お金に困ったときは「お金がない馬」

お金がないけどペットを飼いたい!どうすれば良い?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ペットを飼うとなると初期費用や育てていくために必要な費用だけではなく、病気やけがの為の費用も考えなくてはなりません。

今回はお金が無いけどペットを飼うためにはどうすればいいかをご紹介します。

ペットの為にお金を用意しておく方法

ペットを飼うなかで一番大きなお金が必要になるのが、病気やけがの治療費になります。

初期費用を用意して、何とか飼う事ができれば余程のことが無い限り育てていくことは難しくはありません。

ただ、怪我をしたり病気になったりした後の対応では、思いもがけないお金が必要になってきます。

そんな時の為に、お金を事前に用意すると良いですね。

ここでは、ペットの為にお金を用意しておく方法をご紹介します。

ペット保険に入っておく

怪我や病気等、万が一の対策としてペット保険と言う物があります。

入る際には、保険でカバーできる病気や怪我の種類はしっかりと確かめておきましょう。

最近では、ペットが誤って壊したものを保証するサービスやペットが亡くなった時の葬儀代をサポートするオプションが有るものまであります。

保険で対応できる病気や怪我以外にも、これらのオプションもしっかりと吟味しておきましょう。

それから、意外に加入する時には見落としがちなのが、高齢になった時の保険料と、保険金の請求実績があった後の保証条件です。

中には、高齢になると保険料が高額になるケースや、保険金の請求実績が有ると更新時に条件の見直しで、保険対象外になる病気や怪我などが有る事が有ります。

毎月積み立てをする

万が一の為に、少しずつでもお金を貯めて行く方法です。

保険に入っていても、保証割合が100%ではない限り幾らかは用意しておく必要があります。

保険に入っていない場合には、万が一の場合には全額を自分で用意しておく必要がありますので、少しずつでも積み立てて置かないといけないですね。

この積み立てをする方法をとる時に、問題になるのが積み立てをする事を忘れる事が有ることです。

もし、毎月の積立を忘れることが有りそうなら、銀行の自動積立預金のサービスを使うのも一つの方法です。

積み立てを行う時には、給料が入ったと同時に引き落としされる様にしておくと、積み立てができない事を防ぐこともできます。

お金の掛からないペットとは?

ペットは飼いたいけど、お金がかからないペットが良いと言う方も多いですね。

ここでは、比較的お金のかからないペットをご紹介します。

ただし、お金がかからないと言ってもペットとして飼うからには、そのペットは家族だと思って大切に育てていく覚悟は必要ですよ!

この事は忘れないでくださいね。

ハムスター

ハムスターは、専用のゲージを用意さえすれば飼い始めることができます。

エサやトイレの砂なども用意する必要がありますが、それらの物は非常に安価にそろえることができます。

手で触って慣れさせることは、なかなか難しいですが、ケージの中で元気よく動いているのを見るだけでも癒されます。

文鳥

手乗り文鳥という言葉を聞く位、人に慣れる鳥ですので飼う事も難しくはありません。

飼うためには飼育ケージを購入すれば、それ以外の物は必要ありません。

エサに関しても、100円均でも手に入れることができますし、もともと丈夫ですので、きちんと世話をしていれば費用はほとんどかからないと言えます。

ひなの時からお世話をすることができるなら、手乗り文鳥となることも可能です。

リクガメ

リクガメは飼いやすいペットと言えます。

ほぼ、ゲージさえ揃えてしまえば後はエサ代だけで飼うことができます。

ただ、成長した後の大きさは気を付ける必要があります。

大きくなるものでは、体長が40cmを超える程になる物もあります。

大きくなると飼う事は難しくなりますので、飼う前にはしっかりと確認しておきましょう。

うさぎ

エサも牧草や人工飼料ですので安く揃えることができますし、人になつきますので飼いやすいです。

ただし、多少のしつけも必要ですので手放しで飼う事は難しいです。

飼いやすい事と丈夫な事から、小学校などでも飼育されていることが多いですよね。

慣れてくると、膝の上に乗せて撫でる事も可能です。

どうしてもお金が必要な時

毎日、可愛がって育てていても病気や怪我をする事もあります。

保険や積み立てをしていても、どうしてもお金が用意できない時があります。

ここでは、そんな時の対応方法をご紹介します。

病院と相談する

先ずは、治療する動物病院で治療方法と治療に掛かる費用に関してよく話を聞きましょう。

ペットにとって、どんな処置をするのが最適で、その他の選択肢としてどんな治療方法が有るのかをしっかりと把握しましょう。

その後で、必要な金額の事で相談をすると良いですよ。

病院によっては分割で対応してもらえる所もありますし、治療の方法と金額に関して見直しを考えてもらえる所もあります。

カードローンを利用する

大事な家族としてのペットですから、手持ちのお金が無くても直ぐにお金を用意する事が必要になることもあります。

そんな時には、足りない金額をカードローンを利用して用意する方法があります。

申込みも、安定した収入さえあれば申し込めます。

その時の状況にもよりますが、申し込んで即日利用できるカードローンもありますので、すぐに必要となった場合でも利用できます。

緊急でお金が必要になった時には、カードローンの利用を考えてみるのも良いですね。

即日融資できるカードローン一覧

カードローンの利用と言っても、初めての人なら尚更、不安なことも多いですよね。

カードローンを利用するにあたって、注意すべき点について以下の記事でまとめてあります。

不安な方は一度目を通しておくとよいでしょう。

個人の借入をする際の注意点を知ってる?

ペットの治療費に関して

怪我や病気によっても治療費は大きく変わってきます。

また、日ごろから注意しておけば回避できる病気などもあります。

ペットの治療費の相場と、日ごろから気を付けておきたい事をご紹介します。

ペットの治療費の相場とは

先ずは、治療費の相場から見ていくこととします。

いざとなった時に必要な金額を把握できれば、用意しておきたい金額も分かります。

ただし、病院で掛かる費用は病院ごとで設定できますので、最終的には診察を受ける病院での確認が必要になります。

以下で示す相場の金額は、あくまでも目安としてお考えください。

・初診料:1000円~2000円
・再診料:500円~1000円
・レントゲン検査:4000円~6000円
・血液検査:5000円~6000円
・骨折の治療:20万円~30万円
・椎間板ヘルニア(犬の場合):25万円~30万円

この他にも、失明の危険性が有る病気やガンなどの命に係わる治療には大よそ30万円ほどかかる事になります。

治療費が掛からない様にするには

病気や怪我で、ペットに痛みや苦しもを味わってほしくないですね。

そのためにも、日ごろから心がけておくと良い事が有ります。

その方法とは、人間と同じで定期的な健康診断をうけることです。

病気を未然に防ぐことも可能ですし、病気の早期発見で治療費も安く済ませる事にもなります。

病院で検査をしてもらえますので、個別に注意した方が良い事もアドバイスしてもらう事も出来ます。

まとめ

ペットを飼っていると言いますが、飼い主がペットに支えられていると言う事も少なくありません。

お金が無くても、心の支えが欲しくてペットを飼うかもしれないです。

ペットを家族として迎え入れたのですから、いざという時の為に出来るだけの備えはしておきたいですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能