お金に困ったときは「お金がない馬」

新聞代の引き落としはカード払いがお得?メリットとデメリットを紹介!

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

毎月の新聞代はどのように支払っていますか?

一般的には、販売店集金スタッフへの手渡しと口座振替、クレジットカード払いの3つの方法がありますが、その中でも近年利用率が増えている支払い方法が「クレジットカード払い」です。

クレジットカード払いは本当にお得な方法なのか、メリットとデメリットを紹介しながら考察してまいります。

また、主な新聞社の購読料をカード払いに切り替える方法についてもまとめていますので、ぜひ活用して下さい。

便利な引き落とし方法が2種類ある

上記の支払い方法のうち、「クレジット決済」と「口座振替」は購読料金を預金口座(以下、口座)から自動的に引き落として支払う方法です。

一方、「集金」は自宅へ購読料金の集金に来てもらい支払う方法です。

集金は、現金を準備しなければいけなかったり、面談できなかった場合は改めて時間を作らなければいけないというデメリットがあります。

これらのデメリットを解消できる方法が、クレジット決済と口座振替です。

その特徴やメリットについて理解を深めましょう。

クレジット決済と口座振替の流れ

どちらも、決められた日に口座から引き落とされるという点では同じですが、それぞれ手続きの流れが異なります。

「クレジット決済」は、クレジットカードを通して支払いをするので、口座から引き落とされるのは、そこから1~2ヶ月先となります。

クレジット決済は、利用してから引き落としまでに数ヶ月の余裕があるというメリットがあります。

ただ、そのことは、引き落としとなる数ヶ月先まで口座の残高を気にしなければいけないというデメリットにもなります。

「口座振替」はクレジットカードのように口座から引き落とされるまでの時間的余裕が短いです。

クレジット決済と口座振替では、利用してから引き落とされるまでの期間に違いがあることを覚えておきましょう。

とは言え、購読料金は月単位で支払うので、契約と解約の時以外は毎月同じ額が引き落としされると考えれば、大差は無いとも言えます。

どちらにも共通する3つのメリット

クレジット決済にも口座振替にも共通している3つのメリットがあります。

それは、以下の3つです。

①集金で、突然の訪問や夜間に来られるということがない
②集金の際、お金を準備しておく手間が省ける
③引き落としの日が決まっているので、家計の管理がしやすくなる

支払い方法を集金にすると、集金に来る時間を空けておかなければいけなかったり、お金を準備しておかなければいけなかったりと、拘束される部分が多くなってしまいます。

支払いを自動的に行うことで、これらの拘束は解消することができます。

上記の3つに加え、クレジット決済は更にもう1つメリットがあります。

それは、クレジットカードのポイントが付くことです。

クレジットカードを利用して購読料金を支払うので、その分のポイントが付くことになります。

ポイントの還元率はクレジットカード会社により異なるので、還元率の高いものを利用すると良いでしょう。

申込は誰でもすぐできる

どちらも申し込みは簡単に行うことができます。

クレジット決済は、インターネットから専門フォームにアクセスし、必要事項を入力することで手続きができます。

また、紙媒体の申込書を記入して郵送する方法もあります。

口座振替は、紙媒体の申込書に記入・捺印したものを郵送することで手続きができます。

ここで押印する印鑑は、引き落としをする口座のお届印であることに注意しましょう。

引き落としを選ぶ上での注意すること

クレジット決済も口座振替も、様々なメリットがあります。

しかし、一方で注意しておかなければいけないこともあります。

特にクレジット決済においては、金融機関で融資を受けたり、クレジットカード会社でクレジットカードを作成する場合にマイナスの影響を出してしまう場合もあります。

それぞれ、どのような点に注意しなければいけないのか把握しておきましょう。

クレジット決済4つの注意点

クレジット決済に関しては4つの点に注意が必要です。

クレジットカードの特徴である分割返済や、引き落としができなかったことによるマイナスの影響についてです。

クレジット決済は集金と違い、時間的な拘束はありませんが、集金では発生しないデメリットもあります。

クレジット決済を利用する前に注意点を確認し、また、利用中も意識するようにしましょう。

①支払い方法は一括のみ

クレジットカードは一括支払いが難しい場合、分割して返済すること(リボ払い)ができますが、購読料金の引き落としに関しては一括支払いしか出来ません。

ただし、カード会社によっては、一括支払い後、リボ払いへ変更することができる場合もあります。

②1回限りの利用はできない

購読料金の支払いは毎月発生するものです。

今月のみクレジットカードを利用し、翌月は集金や口座振替ということはできません。

変更や解約の手続きをしない限りクレジット決済は継続されます。

③カードの変更・無効は急いで連絡を

カード内容に変更が生じたり、利用を停止された場合は速やかに最寄の販売店へ連絡をしましょう。

特に利用を停止された場合は、引き落としができなくなってしまいます。

