お金に困ったときは「お金がない馬」

三井住友海上の自動車保険はクレジットカード払いが可能?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定
この記事はこんな人におすすめ

「三井住友海上の自動車保険が気になるけど、他の保険はどうなの?」と悩んではいませんか?ここでは三井住友海上の自動車保険はもちろん、他社の保険についても比較しつつ、解説していきます。

この記事は以下のような人におすすめです。

  • 他社の自動車保険も検討してみたいと考えている
  • 三井住友海上の自動車保険に興味がある
  • 自動車保険をクレジットカードで支払いたいと考えている
  • 自動車保険を節約したいと思っている
  • 損害保険も気になる

自動車保険の支払いは、月払にすると毎月バカにならないほどのお金が出ていくだけに、どうにか賢く支払いを行いたいと考えるところです。

月々の自動車保険の支払いをクレジットカードで行うことができれば、ポイントも効率的に貯めることができ、一石二鳥です。

しかし実際のところそれは可能なのかと悩んでいる人も多いでしょう。

今回は三井住友海上の自動車保険の保険料を、クレジットカードで支払うことができるかどうかについて説明していきます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%
最短即日
新規の方はお借入れ全額60日間無利息、又は5万円180日間特典あり
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

クレジットカード払いは可能!

先に結論からお伝えしてしまいますが、三井住友海上の自動車保険の保険料はクレジットカードで支払うことが可能です。

あらかじめクレジットカードの情報を登録しておけば、クレジットカードを用いて支払いが行われるようになります。

ただしクレジットカードを利用する時は、契約者本人以外の名義のカードは使えませんので注意しましょう。

もしクレジットカードを持っていない家族の補償を申込みたい場合は、クレジットカードの名義人となっている人を申込者(保険者)とする必要があります。

また、一括払いにも分割払いにも対応しているようなので、家庭の他の出費とのバランスを考えた上で支払い方法を決定することが可能です。

利用できるクレジットカードの種類に特に制限は設けられておらず、VISAでもJCBでもAmerican Expressでも利用することが可能です。

そのため多くのカードが利用できるのも魅力です。

なお、登録したクレジットカードの有効期限が過ぎてしまい、洗い替えが行われた際にも、クレジットカード会社から三井住友海上まで、自動的にその旨が通知されるので、保険契約者が自ら登録のし直しを行う必要はありません。

ただし、一部のクレジットカードでは洗い替えが自動的に行われず、その場合は保険契約者が自分で登録を行いなおす必要があるので注意しておきましょう。

他の保険会社で対応しているのは?

