お金に困ったときは「お金がない馬」

歯医者で手持ちのお金がない場合の対処法【虫歯がボロボロ】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「歯医者でお金が足りなかった!」このような時どうすべきでしょうか?

また、「歯がすごく痛いのにお金がなくて歯医者に行けない・・・」というような時にはどうやって治療費を作ればいいのでしょうか?

今回はそんな歯医者で手持ちが足りないときや、お金がなくて歯医者に行けないときどう対処すべきかを解説しています。

その他にも、「歯医者の治療費がどれくらいになるのか?」という点もお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%
最短即日
新規の方はお借入れ全額60日間無利息、又は5万円180日間特典あり
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

会計時に手持ちがないときは?

「歯医者の会計時に手持ちがなかった!」財布にお金が思ったよりも入っていなかったり、想像以上に治療代がかかってしまったりした場合、このような場合もあります。

しかし、そうした場合でも慌てる必要はありません。

お金が足りなかったとしても大抵の場合、「後日払い」に対応してくれるからです。

歯医者で治療を受けるには「保険証」が必要です。

このため、既に身元は分かっていますし、ほとんどの場合は後日払いに対応してくれます。

もし、会計時にお金が足りなかった時は恥ずかしがらずに相談してみましょう。

「次回の診察時に支払ってもらえれば結構ですよ」と、高い確率で後日払いにしてもらえるかと思います。

お金がなくて歯医者にいけないときは

お金がなくて歯医者にいけないときは

歯がギンギン痛む、詰め物がとれた、虫歯で顔がパンパンに腫れているなど、このような時はすぐにでも歯医者に行きたいところです。

しかし、お金がない場合はどうすればいいでしょうか?

結論から言いますと、現実的に考えて「借入」しかありません。

当たり前ですが、歯医者で治療を受けるにはお金がかかりますので、治療のためのお金をどうにかしなくてはいけません。

お金を作るには基本的に働くか、借りるくらいしか方法がありませんが、働いてお金を得る場合はある程度の時間がかかります。

そのため、すぐにお金を作るなら借入が最適となります。

以下の借入方法であれば、比較的早く借りることが可能ですので参考にしてみてください。

身近な人に借りる

親や親族、友人、恋人など身近な人に借りるという手があります。

事情をしっかりと話して貸してもらえないか相談してみましょう。

とくに親や親類であれば、貸してくれる可能性が高いので一番おすすめです。

親にお金を借りる上手な頼み方

カードローン

カードローンに申し込みをして借りるという手もあります。

今すぐに必要という場合なら、大手消費者金融(アコム・アイフル・プロミス・SMBCモビット)が最適です。

これらの業者なら、審査時間が最短30分と非常に早く、即日融資にも対応しています。

ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がありますので注意してください。

アコム・アイフル・プロミスなら、「30日無利息期間」もあるので上手に利用すれば、利息無料で借りることも可能です。

ただし、消費者金融系は金利が高い点に注意です。

そのため、大き目の金額を借りるときや、長期に渡って返済していく予定なら、金利の低い銀行カードローンのほうがおすすめです。

無利子で借金を融資してもらうマジな方法とは?

闇金以外の今日中に即日融資できる!安心のカードローン一覧

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードにキャッシング枠が付属しているなら、それで乗り切るという手もあります。

キャッシング枠が付属済みなら、審査も必要なくすぐに借り入れができます。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠の金利は高いので注意です。

このため、借り入れする金額が数千円~数万円程度と、少ない場合のみに利用するのがおすすめです。

Visa(ビザ)クレジットカードでお金を借りる

フリーローン

借りる金額が数十万円と大き目になるときは、「フリーローン」が適しています。

フリーローンは、カードローンやクレカのキャッシング枠よりも低金利であるケースが多いです。

その分、審査が厳しいですが利息を軽減できますので、大きめの金額を借りる際に最適です。

フリーローンとは?基礎知識と選び方の注意点

自由診療ならクレカや分割払いも可

自由診療ならクレカや分割払いも可

インプラントや矯正歯科治療のような高額の費用が発生する「自由診療」は、クレカ払いや分割払いができる可能性があります。

そのため、クレカ払いや分割払いを検討するのも良いかと思います。

クレジットカードについて

近年はクレジットカードに対応している医院が増えてきています。

とくにインプラントや矯正歯科治療、ホワイトニングなどの自由診療は費用が高額になるため、クレジットカードで支払いができることもあります。

分割払いについて

歯医者の中には「デンタルローン」を採用しているところがあります。

デンタルローンとは、使用目的を歯科治療に制限した「目的別ローン」です。

支払いは「信販会社」が立替えることになり、おもにインプラントや矯正歯科治療、ホワイトニングなどの高額の自由診療に利用できます。

その他にも信販会社を通さずに直接、歯科医院との間で契約する分割払いもあります。

また、カード払いに対応している医院なら、クレジットカードの分割を利用するという手もあります。

このように高額の費用が発生する自由診療であれば、クレジットカードや分割払いが利用できる可能性があります。

なお、支払方法によっては審査が必要なことや、手数料が発生することもありますので気をつけてください。

デンタルローンは審査が甘い?

