お金に困ったときは「お金がない馬」

残価設定クレジットが払えないで滞納したらどうなる?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

最近は車を「残価設定型クレジット」、略して残クレと呼ばれる方法を利用して購入する人が増えているようです。

しかし一方で、この残クレを利用すると支払利息が通常の自動車ローンよりも高くなるため、滞納してしまうという人もでてきています。

残クレで滞納するとどうなるのか、残クレの危険性について解説していきます。

残クレってなに?どんな特徴があるの?

残クレとは残価設定型の自動車ローンのこと

残クレとは、残価設定型クレジットの略で、車の購入方法のひとつです。

トヨタでは残価設定型プランという名称を使用していますが、中身は同じことを意味しています。

残価設定型クレジット(以降は残クレとします)とは、車両本体価格の一部をあらかじめ数年先の車の買取り保証額、つまり「残価」として設定し、残価を除いた残りの金額を分割にして支払う方法です。

月々の支払額を抑えることができるため、毎月の負担が減り、家計の予算を他の費用へあてることができます。

残クレの支払い最終回がポイント!

残クレは期間が3年、4年、5年から選択でき、最終回の支払時に残価分の支払いとなります。

このときに残価分をどうするのかという選択肢を下記の3つの中から選びます。

  1. 新車に乗り換える
    残価の支払いはありません。
    車両を返却して清算します。
    走行距離などの条件が超えている場合は超過分を支払う必要があります。
  2. 車を返却する
    残価の支払いはありません。
    車両を返却して清算します。
    走行距離などの条件が超えている場合は超過分を支払う必要があります。
  3. 車を買い取って乗り続ける
    残価の支払いをする必要があります。
    その場合、一括で支払うか、分割払を契約しなおす必要があります。

3つのプランのうち、3番目の車を買い取って乗り続けるというプランを選択した場合は注意が必要です。

というのも残クレを利用せず、最初から一般的な自動車ローンを利用して支払っている場合に比べて、残クレは総支払額が増える可能性があるためです。

残クレのメリット・デメリットはなに?

残クレにメリットはあるの?

残クレを利用した場合、月々の支払いが少なくなるという以外にもメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

数年ごとに新車に乗り換えられる

残クレを利用していて契約期間が3年の場合、支払い最終回で新車に乗り換えることで、車検の必要がありません。

また、短期間で乗り換えられることで、その時々の家族の状況に合った車に変更することも可能です。

ディーラーローンよりも金利が低い

一般的にディーラーですすめられるディーラーローンは金利が8%前後なのに対して、残クレは約3%~5%となっています。

そのため、ディーラーローンよりは、少し低く借りることができます。

またメーカーにもよりますが、キャンペーンなどを定期的に行っていて、そのときにより売りたいと思っている車種について、残クレ利用時の金利をさらに低くしていることがあります。

場合によっては、かなりお得に利用できることもあるので、車種を検討するときは併せてキャンペーン情報も確認することをおすすめします。

買取り額が保証されている

分割払で車を購入して売却すると、査定によっていくらで売れるのかが決まりますが、自分が思っているよりも安い値段がついてしまう可能性もあります。

しかし、残クレの場合は契約時に買取り額が保証されているため、将来の車両価値の心配をする必要がありません。

ただし、走行距離が設定条件を超えている場合や、改造や事故などで修復歴がある場合には別途精算した金額を負担しなければならないため注意が必要です。

残クレのデメリットとは?

良いことばかりのような残クレですが、注意しなければならない点もあります。

残クレのデメリットについて見ていきましょう。

最初から自動車ローンで購入した方が総支払額が安い

残クレのデメリットは、3~5年後の最終回で支払いをするときに、据え置いた残価を払ってそのまま乗り続けることを選択すると、最初から自動車ローンを組んで支払う場合に比べてかなり損をする場合があることです。

