お金に困ったときは「お金がない馬」

食費のリボ払いだけは絶対に止めて!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

どれだけ借りても毎月の返済額が定額になる「リボ払い」。

確かに便利な支払い方法ですが、食費や生活費に利用するのは絶対に止めてください。

なぜ食費や生活費の支払いにリボ払いを利用してはいけないのか、そして、食費の支払いとして適した方法は何なのかについて解説いたします。

毎月発生する支出にはリボ払いは不向き

リボ払いとは、毎月の返済額を一定にする返済方法です。

通常は借入額が大きければ大きいほど毎月の返済額も高く設定されますので、支払い期間がそこまで長くなりにくく、結果的には利息もそこまで大きくはなりません。

しかしながら、リボ払いでは、10万円を借りても50万円を借りても返済額は同じです。

毎月の返済額を1万円(利息は15%で計算)に設定しているなら、10万円なら11回(返済総額107,497円)で完済できますが、50万円なら79回(返済総額789,501円)にもなるのです。

リボ払いの詳しい仕組みに関しては、次の記事をぜひご覧になって下さい。

リボ払いの金利と手数料の計算方法

追加融資を受けるとさらに返済期間が延びる!

利息を少なくするための最善の方法は、借入期間を短くすることです。

しかし、毎月の返済額を定額に設定するリボ払いでは、借入期間が長くなりやすく、その分、利息が高くなってしまいます。

しかも、追加融資を行うならさらに借入額が増えてしまいますので、借入期間はさらに長くなり、利息もさらに高くなってしまうのです。

つまり、リボ払いは、利用者にとってメリットのある返済方法というよりは、クレジットカード会社などの貸付業者にとってメリットの多い返済方法なのです。

次の記事も是非ご覧になって下さい。

クレジット会社はリボ払いが1番儲かる

食費は臨時支出ではない!だからリボ払いに向かない

食費が必要なのは今月だけではありません。

今月の食費の支払いが足りないのなら、きっと来月の食費も足りなくなるでしょう。

その度にリボ払いを利用して借り入れているなら、利息がどんどん増えていき、いつの間にか自己破産も視野に入れなくてはいけないほどに借金が膨れ上がります。

リボ払いは「借入は1回のみ。後は返済するだけ」というときに利用するべき返済方法なのです。

そのため、食費や生活費のように毎月少しずつ借り入れていく支出に対しては不向きな返済方法だと言えるのです。

食費をクレジットカードで支払うときの条件

食料品などの毎日の買い物をクレジットカードで支払うことは、決して悪いことではありません。

現金を持ち歩くよりも安全ですし、クレジットカードのポイントが付く分、現金払いよりもお得だと言えるからです。

ただし、常に一括で支払うこと、そして、毎月のクレジットカードの支払いを滞納しないことの2つが条件となります。

一括かつ支払い期限までに支払うなら、利息は1円も発生しませんし、クレジットカードのメリット(安全性とポイント付与)だけを活かすことができるのです。

一括で支払えない人はクレジットカードを使わないで!

「請求額が確定するまで、一括で支払えるかどうか分からない」という綱渡り型の家計を運営している人は、クレジットカードで食費や生活費を支払うことをスッパリと止めてください。

「一括で支払えるかどうか分からない」なんて言っている人は、少しでも家計に苦しさを感じると、クレジットカードのマイページから支払いをリボ払いに切り替え、今月分の支払いを来月以降に先送りするでしょう。

そのような行為を重ねる度に利息はどんどん積み上がり、やがて多重債務や返済不履行、財産差し押さえなどのブラックな人生に滑り落ちてしまうのです。

自分の支払い能力が不安な人はクレジットカードを使わないこと、そして、できればすべてのクレジットカードを解約することをオススメします。

借金をしたくないならデビットカードがオススメ

クレジットカードは便利ですが、一括で支払う場合以外はすべて「借金」となりますので、お金の管理に自信がない人は手を出さないのが一番です。

ご自身の「支払い能力」や「管理能力」に自信がない人は、今すぐクレジットカードを解約し、デビットカードを作るようにしてください。

デビットカードは口座と直結したカードですので、口座残高が不足しているときは支払いできないようになっています。

つまり、持っているお金以上に使えないようになっているカードとも言えますので、支払い能力や管理能力に自信がなくても安心して利用することができるのです。

デビットカードでお金を借りることはできる?

デビットカードで家計管理を始めよう!

デビットカードを利用することで、家計管理が楽になります。

家計管理が楽になると、収入以上に使ってしまうことを予防することができ、貯金ができる生活も夢ではなくなります。

デビットカードの特筆すべきメリットを3つ紹介します。

使用の度にメールが届く

不正使用を防ぐために、デビットカードは利用する度にメールが届く仕組みになっています。

メールによってどれだけ使ったか後からチェックすることができますので、レシートをなくしてしまったとしても家計簿を付けることができます。

自動引き落としのときもメールが届く

デビットカードはネットショッピングや通販、定期購入などでも利用できます。

特に定期購入のときは、初回の支払いは覚えていても、2回目以降の支払いを忘れてしまうことがありますよね。

ですが、デビットカードで支払いを登録するなら、2回目以降の引き落としのときにも毎回メールが届きますので、不要なモノを定期的に購入してしまうことも予防できます。

通帳に記録ができる

クレジットカードは1ヶ月の利用分をまとめて引き落としますので、通帳の記録だけを見ても、引き落とし額に何が含まれているのかを判断することはできません。

一方、デビットカードでは、使う度に通帳からお金が引き落とされますので、通帳に一回ごとの使用履歴がしっかりと残ります。

何にお金を使用したかを把握しやすいことも、デビットカードのメリットだと言えるでしょう。

クレジットカードの利用は細心の注意を!

毎月、たくさん収入があって、口座残高を気にしなくてもクレジットカードの支払いを済ませられる人は、これからもクレジットカードを使って便利に生活して下さい。

しかし、口座残高をチェックしないとクレジットカードの支払いが一括でできるのかどうか分からない人は、口座残高の確認と引き落としを同時に行える「デビットカード」を日々の支払いに利用するようにしてください。

分不相応にクレジットカードを利用し、支払いができなくてリボ払いを選択してしまうと、そこから人生が転落することもあるのです。

次の記事も是非ご覧になり、クレジットカードとの関わり方を今一度見直すようにしてくださいね。

借金返済地獄はリボ払いから始まる

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能