お金に困ったときは「お金がない馬」

太陽生命の保険料はクレジットカード払いできる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

固定費の支払いをクレジットカードで行うことでポイントを貯めるというのは、クレジットカードに少し詳しい方であればもはや常識に近いレベルになりつつあります。

しかし、その「固定費」に含まれているのは水道代や電気代・ガス代であることがほとんどであり、生命保険の保険料に関して触れられていることはあまりありません。

そこで今回は、太陽生命の保険料をクレジットカードで支払うことができるかどうかに関して、説明を行っていきます。

太陽生命では初回の支払いのみ可!

太陽生命では保険料の支払いがクレジットカードで行えるかと聞かれたら、答えとしては「△」となるでしょう。

というのも、太陽生命では初回の保険料支払いはクレジットカード払いが可能ですが、2回目以降は口座振替や振込用紙・窓口での支払いなどで支払わなければならないからです。

毎月発生する固定費をクレジットカードで支払ってポイントを貯めようと考えていた人からすると、少し残念な結果ですね。

初回の支払い時に、たまたま家計が厳しい状況にあるという人の場合はクレジットカードで支払うことで、請求を後回しにすることができるので助かるかもしれません。

他の保険会社を確認してみよう

ではここで、太陽生命以外の保険会社でクレジットカード払いに対応している保険会社はどこであるかを確認していきましょう。

ただし保険会社は非常に数が多いため、今回はある程度大手で知名度があるところに絞ったリストになっていることをご容赦ください。

初回の保険料に限らず、ずっとクレジットカード払いが可能な保険会社は以下の会社です。

保険会社備考
日本生命平成20年1月4日以降に新規加入した場合のみ
住友生命通信販売での加入に限り、月払いプランのみ可
アメリカンファミリーJCB、VISA、MasterCard、American Expressのカードであれば可
オリックス生命月払いは5万円、年払い・半年払いは10万円の契約に限りOK
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命カードブランドや保険の種類に多少の制限あり
メットライフ生命JCB、VISA、MasterCard、American Expressのカードであれば可
三井住友海上あいおい生命特になし
チューリッヒライフインシュアランス
アクサダイレクト生命
SBI生命
ジブラルタ生命

続いて、太陽生命同様に初回のみクレジットカード払い可能な会社です。

こちらは先ほどの会社より数が少ないので列挙させていただきますが、第一生命・三井生命・朝日生命・ソニー生命・かんぽ生命となっています。

保険会社を選ぶときの参考にしてくださいね。

保険料をクレカで払うメリットは?

では、保険料をクレジットカードで支払うことのメリットおよびデメリットを考えていきましょう。

まずはメリットからです。

ポイントを効率よく貯められる

冒頭でも触れましたが、保険料をクレジットカードで支払うことの最大のメリットは効率的にポイントを貯められるということです。

電気代・ガス代・水道代などのライフラインの固定費は、月に1万円~2万円程度に収まりますし、家庭によっては1万円を切る場合もあり得ます。

しかし保険料がそこまで安くなることは稀で、数万円単位の出費が毎月継続して発生しているためポイントを貯めるという観点から考えると、ライフライン関連の費用をクレジットカードで支払うよりもよっぽど効率的なのです。

クレジットカードを複数枚所有している場合は、その中でも一番ポイント還元率の高いカードを用いて支払うことで、ポイントがグングン貯まっていくでしょう。

保険の失効を防ぐことができる

保険料を口座振替で支払っている場合は、引き落とし日にその口座の残高が不足していれば保険料未払いという事態に陥ってしまいます。

1回引き落としが遅れたからといって即保険契約が失効するというわけではありませんが、連続すれば契約は失効となってしまいます。

もちろんクレジットカード払いにしたからといっても、クレジットカードの引き落とし日に口座の残高が不足していれば、同じく未払いになってしまうことには変わりありません。

ただし、クレジットカードで支払いを行っているのは保険料だけではなく、日常生活の中での買い物代金やスマホの料金なども含まれているでしょう。

それだけたくさんの支払いに関与しているクレジットカードですから、引き落とし日にもより敏感になっているのではないでしょうか。

このように、引き落とし日を失念しにくいという特徴をうまく利用すれば、うっかりミスによる保険の失効を防ぐことも可能となります。

関連記事をチェック!

生命保険料が払えない、滞納しそうな場合はどうする?

家計が苦しくなると、生命保険料を支払うことが難しくなってしまうこともあります。 しかし、生命保険の保険料を滞納してしまうと契約が失効してしまう可能性があります。 お金に困っているときや、生命保険の...

保険料をクレカで払うデメリットは?

逆に保険料をクレジットカードで支払うことのデメリットとしては、どのようなことが考えられるでしょうか。

現金払いのほうがお得なことがある

保険料の支払い形式には毎月保険料を支払う「月払い」と、1年間分をまとめて支払う「年払い」があります(保険会社によっては半年払いもあり)。

年金や税金などの支払いを行ったことがある方であればお分かりかと思いますが、その都度支払うよりもまとめて支払ったほうが1回1回の支払いが安くなるというのは、こういった支払いの常です。

しかし、クレジットカードで支払う場合には毎月での支払いになるため、クレジットカード利用により貯まるポイント分を加味しても、現金一括で年払いで支払ったほうが安くなるということが起きうるのです。

実際にどちらのほうがお得になるかは、保険プランや支払いに利用するクレジットカードの還元率にもよるので一概には言えないのですが、きちんと計算した上でクレジットカード払いにするかどうかを決めたほうがいいと言えるでしょう。

保障開始が遅くなる可能性がある

保険会社の保障がスタートするのは、1回目の保険料が支払われた日付と申し込み書等に記入した日付のうちの遅いほうからになるのが一般的です。

しかし保険料をクレジットカードで支払う場合には、「クレジットカードが有効であると保険会社に確認された日付が、1回目の保険料が支払われた日付」というとらえられ方になります。

つまり、保険の申込書が保険会社に届いたあとでクレジットカードの有効性が確認されるため、払い込みで支払う場合よりも保障の開始日時が遅くなってしまう可能性が高いのです。

もちろん、その期間に何事も起こらなければ保障開始日時が数日程度遅くなろうが問題ないのですが、何事も起こらないかどうかということなど誰にも分かりませんよね。

わずかでも不安をなくすためにも、少しでも早く保障を開始してほしいと思う人が大半でしょうから、この点はデメリットと言わざるをえないでしょう。

まとめ

以上、太陽生命の保険料をクレジットカードで支払うことができるかどうかおよび、保険料をクレジットカードで支払うことのメリットとデメリットについて説明してきました。

メリット・デメリット双方ありましたが、総合的に考えるとメリットのほうが大きいように感じます。

今後加入する保険を選ぶ際には保険内容を比較することはもちろんですが、クレジットカードで支払うことができるかどうかということも念頭に置いたうえで、吟味するといいかもしれませんね。

カード払いできる意外なもの15選【知らないと絶対損する】 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能