お金に困ったときは「お金がない馬」

生活がギリギリできつい家計に見られる3つの共通点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

毎月、生活がギリギリできついという人は少なくありません。

厳しい家計に見られる共通点とそれぞれの問題を解決する方法について解説します。

この記事はこんな方におすすめ

この記事は次のような人におすすめの記事となっています。

  • 毎月の生活がギリギリな人
  • 生活費のやりくりに悩んでいる人
  • 生活をラクにする方法が知りたい人

生活が苦しい人の特徴

生活が苦しい人は、どのような理由で生活苦を強いられているのでしょうか?

実は、生活が苦しい人にはいくつかの特徴があります。

その特徴を知っていれば、反面教師として対策を取れるでしょう。

いくつかある理由のうち、特に典型的なパターンが「手取りが少ない」、「節約しすぎて生活自体が厳しい」、「一人暮らしで自炊していない」、「浪費やギャンブルをしている」の4つです。

これらが最もベーシックな理由となりますので、それぞれの内容と対策を見て行きましょう。

手取りが少ない

手取りが少ないと生活が苦しくなる可能性が高くなります。

手取りの範囲で家計を組み立てなければなりませんので、手取りが少なくなればなるほど使える額も決まってきます。

この場合の対策は収入に見合った生活をするしかありませんが、物理的に不可能な場合には収入を見直す必要があります。

今の職場で収入が増える見込みがないのであれば、転職を検討すると良いでしょう。

関連記事をチェック!

月収手取り15万円、どのように生活すれば良い?

月収手取り15万円は、生活していく上で様々な工夫が必要な額といえるでしょう。 それでは、どのように生活していけば良いのでしょうか。 その生活の実態と、生活していく上でのポイントを示します。...

節約しすぎて生活自体が厳しい

収支には問題がないのに生活が苦しい状況に陥っている人もいます。

それは、過剰な節約によって、貧困な生活を送っているという状況です。

貯金は増えているけど、生活が苦しい状況が続き、どこかで息切れする場合もあります。

このような場合には、無理のない範囲の生活費を予算組することを心がけましょう。

もしくは、時々外食や娯楽を入れて、気晴らしをすることも大切です。

お金がない時のストレス発散法32選

一人暮らしで自炊していない

一人暮らしだけれども自炊していない場合にも生活が苦しくなる可能性があります。

毎回外食をしていると、食費がかさんでしまうでしょう。

たとえば1食800円で昼晩外食した場合、30日で48,000円の食費がかかり、朝食も加えると5万円以上の食費がかかってしまいます。

総務省統計局の家計調査報告(2018年)「総世帯及び単身世帯の家計収支」によると、一人暮らしの平均的な食費は44,067円となっています。

外食は極力控え、可能な限り自炊する必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)お金がない人必見! 自炊を三日坊主で終わらせない5つのコツ

外食が高くつくことは分かっているが自炊なんてムリと思っている人は、お金がない状況から抜け出すチャンスを逃しています。 初めての自炊でも三日坊主にならない、おいしい自炊生活のコツを教えます。 自...

関連記事をチェック!

一人暮らしで金欠のとき、食事はどうする?

一人暮らしは何かとお金がかかります。 皆様の中には、金欠という人も少なくないでしょう。 お金がなくても、工夫次第で充実した食事にすることができます。 どのような工夫をすれば良いかとい...

浪費やギャンブルをしている

浪費やギャンブルに熱中している人も生活が苦しくなりやすい人だと言えるでしょう。

衝動買いの癖が付いたり、ギャンブル癖が付くと、お金を捨てている状況と変わらなくなってしまいます。

これらが過剰である場合には目的以外のものを購入したり、あらかじめ設定した金額以上に使わないなど、予算を決めて必ず守るという努力が必要です。

ただし、過度な衝動買いやギャンブルは、依存症の可能性もありますので、心理カウンセリングを受けることも視野に入れましょう。

生活苦しい家族の事情

ここまで紹介した内容をベースとし、そこに追加で生活苦の理由が加わるケースが家族と同居している場合です。

家族が増えると出費も増える上、将来の備えに対しても支出がかさんできます。

家族がいる場合に生活が苦しい状態となり得る理由としては「税金の負担によって生活が苦しい」、「住宅ローンの負担が大きい」、「子供の教育費がかかる」、「老後資金を貯めるために生活が苦しい」などがあげられます。