歯医者でかかるお金はどれくらい?

歯医者でかかるお金はどれくらい?

歯医者でどれくらいの費用が必要になるかを事前に知っておくことも大事です。

事前に費用を知っておけば、会計時にお金が足りなくて恥ずかしい思いをすることなどを防ぐことができます。

そこでこの章では、歯医者でかかる費用の目安について解説していきます。

歯医者の治療費は全国一律

歯医者の治療費は全国一律です。

治療費は点数で決まるようになっています。

たとえば、初診費用ですと点数は234点ですので、「234点×10円」という計算式になり、2,340円と決まっています。

これは国が決めているため、どこの歯医者でも変わりありません。

ただし、保険適用で3割負担が一般的

保険に入っていると、医療費が3割負担で済むのは多くの人がご存知かと思います。

この3割負担は歯医者にも適応されます。

そのため、実際に支払う費用は以下のように、本来の治療費の3割で済むようになっています。

項 目保険控除前3割負担後
初診費用2,340円702円
再診費用400円120円
レントゲン4,020円1,206円
歯周基本検査500~2,000円150~600円
スケーリング640円192円
歯科疾患管理料1,000円300円
歯科衛生実地指導料800~1,000円240~300円

たとえば、初診費用は3割負担なら「2,340円×0.03%=702円」となります。

ただし、実際に治療を受ける際はレントゲン、歯周基本検査、スケーリング、歯科疾患管理料、歯科衛生実地指導料などの治療もしますので、これらの費用が加算されます。

仮にはじめての治療でレントゲン、歯周基本検査、スケーリング、歯科疾患管理料、歯科衛生実地指導料をした場合の費用は以下のようになります。

「(レントゲン(4,020円)+歯周基本検査(2,000円)+スケーリング(640円)+歯科疾患管理料(1,000円)+歯科衛生実地指導料 (1,000円))×0.03=2.598円」

合計は「初診費用(702円)+治療費(2.598円)=3,300円」ということになり、3,300円が治療費として請求されます。

歯医者の治療費はこのような感じになるんですね。

このように歯医者の治療費は3割負担で済むため、1万円を超えるようなことはあまりありません。

そのため、財布に1万円を入れておけば必要十分かと思います。

保険適用がされない治療には要注意!

歯医者には、保険適用がされない治療があるので注意しておく必要があります。

保険適用となるのは「保険治療」のみです。

このため、「自由診療」は保険適用がされずに3割負担とはなりません。

自由診療となる代表的なものは、矯正歯科やインプラント、ホワイトニングなどです。

これらの治療は自由診療となり、高額の費用が発生するケースがありますので注意しておかなくてはいけません。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)お金がないときでもブリッジは可能!

虫歯がひどくなったときやその他の理由で歯を欠損したときに、ブリッジ治療やインプラント治療を勧められることがあります。 とはいえ、歯科医師に勧められるままに治療をしていると、数十万円もの費用がかか...

歯の治療費にもカードローンが便利

歯の治療費にもカードローンが便利

歯の治療費は、前に述べたように、保険診療だけでなく保険がきかない自由診療のものもあり、場合によってはかなり高額になってしまうケースもあります。

クレジットカードでも、支払日には一括払いできるというのであれば問題ないと思いますが、分割払いで支払おうと思っているのであれば、場合によってはカードローンの方が金利が低い場合もあります。

よく比較して検討し、状況によっては、カードローンで借り入れをして支払うということも、選択肢のひとつに加えるとよいでしょう。

カードローンとは?

カードローンは、銀行や消費者金融が用意している、無担保で融資を受けることが出来るローンです。

カードの限度額が決まっていて、限度額いっぱいまでは、必要なときに必要な分だけカードを使って借り入れることができ、とても便利です。

新規での申し込みなら、一定期間無利息のサービスを行っているところもあります。

レイクALSA

24時間いつでもネット申し込みOKでATM手数料無料のレイクALSAでは、新規契約者を対象に、新規契約日の翌日から無利息になる2つのサービスを用意しています。

  • 5万円まで180日間無利息サービス
    通常金利:12.0%~18.0%
    限度額:1万円~200万円まで
  • お借入全額60日間無利息サービス※
    通常金利:4.5%~18.0%
    限度額:1万円~200万円まで

審査もスピーディで、当日振込みも可能ですよ。

新生銀行カードローン「レイク」の借入方法・返済方法

プロミス

三井住友銀行グループの大手消費者金融プロミスでは、新規契約者で、なおかつメールアドレスの登録とWeb明細の利用を申し込んだ人を対象に、30日間無利息サービスを行っています。

初回ご利用日の翌日から30日間無利息になり、無利息期間中は何度でも利用することが出来ます。

  • 通常金利:4.5%~17.8%
    限度額:500万円まで(契約額は限度額の範囲でプロミス指定の金額)

24時間いつでもネットから申し込みOKです。

プロミスの借入方法・返済方法

プロミスの30日間無利息とは?