では、三井住友海上のように自動車保険を取り扱っている保険会社で、クレジットカード払いに対応している会社は他にもあるのでしょうか。

以下に、クレジットカード払いに対応している、自動車保険会社を列挙していきます。

保険を選ぶ時の、参考にしてみてください。

ソニー損保対応クレジットカード
「保険料は走るブーンだけ」でおなじみのソニー損保。
24時間・年中無休で事故受け付けを行っており、専任担当がサポートしてくれたりと少ない保険料で充実のサービスが受けられます。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
損保ジャパン日本興亜対応クレジットカード
ドライブレコーダーが衝撃を感知すると自動的に損保ジャパン日本興亜に通報してくれる安全運転支援サービス「ドライビング!」をスタート。
必要に応じてガードマンが駆け付け、事故の対応をしてくれます。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
  • セゾン
  • ニコスなど
イーデザイン損保対応クレジットカード
セコムの救急対応員が駆けつけ、様々な対応をしてくれるセコム事故現場急行サービスが全ての契約に付いているため、予想をしない事故の不安を取り除きます。
要望に応じた素早い初期対応もおまかせ。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
  • その他上記提携カードであれば可
あいおいニッセイ同和損保対応クレジットカード
相手への賠償(人・物)だけでなく、自身のケガの保障、車への保障にも備えられます。
また「対歩行者等傷害特約」で相手の過失分もしっかり保障するので万が一の時も安心です。
基本的には可能ですが、代理店によってはできないこともあります
三井ダイレクト損保対応クレジットカード
事故対応満足度92.2%の実績。1事故ごとに専門スタッフが責任を持って対応する親身なサービスが安心です。車両トラブルによるレッカーサービスなどのロードサービスが全ての契約に無料で付いています。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
  • ニコス
  • OMC
  • 楽天
チューリッヒ対応クレジットカード
2019年度オリコン顧客満足度調査で2位という実績を持つ自動車保険です。
スペシャリストが事故対応を行い、事故対応満足度は95.9%。万が一のレッカー代も100キロ(東京-熱海間に相当)は無料、給油代、レンタカー代も無料という充実したサポートです。事故による旅行キャンセル費が保証されるというちょっと変わった保障も魅力。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • OMC
  • セゾン
  • 楽天
  • ニコス
  • DCなど
SBI損保対応クレジットカード
契約件数100万件、価格.com自動車保険満足度ランキング2019」の保険料満足度で第1位にも選ばれた保険です。
リーズナブルな保険料と充実したロードサービスが魅力。
レッカー代、ガソリン代、脱輪も無料で引上げ。宿泊費や帰宅時の交通費もサポートしてくるので、深夜の事故の不安を解消します。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
そんぽ24対応クレジットカード
走った分だけかかる保険料なので、距離によって大幅な節約が可能です。また年齢やゴールド免許の取得によって保険料がさらに安くなるというメリットも。
事故解決は損保ジャパン日本興亜との連携によりより迅速な対応が可能になりました。満足度97.5%のロードサービスも全車両についてきます。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
  • セゾン
  • イオン
  • OMC
  • セディナなど
    セゾン、ダイナースは一括払い、分割払いのみ利用可能
日新火災対応クレジットカード
「当て逃げをされた」「自転車で人にぶつかった」などの日常のトラブルに対応する損害保険です。
相手のケガやモノに対してもしっかり補償。さらに特約を付けることによってさらに手厚い保障が受けられます。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
セゾン自動車火災保険対応クレジットカード
基本プランとして対人、モノに対する保障や無保険車傷害は無制限に保証。基本補償をベースに様々な特約を自由に組み合わせることにより、自分にぴったりの保険を作れます。
  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース
  • 楽天
  • ニコス
  • セゾンなど
au損害保険株式会社対応クレジットカード
auが提供する損害保険ですが、au以外の携帯ユーザーも申し込みが可能です。
自転車事故の場合、「個人賠償責任補償」の補償は2億円以上。示談代行サービス付きで相手との交渉もサポートします。
携帯代と一緒に支払いが可能
AIG損害保険対応クレジットカード
特定の用途車種を対象としたAAP(家庭用総合自動車保険)と用途車種を補償するAAI(一般用総合自動車保険)から選べます。
AAPはる人身傷害保険を自動的にセット。車の事故だけでなく、自転車でのケガ、駅構内でのケガなどにも対応しています。
基本的には可能ですが、代理店によってはできないこともあります

日本で営業を行っている自動車保険会社全体からすると、そこまで多くはない数かも知れませんが、大手で知名度のある保険会社では、クレジットカード決済に対応している会社も多くあります。

またau損害保険株式会社のように、損害保険の他に自動車保険を、一日だけかけられる保険というものもあります。

友人や家族などに車を借りる時に便利です。

SBI損保などへの申込を考えている場合、住信SBIネット銀行のクレジットカード(ミライノカード)で支払えば、同時にポイントも貯まります。

SBI生命保険株式会社に入っている人はSBIに保険を統一してしまえば、いざという時に混乱しません。

これらの保険会社の中には、保険商品の種類や代理店によっては、クレジットカード払いが利用できないというところもあるので、事前にクレジットカード払いが可能かどうか確認する方が安心です。

