馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

キャッシュカードのランキング ATM手数料、振込み手数料で比較

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

何となく安心感があるから都市銀行、身近な感じがあるから地方銀行、という基準でキャッシュカードを選んでいる人は、ATMの手数料や振込手数料で損をしている場合があります。

手数料が安いキャッシュカード、使えるATMが多いキャッシュカードをランキングにしました。

キャッシュカードのランクとは

クレジットカードの比較やランキングはネットにたくさんの情報がありますが、銀行のキャッシュカードのランキングという記事はあまり見かけませんね。

そもそもキャッシュカードにランクなどあるの?と思っている人も多いかもしれません。

しかし、どこの銀行も同じに思えるキャッシュカードも、ATMの手数料や使い勝手は同じではなく、引き出しや振込みの回数が多い人はどの銀行のキャッシュカードを持つかでコストや便利さが大きく違ってきます。

ATM引出し手数料のランキング

ATM手数料は、無料、108円(時間内)、216円(時間外)の3通りです。

残高照会はどのキャッシュカードも無料ですが、引出し、預け入れ、振込みはキャッシュカードによって手数料がことなります。(振込みはATM手数料のほかに振込み手数料が必要)

キャッシュカードを発行した銀行のATMで引き出すときは平日の昼間は手数料がかからないことが多いですが、近くのコンビニなどで引き出すことも多いので手数料が気になりますね。

【ATM引出し手数料ランキング】

ランクキャッシュカード他行ATMセブンイレブンローソンE-net
1新生銀行都市銀行とゆうちょが無料0円0円0円
2ソニー銀行ゆうちょなどが
月4回無料
0円108円
月4回無料
108円
月4回無料
3住信SBIネット銀行ゆうちょが
月2回無料
108円
月2回無料
108円
月2回無料
108円
月2回無料
4じぶん銀行ゆうちょなどが
月2回無料
108円
月2回無料
108円
月2回無料
108円
月2回無料
参 考都市銀行108~216円108~216円108~216円108~216円

※0円は常時0円、108~216円は時間帯によって108円か216円

上記のようにネット銀行にはコンビニでの引出し手数料が無料になるものが多くあります―これは自行ATMを持たないネット銀行の基本的なサービスと言えます。

また、ネット銀行では預金残高などの取引内容によって引出し手数料が無料になる回数を増やしています。

ATM振込手数料のランキング

振込み手数料はふつう次のようなルールで決められています。

  • 自行あてより他行あてが高い
  • 振込額が3万円未満より3万円以上が高い
  • 窓口での振込みがいちばん高く、以下キャッシュカード(ATM)、ネット振込みの順に安くなる

ネット銀行はATMでの振り込みができず、すべてネット振込みになるので、店舗型銀行のATMでの振込みに比べて手数料が安く設定されています。

店舗型銀行でもネット振込みの手数料はATMでの振込みより安い場合が多いですが、それでもネット銀行よりは高くなっています。

【振込み手数料ランキング】

ランク銀行名同行あて
3万円未満
同行あて
3万円以上
他行あて
3万円未満
他行あて
3万円以上
1住信SBI銀行0円0円154円
月1回無料
154円
月1回無料
2楽天銀行0円0円165円258円
3ソニー銀行0円0円216円
月1回無料
216円
月1回無料
4セブン銀行54円54円216円216円
5ジャパンネット銀行54円54円172円270円
6じぶん銀行0円0円174円278円
7新生銀行0円0円308円
月1回無料
308円
月1回無料
参 考三井住友銀行108円108円216円432円

各ネット銀行は残高など取引内容によって他行あての振込みが月何回まで無料などの特典を設けています。

例えば、新生銀行は預金残高が100万円以上あると他行への振込み手数料が3万円以上で103円というトップクラスの低料金になります。

楽天銀行は給与受け取り口座に指定すると月に3回まで振込み手数料が無料になります。

店舗型銀行は振込み手数料以外にATM手数料がかかることが多いので、ATM手数料が無料のネット銀行との振込みコストの差はさらに大きくなります。

関連記事をチェック!

キャッシュカードでの振込み・入金の仕方と注意点

キャッシュカードでの引出しはどのATMでもできますが、振込みはできない場合があるので急いでいるときは困りますね。 振込み自体に慣れていないという人もいるので、キャッシュカードで振込みするときのや...

コンビニATMで振り込みできるキャッシュカードの比較

セブンイレブン、ローソン、ファミリマーケット(イーネットATM)のすべてで振り込みができるのは、都市銀行では三菱東京UFJ、りそな銀行、埼玉りそな銀行の3つです。

みずほ銀行と三井住友銀行はローソンとファミリマートでは振り込みできますが、セブンイレブンではできません。

多くの地方銀行のキャッシュカードがローソンとファミリーマートのATMで振り込みできますが、セブンイレブンで振り込みできるのは次の8行だけです。

  • 群馬銀行
  • 新銀行東京
  • 東邦銀行
  • 北越銀行
  • りそな銀行
  • 愛知銀行
  • 静岡銀行
  • 千葉銀行

関連記事をチェック!

コンビニATMでのキャッシュカードの使い方

便利なコンビニATMも万能ではなく、コンビニによって、持っているキャッシュカードによって、できる取引とできない取引があります。 急いでいるときに困らないように各コンビニとキャッシュカードの相性を...

入金できる時間帯・手数料で比較する

預入れに使えるATMは基本的に次の3つです。

  • 自行ATM
  • コンビニATM
  • ゆうちょATM

他行ATMは入金提携をしている一部の金融機関以外のATMではできません。

都市銀行とゆうちょ銀行、ネット銀行、ほとんどの地方銀行がコンビニATMで預入れできるので、預け入れの便利さから見たランキングはありませんが、金融機関によって次のようなメリット・デメリットがあります。

【コンビニATMでの入金の便利さ比較】

金融機関のジャンルメリットデメリット
ネット銀行24時間入金可能3万円以下の入金手数料が高い場合がある
都市銀行・ゆうちょ銀行ほぼ24時間入金可能つねに入金手数料がかかる
地方銀行銀行によって入金手数料が無料の時間帯がある夜間や早朝は入金できない銀行が多い
信用金庫セブン銀行ATMで入金手数料が一律108円セブン銀行以外では入金できない
信用組合セブン銀行ATMで平日と土曜日の昼は入金手数利用無料セブン銀行以外では入金できない


関連記事をチェック!

相手にお金を振り込んでもらう方法!時間帯と手数料を解説

人からお金を振り込んでもらうために、知っておきたい豆知識を紹介します。 銀行ごとの振込み手数料や手続き時間を具体的に紹介した上で、振り込みに関するよくあるトラブルも解説しますので、ぜひ参考にして...

まとめ

ATM手数料、振込み手数料ではネット銀行が断然ランキング上位で、コンビニで24時間使えるというメリットもあります。

都市銀行はコンビニATMで24時間使えるのは同じですが、手数料では見劣りします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能