お金に困ったときは「お金がない馬」

文章を書いてお金を稼ぐ方法を教えて!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

文章を書くのが好きな人や得意な人は、文章でお金を稼げたらどんなにいいかと思いますよね。

インターネットを使えば、今は、文章でお金を稼ぐチャンスがたくさんあります。

というわけで今回は、文章を書いてお金を稼ぐ方法を紹介します。

Webライターとして稼ぐ

Webライターとは、Webサイトやブログを作るために、メディアコンテンツを作成するライターのことです。

メディアコンテンツ、つまり記事の作成を受注し、成果物を納品することで業務が完了します。

Webライターなら、納期さえ守れば、時間に縛られることなく仕事をできますので、サラリーマンの副業や主婦・学生にも向いています。

とはいえ、最初からそう簡単に、お金を稼げるわけではありません。

クラウドソーシングを利用して、まずは様々な仕事を請け負いましょう。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と、受注したい人のマッチングサイトです。

ここにはWebライティングの仕事を、依頼したい人がたくさんいます。

ここでたくさんの依頼を受けながら、実績・評価を積み重ねていくうちに、ライティングの腕も上がり、信頼も得られるようになります。

間違っても時給換算なんてしない方がいいですよ。

モチベーションが、これでもかというくらい下がりますから。

クラウドソーシングを利用して、まずはどんな仕事が向いているのか見極めつつ、書くことを楽しみましょう。

お金よりもむしろ実績や評価を稼ぐつもりで、記事作成を地道に請け負っていきます。

誠実にコツコツ続けていけば、仕事の依頼は徐々に増えていき、報酬も上がっていきますので、めげずに続けましょう。

Webライターを募集しているところ

Webライターはどこで募集しているのか分からない人もいると思いますが、ネットで「Webライター 求人」で検索すると、求人サイト、転職サイトなど様々なところで募集していることが分かります。

求人サイト、転職サイトを始め、企業が直接募集しているケースもあります。

一例を挙げると次のようなところがあります。

  • ランサーズ : クラウドソーシングの最大手です。
    圧倒的なクライアント数を誇り、案件豊富ですので、きっと自分に合った仕事が見つかるでしょう。
  • クラウドワークス : ランサーズと並ぶクラウドソーシングの大手で、こちらも豊富な案件を有していて、使い勝手のよさに定評があります。

なお、おすすめのクラウドソーシングについては後ほど紹介します。

ココナラで専門スキルをアピール

ココナラでも、Webライティングを請け負うことができます。

ココナラというのは、スキルを売り買いできるフリーマーケットです。

自分のライティングスキルを出品して、それを買ってくれた人のWebライティングを請け負うということになります。

◆【ココナラ】

クートンブログに直接応募する

また、特定のブログに直接応募する方法もあります。

例えば「クートンブログ」では「クートンブログの運営をお手伝いしてくれるライターさんを募集します」として、ブログ内で求人を出しています。

仕事内容、募集条件、報酬、雇用形態など詳しく書かれていますので、興味のある人は一度チェックしてみるといいでしょう。

◆【クートンブログ】

稼げるクラウドソーシングサイト4選

ここからは、おすすめの稼げるクラウドソーシングサイトを厳選して4つ紹介します。

初心者向けshinobiライティング

shinobiライティングでは受注できる仕事のジャンルが一覧で見られる、便利なサイト設計となっています。

また500文字以下の初心者向けの案件も用意されていますので、文章でお金を稼ごうと考えている初心者の人でも仕事を始めやすいサイトと言えます。

もちろん初心者向け以外の案件も用意されているので、慣れてきたら1,000文字以上の案件をこなして稼いでみるのはどうでしょうか。

執筆する記事の内容としては、とりわけ美容系と自動車に関する記事の募集が多いです。

こうした情報に詳しい人なら、すぐに記事を書けると思います。

肝腎の報酬の受けとり方法は、執筆作業をこなして獲得したポイントを、現金又はギフトカードに交換する形となります。

交換比率は1ポイント=0.5円となっています。

サイトの使いやすさ仕事の多さ報酬
★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆

では具体的にどのような仕事をして、どのくらい稼げるのかを紹介します。

仕事内容報酬
200文字のライティング40円
500文字のライティング150円

単価が安いのが気になりますが、興味がある人はサイトを確認してみてください。

◆【shinobiライティング】

手数料がお得bizseek(ビズシーク)