保険料の支払い方法には色々あります

今回は主に「クレジットカード払い」に注目して説明を行ってきましたが、クレジットカード払い以外にも保険料払込み方法はもちろんあります。

最も一般的な方法は銀行振り込みで支払いを行う方法です。

その他にも、自動車保険の代理店に直接お金を支払う現金払や、専用の振込用紙を用いてコンビニで支払いを行うコンビニ払いなどがあります。

分割で保険料を支払っている場合は、いずれも保険料払込期限までに分割保険料を払い込みます。

保険料の支払いを忘れてしまった場合は、いざという時にせっかくの補償が受けられなくなるかも知れません。

忘れてしまいそうで不安という人は、クレジットカードや引落を利用するなどし、保険料払込期限に遅れないようにしましょう。

保険会社によっては保険料の振替ができなかった時のために、Pay-easy(ペイジー)収納サービスなどを行っているところもあります。

それぞれの支払い方法の中で、最も自分にとってメリットが大きく便利だと思う方法を選んで利用するといいでしょう。

各支払い方法のメリット等を検証

とは言っても、それぞれの支払方法の何がメリットで、何がデメリットかということは分かりにくいものです。

そこで最後に、簡単ではありますがそれぞれの支払方法のメリット・デメリットについて説明を行っていきましょう。

クレジットカード払い

クレジットカード払いのメリットはもちろん、保険料のような固定費をクレジットカードで支払うことによって効率よくポイントを貯められるということです。

クレジットカードのポイントは、様々なことに使えるため侮れません。

また支払い関係を全てクレジットカードに集約することで、「ついうっかり」の払い忘れをなくす効果も期待できます。

さらに保険料モバイル決済システムやモバイル決済を利用すれば、パソコンやスマホからいつでも支払い状況を確認することができて便利です。

デメリットとしては、当然ではありますがクレジットカードを所有していないと、利用できないことが考えられます。

またクレジットカードは本人のものしか、利用できないところがほとんどですので注意しましょう。

保険料以外の支払いがかさんでクレジットカードの利用上限にせまってしまう場合には、保険料の支払いがうまく行われない可能性も考えられます。

利用のカードの上限額などを確認し、払い忘れのないようにしましょう。

銀行振込

銀行振込のメリットは、簡単な手続きで支払いを終えられる点にあります。

わざわざ取扱代理店に行くという手間はありません。

ネット銀行の口座を使えば、自宅にいながらでも振り込めるため便利です。

口座振替サービスを利用するという方法もあります。

また支払いのためにお金を持ち歩くわけではないので、安全性という点でも優れていると言えるでしょう。

デメリットとしては簡単な手続きとはいえ、自分で手続きを行わなければ支払いが完了しません。

そのため忘れてしまう可能性があるのが大きなデメリットです。

銀行口座の口座振替を利用する、登録口座にしておいてスムーズに振り込めるようにするなど、少しでも手間を減らしてスムーズに支払えるようにしましょう。

クレジットカード払いであれば毎月決まった日にちに自動的に支払いが行われるため、その手間の分だけ減点といった感じでしょうか。

現金払

現金払のメリットは、直にお金を取り扱うため実際に保険料として、いくら支払っているかということが実感しやすいということです。

保険プランの見直しを行う際などにも、現在の利用金額をすぐ思い浮かべることができるでしょう。

デメリットとしては、代理店が家から遠い場合にはわざわざ支払いに行くのが面倒くさいということが挙げられます。

交通費などもかかるかも知れません。

また、支払いのために大金を持ち歩くことになるので、紛失や窃盗などに遭う危険性とは常に隣り合わせです。

わざわざ損害保険料をかけるわけにも行きませんし、支払う保険料が高額の場合は、リスクの高い支払方法かも知れません。

コンビニ払い

コンビニ払いのメリットとしては、現金払の時と同様に「保険料」というものを、実感しやすいということが挙げられるでしょう。

また、コンビニは銀行や自動車保険の代理店などよりも家の近所にある可能性が高いため、他の方法と比べても支払うための手間が、あまり必要ないのもメリットと考えられます。

デメリットはあまりこれといったものはないかも知れません。

しかし振込用紙を紛失したり、財布にしまったまま支払いを忘れてしまったりしないように注意しましょう。

年配の方の中には「コンビニなんかで支払って、きちんと保険会社の方にお金が言っているのかしら」という考え方をする人が一定数はいるようですが、しっかり受付されているので安心してください。