それは、契約した3~5年間に月々の支払額が少ないため、結果的に支払利息が多くなってしまっているからです。

また、買い取って乗り続ける場合は、残価を一括で払えればいいですが、分割にする場合は改めてローンを組まなければなりません。

利息はディーラーローンを利用する場合は残クレよりも高金利になるため、余り気にせずに契約するとさらに金利で損をする可能性があります。

同じ車を長く乗り続けたいと思っている人は、残クレを利用するのはやめておくことをおすすめします。

車両返却時に追加で費用が発生する場合がある

残クレで乗り続ける場合は損をする可能性があることを先に書きましたが、車を乗り換える場合や返却する場合でも費用負担が増えることがあります。

残クレの乗換えや返却を希望している場合、精算時に設定残価が変わる場合があります。

残価設定が下がってしまった場合は、差額を支払わなくてはなりません。

残価が変わる原因となるのは下記のような場合です。

  • 改造、カスタマイズをしている
  • 事故によって傷や修復跡がある
  • 走行距離が事前に設定されている距離を超過している

残クレでは、基本的に改造はできませんし、走行距離にも制限があります。

また、外装や内装の汚れや傷、さらにたばこの匂いなども残価に影響がでます。

そして、事故を起こしてしまった場合には確実に残価が下がってしまうでしょう。

残クレは、改造などにこだわらず、車のヘビーユーザーでもなく、車内でたばこを吸わないという人で、短期間で新車に乗り換えたいという人にはおすすめです。

しかし、車の使用頻度が高い、カスタマイズしたいという人はよく考えてから利用することをおすすめします。

意外と大変な残クレの支払い!払えなくなったらどうなるの?

残クレは月々の支払いが少ない分、支払利息が高くなっているため、それほど支払いが楽なわけではありません。

それでは、残クレの支払いができないという場合、どのぐらい支払いを待ってもらえるのか、また払えない状態が続くとどうなるのかを見ていきましょう。

(第1段階)残クレの支払い予定日の翌日から遅延損害金が発生する

残クレは自動車メーカーによって異なるクレジット会社が取り扱っています。

主に自動車メーカーのグループ会社の場合が多く、トヨタであればトヨタファイナンス、ホンダであればホンダファイナンスがローンを取り扱っています。

残クレの支払いが引き落としできなかった場合、クレジット会社によっても対応が違いますが、再引き落としの連絡が郵送などで届きます。

再引き落としの連絡の後にさらに引き落としされなかった場合、今度は電話にて督促がきます。

また、支払い予定日の翌日から遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、通常の支払いの金利よりも高く、支払いがあるまでずっと遅延損害金が発生し続けます。

(第2段階)再々引き落としの連絡は電話でくる

残クレの再引き落としにも引き落としがなかった場合には電話での督促が始まり、再々引き落としの連絡が入ります。

この連絡が自宅や携帯で取れなかった場合、職場にかかってくる可能性もあるので注意必要です。

(第3段階)車の引上げをする可能性があることが告げられる

再々引き落としにも支払いができないと、約1か月近く支払いが滞納していることになります。

来月にも支払いがなかった場合は、車をクレジット会社が預かる「引上げ」を実行する可能性があることを告げられます。

車の引上げは、クレジット会社によっては滞納1か月で実行する場合もあるため、車の引上げまでの猶予期間はいつなのかをよく確認をしておく必要があります。

いずれにしても、車の引上げの可能性を告げられる時点で、かなり危険な状態であることを自覚しましょう。

(第4段階)車の引上げが実行される

滞納が1か月を過ぎると、電話での督促は続き、○日までに支払いがない場合は、△日に引上げを実行しますという具体的な話があります。

そして、△日までに支払いがなかった場合は、車の引上げが実行されてしまいます。

しかし、車の引上げをされても、この時点ではすぐに支払いをすれば車は戻ってきます。

いわば最終猶予期間ということになります。

(最終段階)最終的には車は売却されてしまう!

車の引上げが実行された後、最終期日までに支払いがない場合、車は売却されてしまいます。

車の引上げの後すぐに売却されるわけではなく少し猶予はありますが、それほど長く待ってくれるわけではありません。

早急に支払いをしましょう。

また、○日なら支払いができるという具体的な希望日がある場合は期日を待ってもらえる可能性もあるので、クレジット会社の担当者とよく話合いをすることが大切です。

売却されて終了ではない!支払いが続く可能性も?

車が売却されると売却査定額が算出されますが、ローン残債に足りないと引き続き支払わなければならず、そのためローンを組みなおすことになります。

そのときには遅延損害金も含めた金額の支払いが必要となります。

今まで毎月支払っていた金額よりも少ない金額にはなっているでしょう。

しかし車が手元になくなったのに支払いを続けるというむなしさは残ります。

さらに、延滞が続いているということで、信用情報に記録が残ってしまう可能性もあります。

61日以上の延滞があった場合は「異動」情報として記録され、いわゆる信用「ブラック」状態となってしまいます。

こうなってしまうとあらゆるローンの審査に通らなくなる可能性が高くなります。

できることなら、ここまでの事態になる前に対策を採ることをおすすめします。

残クレを滞納する前にできることとは?