ビズシークの特徴は手数料が少ないことでしょう。

クラウドソーシングサービスでは、仕事を受注するに当たって基本的に報酬から10%~20%程度が手数料として徴収されます。

しかしビズシークでは手数料が報酬の5~10%なので、他のクラウドソーシングサービスより手元に残る報酬額が高くなる可能性が大きいのが特徴と言えます。

ただし、ビズシークを利用するに当たって、注意すべきこともあります。

まず仕事をするためには会員登録をしなくてはいけないのですが、本人確認が必要となっており仕事を始めるだけでも少々面倒です。

また受注できる仕事も他のサイトよりも、明らかに少ないと感じられます。

そのため、文章を書いてお金を稼ぐのでしたら、ビズシークだけの利用では難しいと思えます。

結論としては、ビズシークはサブとして利用するのがよいのではないでしょうか。

サイトの使いやすさ仕事の多さ報酬
★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

では具体的にどのような仕事をして、どのくらい稼げるのかを紹介します。

仕事内容報酬
サイトを見て感想の執筆1,000円
スマホゲームの感想1,000円
ネイル体験の記事執筆1,000円

bizseekに興味のある人は、こちらからチェックしてください。

◆【bizseek】

大手で仕事量が豊富なランサーズ

日本でもトップクラスのクラウドソーシングサービスを提供しているのがランサーズです。

気になる報酬としては案件ごとに異なっているので確かなことは言えませんが、少額の案件から高額な案件までそろっています。

またWebライティングと言った文章の執筆以外にもシステム開発や、翻訳関係といった様々な仕事の募集が行われています。

言語関係やシステム開発に自信がある人は、こうした仕事を受注してみてもいいかもしれませんね。

サイトの使いやすさ仕事の多さ報酬
★★★☆☆★★★★★★★★★☆

では具体的にどのような仕事をしてどのくらい稼げるのかを紹介します。

仕事内容報酬
文字入力300文字120円
ライティング1300文字350円

ライティングのスキルやクライアントの予算によって異なりますので、飽くまでも目安として捉えてください。

◆【ランサーズ】

ライター以外の受注も可能なクラウドワークス

クラウドワークスもランサーズと、同規模のクラウドソーシングサービスとなっていますので、募集している仕事内容も同じように多岐にわたっています。

文章執筆関係の仕事の報酬ですが、報酬も依頼主によってまちまちとなっています。

報酬ですが、ランサーズと同じように、仕事の依頼主が設定しているか相談して決めていく形となっていますので、受ける仕事によって報酬は変化すると言えますね。

個人的にはクラウドワークスでの報酬を受け取るときに、掛けられる手数料の計算が少々厄介に感じられました。

そのため、クラウドワークスで仕事を受ける場合には、報酬の計算方法をしっかりと確認する必要があるかと思います。

また、ランサーズもクラウドワークスと同様の、手数料システムが採用されています。

サイトの使いやすさ仕事の多さ報酬
★★★☆<☆★★★★★★★★★☆

では具体的にどのような仕事をして、どのくらい稼げるのかを紹介します。

仕事内容報酬
ブログ記事執筆1000文字200円
ライティング1000文字400円

なお、報酬はスキルによって異なります。

◆【クラウドワークス】

アフィリエイトはお金になる?

