馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

長財布はお金が貯まらないって本当?長財布のメリットデメリット

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

あなたは長財布だとお金が貯まらないという噂をお聞きになったことがありますでしょうか?

この記事では、その因果関係を解明し、長財布のメリットデメリット、お金が貯まる財布の選び方について紹介します。

長財布でお金が貯まらない時とは?

長財布を使っているとお金が貯まらないということが、まことしやかにささやかれることがありますが、本当に長財布はお金が貯まらないのでしょうか?

まずは、お金が貯まらない時がどのような時かというテーマとして「ブランドの財布にこだわる」「使い方が雑ですぐ買い替える」「落しやすいポケットに入れる」の3つの典型例を紹介します。

はたして、長財布との因果関係は認められるのでしょうか?

ブランドの財布にこだわる

お金が貯まらない財布として考えられるのが、ブランド財布にこだわるケースです。

確かにブランドの財布は高品質の商品がありますし、好みのブランドの場合には、高い値段を出したとしても買ってしまう人もいらっしゃいます。

しかし、財布はお金を入れるものなので、外見(財布)のために中身(お金)を使っていては本末転倒です。

ブランド云々よりも金額がお金を貯まらなくする原因だと考えましょう。

使い方が雑ですぐ買い替える

安い財布を使っていたとしても、お金が貯まらないことはあり得ます。

財布を雑に使っているために、何度も買い替えが必要で、余分な出費となってしまうのです。

財布という大事なものを雑に使う人は、他のものも雑に使っている可能性が高く、余分なコストがかかっていることが多いようです。

日頃から、ものを大事に扱うように心がけましょう。

落しやすいポケットに入れる

財布をポケットに入れている人は多いかと思いますが、落としやすいポケットに入れている人は、財布をなくしてしまう可能性があります。

万一財布をなくしてしまうと、現金を失うだけでなく、クレジットカードを不正利用されたり、銀行口座をストップさせたりしなくてはなりません。

それらに費やす時間もかかりますので、多くのコストをロスするでしょう。

落さないように保管するように気を付けましょう。

まずお金が貯まらないパターンについて紹介してきましたが、これらは長財布とは因果関係はありません。

成功者も長財布を使っている人は多いので、長財布だからお金が貯まらないとはいえないかと思います。

長財布のメリット

長財布だからお金が貯まらないとはいえないことがお分かりいただけたと思いますが、そもそも長財布は有用なのでしょうか?

長財布のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

まずは、メリットから解説します。

お札の角が折れない

長財布のメリットは、お札の角が折れないことです。

長財布は真っ直ぐお札を収納することができるため、お札にシワやヨレを持たせずに管理することができます。

お札を大切に扱いたいと思う場合には、長財布は機能的でおすすめです。

カードが一列に並んで見やすい

財布の中にはクレジットカードを入れている人が多いかと思います。

クレジットカードは1枚だけでなく、複数枚持っている人も多いため、財布の中が整頓できていなければ決済時に手間取ってしまいます。

しかし、長財布の場合は、カードの並びが整然としているものが一般的であるため、クレジットカードの管理がしやすいメリットがあります。

身分証明書やポイントカードとのすみ分けも便利なので、カード類が多い場合にも使いやすいでしょう。

小銭の収納容積が広い

長財布が管理しやすいのはお札だけではありません。

小銭の管理も便利です。

長財布は一直線の外観であるため、小銭が入るスペースも長く、多くの小銭を入れることが可能です。

小銭は別で小銭入れを用意する人がいるほど収納場所が必要なので、容積の大きな長財布は利便性が高いでしょう。

スーツの内ポケットに入れやすい

長財布は、スーツのポケットに入りやすいという特徴もあります。

スーツのジャケットにある内ポケットは、丁度長財布を入れるとしっくりと来るようなサイズです。

財布をカバンに入れていると、ひったくりや置忘れが心配ですが、内ポケットなら肌身離さず持ちあるくことができるので、安全性にも優れています。

ただし、中身が多いと着ぶくれして見えるため、オシャレとのバランスも考えましょう。

関連記事をチェック!

副業で月5万円稼ぐためにオススメの方法は?

本業の収入だけではなかなか厳しいからということで、コツコツ副業をしているという社会人の方も多いと思います。 副業で5万円ぐらい稼げれば、かなり生活の足しになりますよね。そこで今回は、副業で月に5...


関連記事をチェック!

お金がないときでもブリッジは可能!