残クレの支払いが滞納すると、最終的には車が引き上げられて売却されてしまうことになります。

そうなる前に、できることを順番に見ていきましょう。

ローンの組み直しを頼んでみる

もし月々の支払いが困難である場合は、毎月の支払額を減らすなど、支払いが滞納する前にクレジット会社に相談をしてみましょう。

支払いを滞納されるよりは、支払いが少なくても毎月支払ってもらえる方がクレジット会社も助かるでしょう。

また、ボーナス支払いを多めにしていて苦しい場合も、このときに相談をしてみましょう。

ただ支払期間が長くなるとそれだけ支払利息が多くなるため、注意が必要です。

とりあえず滞納分をカードローンで払う

既に滞納をしてしまって、督促の電話が入っているような場合は、今月の支払いだけでもカードローンなどで借りて支払ってしまうというのも手段のひとつです。

滞納が続けば続くほど遅延損害金が増えていくため、遅延損害金の利息より低いカードローンで借りれば、滞納するよりは支払利息の負担が減るでしょう。

ただし、カードローンの支払いも長期間続けると支払利息が高くなってしまうため、早めに完済できるめどがたっている場合のみ利用するようにしましょう。

どうしても払えない!残クレでも債務整理できるの?

残クレの支払いをがんばってみたものの、滞納が長期間続き、払い続けることが困難になってしまった場合は、債務整理をするという選択肢もあります。

具体的にはどのような方法なのか、見ていきましょう。

債務整理とは?任意整理で借金が減る?

債務整理といっても任意整理、自己破産、個人再生など色々な方法がありますが、まずはもっとも債務者の負担が少ない任意整理をしてみることをおすすめします。

任意整理では、裁判所を通さずに借り手と貸手が交渉することで、借金の減額などを行って支払いの負担を減らすことが目的です。

債務者の代理人として、交渉は主に弁護者や司法書士が行います。

自己破産や個人再生と違って裁判所に行く必要がなく、仕事の制限や官報に名前が載ってしまうというリスクもないため、比較的負担が少ないというメリットがあります。

関連記事をチェック!

借金した場合の返済期間と完済テクニック

TVで消費者金融のCMなどを見ていると、「ご利用は計画的に…」などというメッセージが流れます。 しかし、キャッシングをする時は、どうしても切羽詰まったケースが多いため、なかなか返済の計画を立てて...

残クレを任意整理すると車がなくなる?

残クレは、車の所有権がディーラーになっているため、任意整理を行うと車は引き上げられてしまいます。

そして車を売却して借金の返済にあて、それでも残ってしまった債務を任意整理するという形になります。

任意整理で借金は確実に減りますが、その代わりに車がなくなるほか、必ず信用情報に記録が残ってしまうというデメリットもあります。

そして、その記録は5年間消えないため、その間あらゆる審査に通らない「ブラック」状態が続きます。

5年間は再び自動車ローンが組めないほか、クレジットカードの申込みや住宅ローン、カードローンなども利用できない可能性が高いため、任意整理を行う前にほかに方法がないかよく考えてから実行するようにしましょう。

前倒し返済の注意点

残価設定ローンでは、当初設定したローン期間が終了する前に、「ローンの支払いが払えない」などの事情から、前倒しして、車を返却する必要がある時は、注意しなければいけません。

残価設定ローンの商品内容は、こういった前倒し目的には適していないためです。

例えば、3年経過時点で、ローン返済が払えないので、前倒しで返却したいという場合を想定します。

この時、誤解で多いのは、5年終了時点では、分割返済以外の支払いが必要なく、車両を返却だけすれば良いので、3年経過時点でも、同様に、前倒しで車両を返却すれば、清算の必要が無いという誤解です。

しかし、残念ながら、そうではありません。

残価設定ローンの場合、前倒しで返却するとしても、設定した「残価」は変わりません。

つまり、残価が30%であれば、5年間で支払っても、3年目に前倒しして返済するとしても、車の返却とは別に、残りの70%を支払う必要があります。

お金に余裕が出来たから、ローンの返済を前倒しで、70%分を支払ってしまうということはできます。

しかし、車の返納を前倒しすることで、その時点の、分割支払い済み以外の残額が無くなるという仕組みはありません。

お金に余裕が無いから「前倒しして返却する」は、残価設定ローンではできません。

関連記事をチェック!