アフィリエイトサイトやブログを自分で立ち上げ、商品やサービスを紹介する文章を作成して、アフィリエイトサイトを運営することにより、お金を稼ぐ方法です。

具体的には、開設したブログへのアクセスを増やし、ブログ内の商品広告をクリックしてもらったり商品を購入してもらったりすることで収益を上げていきます。

【アフィリエイトの方法】

  1. アフィリエイト用のブログを用意する(ワードプレスがオススメ)
  2. A8.netなどの、ASPに登録をする
  3. キーワードを選ぶ
  4. コンテンツを作成する
  5. SEO対策を学び実践する

アフィリエイトサイトを自分で運営するとなると、コンテンツを作成するという、文章作成以外にも、たくさんやらなければいけないことがあります。

アフィリエイトでお金を稼ぐ場合、文章を書けばお金を得られるというわけではないので、どのようなキーワードを選んでコンテンツを作成したらアクエス数を増やせるのか、集客し、売り上げるにはどうしたらよいのかなど、分析・対策することが重要となります。

その上で、最適な文章を作成し、アフィリエイト商品やサービスを売り上げたり、広告効果を上げたりすることにより、お金を稼ぐことになります。

また、アフィリエイトはやり方次第でたくさんお金を稼げる可能性がある反面、成果が出るまでに時間を要します。

全く成果が出ない期間も、我慢してコツコツ継続できる力が必要となりますので、向き不向きはありますが、成果が出始めれば魅力的な方法です。

関連記事をチェック!

ニートや無職でも出来る金儲け~自宅でガッツリ稼げる7つの方法

「ニートだけど金儲けをしたい!」このような人は多いかと思います。 そこでこの記事では、ニートでも出来る金儲けの方法を紹介してみました。 記事内で紹介している方法はどれも自宅で行なえるため、「できる...

人気ブロガーになるまでのステップ

ブログを始めたばかりの初心者が人気ブロガーになるためには、どのようなステップを踏んでいけばいいのでしょうか?

ポイントとなるステップを順に説明していきます。

ステップ1

まずは自分のブログを開設します。

このとき、可能な限り有料ブログを選ぶことが大事です。

というのも、無料ブログは突然削除されてしまうことがあるため、コストを掛けてでも有料ブログにするようにしましょう。

ステップ2

広告収入を上げるためには、読者を集めることが必須です。

検索エンジンから読者を集めるのが効果的なので、SEO対策を勉強して上手に活用しましょう。

SEO対策とは、簡単に言うと検索エンジンで上位に上がるための方法を言います。

ステップ3

SEO対策をとりアクセス数が増えたら、広告へ誘導するためのセールスライティングを見に付けましょう。

広告へ誘導し商品を買ってもらうほど収益が上がりますので、読者から「これを買ってみたい」と思われるようなテクニックを見つけることが大事です。

成果報酬型広告の仕組み

成果報酬型広告は、ブログやメルマガに広告主のサイトリングの広告を掲載して、広告主のサイトで商品が購入された時点で、購入金額に対して一定比率の報酬が支払われます。

他の広告よりも審査や手続きが簡便なので手軽に始められますし、自分のブログにあった商品を選べるなどのメリットがあります。

アフィリエイトの3つの注意点

もうひとつの方法としては自分でサイトを用意して、アフィリエイトに取り組むという手法があります。

先ほど紹介したクラウドソーシングでは、執筆の仕事を問題なくこなせば収入を得られます。

しかし、クラウドソーシング一本だけですと、仕事の依頼が途切れてしまう可能性もあり心もとないものがあります。

そこで文章を書いてもっと稼ぎたいのであれば、アフィリエイトに取り組んでもいいかもしれません。

しかし、アフィリエイトで稼ぐには気を付けるべき点もありますので、主な3つの注意点について紹介します。

1.読者に役に立つ文章が書けるか?