虫歯がひどくなったときやその他の理由で歯を欠損したときに、ブリッジ治療やインプラント治療を勧められることがあります。 とはいえ、歯科医師に勧められるままに治療をしていると、数十万円もの費用がかか...

長財布のとデメリット

続いて、長財布のデメリットを紹介します。

長財布のデメリットとして考えられることは「スーツ以外のポケットに入れにくい」「長いため場所を取る」「財布の角が曲がりやすい」ということがあげられます。

それぞれの内容を見て行きましょう。

スーツ以外のポケットに入れにくい

長財布はスーツの内ポケットに入れやすいというメリットがあるのですが、反面、スーツ意外のポケットには入れにくいというデメリットもあります。

時折ズボンのお尻のポケットに入れている人を見かけますが、財布がむき出しでスリ被害の危険性や、うっかり落としてしまう危険性を感じずにはいられません。

置忘れやひったくりに合わないように警戒しながら、カバンの中に入れておいたほうが良いでしょう。

長いため場所を取る

自宅にいる時に長財布を保管しようとすると、どうしても場所を取ってしまいます。

折り畳み式の財布の場合、体積は長財布と同じだったとしても、横に伸びていない分片付けやすいのです。

長財布を片付ける場合は、財布の形状に合ったスペースを確保しておきましょう。

財布の角が曲がりやすい

長財布はお札の角が曲がりにくい反面、財布自体の角が曲がりやすいというデメリットがあります。

ポケットやカバンに収納する時に角が擦れたり、立てかけて保管する時に過度が曲がってしまいやすいのです。

ただし、皮の財布を活用している人の場合などは、角のヨレなどは味わいの1つだと考えることもあるようなので、万人に対するデメリットとはいえないようです。

お金の貯まる財布の選び方

もしも、お金が貯まりやすい財布があるとすれば、ぜひ使ってみたいと思いませんか?

もちろん、使っているだけでお金が貯まる魔法のような財布はあり得ませんが、ほんのちょっとの事柄が長い目で見た時の大きな差を生むことはあり得ます。

お金が貯まりやすい、ちょっと嬉しい財布について紹介します。

やりくり主婦が使いやすい財布

主婦がやりくりしやすい財布は、お金が貯まりやすい財布だといえるでしょう。

主婦は日々節約を意識して買い物をしていますが、使いやすい機能的な財布は節約生活の助けとなるでしょう。

具体的には、収納スペースが多くて、予算分けがしやすい財布が便利です。

たとえば、今月の食費、一回の買い物の予算、スーパーのポイントカード入れ、スーパーで利用可能なクレジットカードフォルダなど、行動に合った使い方ができる財布がおすすめです。

もちろん、複数の財布を用意して、家計の項目別に使い分けしても良いかと思います。

関連記事をチェック!

本当にお金がない主婦の対処法13選!

家計を預かっている主婦の方にとっては、お金が無い・足りないという状況は非常に重要な問題です。 また、毎日・毎月の家計のやりくりの中で「どうしてもお金が足りない」ということは決して珍しいことではあ...

大事に使いたいと思う財布

大事に使いたいと思える財布を用意するのもお金が貯まるポイントです。

たとえば、自分へのご褒美や記念に購入した財布、大切な人からもらった財布であれば、大切に扱う気持ちになるでしょう。

財布を大切に扱うことは、お金を大切に扱うことにもつながりますので、財布に意味を持たせるのも効果的です。

青い財布

青い財布というのもおすすめです。

財布は買い物をする時に必ず手にします。

その時にちょっと冷静になることができれば、衝動買いなどの浪費を抑えることができるのではないでしょうか?

実は色彩心理学で、青色は冷静を表す色です。

青色を見ていると多少冷静になることができますので、財布を青色にしていると浪費が減る可能性があるのです。

気休め程度かも知れませんが、自分への戒めという意味でも活用すると良いでしょう。

関連記事をチェック!

今すぐ金持ちになる方法17選と心構え

簡単に金持ちになる方法 簡単にお金持ちになりたいという人は多いはずです。 しかし、簡単にお金持ちになる方法なんて現実にはあり得ないと感じる人がほとんどでしょう。 そこで簡単にお金...


まとめ

長財布だからといってお金が貯まらないということはありませんが、財布に共通してお金が貯まらない事情は考えられますので、反面教師にしていただければと思います。

また、長財布のメリットとデメリットを知った上で、自分に合った財布を選び、尚且つお金が貯まりやすい財布を活用すると良いでしょう。

少しの工夫で、お金が貯まるかも知れませんよ。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能