お金に困ったときは「お金がない馬」

生活費は30万円じゃ足りない?その対処方法とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「手取りが30万円」と聞くと、30代のサラリーマン世帯での一般的な収入です。

ただ、そんな家庭のほとんどでは、「生活がきつい」「生活費が足りない」と悲鳴を上げています。

この記事では、そんな一般家庭の生活費に関するデータや、生活費が足りない時の対処方法などについて、お伝えしていきたいと思います。

一般家庭の平均的な生活費は?

では、早速一般家庭での平均的な生活費について、統計データを見ていく事にしましょう。

全国平均は約31.5万円

以下は公益財団法人生命保険文化センターが取りまとめた、統計データなどが掲載されているサイトです。

このデータを見ると、2人以上の世帯の平均的な消費支出は、1ヵ月平均31万5千円となり、年代別に見ると20代では24万8千円、最も多いのは50代の34万円となっています。

一方、所得の平均に関するデータを見てみると、厚生労働省が行った所得に関する調査では、所得の平均は545万円となっています。

ただ、最も分布数の多いゾーンは、年収が100万円~400万円の世帯となっており、実際には先ほどご紹介した平均的な生活費を賄えるほどの年収はない…という事がわかります。

関連記事をチェック!

毎月の生活費の平均はいくら?

毎月の生活費は、どれくらいの金額を目安にすれば良いのか分からない人が多いようです。 そんな時に気になるのが他の人の生活費ではないでしょうか? この記事では、統計を元に生活費の目安や節約のコ...

最も多いのは食費

次に、先ほどご紹介した「約30万円」という平均的な生活費で、最も多い出費は何か?という点についても、調べてみます。

同じ調査結果から見ると、最も多い出費は「食費」で、平均7万4千円となっており、その次に「交通・通信」で5万円、そして「教育・娯楽」の3万円と続きます。

また、この調査ではデータは出ていませんでしたが、家賃や住宅ローンなどの出費も、毎月8万円~15万円程度必要となります。

これらのデータを見る限り、やはり「30万円では生活費が足りない」という現状が見えてきます。

生活費が足らないと思う人の割合

では、実際に「生活費が足らない」「生活が苦しい」と言っている人は、どれくらい居るのでしょうか?

先ほどと同じ調査結果を見てみると、生活が「大変苦しい」「やや苦しい」という人の割合は、全世帯のうちの56.5%を占めています。

また高齢者世帯では52%、児童の居る世帯で61.9%、そして母子家庭では、なんと82.7%の世帯が「生活が苦しい」と感じています。

生活費を節約する為の定番テクニック

そんな我々の生活を圧迫する生活費ですが、具体的に生活費を節約する為のテクニックについても、いくつかご紹介したいと思います。

光熱費

平均的な4人家族の世帯では、毎月2万~3万円の光熱費がかかります。

その中でも比較的インパクトが大きいのが「電気料金」です。

そこで、真っ先に検討していただきたいのは、「電力自由化契約」です。

2016年に始まった電力小売の自由化ですが、直近のデータでは自由化契約に切り替えている世帯は、553万件と、まだまだ切り替えていない家庭も多いようです。

切り替えていない人のほとんどは「それほど値引きがない」とか「面倒くさい」という理由だけで、切り替えを躊躇しているようですが、契約先によっては自宅の固定通信サービス(インターネットなど)とセットにすると、大幅な割引を受けられるサービスもあり、電気代も3%~10%程度安くする事が出来ます。

是非面倒くさがらずに検討してみる事をおすすめします。

通信費

次に通信費ですが、先ほどの電力契約とセットにする事はもちろん、携帯電話を格安スマホに切り替える事も、面倒くさがらずに検討してみてください。

中には、今のスマホもそのままで、格安スマホのSIMに乗り換える事で、携帯電話料金を1台あたり3,000円程度安くする事も可能です。

保険

意外に見過ごせないのが「保険料」です。

勤務先に来ている生保レディーの言うままに、加入した保険をそのままにしていたり、また必要以上の保障が受けられる保険に加入したままの人を見かけます。

こちらも、保険の見直しショップなどに言って、見直してもらうと、毎月の保険料を半分程度に抑える事も可能です。

車両費

最後に、車両費についても要チェックです。

車の費用については、毎月の駐車場代やガソリン代ばかりに目が行きがちですが、その他にも「任意保険代」「車検費用」「点検費用」「部品交換費用」など、実は毎月2~3万円程度の費用がかかっているケースもあります。

車両を手放すと、そのお金は余ってくるのですが、子供が小さかったりすると、車を手放す訳にもいきません。

そこで検討したいのが「カーシェアリング」です。

カーシェアリングは、使いたい時だけインターネットで予約して、駐車場に車を取りに行き、乗り終えたらその駐車場に戻す…というやり方で、車に関する固定費が一切不要のサービスです。

最近ではマンション内に、そのようなサービスを提供している所などもありますので、是非検討していただきたいと思います。

収入を増やす為のマル秘テクニック

とはいえ、節約は中々難しい…というのが現実です。

そこで、生活が苦しい状態を打破する為には、やはり「収入を増やす」という方法しかない…という事になります。

ここからは、収入を増やす為のテクニックについて、いくつかご紹介します。

生活費が足りない?ピンチなときは副業で収入を増やそう!