アコム

“むじんくん”でおなじみの、三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融アコムでも、新規契約者を対象に、30日間無利息サービスを行っています。

アコムならインターネットから簡単に申し込むことができ、最短で30分という審査はスピーディですね。

  • 通常金利:3.0~18.0%
    限度額:1万円~800万円まで

関連記事をチェック!

キャッシュカードを紛失したら悪用されるの?すぐにすべき対策とは?

キャッシュカードはお金を引き出すためには欠かせない重要なアイテムです。 しかし、キャッシュカードを紛失したり盗難にあってしまったりすると、不正使用されて多額の被害にあう可能性もあります。 ...

キャッシュカードを紛失したら悪用されるの?すぐにすべき対策とは?

治療を受けるための方法

治療を受けるための方法

虫歯になったり歯周病になったりしても歯科医院に行かないと、だんだんと歯がボロボロになってしまいます。

この時、経済的な理由から歯科医院に行く事ができないでいると、被害はどんどん進行していってしまいます。

口腔内に問題がある時には、放置しないで治療することが大切です。

ここでは、お金がない時に歯科医院で治療する方法をご紹介します。

治療費に関して歯科医と相談する

お金が無いといっても何とか少額であれば治療費が払えるという場合には、歯科医院に行って治療に関して相談をする様にすると良いですね。

歯科医の方でも月々の治療費を最小限に抑える方法を考えてもらえます。

時間をかけて治療する場合には、緊急を要するものから順番に治療することとして、それ以外の所は虫歯などの進行を抑えるやり方があります。

このあたりの事は歯科医師によっても対応が変わってくると思いますが、基本的にはどこの歯科医でもこのあたりの事には対応してもらえると思います。

心配な場合には電話で治療方針などを聞くと教えてもらえます。

基本的に日本で開業している医師は、治療を希望している患者を経済的な状態を基準にして治療を断ることはできないようになっています。

ですので、払える範囲で治療をお願いするのは何の問題もなく治療してもらえることになります。

ただし、治療費の未払いが重なっているような悪質な場合には治療を拒否することはできますので未払いを増やすことのないようにしましょう。

カードローンで治療費を用意する

歯科医と話し合いながら治療を進めることが苦手な人の場合には、治療費をカードローン等で用意して治療を受けるのも良いですね。

歯科医への支払いはカードローンで用意した現金で行って、実際に支払うのはカードローンの返済にするという方法ですね。

利息はかかりますが、治療を適切に早く進めることができますので、急を要する治療の場合には有効です。

アルバイトやパートでも安定した収入があれば申し込むこともできますし、1ヶ月の支払額も数千円と低く抑えることもできます。

例えば、10万円以内であれば楽天銀行や三井住友銀行のカードローンではでは月々の最低返済額は2,000円となっています。

後払いが可能なところを選ぶ

歯科医院によっては、治療費の後払いに対応してもらえるところもあります。

後払いで対応してもらえるかどうかに関しては、歯科医院の方針などもありますので、すべての歯科医院で対応してもらえるとは限りません。

治療に行く前に電話で確認するようにしておくと良いですね。

中には歯科医院が信販会社などと連携して、ローンが組めるようになっているところもあります。

私が行っている歯科医院では、ローンの取り扱いはありませんが、待合室に「治療費で困っている場合には相談してください」とお知らせが貼ってあります。

歯科医師の中には、お金儲けよりも患者の痛みや苦痛を取り除くことを第一に考えている人も多くいると聞いたことがあります。

先例がない場合でも対応してもらえる可能性もありますので、まずは相談してみると良いですよ。

高額療養費制度を利用する

医療費の支払いが家計の過度な負担にならないように、1ヶ月の治療費が一定額を超えた場合に超えた額を支給する高額療養費制度を利用する事もできます。

これは治療を開始する前に申請すると、一定額以上の金額を窓口で支払う必要はなくなります。

また、支払った後で申請をすると、一定額以上の金額が払い戻されることになります。

申請先は、保険証に記載されている保険者になります。

国民健康保険の場合には、市役所など各自治体に相談をすると連絡先や申請先を教えてもらうことができます。

ひとり親家庭医療費助成を利用

離婚などをして母子家庭もしくは父子家庭になった場合で所得額が低い時には、医療費を自治体が助成してくれる「ひとり親家庭医療費助成制度」を利用するのも良いですよ。

