馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

iphoneやスマホ滞納でもLINEなどの通話アプリは利用可能!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

料金を滞納すると、携帯会社に電波を止められてしまいます。

そうなるとインターネットの利用やLINEなどの通話アプリが使えなくなってしまいます。

でも大丈夫。

Wi-Fiにつなぎさえすれば、例え電波を止められていても使えるようになります。

ただし、使える機能と使えない機能があるので注意が必要です。

Wi-Fiに繋いで利用可能な機能

利用停止中のiphoneをWi-Fiに繋いで使える機能は、以下のとおりです。

  • Gmail、Yahoo!メールなどのフリーメール
  • LINE、カカオトーク、Skypeなどの通話アプリ
  • Google、Safariなどのブラウザ
  •  Facebook、twitter、InstagramなどのSNS
  • 050電話などのIP電話
  • パズドラ、ポケモンGOなどのアプリ
  • 地図アプリ

基本的に、ネットが繋がっていれば使えるものはほぼ全て利用することができます。

アプリの更新・ダウンロードも出来ますし、Wi-Fiを利用しての通話も可能です。

Wi-Fiに繋いでも利用できない機能

逆にWi-Fiにつないでも利用できない機能は以下のとおりです。

  • 通話
  • SNS
  • キャリアメール(○○@softbank.ne.jp、××@docomo.ne.jpなど、キャリアの名前が記載されているメール)

基本的に圏外になった状態と同じと考えていただけたら分かりやすいかと思います。

なぜ滞納停止中でも使えるのか

料金を滞納すると携帯電話の利用を止められてしまいますが、止められるのはキャリアの電波だけで、スマホの機能そのものまでは止められません。

ですからWi-Fiにつなぎさえすれば、Wi-Fiからインターネットにつなぐことができ、アプリの利用やブラウザでのホームページ閲覧が可能になるのです。

もちろん、LINEなどの通話アプリも十分使えます。

逆にキャリアの電波を使う通話・SNS、キャリアメールは利用できませんのでご注意下さい。

iphone滞納のデメリット

Wi-Fiにつなげば利用できるとはいえ、滞納したままなのはよくありません。

スマホ代の滞納は、強制解約につながる可能性があります。

それだけではなく、他方面への影響も考えられます。

それについて解説を加えておきます。

スマホ代の滞納で最悪は強制解約に!

スマホ代を滞納し、回線停止してもなお滞納し続けていると、その後も続けて督促が来ます。

そして最悪の場合は、強制解約になることもあります。

強制解約になるまでの期間はキャリアごとに異なりますが、docomoは60日、それ以外のキャリアは90日が最低ラインだと言われています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

スマホ代の滞納はローン審査にも響く?

実はスマホ代の滞納は、ローン審査にも影響を及ぼします。

月々払っている代金の中には、電話やパケット代などの利用料金と、月々の端末の分割分をセットで払っている人が多いかと思います。

この内、後者のスマホ代の分割については、「割賦契約」と呼ばれ、ローンの契約と同じ種類の契約なのです。

この契約で滞納をしてしまうということは、つまりローンの返済を延滞したことと同じとして扱われます。

ローン返済を滞納すると、信用情報というものに影響します。

信用情報とは、今までの諸々のローンの借入や返済状況が履歴として残っているデータのことで、新たな借入が発生すると、この信用情報をを見て借入の判断がされます。

以前何度か滞納したことがあって、別の会社でカードローンを申込んだのに審査に落ちた、という場合、たいていこの信用情報が絡んでいます。

そしてスマホ代の分割分を滞納しても、同じように信用情報にキズがついてしまうのです。

強制解約になると5年間契約不可?!

そして強制解約になると、更に状況は悪化します。

ローンを強制解約になったということは、自己破産など金融事故と同じく扱われます。

こうなると、いわゆる「ブラックリスト」に載ったのと同じ状態になり、向こう5年間は新たにローンの申請・スマホの分割契約はできなくなってしまいます。

それだけ信用を失ってしまったということなのです。

信用情報は5年を過ぎたものから更新されていくので、5年経てば大丈夫です。

ブラックリストに関してより知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

ブラックリストって本当にあるの?

まとめ

iphoneの代金を滞納しても、端末自体の機能は生きているので、Wi-Fiにつなぎさえすれば一部機能を除き利用可能になります。

インターネットの利用や、LINEなどの通話も可能です。

ですが、滞納は最悪の場合強制解約をもたらし、強制解約になると、5年間はブラックリストに載った状態になります。

そうなると、新しいスマホの分割契約を結んだり、ローンの申請をすることが出来なくなります。

1、2回払えなかっただけでそうなることはありませんが、なるべく早いうちに払うようにしたいですね。

関連記事をチェック!

携帯電話料金滞納して他社乗り換えはできるのか徹底解説!

携帯電話の乗り換えを申し込むと、転入先のキャリアで審査があります。 ですが料金を滞納していると、ある条件下の場合、断られてしまうことがあります。 どのようなときに断られる可能性が高くなるの...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。