アフィリエイトの仕組みとしては、次のようになっています。

ある商品の広告を自身のサイトに設置し、そこから商品が購入されると、売上の一部が報酬としてもらえるというものです。

そして商品を購入してもらうにあたっては、その商品の魅力を伝える必要があります。

そのときに、文章でその魅力を伝えていくことは、ひとつの手法となるのですね。

また商品を購入してもらうためには多くの人に、サイトを訪問してもらう必要があります。

そのためにはサイトがgoogleなどの検索エンジンで、上位に表示されなくてはいけません。

そして記事の質が高ければ高いほど、検索エンジンに評価され上位に表示されます。

したがって、質の高い文章を書くことは、アフィリエイトを成功させるための重要な柱となっていると言えます。

このように、アフィリエイトでは文章を書くことが、お金を稼ぐことに密接につながっているのです。

実際にアフィリエイトで月10万円の収入を得ている人もいますし、中にはそれ以上の収入を手にしている人もいます。

ただし、アフィリエイトでは初めてから、すぐに報酬がもらえるとは限りません。

文章を書いてお金をガッツリと稼ぎたいと考えているのでしたら、アフィリエイトも一考の余地はあるのではないでしょうか。

2.頻繁に更新して飽きられないこと

どんなにいい記事を書いても、いつ見ても同じ記事だと読者は、アクセスしてくれなくなり検索上位から落ちてしまいます。

常に読者を引き付けておくためには、ブログを頻繁に更新し、「いつ見ても新しい記事が書いてある」という状態にしておくことが大事です。

常に新しい情報を提供し続けることで検索順位を上位に保ちやすくなりますので、こまめに更新するようにしましょう。

3.スモールキーワードを狙う

スモールキーワードとは、検索回数が少なく、複数の単語を組み合わせた複合キーワードのことを言います。

検索回数が少ないと不利なのでは?と思われがちですが、ビッグキーワードに比べて競合サイトが格段に少ないので、検索上位が狙いやすくなります。

検索数はビッグキーワードに劣りますが、検索上位を狙えるので着実にアクセス数を延ばせます。

自費出版で稼ぐ

さて、文章を書くことが好きな人なら、一度は夢見るのが本の出版ではないでしょうか?

Amazonなら、個人が作成した電子書籍を気軽に販売できる仕組みがあります。

それが、Kindle ダイレクト・パブリッシングです。

Kindle ダイレクト・パブリッシングで電子書籍を出版すると、出版者が創作上の最終的な決定権や著作権を持てます。

つまり、希望小売価格も独自に決定でき、いつでも好きなときに本を修正できるのです。

そして、ほんの数分の手続きを行うだけで、世界中の Kindle ストアで販売できるところがその魅力です。

多くの国で、売上げから最大70%のロイヤリティを獲得できます。

ロイヤリティは、最低支払額(10,000円)に達したら、銀行振り込みにより支払われます。

アマゾンで販売

AmazonのKindleダイレクト・パブリッシングは、電子書籍を無料で自費出版して、Amazonサイトで読者に販売できます。

出版手続きは数分で、その後48時間以内に世界中のKindleストアで、購入できるようになります。

自分で書いたものが無料で出版でき、しかも世界中に配信可能なこのサービスを活用するのもアリですね。

自費出版ではなく商業出版した場合の収入についてはこちらのページで非常に詳しく説明しています。

商業出版を考えている人は読んでみましょう。

参考サイト:本を出版するとどれくらいの収入になるの?