主な原因としては、借入の返済が遅延したり、金融事故を起こした場合が考えられます。

④引き落とし不能は融資審査に響く

クレジット決済ではクレジット会社の指定した日に口座から引き落としがされますが、もし残高不足などで引き落としがされないと「延滞」という履歴が残ってしまいます。

この履歴は融資を受ける場合の審査に大きくマイナスの影響を与えてしまうので、延滞はしないよう注意しましょう。

口座振替は残高不足に注意

口座振替においてもクレジット決済と同様、引き落としに注意をしましょう。

口座振替は指定された日に口座から自動的に購読料金が引き落とされます。

クレジットカードと違い、購読料金単体の引き落としとなります。

引き落としの日は、毎月26日(土日祝を除く)となっており、26日が土日祝の場合は翌営業日となります。

注意しなければいけない点は、他のクレジットカード会社や引き落としも月末に集中するという点です。

例えば、口座の残高が3万円あり、購読料金の口座振替が4千円、クレジットカードAの返済が2万円、クレジットカードBの返済が1万円が同じ日にあったとします。

口座の残高が3万円に対し、引き落とされる金額は3万4千円です。

そもそも残高が不足していますが、引き落としできるものから引き落とされていきます。

どれが優先して引き落とされるかは分かりません。

購読料金とクレジットカードAが引き落とされるかもしれませんし、購読料金が引き落とされずクレジットカードAとBが引き落とされるかもしれません。

口座振替を利用する場合は、他の引き落としのことも含めて、口座にお金を多めに入れておきましょう。

新聞代をカード払いする3つのメリット

新聞購読料をクレジットカード払いにすることで、現金払いや口座振り替えと比べて次のようなメリットがあります。

支払い忘れを防ぐことができる

現金による集金の場合、集金人が訪問したときに不在だったり現金を持ち合わせていなかったりすると、購読料の支払いを済ませることができません。

また、何かの手違いで集金人が来ないときは、契約者には支払いの意志があったとしても、支払えないことになってしまいます。

新聞購読料を滞納すると、新聞が配達されなくなってしまったり営業所から何度も催促の電話がかかってきたりしますので、このような事態を避けるためにも、カード払いにして毎月きっちりと購読料を支払いたいものです。

クレジットカードのポイントが貯まる

新聞購読料をクレジットカード払いにすると、クレジットカードのポイントを効率よく貯めることができます。

1ヶ月の購読料が4,500円とすると、年間で54,000円もの支払いをクレジットカードで行うことになりますので、ポイント還元率が1%なら540円、2%なら1,080円ものお得になります!

次の記事も是非ご覧になって下さい。

「払った」「払ってない」の不毛な争いがなくなる

集金人経由で新聞代を支払うことも良いことです。

しかしながら、万が一、「先月分の購読料をもらっていないんですけど・・・」と集金人に言われたときに、すでに領収書を破棄して支払った証拠がなくなっているなら、どうすれば良いでしょうか?

最悪のケースでは、「支払ったはずなんだけど」と思いながら二度払いすることにもなりかねませんよね。

ですが、クレジットカード払いにしているなら、クレジットカードの明細書や電子明細に「○○新聞○月分購読料」と表示されますので、たとえ領収書を破棄したとしても証拠を提示できます。

不毛な争いを避けるためにも、支払った証拠が残るクレジットカード払いをオススメします。

新聞料をカード払いする3つのデメリット

滞納や不毛な争いを防ぎ、しかも金銭的なお得まであるクレジットカード払い。

とはいえ、次のようなデメリットもあります。

カードの支払いに遅れると新聞代も滞納してしまう

新聞購読料をクレジットカードで支払うということは、クレジットカードの引き落としが円滑に行われないときは新聞代の引き落としも行われないということです。

つまり、クレジットカード払いにしているすべてのモノ、例えば、新聞購読料以外にも携帯電話代やインターネット代、スポーツクラブの会費、家賃などもすべて延滞してしまうということを意味します。

クレジットカード払いにまとめることは便利なことですが、ひとたびクレジットカードの支払いが遅れるとさまざまな料金を滞納してしまうことになりますので、絶対に引き落とし日までに請求額を入金するようにしてくださいね。

尚、クレジットカードの滞納が続くと、裁判で訴えられたり給料や預金が差し押さえられたりすることがあります。

クレジットカードの利用限度額が減る

クレジットカードで新聞料金を支払うということは、クレジットカードの利用限度額が新聞購読料の分だけ減ってしまうということでもあります。

いつも限度額ぎりぎりまで使っている人なら、「新聞代をクレジットカードで支払うようになってから、買い物できる金額が減った」と感じるかもしれません。

景品やチケットがもらえない

新聞営業所からやってくる集金人に現金で新聞代を渡すと、地域指定のゴミ袋や美術館の入場券、野球観戦のチケットなどをもらえることがあります。

しかしながら、クレジットカードで新聞代を支払ってしまうと、集金人とのコミュニケーションもなくなりますので、景品やチケットをもらえるチャンスもなくなってしまいます。