それぞれをひとつずつ解説します。

税金の負担によって生活が苦しい

個人が支払わなければならない税金には、所得税や住民税だけでなく、固定資産税や自動車税など、収入や所有財産に応じて様々な税金がかかります。

この税金の負担によって生活が苦しくなるケースもありますので、節税対策はしっかりと考えておく必要があるでしょう。

特に、共働きの場合には税額控除の限度額が所得別に設定されているので注意しなければなりません。

具体的には103万円が所得税の扶養控除限度額、130万円が社会保険料の扶養控除限度額、141万円が配偶者特別控除の限度額ですので、想定しておく必要があります。

住宅ローンの負担が大きい

住宅ローンの負担が大きくて生活が苦しい人も多いようです。

住宅は一生で最も高い買い物だと言われており、購入時には数十年ものローンを組むことが一般的です。

もしもローンを組む場合に無理をしてしまうと、長年苦しい家計に悩まされることもあるため、無理のない範囲の住宅価格とローン額を設定する必要があります。

一般的には年収の25%以内の年間返済額で設定することが目安と言われています。

子供の教育費がかかる

子どもの教育費用も生活苦に陥る要因のひとつです。

子どもの教育費は全て公立でも1,000万円以上、全て私立の場合には3,000万円近くかかる可能性があります。

そのため、家計としては大きな負担となるのです。

子どもの教育費によって生活が苦しくならないためには、なるべく早い段階から対策を取る必要があります。

預金や学資保険などで、毎月コツコツ貯えて行けば、入学金などの急な出費に慌てなくて済みますし、対策が早いほど貯える期間が長くなるため、毎月の支払いが減ることになります。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)教育費を払えないときに捻出するためのコツ

子供の教育には多額のお金が必要となります。 小学校~大学卒業までにかかる費用のことを考えるとクラクラしてしまいそうですが、子供にしっかりとした教育を受けさせてあげたいという気持ちは全ての親に共通のも...

老後資金を貯めるために生活が苦しい

老後に年金をもらったとしても、それだけで生活するのは厳しいという現状があります。

家計調査や年金機構の統計などを参考に総合的に判断すると、65歳以上の夫婦世帯の年金支給額は約23万円、支出は約28万円となっており、毎月5万円の赤字となることが分かります。

厚生労働省が発表の平均寿命(2017年)によると、男性80.98歳、女性87.14歳であるため、90歳近くまでを想定した老後資金が必要です。

単純に65歳から90歳まで25年間を想定すると、夫婦で3,000万円ほどの貯金が必要となるため、莫大な老後資金を貯えるために生活苦に陥る人もいます。

毎月コツコツ貯えたり、貯蓄性のある生命保険に加入するなど、老後資金も早目の対応が肝心です。

関連記事をチェック!

老後には1ヶ月25万~35万円の出費が必要

老後には、単身世帯で1ヶ月25万、夫婦では1ヶ月35万円が必要と言われています。 1ヶ月に35万円の生活費ということは、60歳で退職して85歳まで生きるとすると、約1億円もの老後資金が必要になること...

老後には1ヶ月25万~35万円の出費が必要

今すぐできる生活が苦しい時の対処法

ここまで家計が苦しくなる原因と対策について紹介して来ましたが、個別のケースではなく、全体に共通する対処法も知りたいですよね?

生活が苦しい時の対処法として、今すぐできる方法を紹介します。

家計簿をつける

最もシンプルな対処法として、家計簿をつけることをおすすめします。

家計簿をつけると、収入と支出が客観的に理解できるため、お金の流れをしっかりと把握することが可能です。

その結果、浪費の軽減につながる上、出費する場合の指針とも成り得ます。

また、キャッシュフローを理解することにもつながりますので、このままの収入で節約すればやっていけるのか、収入を増やさない限りやっていけないのかという判断にもなります。

