お金に困ったときは「お金がない馬」

車のローンで生活苦に!その理由と対処法

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

自動車はうまく使えば便利であり、またときに生活に必要なものでもあります。

その一方で、自動車ローンで生活苦に陥るケースもあります。

どうして生活苦になってしまうのか、その理由と対処法を解説します。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%
最短即日
新規の方はお借入れ全額60日間無利息、又は5万円180日間特典あり
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

車のローンで生活苦になる理由

車のローンで生活苦になる理由は、いくつかあります。

高価な車を購入した人が生活苦になりやすいイメージがありますが、一概にそうともいえません。

関連記事をチェック!

日本人の生活が苦しい5つの理由と抜け出す方法

厚生労働省が実施した国民生活基礎調査によりますと、生活が大変苦しいと答えた人とやや苦しいと答えた人の合計は56.5%でした。 つまり、過半数の国民が生活苦を感じているのです。 なぜ日本人の生活が苦...

返済能力を超えたローンの利用

ご自身が返済にまわせる金額には限りがありますから、その金額を超えてローンを申し込むと、当然生活苦になります。

その場合、節約してローン返済にまわすといっても、その金額には限りがあります。

また、お勤めの方の場合は一生懸命働くから払えると思う方もいるでしょうが、実際に給与を支払うのは勤務先ですから、あなたの思い通りになるとは限りません。

ローンの目安は全体で年収の25%まで

ローンの目安は、全体で年収の25%までといわれています。

車には自動車税や自賠責保険料、不具合が発生した場合の整備費用など、ランニングコストにあたるお金も必要です。

そのため頑張れば返済できる金額まで借りてしまうと、確実に生活苦が待っています。

年収と借金限度額、借入上限は

短期間で廃車になり、ローンだけ残る

車を購入した方の中には、不幸にして購入後短期間で廃車になる場合もあります。

例えば地震や火災、水害や津波等の天災に遭うことが考えられます。

また単独事故で車が大破したような場合など、加入している任意保険で保障を受けられない場合も該当します。

この場合は失った車の補償を受けることもできず、ローンだけが残ることになります。

さらに多くの場合は新しい車も必要ですから、前の車と新しい車、2台分のローンを支払わなければなりません。

車にかかる費用を抑える工夫

ローンの契約を変えない限り、月々のローン金額は変わりません。

そのため、できるだけローンの支払いにお金を回す工夫が必要です。

ガソリン代を安くする

毎日のように車に乗っている人にとって、ガソリン代を安くすることは良い節約方法の一つです。

セルフ給油の店を利用する、会員価格を利用する、ガソリン代が割引になるクレジットカードを利用するといった工夫をすると良いでしょう。

また、安いお店では満タンに、高いお店では必要な分だけ給油することも知恵の一つです。

収入少なくて生活費が足りない時のオススメ副業と節約方法

任意保険を見直す

車の任意保険については見直しによって安くできる場合があります。

そのためには、本当に必要な保障内容をリストアップした上で、よく比較することが大切です。

なお、旧保険から新保険までの日数が7日を超えると等級が引き継がれませんので、注意が必要です。

できれば任意保険が無い状態を避けるためにも、旧保険の契約が終わった翌日に新しい保険が始まるように契約日を設定しましょう。

車検の費用を見直す

定期的に受けなければならない車検も、頭の痛い出費の一つです。

自賠責保険料、自動車重量税、印紙代といった法定費用は方法を問わず必須ですので、その他の方法で節約を考える必要があります。

最も安価なのはユーザー車検ですが、書類作成や検査コースの受検も自ら行う必要があります。

このため、法定費用に1~2万円追加し車検代行業者に依頼することも一つの方法です。

この方法を使うと、あなたは陸運局に車を持ち込むだけで良くなりますので、負担が軽くなります。

日々の生活も工夫を

車のローンの支払いにお金を回すためには、日々の生活にも工夫が必要です。

大きく分けて節約する方法と、収入を増やす方法があります。

節約する

日々の暮らしの中で、可能な限り節約する方法はいくつかあります。

携帯電話代等の通信費を節約する、生命保険を見直すといった方法は固定費の節約となりますので、おすすめです。

電気やガスの自由化を利用して、光熱費を節約することも良い方法です。

食費は日々の金額は小さいですが、月間では大きな金額となります。

安価な食材や特売品、見切り品等を賢く利用し、節約に励みましょう。

また、休日はお金をかけずにアウトドアを楽しむことも一つの方法です。

車ならどこへでも行けますから、自然の中で過ごすのも良いでしょう。

生活費が足りない?ピンチなときは副業で収入を増やそう!