購読料をクレジットカード払いにする方法

不在にしがちな人や現金を手元に置いていない人、クレジットカードのポイントを効率よく貯めたい人は、現金払いや口座振替からカード払いに切り替える方が良いでしょう。

主要な全国紙の購読料をクレジット払いにする方法を紹介します。

朝日新聞

新規に朝日新聞に申し込む場合もすでに朝日新聞を購読している場合も、インターネットで新聞購読料のクレジットカード払い手続きを実施することができます。

インターネット以外の申し込み方法を希望する人は、最寄りのASA(朝日新聞の営業所)もしくは朝日新聞社に電話で問い合わせ、郵送専用のクレジットカード払い申込書を送付してもらえば、営業所に出向くことなくクレジットカード払いの手続きを済ませることができます。

毎日新聞

毎日新聞の購読料をクレジットカードで支払うときは、最寄りの毎日新聞営業所もしくは毎日新聞社に電話で問い合わせ、郵送専用のクレジットカード払い申込書を送付してもらいましょう。

尚、JCBカードは東日本エリアでしか利用できませんので、東日本以外にお住まいの人はJCBカード以外のカードを指定して下さい。

JCBカードを滞納したときのペナルティについては、次の記事で詳しく解説しています。

JCBカードが払えない!滞納するとどうなる?再引き落としは?

読売新聞

読売新聞も朝日新聞と同様、新規に読売新聞に申し込む場合もすでに読売新聞を購読している場合も、クレジットカード払いの手続きをインターネットで実施することができます。

インターネット以外でクレジットカード払いの手続きをしたい人は、最寄りのYC(読売新聞営業所)もしくは読売新聞社に電話をかけ、郵送専用のクレジットカード払い申込書を送付してもらうように依頼しましょう。

日本経済新聞

日本経済新聞では、原則的にクレジットカード払いの手続きはインターネットのみとなっています。

新規に日経に申し込む場合もすでに日経を購読している場合も、ネット経由で手続きを済ませるようにしてください。

産経新聞

産経新聞を新規購読する場合もすでに購読している場合も、インターネット経由でクレジットカード払いの手続きを実行することができます。

ネット以外の申請方法を希望する人は、産経新聞社にクレジットカード払いの申込書類を郵送してくれるように依頼しましょう。

解約にはタイミングがある

新聞購読の解約をする場合、解約のタイミングが重要となります。

解約をする場合はYC(読売センター、以下、YC)へ連絡をする必要があります。

そもそも、新聞の販売を行っているのは新聞会社ではなく、販売店です。

読売新聞の場合YC(読売センター)が販売店になります。

解約はいつでも出来るというわけではないので、解約のタイミングがあること、それがいつなのかを覚えておきましょう。

更新前か更新時に伝えよう

新聞を購読する場合、初めに契約を交わしますが、その際に契約期間を決めます。

読売新聞は1ヶ月から1年以上まで、1ヶ月単位で契約期間を指定することができます。

契約期間が到来するYCから継続契約の案内が来ますが、そのタイミングか、それまでに継続しない旨を伝えて解約の手続きを行います。

解約の際は、最寄のYCへ電話等で連絡し、解約の手順を確認しましょう。

原則、途中解約はできない

契約期間の途中では、原則、解約することはできないこととなっています。

また、途中解約においては決まりが無いため、YCによって解約の手続きが異なります。

違約金や解約手数料が発生したり、既に支払った購読料金が戻ってこない場合もあるということを覚えておきましょう。

引越しの場合は中途解約可能

引越しをしてYCの営業エリア外に住むことになったら、読売新聞の契約は中途解約することができます。

しかし、その場合においても違約金や解約手数料などの有無がYCによって異なります。

引越しが決まった段階で早めに連絡しましょう。

早めに相談して解約の月を決定することで、支払う購読料金を抑えることができる可能性もあります。

総合的に判断するとカード払いがお得!

新聞購読料金は現金や口座振替で支払うよりも、手間が省けてポイントが貯まる「クレジットカード払い」がお得です。

すでに現金や口座振替で支払っている人も、インターネットや電話で簡単に支払い方法変更手続きが行えますので、変更を検討してみるのはいかがでしょうか。

尚、書類を郵送してクレジットカード払いの手続きをすると、早くても翌月の購読料から、遅いと2ヶ月後の購読料からカード払いとなりますが、インターネットで手続きをすると、早いとその月の購読料から、遅くても翌月の購読料からカード払いが適用されます。

スピーディに手続きを済ませたい人は、インターネット経由で手続きをするようにしてくださいね。

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能