家計簿をつけた途端、今までの出費の多さに驚いて意識が変わる人もいるため、すぐにでも取り組むと良いでしょう。

固定費を削減する

固定費を見直すことも重要です。

固定費は毎月かかっているがゆえに、節約できないと思い込んでいる人が多い項目です。

しかし、固定費を支払っている事業者を変更したり、支払方法をクレカにしてポイントを貯めるなど、ちょっとした工夫で見直せる項目でもあります。

専業主婦なら働くことを検討

節約だけではやっていけないと判断した場合には、別の手段を取る必要があります。

女性の場合、もしも専業主婦であれば働くことを検討すると収入が増加しますし、すでにパートに出ている場合には、働く日数を増やすなどの方法を取りましょう。

副業をする

男性の場合は副業によって、新たな収入の蛇口を作ることを検討しましょう。

最近は在宅で手軽にできる副業が増えているため、最小限の負担で収入アップを期待できるかと思います。

ソーシャルワーカーを募集しているマッチングサイトで、興味のある仕事に応募してみると良いかと思います。

在宅ワークで即日入金可能な副業を一挙公開!

住居費が生活を圧迫してきつい

適正な住居費は月給の2~3割と言われていますが、特に都市部は家賃も地価も高いですので、住居費が家計の多くの占めてしまうケースが非常に多いです。

住居費は一度設定すると変更が難しいため、あまりにも収入に見合わない額に設定してしまうと、後々まで苦労することになります。

シチュエーションに合わせた住居費節約法を紹介します。

東京などで一人暮らしする場合

進学や就職で、東京などの都市部で一人暮らしを始める人もいるでしょう。

ギリギリの生活を避けるためにも、毎月、無理なく支払える家賃なのかしっかりと吟味することが大切です。

一人暮らしを始める前に、次の3つのポイントをぜひ考慮してください。

交通費と家賃の合計額で判断する

社会人の場合は通勤費を会社から支給してもらえることがありますが、通勤費が出ない会社に勤めている人や学生は、通勤通学費と家賃の合計額を「住居費」として考えるようにしてください。

例えば、給料(もしくは仕送り+アルバイト代)が25万円の人なら、通勤通学費と家賃の合計額が50,000円~75,000円になるように抑えましょう。

寮や県人寮を活用する

一人暮らしに対して憧れを持つ人も少なくありませんが、充分な収入や仕送り、アルバイト収入がない限り、思い描いているような生活は絶対に実現できません。

家賃を稼ぐために働くといった本末転倒の状態にならないためにも、住居費が削れる場合は徹底して削りましょう。

学校や会社に寮がある場合は積極的に活用し、寮がない場合は県人寮の利用も検討して下さい。

シェアハウスやルームシェアも検討する

家賃と通勤通学費を節約するために、交通の便の良い場所でルームシェアをするのはいかがでしょうか。

場合によっては光熱費や食費の節約にもつながることがありますよ。

また、シェアハウスを検討してみることもいかがでしょうか。

知らない人ばかりという不安がありますが、メンバーによっては快適かつ低額で生活できることもあります。

次の記事もぜひ参考にして下さい。


フリーターで生活がきつい場合

収入が安定していないフリーターが毎月固定の家賃を支払い続けることは、金銭的にも精神的にも非常にキツイことだと言えます。

定職を探すか実家に帰るかして、とにかく「家賃」か「給料」いずれかの問題を解決するようにしてください。

生活がギリギリの専業主婦の場合

子どもが生まれて仕事を辞め、専業主婦になっている場合があります。

専業主婦になる前よりも明らかに世帯年収は減ってしまっているわけですから、家賃や住宅ローンなどの住居費が家計に占める割合は確実に増えていると推測されます。

子どもを保育園に預けて働きたいけれども、待機児童が多くて預けられない・・・となってしまわないためにも、事前に次の2つのことを検討して下さい。

夫婦間で話し合う

今後の生活設計について旦那さんと一度しっかり話し合ってみましょう。

生活の中で無駄な部分はないか、もっと節約できるところはないかを考えてみましょう。

また、子どもを保育園に預けて働く場合には旦那さんの協力も必要になるため、どの程度であれば家事分担ができるか、すり合わせをしておくといいでしょう。

仕事の復帰タイミングと貯蓄額のバランス

子どもが生まれてから「いつ職場に復帰しようか」と考えるようでは遅過ぎます。

子どもが生まれる前に、必ず仕事の復帰タイミングと貯蓄額のバランスが取れているかチェックしてみてください。

例えば、子どもが1歳になったときから職場復帰をしようと考えているなら、保育園にスムーズに入園できなかった場合を想定して、「出産前1.5か月+出産後12か月+入園待機期間6か月」の19.5か月分の収入に見合う額の貯蓄が必要になります。

