に発起人と呼ばれる方が主催するパーティーで行われます。

そして、そのパーティーは会費制になっていて、会費は15,000円~20,000円が相場です。

それとは別にご祝儀を持っていく必要はありませんから、友人へのお祝いなどはその会費のみでOKという事になります。

関東から関西

次に、関東~中部~関西などのご祝儀相場は、ほぼ「3万円」です。

名古屋地方の結婚式は派手だという事をよく聞きますが、それは新郎新婦やその親が負担する費用が高くなるだけの話ですから、参列者まで多額のご祝儀を包むことはないようです。

沖縄

最後に、沖縄地方のご祝儀相場もチェックしてみましょう。

沖縄地方のご祝儀相場は、なんと1万円です。

もちろんそれ以外に個人的にお祝いの品を贈ったりするケースもあるようですが、披露宴に招待された場合は、1万円のご祝儀で済むようです。

たしかに、東京などと比較して給与水準も若干低い地方ではありますが、参列者には嬉しい慣習ですね。

まとめ

以上、結婚式に招待されたけれどお金がないときの断り方や、断ってしまった後の対処法などを中心に説明してきました。

結婚式は人生における一大イベントであるため、基本的に参加を断ることも難しいですし断るにしてもその断り方が重要になってきます。

結婚式という幸せなイベントをきっかけに波風を立ててしまうことのないように、大人の対応を心がけて行きたいです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能