馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

相続した借金の減額も可能?相続放棄をするポイントを整理

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

親が亡くなると子供はその財産を相続することになりますが、その中に借金が含まれていることがあります。

借金は相続放棄することもできます。

しかし同時に家や預貯金などの資産も放棄することになります。

そのため借金を含めた親の財産を相続した人もいるのではないでしょうか。

既に相続した借金の減額方法をまとめました。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

故人の借金を返済する義務はある?

親が借金を返済しきれずに亡くなった場合、残りの借金は相続されます。

というのも、借金などの負債も、預貯金などの資産と同様に相続財産であるからです。

そこで、まずは相続が開始される前に知っておきたい、借金の減額方法を確認しましょう。

【相続税】親族からの借入金には要注意!贈与税との違いを押さえよう

法定相続分って何?

借金は配偶者、子、両親、兄弟の順番で相続され、その相続割合は法定相続分といって法律で決まっています。

例えば死亡した人に配偶者や子供がいない場合は、その人の財産は親や兄弟などが相続することになります。

もちろん、その財産の中に借金が含まれている可能性もあります。

このように、親の借金だけなく、兄弟やあるいは自分の子供の借金を相続する可能性が誰にでもあるのです。

借主死亡時には、借入金が分割されるのか

相続は限定承認することもできる

法定相続割合にのっとって相続することを単純承認といいます。

これに対して、相続する資産の範囲内で借金を相続することを限定承認といいます。

限定承認することで、相続されるプラスの資産以上にマイナスの負債を引き継ぐことはありません。

ただし、限定承認をするには相続人全員の同意が必要となるため注意しましょう。

借金が多い場合は相続放棄しよう

相続時に資産も負債も全て受け継がないことを相続放棄といいます。

相続放棄をすると、借金を引き継ぐ必要はなくなりますが不動産や預貯金といった財産も受け継ぐことができませんので注意をしてください。

したがって、相続放棄をするのは資産に比べて、借金がよほど多いケースに限られるでしょう。

団体信用生命に加入していたら借金はなくなる?

亡くなった親が住宅ローンを完済していない場合、その残高分は相続することはないでしょう。

なぜかというと、多くの住宅ローンには団体信用生命が付いているからです。

団体信用生命が付いていれば、残高分の死亡保険金が下りることで借金が相殺されます。

そのため住宅ローンがたくさん残っているからという理由で相続を限定承認したり、相続放棄をしたりすることのないよう注意しましょう。

ただし、団体信用生命が付いていない場合は、住宅ローンをどうするか選択することになります。

住宅ローンの場合は家が担保に入っていますから、相続を放棄すると家を失うことになります。

別に住宅があるのであれば問題ありませんが、家を失うと困るという場合は相続放棄するわけにはいきません。

家は失いたくないが、しかし住宅ローンの返済も困るというのであれば、債務整理を行うことになります。

詳しくは次章から説明していきます。

相続した借金を減額する方法は?

親の借金は相続放棄できるにもかかわらず、泣く泣く相続してしまうケースがあります。

それは、相続放棄をすると不動産などの資産も放棄してしまうことになるからです。

そこで既に相続してしまった借金を減額する方法を検討し、返済の負担を少しでも減らすように考えましょう。

任意整理で借り入れを圧縮しよう

相続した借金を減らすには、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があります。

まず、任意整理ですがこれは裁判所を通さずに債権者(金融機関)と直接交渉する方法です。

任意整理は他の方法に比べて手続きが比較的簡単ですが、圧縮できる金額が少ないというデメリットもあります。

また任意整理をすると、信用情報機関にブラック情報として登録されるため、一定期間借り入れすることが不可能になりますので注意しましょう。

任意整理とは

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

個人再生や自己破産のメリットとデメリット

個人再生をすれば、先ほど話しした任意整理より借金をより多く減らすことができます。

具体的には借入金額の5分の1、又は200万円のどちらか大きい金額まで減ります。

さらに自己破産をすれば、借金は0円となります。

ただし、個人再生や自己破産をすれば官報に登録されるため、今後の借入は不可能になることはもちろん、職業制限といって職種によっては職を失う可能性もありますのでよく検討しましょう。

生命保険は相続財産?

生命保険の死亡保険は、相続放棄をしても受け取ることができます。

死亡保険金は「みなし相続財産」といって、相続税を計算する上では課税対象となりますが、死亡した人の財産ではなく、受取人の固有の財産となります。

そのため、相続を放棄しても、受け取ることができるわけです。

過払い金請求はできる?

法律で定められた法定利息以上の利息を払っていた場合、それは過払い金として返還請求をすることができます。

さらに、相続した借金についても過去の過払い金の返還請求をすることが可能です。

ただし、過払い金請求には10年という期限が定められている点と、相続人が手続きするには戸籍謄本等の資料が必要になる点に注意しましょう。

【10年が期限】過払い金請求に時効がある!?

相談するなら司法書士?弁護士?

いままで見てきた借金の減額方法を実践するには、金融機関との交渉が必要であることから、専門家に相談するのが望ましいでしょう。

相談する専門家は、弁護士や司法書士になります。

いずれにしろ、債務整理は煩雑な手続きなど自分で全てやるには大変ですから、なるべくなら専門家に相談することをおすすめします。

相続した借金はデメリットばかりじゃない?

借金を相続するのはデメリットだけではありません。

なぜならば、借金を相続すると相続税が減る可能性があるからです。

相続税は相続する資産と負債の差額で計算されます。

このことを利用した相続税対策として、あえて借金をしてアパートを建てる方法があります。

もし、借金をしてアパート経営をしている人の資産を相続する可能性がある人は、一概に相続放棄という選択肢ばかりではないことを、次から見ていきましょう。

ただの土地よりアパートがある方が節税になる?

相続財産は、賃貸することで評価額と相続税が減ります。

つまり、同じ土地を相続する場合でも、土地をそのまま相続するよりアパートを建ててから相続する方が税金は減るのです。

さらに土地の価格が1億円以上の場合は、建物の節税分と合わせて1,000万円以上の節税をすることも可能です。

ただし、不動産の評価額が減るのはあくまで賃貸目的とした場合であり、それ以外の用途でただ借金をすれば良いというのではありませんので誤解しないようにしましょう。

借入金が相続財産にあった!そのときの対応策は?

節税額と利息額のバランスが大事

アパート経営で相続税を節税するには、物件の立地条件や入居状況の予想が重要です。

当たり前の話ですが、相続税を節税できてもそれ以降の家賃収入がなければ大赤字だからです。

また、銀行融資を受ける以上利息を支払う必要がありますので、それも考慮しなければなりません。

詳しい収支予想は住宅メーカーが算出してくれますので、総合的に判断するようにしましょう。

まとめ

近年借入をしている高齢者が増えており、子供が借金を肩代わりする可能性は十分に考えられます。

亡くなった親の借金が発覚した場合は、相続の放棄や限定承認を検討し、相続せざるを得ない場合は債務整理をすることも検討してみましょう。

ただし債務整理にはペナルティがありますので、できれば生前に当事者がするべきでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能