ただし、出産手当金と育児休業給付金もありますので、以下の式により、給料が月に24万円の人は産前産後休業を取得する前に約200万円の貯金が必要だと計算できます。

24万円×19.5か月-(24万円×2/3×9.5+24万円×1/2×10)=196万円

※出産前後14週間受け取れる出産手当金と産後6か月の育児休業給付金は、給料の2/3(上限額あり)です。産後6か月以降の育児休業給付金は、給料の1/2(上限額あり)になります。

※計算を簡便化するために週単位ではなく月単位で概算しています。

次の記事もぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

産休・育休中や退職後の生活費用が苦しいときは

子供ができて、そのための準備として産休を取ることになりますが、産休中は給料もなくなるので少し心配ですね。そんな産休中に生活費が足りなくなった時の対処方法をご紹介します。 産休中の家計のやりくり 出...


夫一人の収入で住居費を設定する

育児休業を取得するために200万円もの貯金を準備できない・・・という人もいますよね。

そのような人は、結婚した当初から、家賃や住宅ローンの返済月額は夫婦ふたりの給料で計算するのではなく、夫ひとりの給料で計算して設定しておくことをおすすめします。

例えば、夫の月収が手取り30万円、妻が25万円のときは、住居費を6~9万円に抑えておけば、出産や突然のリストラなどがあっても問題なく家賃や住宅ローンを支払って行けます。

母子家庭で生活がきつい場合

突然の離婚や死別により収入が減り、住居費が家計を圧迫することがあります。

婚姻時に取得した持ち家に住んでいる元妻は、ローンの支払いや売却について元夫と話し合う必要が出てきます。

また、すでに全額支払い済みの持ち家の場合は、元夫にも権利が半分ありますので、養育費や慰謝料との兼ね合い等をトータルで検討しましょう。

次の記事もぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

離婚時の慰謝料が払えない!親に借りるのはあり?

どちらかが一方的に、相手に精神的・身体的・経済的苦痛をあたえていた場合、離婚時に慰謝料が発生することもあります。 約束通りに慰謝料が支払えないとき、もしくはもらえないときにはどのように解決できる...


自治体からの住居補助

自治体によっては、母子家庭や父子家庭には、月にいくらかの住居補助が支給されることがあります。

住んでいる自治体の役所に問い合わせてみましょう。

公営住宅に申し込む

賃貸住宅に住んでいる人は、公営住宅に引っ越すことも検討してみましょう。

母子家庭は優先的に公営住宅に入居できる自治体も多いですので、人気物件であっても抽選に通る確率は高くなります。

住居費以外の固定費が多いからキツイ

住居費以外の固定費がかかり過ぎていることが生活を圧迫していることも考えられます。

例えば、毎月支払う保険料や通信費などが多すぎると、生活を切り詰めているつもりでも家計が厳しくなってしまいます。

2年に1度は保険の見直しを!

掛け捨て型の保険は、月々の保険料が低い代わりに貯蓄としては活用できません。

一方、積立型の保険は貯金の代わりとしても利用できますが、その分、毎月の負担は大きくなります。

どちらの保険をどの程度の額かけるべきかについては、家族構成や将来設計によっても変わりますので、できれば2年に1度は保険の相談員に相談し、定期的に見直すようにしましょう。

いずれにしても、保険は将来の不安に備えるためのお金ですので、保険が現在の生活を圧迫することがないように注意して下さい。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)老後資金に月々25万円必要らしいよ、どうする?

金融広報中央委員会が、世帯主が20歳以上で世帯員数が2人以上の世帯に実施した「家計の金融行動に関する世論調査」によりますと、老後の生活に必要だと考えている金額の平均は月27万円(個人ではなく家庭全体で...

通信費の見直しで月に1万円以上カット!

多くの家庭で無駄が見られているのが、通信費です。

家の固定電話やインターネット通信、個人のケータイやスマートフォン等、すべてを合わせると2~3万円になっている家庭も少なくありません。

通信費を削減するために、次のチェックポイントを自問自答してみて下さい。

  • 固定電話は本当に必要か?光電話に変更できないか?
  • 家のインターネット通信は本当に必要か?
  • 家族のスマートフォンや家のインターネット通信をセットにできないか?
  • 格安スマホや格安SIMに乗り換えられない理由があるのか?