対象者や所得制限限度額に関しては、各自治体の子育て支援課などに問い合わせると、明確な基準などを教えてもらえます。

申請をして認可されると、「ひとり親家庭医療費受給者証」を発行してもらえますので、医療機関に保険証と一緒に提示すると医療費の助成を行ってもらえます。

申請をしないと制度を利用することはできませんので、申請できるかどうかを窓口で相談をすると良いですよ。

生活保護を申請する

医療費を支払う事だけではなく、生活費を支払うのも困難な場合には生活保護を申請するのも良いですよ。

生活保護を受ける様になれば、診察を受ける際にはケースワーカーに受診する医療機関を連絡する必要はありますが、無料で診察を受けることができます。

生活保護を申請して承認されるには、最低限の生活をするだけの収入がない、身内に援助してくれる人が居ない、処分できる資産や財産が無いことが証明できなければなりません。

最近では不正受給問題があったことから、審査も厳しく行われるのと、担当しているケースワーカーが不足していることから十分な対応ができていないこともあります。

ただ、申請を拒否することはできませんので、申請を行って担当者とよく話し合うようにすると良いですよ。

中には生活保護を受けるのは恥ずかしいことと思われている人もいますが、生活保護は国民の最後のセイフティネットでもありますので利用するのは恥ずかしいことではありません。

むしろ、本当に必要な人は積極的に利用するべきものなのです。

歯の治療をする時の注意点

歯の治療をする時の注意点

ここまでは、お金が無くて歯の治療ができないという時の対処方法をご紹介してきました。

ただ、治療を行うときには、以下の点には特に注意するようにしておいてください。

今の状態を正確に伝える

歯の治療をするときに、まずは歯科医師に今の状態をしっかりと正確に伝えるようにしましょう。

口の中を見れば、現在口の中がどの様な状態なのかはわかりますが、痛みがあるのか、噛むことができるのか、不快感があるのかなどはわかりません。

しっかりと今の状況を伝えて、歯科医師が今後の治療方法を立てやすくなるようにします。

治療を始めて状態が急変することもありますので、そのような時も状態をすぐに歯科医師に伝えるようにしましょう。

また、治療方針に関しても希望があるのであれば積極的に伝えるようにしましょう。

歯科医師も患者の希望にできるだけ添えるように治療方針を決定しますし、難しい場合には代替案等を提案してもらえます。

途中であきらめない

歯科医院に通院し始めて治療が進むのは良いのですが、痛みや苦痛がもとで折角始めた治療を途中で諦めてしまう人が居ます。

治療が完了していないのに通院をあきらめてしまうと、歯の状態は改善されることはありません。

もし、痛みや苦痛に感じることがあるのであれば、その事を歯科医師に相談して、治療時間を短くしてもらうとか、治療間隔を短くしてもらうようにしましょう。

また、最近では痛みや苦痛を和らげる技術も進化していますので、それらを適応しておらうと楽に治療を受ける事ができる場合もあります。

これは、私が通う歯科医師に聞いたことですが、歯科医師側でもなんとか治療が進められるように努力しているそうです。

治療を途中であきらめるのではなく、どうすれば治療を続けることができるのかを考えるようにしましょう。

メンテナンス方法を聞く

歯の治療が終わった後の方が重要とよく言われます。

治療が終わった後は、今考えられる最善の状態になっています。

ですが、日にちが経ってくると歯の状態も変わってきますので、また状態が悪くなる可能性の方が高いです。

ですので、適切な歯磨きの方法、気を付けておきたいことなどをしっかりと聞いておくようにしましょう。

また、定期健診にも行くようにすると良いですね。

治療が終わった後には、必ずこれらの事を歯科医師に確認するようにしておくと良いですね。

虫歯治療の平均的な金額は?

虫歯は症状の進行具合によって治療手段も変わるため、一概に「○○円あれば治療が可能だ!」と言い切るのは難しいと言えます。

虫歯の進行があまり進んでおらず、虫歯の範囲も狭い場合は詰め物をする程度の治療で済ませることが可能で、これだと保険を適用した上で2,000円前後で治療を行うことが可能です。

ただし、無痛治療などのオプションを利用した場合はさらに1,000円ほど上乗せになる場合があります。

虫歯が進行してしまっていて詰め物では対処できなくなってしまっている場合は銀歯を入れることになりますが、この場合は複数回の通院が必要になるため値段も詰め物の場合と比べて高額になります。

まずは虫歯の様子を調べて歯を削る、次に銀歯を詰める、最後に銀歯を入れた上での噛み合わせをチェックするという工程が必要になり、トータルでの出費は10,000円近くになるのが一般的です。