収入を増やす

節約には限りがありますが、収入が増えればその分をローンの支払いにまわすことができます。

お勤めの方なら、勤務先で良い評価を受け、昇給することが良い方法です。

一方で休日など余った時間を使い、在宅ワークで稼ぐことも一つの方法です。

またリスクはありますが、株や投資信託等で利益を狙う方法もあります。

お金がないけどFXを始める方法

生活費が足りない?ピンチなときは副業で収入を増やそう!

車を売るのは最後の手段

車は生活に必要という場所も多いですから、売るのは最後の手段として、できるだけローンを返済するように努めることが望ましいものです。

しかし、どうしても今の収入で自動車ローンを返済できなければ、車を売るほかありません。

車検証で所有者の確認を

車を売る前に、車検証で所有者を確認しましょう。

万が一なくしてしまった場合は、車のナンバーを管轄する運輸支局で再発行できます。

なお軽自動車の場合は、車の本拠地を管轄する軽自動車検査協会事務所が再発行の窓口となります。

所有者があなたである場合

車検証の所有者があなたであれば、どこで車を売るのも自由です。

買取専門店など複数のお店で査定を受けるようにする等、なるべく高く売る努力をしてください。

なお、買取を急がせるお店には注意が必要です。

所有者がディーラーの場合

この場合、車を勝手に処分してはいけません。

まずはディーラーに相談しましょう。

相談の結果、返済額や返済方法を変更することもあれば、車を売却して返済にあてることもあるでしょう。

もし売却額が返済残額を上回れば、そのお金はあなたに返されます。

車のローンで生活苦を防ぐには

車のローンで生活苦を防ぐためには、いくつかの注意点があります。

そのポイントを説明していきましょう。

利率の低い自動車ローンを使う

最近はディーラーだけでなく、銀行などの金融機関でも自動車ローンを取り扱っています。

多くの場合は、ディーラーの自動車ローンよりも低金利であることが多いです。

また、様々なローンの中から自由に選べることも魅力です。

車を購入する前でも審査をしてもらえますが、その代わり審査には時間がかかることがあります。

利用したい場合は、できれば車選びをする前に審査をしてもらうと良いでしょう。

自動車ローンを組みたい。ローンの組み方を徹底解説

必要な機能に絞る

高価な車であれば、月々支払うローンもそれだけ高額になることは当たり前のことです。

そもそもあなたが車に求める機能は何でしょうか。

どうしてもその車が欲しい場合はともかく、車は移動手段と割り切っている方ならば、必要な機能を満たす車を購入できれば良いわけです。

もしそれでもローンの支払いができないようであれば、必要な機能に優先順位をつけましょう。

そして、どうしても譲れない機能に絞った車選びをしてください。

中古車を購入する

中古車を購入することも、ローンの金額を少なくする一つの方法です。

特に車種にこだわりがある場合、この方法は有効な選択肢となるでしょう。

なお、中古車の場合は新車よりも維持費がかかる場合も多く、使える年数も新車よりは短くなります。

この点には留意が必要です。

まとめ

ここまで、車のローンで生活苦になる場合について、解説してきました。

自動車ローンで生活苦になる場合、多くの皆様が想像するのは、身の丈を超えた金額の車を購入したためということでしょう。

確かにそのようなケースもあると思いますが、一方でランニングコストを見逃していたり、他に住宅ローンや教育ローンを抱えているというケースもあります。

また、災害で車を失うケースもあります。

この場合、多くは改めて新車を購入しなければならず、2台分のローンを抱えることになります。

そのため、車のローンで生活苦になる事態は誰にでも起こり得るといえるでしょう。

車のローンで生活苦になった場合は、車を持ち続けるために様々な努力が必要です。

車にかかる費用を減らすことはもちろん、日々の節約をする、固定費を減らす、収入を増やす等の努力も必要です。

この記事で記載した内容も含めて、可能な限りの努力が必要です。

また自動車ローンで生活苦にならないためには、購入時の工夫が肝心です。

ローンで返済できる金額の車を購入する、なるべく金利が低いローンを選ぶといったことが求められます。

車は本来、日々の生活を楽しむためのものです。

一人でも多くの方が快適なカーライフを送るためにも、生活苦にならずにローンを返済できるか、購入時にきちんと検討することが大切です。

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能