車を手放すことも検討しよう

車のかかるお金もばかにできません。

車を維持していくためには、ガソリン代はもちろんのこと、メンテナンス費用や車検、保険料金、自動車税など、時にまとまったお金が必要になります。

通勤などでどうしても車が必要である場合は仕方がありませんが、生活に差支えがなければ手放すことを検討してみましょう。

いらないものを売る

家の中に不用品がないか、大事なものといらないものとに分けてみましょう。

いらないものをリサイクルショップやネットオークションなどで売れば、臨時収入が手に入ります。

いらないものを売るのは、今流行りの断捨離にもつながりますし、お金が手に入るだけでなく家の中がすっきりして、まさに一石二鳥です。

家計把握ができていないからキツイ

「家計がきつい」「生活費がギリギリ」と言う人に限って、家計の把握がしっかりとできていないことが多いです。

まずは3か月、細かく家計簿をつけてください。

家計簿を見れば無駄な支出にも気づけますし、「なんだかよく分からないけれど、いつも給料前はお金がない」という事態を防げます。

家計簿ソフトや、スマホで簡単に家計簿が付けられる無料アプリもありますので、次の記事を参考に、ぜひ活用してみてください。

関連記事をチェック!

本当にお金がない主婦のやりくり方法~パートやスキマ時間の副業で小遣い稼ぎ~

家計を預かっている主婦の方にとっては、お金が無い・足りないという状況は非常に重要な問題です。 また、毎日・毎月の家計のやりくりの中で「どうしてもお金が足りない」ということは、決して珍しいことではあり...

まずは家計の把握!その次にムダの削減

「生活がギリギリだ」「毎日キツイ」と愚痴を言っていても、何の解決にもなりません。

まずは家計を細かく把握し、無駄な部分を極力排除していきましょう。

そして、行きあたりばったりの人生とは縁を切り、子育てや休職、退職、職場復帰などのライフイベントを計画的に行うようにしてください。

いつもギリギリの生活は、確実にあなたの精神を蝕みます。

健やかな気持ちで明るく生きていくためにも、家計の把握と無駄の削減、ライフプランの確立の3点を、あなたの生活に取り入れていくようにして下さい。

当面の支出を時系列の一覧表にする

現在の時点で支出が分かっている分を、時系列で一覧表にして一目で分かりやすくしておくと、先が見通せて計画的に生活できるようになります。

支出する日時が分かっていれば、そこに必要な金額を別に確保しておけます。

生活費貧乏という状況から脱却するために、一度試してみてください。

事前にわかっている出費は別にする

子どもの入学や友人の結婚式など、事前に出費があることが分かっている場合には、その分を別にして確保しておきましょう。

口座を分けて別に貯金しておくのもいいですね。

また、予定している支出ではありませんが、病気などで働けなくなったときのために、ある程度の貯蓄があると安心ですので、「もしものとき貯金」として貯蓄専用の口座を作っておくことをおすすめします。

借金生活にならないようにするためには、工夫が必要ということです。

資金を週ごとに袋で管理

節約術のひとつですが、毎週の支出を「食費」「ガソリン代」「服飾費」といったように費目ごとに分けて袋で管理すると、無駄な出費を防げます。

1週間ごとの管理が大変なら1か月ごとの管理でもいいでしょう。

余ったお金は小銭貯金をしておくのもいいですね。

あらかじめ予算を決めておくことで無駄遣いをしなくて済みますし、計画的にお金を使う習慣が身に付きます。

カードはなるべく使わない

日々の支払いにクレジットカードを利用している人は多いですが、クレジットカードは後払いなので、ついつい使いすぎてしまう傾向があります。

そのため、支払日にお金が用意できず支払いを延滞してしまうかも知れません。

そこで、生活費がギリギリの人は、クレジットカードではなくデビットカードを利用することをおすすめします。

デビットカードは銀行口座の残高以上の買い物はできないので、使いすぎを防げます。

申込みも簡単なので、ぜひ利用してみましょう。

まとめ

生活がギリギリでキツいという人は、まず現状を客観的に把握することから始めましょう。

家計簿をつけて生活費に無駄がないか、削れるところはないかを見極め、浪費癖がある場合は予算内で生活することを心がけ直していきましょう。

人それぞれ生活費が苦しい事情は異なりますが、借金生活にならないためにも、できることから取り組んでいくことが大切です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能