ただし、支払った時に受け取る領収書は、しっかりと保管しておくようにしましょう。

三井住友海上で扱う保険の種類

三井住友海上では法人、個人向けに多くの保険を扱っています。

車を持っている人はもちろんのこと、たまに車に乗るという人向けの保険、法人向けなど豊富なラインナップが特徴です。特約を付けることによってオリジナル保険が作れます。

三井住友海上のホームページでは、保険料を簡単に試算することができます。

保険商品の一覧はサイトにくわしく記載されていますので、併せて確認してみてください。月額保険料はコースや契約内容によって異なります。

契約前に保険相談をしておくと、自分にぴったりの保険を見つけやすいでしょう。

資料請求はインターネット上からも可能です。

個人向けの商品

三井住友海上では自動車保険はもちろんのこと、海外旅行保険・損害保険・パーソナル総合傷害保険・こども保険など多くの種類を取り扱っています。

特約を組み合わせることによって、お客様にぴったりのオリジナル保険が作れるでしょう。

手元に保険証券を用意し現在の保険と、照らし合わせながら検討するのもおすすめです。

火災保険料など他の保険も、一緒に検討するとさらに節約ができるかも知れません。

もし今の保険から乗り換えを考えている場合は、保険始期日に注意しましょう。保険には待機期間があります。

例えば自動車保険契約などの場合、その間に事故などを起こした場合は保険金が支払われない可能性があります。

始期契約日は、契約成立連絡メールなどで確認しておきましょう。

またインターネットで簡単に申込できるネットde保険(海外旅行、ゴルフ、自転車)や、一日分の保証をしてくれるポケット保険なども充実しています。

商品名GK クルマの保険
(家庭用自動車総合保険)
はじめての自動車保険
(個人用自動車保険)
商品内容安心基本プランにプラスしてカーライフに合わせた特約を付けることにより、一人ひとりに合った保険を作れます。初めて自動車保険に入る人専用の保険です。
基本補償に「選べる補償」をプラスしてパッケージとして提供します。
基本プラン・相手への賠償
対人賠償保険
対物賠償保険
対物超過修理費用特約
・ケガの補償
人身傷害保険
入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約
傷害一時金(1万円・10万円)特約
・車の補償
車両保険
車両保険無過失事故特約
全損時諸費用特約
・ロードサービス
バッテリーが上がった時のジャンピング
ガソリン補給
ドアの開錠
パンク時のタイヤ交換
宿泊費、レンタカーのサポート
・その他
他車運転特約
臨時代替自動車特約
不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約
心神喪失等による事故の被害者救済費用特約
・相手への賠償
対人賠償保険
対物賠償保険
対物超過修理費用特約
・ケガの補償
人身傷害保険
・車の補償
車両保険
車両保険無過失事故特約
全損時諸費用特約
・ロードサービス
バッテリーが上がった時のジャンピング
ガソリン補給
ドアの開錠
パンク時のタイヤ交換
宿泊費、レンタカーのサポート
・その他
他車運転特約
臨時代替自動車特約
不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約
心神喪失等による事故の被害者救済費用特約
特約自動車事故特約
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
新車特約
弁護士費用特約
など豊富なオプションから選べます
・選べる特約
新車特約
車両全損(70%)特約
車両超過修理費用特約
地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約
事故受付センター24時間365日対応、夜間、休日もOK
ドラレコ型あり
GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)特約
なし
示談交渉してくれる
訪問してくれる
弁護士の紹介してくれる

法人向けの商品

法人を対象とした自動車保険も充実しており、事業者リスクをカバーしてくれます。

保険金額は補償内容によって変わりますので、契約手続きの際に確認しておくと安心です。
個人向けの場合と同じく、保険開始日にも注意しましょう。
契約成立確認は必ず行った方が安心です。

商品名自動車保険・一般用
(一般自動車総合保険)
商品内容基本補償に特約をプラスすることによって、ニーズに合わせた保険が作れます。
基本プラン・相手への賠償
対人賠償保険
対物賠償保険
対物超過修理費用特約・ケガの補償
人身傷害保険
入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約
傷害一時金(1万円・10万円)特約・車の補償
車両保険
車両保険無過失事故特約(車が9台以下の場合におすすめ)
全損時諸費用特約
・ロードサービス
バッテリーが上がった時のジャンピング
ガソリン補給
ドアの開錠
パンク時のタイヤ交換
宿泊費、レンタカーのサポート
・その他
他車運転特約
臨時代替自動車特約
不正アクセス・車両の欠陥等による、事故の被害者救済費用特約
心神喪失等による事故の被害者救済費用特約
特約自動車事故特約
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
新車特約
弁護士費用特約
積載貨物賠償特約
法人契約の指定運転者特約
全損時諸費用倍額払特約
など豊富なオプションから選べます
事故受付センター24時間365日、夜間・休日も専門スタッフが対応
示談交渉してくれる
訪問してくれる
弁護士の紹介してくれる

まとめ

以上、三井住友海上の自動車保険の保険料を、クレジットカードで支払うことができるかどうかや、保険料の支払い方それぞれのメリット・デメリットについて解説を行ってきました。

水道代やガス代・電気代といった固定費を既にクレジットカードで支払っているという人であれば、そこに自動車保険の保険料を加えることは何ら問題ないでしょう。

同じクレジットカードからの決済にすることで、収支がみやすくなって家計も管理しやすくなります。

きちんと残高の管理を行って、引き落とし日にきっちり引き落とせるような状態をキープすることができさえすれば、知らず知らずのうちにクレジットカードのポイントが貯まっていくというメリットもあります。

ふだん買い物でクレジットカードをあまり使わない人も、クレジットカード決済にすることによって知らず知らずのうちにポイントが貯まっていることがあります。

カード会社によってはポイントに有効期限があるため、たまにチェックするようにしましょう。

他の支払い方法のメリット・デメリットと比較検討した上で、クレジットカード払いを行うかどうかを決めるとよいでしょう。

カード払いできる意外なもの15選【知らないと絶対損する】

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能