借金した場合の返済期間と完済テクニック

TVで消費者金融のCMなどを見ていると、「ご利用は計画的に…」などというメッセージが流れます。 しかし、キャッシングをする時は、どうしても切羽詰まったケースが多いため、なかなか返済の計画を立てて...

残価設定ローンを前倒し返済する方法

では、残価設定ローンが払えない場合は、どうすれば良いのでしょうか。

その方法をご説明します。

外部の買い取り業者に売却

方法は、残価設定ローンを組んでいるディーラー(最終的に車を返却する相手)ではなく、外部の車買取業者に売却することです。

ディーラーに返却する場合の、車の買い取り価格は「残価」になりますが、外部の買い取り業者であれば、その時点の査定に基づき、評価してもらうことができます。

もちろん、査定や、市場価格次第ですが、残価よりも高い金額で売却できる可能性もあります。

残価よりも高い金額で売却できれば、その分を、残価設定ローンの返済に充当できることになります。

関連記事をチェック!

楽して簡単に儲ける錬金術は存在する?お金を稼ぐ15の方法

お金が欲しいのだけど大変な仕事やバイトはしたくない人はそれなりにいると思います。 そこで今回は楽して稼ぐ方法をまとめてみました。 この記事はこんなひとにおすすめ ・収入を増やしたいけど時間がない人 ...

ディーラー以外でも売却できる

「残価設定ローンで購入している車は売れないのでは?」と考えている方がいますが、そんなことはありません。

外部の買い取り業者に売却することも可能です。

但し、その場合は、売却する際に、残価設定ローンを全額返済して、解除することが必要です。

残価設定ローンを利用していることによって必要な手続きは、車買取業者が代行して行ってくれます。

仮に、現在、残価設定ローンが100万円(分割払い50万円、残価50万円)残っているとします。

車を外部買い取り業者の査定に出したところ、100万円で買い取ってもらえることになった場合は、この売却代金で、残価設定ローンが全額返済できます。

つまり、残価設定ローンの問題はなく、全額返済して終了となります。

一方、車買取業者の査定価格が、80万円であった場合には、売却代金とローン残高の差額20万円が発生してしまいます。

この20万円は、手出しで用意する必要があり、用意できなければ、残価設定ローンの解除ができませんので、車を売却することもできません。

車を高く売るために大切なこと

残価設定ローンで借入していて、返済が払えない時に重要なポイントは、車を少しでも高く買ってくれる買い取り業者を探すことです。

先程の例の通り、車の買い取り業者が、残価設定ローンの残額以上の金額で買い取ってくれれば、手出しすることなく、残価設定ローンを解除することができます。

そして、少しでも高く売却するためには、一括査定などの仕組みを利用することです。

車買取業者は、車を仕入れできなければ商売できませんので、何とかして買いたいと思っている反面、できれば少しでも安く買いたいと考えています。

車を売却しようとしている方が、複数の業者で見積もりを取って、厳しく売却先を選定しているのか、1社だけ相談して、売却先を決めるのかは、買い取り価格を決定するうえで、重要な要素となります。

一括査定は、車買取業者にとっても、複数業者で競争していることが解りますので、高めの金額設定となることが期待できます。

車を少しでも高く売却するために、一括査定などの仕組みを有効活用することがおすすめです。

関連記事をチェック!

お金がない時の遊び方やお金を使わない遊び

お金がない時だって遊びたい! オススメの遊びを30種類、シチュエーション別に紹介いたします。 この記事はこんな人におすすめ ・金欠で心にゆとりがない人 ・遊びに行くお金がない人 ・お金を使わずに...

まとめ

残クレは、月々の支払いが少ないというメリットばかりが目についてしまいます。

しかし、実際には3年後などに乗り続けることを選択すると、初めから通常のローンで支払っていた方が支払総額は少なくて済むというデメリットもあります。

また、残クレが支払い困難になって滞納が続いた場合は、任意整理で借金の負担を軽減することは可能です。

しかし、車が引き上げられてしまったり、信用情報がブラックになったりするというデメリットも大きくなります。

そのため、可能な限り任意整理など行わなくて済むように、早めに対処法を考えることをおすすめします。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。