詰め物の場合であればお金がなくても何とか支払えるかもしれませんが、銀歯治療の10,000円近い金額は金欠の人にとってみれば痛い出費ですよね。

実際に診てもらうまでは、詰め物になりそうか銀歯になりそうかを自分で判断することも難しいため、金額を予想しづらいのもネックと言えるでしょう。

ブリッジのおすすめ費用対策3選

ブリッジは歯や歯ぐきに直接固定する治療法ですので、面倒なメンテナンスはしたくないという人にも適しています。

また、手術の必要がないことや早ければ2回だけ通院すれば治療が完了することも、多くの人から選ばれる理由と言えるでしょう。

ブリッジ治療を抑える方法を3つ紹介いたします。

保険適用内の素材を使用する

ブリッジは欠損部分の歯の両隣の歯を削り、3本分の被せ物を被せる治療法です。

そのため、被せ物に高額な素材を使用すると、3本分の費用がかかってしまいます。

例えば、「オールセラミック」と呼ばれる自然な歯に近い色と透明感を持つ素材を使用するならば、1本当たり10~15万円、ブリッジは3本分の費用となりますので30~45万円もかかってしまいます。

ですが、被せ物の素材を保険適用される銀にすると、1本当たり1,000~2,000円ほど、3本でも5,000円前後で可能です。

ブリッジ治療自体(両隣の歯を削る費用やレントゲン費用等)に5,000~7,000円ほどかかりますが、それでも治療と被せ物を併せて総額1万円ほどで収めることができるのです。

歯科用レジンが利用できることもある

前から4番目までの歯(中切歯~第一小臼歯)に限定されますが、銀歯の代わりに歯科用プラスチック(硬質レジン)を保険適用内で利用できることもあります。

歯科用レジンは歯の色に合わせて作成するプラスチック素材ですので、オールセラミックやハイブリッドセラミック(土台部分に金属、表面部分にセラミックを使用する方法)と比べると格段に安く、1本当たり4,000~7,000円、3本分でも12,000~21,000円程度で作ることができます。

ただし、前から4番目までの歯にブリッジ治療を施す場合でも、状況によっては歯科用レジンの使用が保険診療外になることもあります。

担当の歯科医師に一度相談してみましょう。

部分入れ歯を利用する

ブリッジ治療ではなく部分入れ歯治療を選択すると、健康保険適用内になることがあります。

最近の部分入れ歯は人工歯の部分も金具も目立たない素材を選択することもでき、少し前と比べると格段に審美性が向上しています。

ただし、部分入れ歯はブリッジとは異なり、取り外して洗浄する等の定期的なメンテナンスが必要になるというデメリットもあります。

ブリッジ治療と部分入れ歯のどちらが良いのか、歯科医師に相談してみましょう。

金融機関のローンを活用する

歯の欠損部分を長期間にわたって放置しておくと、片方の歯だけを使って噛む癖がついてしまったり、ひどい場合には顔全体が歪んでしまったりすることもあります。

お金がない場合はカードローンなどのローンを活用し、なるべく早く治療を完成させるようにしましょう。

カードローンの申し込み方法については、次の記事でまとめています。

主婦がカードローンで50万円の借入を行う方法

どうしても今すぐ10万円借りたい

インプラントの費用対策

ブリッジ治療は欠損歯の両隣を削ってしまう治療法ですが、インプラントは欠損している部分に人工歯根を埋め込んで人工歯を被せる治療法ですので、健康な歯を削らなくても良いというメリットがあります。

しかしながら、歯の位置や人工歯の素材に関わらず自費診療になるということとインプラント手術が必要になること、手術や噛み合わせチェックなど最低でも4回は通院しなくてはならないこと等のデメリットがあります。

また、1本当たりのインプラント費用が40~60万円かかることも、大きなデメリットと言えるでしょう。

インプラントをしたいけれどもお金がなくて難しいときの対策を、3つ紹介いたします。

複数の歯科医院で見積もりを取る

インプラントは自費治療となりますので、歯科治療を受ける歯科医院によって費用が大きく異なります。

できれば、2~3件は歯科医院を訪れ、インプラントにいくら程度かかるのか、メンテナンスにはいくらほどかかるのか、また、メンテナンス費用などはインプラント費用に含まれているのかしっかりと尋ねて下さい。

「手間がかかって面倒」と思われるかもしれませんが、クリニックによっては10~20万円ほど価格が変わることもありますよ。

デンタルローンを利用する

歯科医院によってはデンタルローンが利用できることもあります。

無利子や低金利のこともありますので、デンタルローンの提供があるのかどうか、担当の歯科医師に相談してみましょう。

金融機関のローンを利用する

デンタルローンが利用できないクリニックで治療を受けている場合やデンタルローンの金利が通常の金融機関のローンよりも高い場合には、銀行や信用金庫、消費者金融等のローンを利用することができます。

金利が高い場合でも、短期間で完済すれば、ごくわずかの利息しかかからないこともありますよ。

また、最初から金利が低く設定されているローンを利用するならば、少々返済が長引いても実質的な損額を低く抑えることができます。

低金利で評判のローンをいくつか紹介いたします。

関連記事をチェック!