Webライターのメリットデメリット

クラウドソーシングサイトを利用して文章を執筆するのであれば、次のことに気を付けましょう。

仮に以下のものに引っかかると依頼主から納入を拒否されてしまい、報酬がもらえない可能性があります。

  • 他の記事からコピペをして作った
  • 似たような文章表現を借り換えす
  • 依頼者と決めたルールなどを破っている

メリット「在宅で稼げる」

Webライターのメリットと言えば、何と言っても在宅で稼げるということでしょう。

事情があり外で働けない人や、育児や介護で家を出られない人には、家に居ながらにして稼げる仕事は大変貴重です。

また、副業としてWebライターをしている人は、本業が終わって帰宅してから家で執筆作業をできるので、副業をしていることが会社にバレずに済みます。

このように、ライフスタイルに合わせて、仕事ができるので取り組みやすいですね。

メリット「専業主婦の副収入にも最適」

専業主婦は朝から晩まで何かとやることがありますが、それでも隙間時間というものがあります。

何となくテレビを見て過ごしてしまう時間を、Webライターとして稼げば、自分のお小遣いを作れます。

専業主婦もママ友との付き合いなどがありますし、欲しいものだってあります。

隙間時間を有効に活用できるのも、Webライターのメリットです。

デメリット「文字単価が安い」

やり方によっては稼げるWebライターですが、もちろんデメリットもあります。

それは、文字単価が安いことです。

大手クラウドソーシングでも、文字単価0.1円~という案件があります。

この場合、1,000文字のライティングで、100円しかもらえません。

1,000文字を書くのに30分掛かる人の場合、時給に換算すると200円です。

「Webライターは時給換算したらがっかりする」、と言われているように、単価が安いのが最大のデメリットと言えるでしょう。

発注者の信用を得ることが大切

まず他の記事からコピペして作った記事はgoogleの評価などの観点から、仕事を依頼してきた人から非常に嫌われます。

そうした文章を執筆してしまえば、その依頼者からもう二度と仕事をもらえない可能性がありますので、コピペは絶対にやめましょう。

また報酬がより多く欲しいため、記事をムダに長く執筆してしまうかもしれませんが、これは依頼者からしてみれば払わなくていい支出をしてしまったことと同じです。

ムリに膨らませた記事ですと、そのことが指摘され修正されます。

このような行為も依頼者からの評価をムダに下げ、継続的に仕事がもらえなくなる危険性を高めます。

また記事執筆にあたって依頼者と、最初に方針などを決めることがあります。

ただ記事を執筆していると、たまにその決めことを忘れたりすることがあります。

そうなってしまうと記事を納品したときに、「ちょっと待て」と言うことになり修正をする必要が出てきます。

これも依頼者の心証を悪くするので、絶対に注意しましょう。

こうした事態を避けるためには記事執筆にあたって、適度に自分の記事は指針に沿っているかを確認することが大事ですね。

以上のように依頼者の心証を悪くするようなことは、文章で稼いでいくこと以外にも言えるのですが絶対に避けましょう。

次は、NGなライターの例を紹介していきます。

文章を書いてお金を稼ぐ方法を教えて!

こんなライターは仕事件数が少ない!

せっかくWebライターをするのなら、できるだけ効率的に稼ぎたいですよね。

そのためには、クライアントと信頼関係を結べるかどうかがカギになります。

次に紹介するようなケースは、クライアントからの信頼を得られないNGなライターになりますので、そうならないように気を付けましょう。

他の記事からコピペ

効率的に稼ぎたいからと言っても、他のサイトの記事でよさそうなものを選んでコピペするのは厳禁です。

クライアントに多大な迷惑が掛かりますし、自分の評価もがた落ちです。

なお、仕事の募集条件の中に「コピペが発覚した場合は即刻契約解除」や、「損害賠償を請求します」といったことが明記されている案件もあり、コピペ禁止がどれほど重要なことなのかが分かります。

いい文章を書きたいのなら、地道にコツコツとスキルと身に付けていくしかありません。

文字数稼ぎをする

例えば1文字〇円といった案件の場合、少しでも文字数を多くしようと、文字数稼ぎをする人もいます。

同じような内容を何度も繰り返して、ムダに文章を長くします。

その結果、文章量に対して内容の薄い記事となり、クライアントからNGが出ることになりますし、「この人はこの程度の記事しか書けない」という、マイナス評価をされてしまうことになります。

文字数を稼ぎたい気持ちは分かりますが、読者を引き付ける文章を書けるようになることが大事です。

納期を守らない

クライアントからの案件には、必ず納期があります。

「この記事は〇月△日までに納品してください」、というものです。

記事を執筆する上では納期に間に合うように計画的にすすめていくことが大事ですが、中には納期をオーバーする人もいます。

しかも、度々納期をオーバーし、特に悪びれもしない人もいます。

信頼を失わないためにも、やむを得ない理由がある場合は、早めにクライアントに相談することが大事です。

アドバイス

文章を書いてお金を稼ぐ方法についてまとめてみました。

文章を書くのが好きな人や得意な人にとっては、文章でお金を稼げるなんて、本当に幸せですよね。

そんなチャンスが幾つもあるわけですから、利用しない手はありません。

まずは、クラウドソーシングを利用してWebライティングを請け負い、ライティングの腕を磨くことをおすすめします。

様々な依頼を受けているうちに、仕事を通して知らず知らずのうちにアフィリエイトサイト運営の知識を得られます。

さらに、電子書籍での自費出版がかなう手段まであるのですから、夢は広がりますね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能