日払いバイト

手っ取り早く収入を得るには、人材登録会社などに登録をしておいて、日払いのバイトに行く事をおすすめします。

仕事内容は、工場の作業員やコンサートスタッフ、さらには引越しや運搬の手伝いといった仕事になります。

体力的に少々厳しい仕事もあるものの、中には日給で1万円~1万5千円程度稼げる仕事もあります。

【単発有】日払いで高収入アルバイトをまとめた

クラウドソーシング

夜間や休日も仕事には行けない…と言う方は、是非クラウドソーシングサービスも利用してみましょう。

クラウドソーシングとは、WEB上で企業が仕事の募集を行い、その仕事の依頼主と、仕事をしたい人を結び付けるマッチングサイトのようなものです。

仕事内容は、「WEB記事の執筆」「データ入力」「アンケート回答」「イラスト作成」など様々ですが、時間を気にせずに働く事も可能です。

中には、このサービスを利用して、会社を辞めて毎月30万円~50万円程度稼いでいる人もいるくらいです。

関連記事をチェック!

【在宅ワーク】クラウドソーシングで即日入金は可能?

「副業で小遣い稼ぎ」も良いけれど、「副業で老後資金を貯める」のもステキなことだと思うけれど、そんな悠長なことを言っていられない人もいませんか。 今すぐお金を手に入れなくてはいけない人向けの「即日入金可...

【在宅ワーク】クラウドソーシングで即日入金は可能?

掛け持ちアルバイト

本業の規則で副業を禁止されていないなら、掛け持ちでアルバイトをする方法もあります。

気になる仕事内容は、コンビニのアルバイトなどの定番の仕事から、夜間のカスタマーセンターの受電対応など様々です。

特に夜間に働く場合には、1,000円~1,500円程度の時給を稼ぐ事も可能です。

関連記事をチェック!

生活苦でバイトする場合の3つの注意点とは?

このページを読んでいる方の中には、「生活が苦しくて掛け持ちで仕事をしようかな…」と考えた事がある人も多いと思います。 そんな人の為に、今回は生活苦の為に掛け持ちの仕事や、バイトをする場合の注意点...

どうしても生活費が足りない時は?

次に、以上のような対策を講じても、生活費が賄えない場合は、どうすればいいのでしょうか?

いくつかの急場を凌ぐ方法をお伝えしたいと思います。

カードローン

急場を凌ぐ…と聞けば、真っ先に「カードローン」の利用を思い浮かべると思います。

たしかに、消費者金融カードローン等では、申込みから借り入れまで、最短で2~3時間程度で行えますので、本当に生活費に困った場合には、とても強い味方です。

ただ、消費者金融のCMでもあるように、「返済計画」もきちんと考えたうえで利用しないと、返済不能に陥ってしまう場合もあります。

各カードローンサイトには、返済シミュレーションができるページがありますので、まずはそこで返済計画を練ってから、最少額を借りる事が、カードローン利用のコツです。

生活費を銀行でお金を借りるのはあり?

クレジットカード

お手持ちのクレジットカードのキャッシング機能を使えば、審査も不要で、すぐに現金を手に入れる事が出来ます。

ただ、基本的にクレジットカードのキャッシングは、カードの決済日に、一度で返済する必要がある為、ある程度収入が入る前提で利用するようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングサービスとは

公的支援

もし、収入もない…、生活費もない…という状態なら、生活保護やお金をもらいながら職業訓練校に通うなど、公的支援を受けながら生活をやりくりする方法もあります。

ただ、これらの公的支援も、ずっと受けるという事ではなく、生活を再建する為の手助けをしてもらう…という意識で利用する事がポイントです。

親に頼む

最後に、親に頼む方法もあります。

多少は親からたしなめられる事もあるかもしれませんが、そこは自分の子供が困っている訳ですから、助けを差し伸べてくれる親がほとんどだと思います。

ただ、この場合も支援を受けたままにせず、将来的にはきちんと恩返しするという事を条件に、援助を申し出るようにしましょう。

親にお金を借りる上手な頼み方

まとめ

手取りで30万円と聞くと、なんとかやりくり出来そうな金額ではありますが、実際には生活していくには少し厳しい金額でもあります。

ただ、30万円の手取りで貯蓄までしている家庭もたくさんあります。

大切なのは、どれだけ無駄を省いた生活が出来るか?という事ではないでしょうか?

自分に甘えずに、面倒くさいから…などという理由で節約できていない費用はたくさんあるかもしれません。

今回ご紹介したようなテクニックも参考にして、是非余裕のある生活を送りたいものですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能