大東建託の家賃が残高不足で引き落とされないとどうなる?

現在賃貸物件にお住まいの方の中には、その物件が大東建託の管理物件であるという人も多いのではないでしょうか。 大東建託は大手不動産会社のため、物件を探す時にはお世話になることも多いと思います。 ...

大東建託の家賃が残高不足で引き落とされないとどうなる?

病院に相談して分割にする

治療費が高いことから、歯科医で分割払いに応じているところもあります。

治療の話と同時にかかる費用の話になると思いますので、その時に病院に相談すると良いですよ。

病院で特定の会社のデンタルローンを利用しているところもありますので、相談をすると利用条件の説明や申し込みを窓口で取り扱っている場合もあります。

デンタルローンとは、歯科の治療費に特化したローンの事で、信販会社が歯科治療費を患者に代わって立替えて、利用者が手数料を加えた額を毎月返済する仕組みになっています。

一般的に利用できる額も多く、返済する回数も多くなっていますし、分割の手数料も低く抑えられているものが多いので利用しやすいサービスになっています。

利用するには審査がありますので、申し込んだ人すべてが利用できるとは限りませんが、申込ができるのであれば申し込みだけでもしておくと良いですね。

ただし、デンタルローンや分割払いを取り扱っていない歯科医もありますので、事前に問い合わせをしておくのもいいですね。

関連記事をチェック!

歯医者の支払いを分割にする方法・カード払いにするポイント

健康保険がきかない歯科の自由診療は治療費が高額になるので、分割払いができるとありがたいですね。 歯医者の支払いをできるだけ有利に分割する方法を教えます。 この記事はこんなひとにおすすめ この記事は以...

歯医者の支払いを分割にする方法・カード払いにするポイント

使えるならクレジットカードを利用

もし歯科医がクレジットカードの利用ができるようであれば、クレジットカードで支払うこともできますね。

限度額内で治療ができるのであれば、窓口でクレジット払いをしておくと、後からリボルビング払いや分割払いを利用することもできます。

クレジットカードを持っているなら改めて申し込みなどをする必要が無いので、すぐにでも利用することができます。

ただし、クレジットカード払いに対応している歯科医は少ないようですので、利用する前に確認をするようにした方が良いですね。

もしクレジットカードが利用できないようであれば、カードローンやデンタルローンや歯科医院での分割払い等を利用する事を考えましょう。

関連記事をチェック!

クレジットカードの利用枠を一時増額する方法と注意点

クレジットカードを利用していると、「もう少しだけ利用枠があったらいいのに…」と思うことは少なくないでしょう。 特に、普段は行わないような大きな金額の買い物を行ったり、海外旅行に行ったりするときなどは...

クレジットカードの利用枠を一時増額する方法と注意点

ブリッジ等は医療費控除が適用される?

インプラントや矯正治療は保険外ですが、保険治療内のブリッジ治療はもちろんインプラントや健康を守る上で必要と判断された矯正治療も「医療費控除制度」の対象になります。

確定申告が必要になりますが、10万円(年間所得が200万円未満の人は所得の5%)を超えた医療費は所得控除の対象となりますので節税をすることも可能です。

申請は自分自身ですること

自営業者の場合には、毎年確定申告を必ず行いますので、その時に医療費控除の処理もできます。

ですので、医療費控除の手続きを忘れてしまう可能性は低いです。

ですが、会社員の場合には、医療費控除の手続きをするには、自分で確定申告をする必要があります。

会社で年末調整を行っているので問題ないと思われるかもしれないですが、インプラントにかかった費用は会社員の場合でも確定申告で申し出ないといけないものになります。

分割払いとローンでは対象金額が違う

インプラントの治療費を歯科医に現金で分割払いする人や、ローンを契約して支払う様にしている人が多くいると思います。

ですが歯科医に治療費を分割して現金で支払っている人とローンを利用している人では申請時に注意しておかないといけない点が違います。

ローンでも分割払いでも、インプラントの費用が医療費控除の対象にはなっているのは変わりませんが、その対象となる額に違いがあります。

ローンを組んでいる場合には、利用金額全てが治療をした年の医療費控除として扱うことができます。

ただし、手数料や金利に関しては対象外となります。

一方分割払いの場合には、その年に支払った額のみが医療費控除の対象となります。

つまり、100万円の費用を分割で支払うことにして、初年度に支払った総額が20万円なら、医療費控除として計上できるのは20万円のみになります。

残りの費用に関しては、支払いが終わるまでの間確定申告をし続ける必要があるという事です。

実際の医療費控除還付金は?

医療費控除額の計算は、1年間の医療費支出-保険金等の収入-10万円で計算されます。

つまりインプラント治療の費用が100万円で、他の病気も含めて治療で利用できた保険金が無い場合には、90万円が控除額になります。

そして還付金は、控除額に所得税率を掛けた金額になります。

確定申告する場合には、国税庁の医療費控除の準備ページから計算用のフォームをダウンロードして利用すると便利です。

◆国税庁公式サイト:「平成29年分 確定申告特集:医療費集計フォームをダウンロードする」

インプラント治療前の注意点

歯並びをきれいにしたいとか、虫歯の治療としてインプラントを選択することもあります。

このインプラント治療をするときには、注意しておかないといけないことがあります。

ここでは、その注意点をご紹介します。

歯科医には要望をしっかり伝える

インプラントをするときには、しっかりと要望を歯科医に伝える様にしましょう。

その要望を伝える段階で、歯科医と細かな話し合いができるようになりますので、どうしてインプラントにするのか、どんな風にしたらいいのかを共有できるようになります。

歯の感覚や見え方は人によって好き嫌いがありますので、伝えておかないと治療後に「なんか違う」となる可能性もあります。

折角お金も時間もかけて治療したのに、気にいらないという事になると費用も時間も無駄になってしまいます。

もし、一般的にきれいに見えるようにしたい等とはっきりとした要望が無い場合には、歯科医にどのように治療をするのかだけでもイメージできるように聞いておきましょう。

費用やリスクを確認しておく

インプラント治療を行うと一言で言っても、実際に行われる治療は何段階にも分かれています。

絶対に行わないといけないものもありますが、中には要望しないとされない事や、逆に要望をしないと外せない工程もあります。

これらのトータルでどのくらいの費用が掛かるのか、そして想定している工程で治療を行ったときにはどんなリスクがあるのかはしっかりと聞いておきましょう。

かみ合わせが悪かったらどうするのか、外科的手術でインプラントを入れる時に想定されるリスクにはどんなことがあるのか、それに伴って費用はどう変わるのかなどを確認しておきましょう。

いざ治療を始めて、後からオプション治療が必要になったから追加すると言われると治療を続けるしか道はありませんので、支払金額が増えてしまいます。

また、手術などで起こりうるリスクを把握できていない場合は、問題が起こった時に「こんなはずじゃ・・・」となってしまいます。

生活保護受給者もブリッジ治療は可能?

生活保護を受けている人は、国民健康保険料が免除され、医療費も無料(一部の診療所では医療費が必要になることもある)になります。

とはいえ、美容目的の医療行為や自由診療は、生活保護を受給していない人と同様10割負担になります。

つまり、生活保護受給者も、ブリッジ治療やインプラント治療、歯科矯正治療などを受けることは可能ですが、費用は全額自己負担しなくてはならないのです。

生活保護受給者がインプラント治療等のためにお金を工面する際の方法については、次の記事で詳しく説明しています。

生活保護受給者がお金がない場合の対処法

痛みによっては我慢するという手も

痛みによっては我慢するという手も

10,000円近い出費は正直お財布的に厳しい…という人であれば、痛みの程度によってはしばらく歯医者さんに行かずに我慢してみるというのも1つの手かもしれません。

少し気になる程度の痛みであり仕事や日常生活に支障をきたさないのであれば、今すぐ処置しないと死に至るというようなものでもありませんからね。

ただし歯がズキズキしてきて集中できない、痛みが悪化して吐き気につながりそう、というところまで来てしまったらかなり末期的なので、そのような状態に至る前までにはお金を工面して診療してもらう必要がありますよ。

ロキソニンなどの鎮痛剤も併用して

どうしても痛みが我慢できないという場合には、鎮痛剤を併用して痛みを抑えながらだましだましやっていくしかありません。

鎮痛剤には飲み薬と塗り薬の2つのタイプがあり、飲み薬の代表的なものはロキソニンSという薬です。

一般的に「鎮痛剤」と言われたらこの薬をイメージする人も多いであろう薬ですが、もちろん歯の痛み止めにも効果があります。

塗り薬では新今治水という薬が速効性と高い鎮痛効果で有名ですので、鎮痛剤にどれを使えば分からないという人はこれら2種類の薬を選んでおくのが無難です。

また、多くの家庭に常備されているであろう正露丸にも痛み止め効果があり、虫歯の患部に正露丸を詰めることで痛みを治める効果があると言われています。

ただし、いずれの場合もあくまで「痛みを一時的にひかせている」だけであり、虫歯の根本的な解決になっているわけではないので、痛みがひどくなってきたらなるべく早く治療に行く必要があります。


虫歯を放っておくとこんな影響も…

虫歯を放っておくとこんな影響も…

虫歯を放っておくと患部がどんどん悪化していくのはもちろんですが、口腔内以外にも意外なところに影響が及んでしまう可能性があります。

全身疾患につながる可能性

虫歯は虫歯菌という細菌が原因で起こる症状のため、虫歯を放置し続けておくと虫歯菌が血管に侵入して血液に乗り全身に広がってしまう可能性があります。

虫歯菌が鼻のほうにいくと副鼻腔炎、顎の骨のほうにいくと骨髄炎など、より重篤な症状を引き起こしてしまう危険性もあります。

また、最悪の場合は脳梗塞や心筋梗塞につながる可能性もあるなど、たかが虫歯、されど虫歯なので本来であればなるべく早めに処置するのが望ましいのです。

かみ合わせが悪化して頭痛を併発

例えば口の右側に虫歯があったとすると、ご飯を食べる時はそちら側を避けて左側でものを噛む頻度が上がってしまいますよね。

本来であれば左右均等に使用することでバランスが取られているのですが、右側もしくは左側だけといったように偏って使用し続けていると、当然バランスが崩れていってしまいます。

そうなると噛み合わせが悪化したり口回りや顔の筋肉に過度なストレスがかかったりすることで、頭痛を誘発してしまう可能性もあります。

ただでさえ虫歯でズキズキと痛いのに、そこにまた頭痛のガンガンという痛さが加わるのはたまったもんじゃないですよね。

子供にも影響あり?

虫歯は虫歯菌によって引き起こされるという話をしましたが、虫歯菌は常在菌という菌であり誰の体にもある程度の量は存在するものです。

ただし、幼い子供には虫歯菌がまだ存在しないため、虫歯にかかることはないのですが、親が虫歯にかかっているとなると話は別です。

子供がご飯を食べる時に、親があらかじめよく噛んでか柔らかくしてから食べさせてあげることってありますよね。

そのような時に親が虫歯だと、過度に増殖した虫歯菌が食材を通じて子供の口の中に移ってしまい、そこで増殖してしまうことも考えられるのです。

子供の口腔内・歯の健康を守るためにも、幼い子供を持つ親の方は特に歯の健康には気を付けておきたいところです。

治療費に回せるお金を作ろう

治療費に回せるお金を作ろう

結局のところ、分割払いや後払いが原則として無理なのであれば、支払いに回すためのお金を得る方法を考える必要があります。

なおかつ虫歯が進行してきているのであれば、早急に治療をしてもらう必要があるため比較的早くお金を得られる手段が望ましいでしょう。

短期・単発バイト

その代表的な方法は、単発バイトや短期バイトで稼ぐといった方法になります。

普通のバイトでは、働いてから実際に給料を得られるまでにタイムラグが発生してしまいますが、単発や短期のバイトでは働いたその日や翌日に給料を受け取れるものが多くなっています。

また、これらのバイトは時間帯も仕事内容も多岐にわたっているため、自分にあった時間帯や種類のバイトを選ぶことができるのも魅力の1つです。

ただし全体的に肉体労働系が多くなっているので、体力に自信がない場合には仕事内容をよく読んで仕事を吟味したほうがいいでしょう。

また、体力に自信がある人の場合でもこと虫歯を患っている最中は、力を入れようと踏ん張ると歯に激痛が走ったりしてしまうので、自分のコンディションのこともよく考えて仕事を選びましょう。

裏バイト、闇仕事のすべて【即金高収入】

カードローン・フリーローン等

外に働きに出るのが難しいほど虫歯の病状が悪化してしまっているような場合には、最終手段としてカードローン・フリーローン等の資金使途が自由である融資を利用して、そのお金で治療を受けるようにするといいでしょう。

カードローンは銀行や消費者金融、フリーローンは銀行や信用金庫などで取り扱われていることが多いので、近くの金融機関でこれらのローンの申し込みを行いましょう。

ただし、カードローンにしろフリーローンにしろ、借金をすることになるので後々返済をしなければなりません。

申し込みにいって審査を行ってもらうと、「○○万円まで融資可能です」といったような審査結果が通知されますが、実際に借り入れる金額は返済のことまで考慮に入れて歯の治療に必要なギリギリの金額にとどめておくようにしましょう。

そして、本職での給料が入り次第すぐに返済を行うといったように、利息が膨らんでしまう前に返済を終えてしまうのが賢い利用法だと言えます。

おすすめカードローン会社ランキング!一覧で徹底比較

フリーローンとは?基礎知識と選び方の注意点

まとめ

歯医者の会計時にお金がなくても、ほとんどの場合は「後日払い」に対応してもらえます。

そのため、慌てる必要はありませんので、正直に「お金が足りないのですが・・・」と受付の人に話しましょう。

「お金がなくて歯医者に行けない・・・」という場合は、「借入」くらいしか解決策がありません。

借金には抵抗があるかもしれませんが、保険適用の治療であれば、それほど大きなお金が必要になるケースはほぼないため、利息も大きくはかかりません。

このため、借入を検討するのも決して悪い選択ではありません。

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。無利息期間経過後は通常金利適用。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能