馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

20代はお金貯まらないって本当?今から考えるべきこと

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

20代でお金が貯まらない人の特徴とはどのような人なのでしょうか?

この記事では、その特徴を紹介した上で、20代のお金の使い道や家計管理、おすすめの資産運用法について紹介いたします。

20代でお金が貯まらない人の特徴

ライフプランを描いてみると、結婚資金や住宅ローンの頭金、子供の教育費や老後資金など、大きなお金を必要とするシーンは多々あります。

資金の準備は早い方が有利となるため、20代から貯蓄をしておくことは賢明だといえるでしょう。

まずは、反面教師の材料として、20代でお金が貯まらない人の特徴を紹介いたします。

一人暮らしで生活費のロスが多い

20代は下宿している学生や、社会人になって配属先が決定し、独り暮らしをしている人が数多くいらっしゃいます。

独り暮らしの場合は、油断していると生活費のロスが大きくなる可能性があります。

1人分の食材を購入するのは意外と難しく、食べきれないために食費の効率が悪い場合があるのです。

外食が多い人も食費がかかりやすいため、しっかりとやり繰りしないと、お金が貯まりにくいのです。

20代はお金を使うべきと考えている

20代の人の中には、若い内はお金を使うべきだと考えている人がいらっしゃいます。

このような人もお金が貯まらないでしょう。

結婚して家族を持つと、自由に使えるお金が限られてしまうため、20代のうちに、浪費を謳歌しているのです。

結果的に30代以降も浪費癖が抜けず、お金が貯まらない人も多い様です。

関連記事をチェック!

20代で金欠!対処法教えます

20代は給与が低い方も多く、金欠になる方も少なくありません。 その一方、きちんと貯金できている人もいます。 ここでは金欠になった際の対処法と、貯金できる家計にするための対処法を教えます。 ...


関連記事をチェック!

お金がない時の上手なランチの断り方

ランチを上手に断る方法 ランチを心から楽しんでいる方がいる一方で、金銭面などからランチを苦痛に感じる方が多いのも事実。 ですが、いざ誘いを断るのはなかなか難しいことでもあります。 ここで...

付き合いを断れない

特に20代の会社員の場合は、先輩社員や上司からの誘いを断れず、交際費がかさんでしまうケースもあります。

仕事帰りの飲みを誘われると、ハッキリと断れる人は案外少ない物です。

お酒好きな上司や先輩が多い職場の場合、どんどん出費が増えてしまうため、誘いを体良くかわす術も身に着けておいた方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

若い人はお金がない!?お金がない若者のお金の使い道と考え方

40代、50代に比べて若者にお金がないのは今に始まったことではありませんが、どうして「若者世代の貧困化」などと 話題になっているのでしょうか? その理由の1つは、ここ20年近く年々20代の若者の...

投資ではなく浪費が多い

20代は将来のために自己投資をすべき年齢です。

20代でスキルアップができていると、万一30代で転職をする場合に有利となります。

ヘッドハンティングのチャンスや、独立のためのノウハウを身に着けると、人生の可能性が広がることでしょう。

その大切な時期に浪費ばかりしていると、先細りの人生となる可能性もあります。

その結果、ずっとお金が貯まらない人で居続けなければならないかも知れませんので、しっかりと自己投資をしておきましょう。

20代で考えたいお金の使い道

では、20代ではどのようなお金の使い道を意識すれば良いのでしょうか?

20代の過ごし方で、その後の収入は変わりますし、結果的にお金が貯まるか貯まらないかも変わってきます。

ここでは、20代で考えたいお金の使い道として、「本を買ってたくさん読む」「将来に役立つセミナーに参加する」「資格の教科書にお金を払う」の3つをおすすめしたいと思います。

本を買ってたくさん読む

20代では本をたくさん読むと良いでしょう。

本はお金をかけずに自己投資をするにはとても良い方法です。

節約しながら自分のスキルやノウハウを貯えて行くことができますので、投資効果が高い方法だといえるでしょう。

中古本を購入する場合はより安く学ぶことができますし、図書館で本を借りればかかる費用は交通費のみで、タダで学ぶことができます。

ぜひ多くの本を読みましょう。

関連記事をチェック!

お金がないと人生つまらないと思っていませんか?

生きていくためにはお金が必要です。 お金が無いと最低限の暮らししかできずに、人生はつまらないものになってしまうと思っている人は、多いと思います。 しかしそれは本当でしょうか。 お金がかか...

将来に役立つセミナーに参加する

セミナーに参加することもおすすめです。

自分が興味がある分野のセミナーや、将来自分のためになりそうなセミナーに参加していると、効率の良い学びができます。

横のつながりができて、人脈という財産を手に入れることも期待できますので、セミナーも費用対効果が高い学びです。

安ければ数千円程度で専門家の話しを直接聞けますので、いろいろなセミナーに積極的に参加しましょう。

資格の教科書にお金を払う

資格を取得するのも良いでしょう。

20代の内に色々な資格の勉強をしておくと、幅広い知識が身に付きます。

資格を取得すれば仕事に役立ち、収入が増えることでお金が貯まりやすくなりますので、仕事に関係する資格や、興味のある分野の資格取得を目指しましょう。

資格を取らなくても、さまざまな資格の教科書を読んでみると、色々な業界事情も分かります。

自分自身に幅を持たせるために、資格の教科書をいろいろ読んでみても面白いかと思います。

20代から始めたい家計管理

20代から家計管理をしっかりと行っている人は少ないかも知れません。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する単身世帯の世論調査(2016年)」によると、平均値よりも実態を表す中央値が、年収300万円未満の人が0円、300万円以上500万円未満の人が73万円となっており、貯蓄性の低さを物語っています。

そこで、20代から始めたい家計管理の方法を提案したいと思います。

支出を減らす

家計管理を行って貯蓄を増やすには、支出を減らすことは必須です。

浪費を完全になくし、消費を抑えるだけでもその分貯金に回すことができますので、長い目で見た時には一定のお金が貯まっているかと思います。

家計簿を付けて自分の家計の実態を浮き彫りにして、無駄な支出を減らしましょう。

収入を増やす

支出を減らしただけでもお金は貯まりやすくなりますが、収入を増やすとさらにお金が貯まりやすくなります。

現代の労働スタイルでは、年齢ごとに給料が増えて行く時代ではありません。

収入は自分で勝ち取る時代となっているのです。

会社で実績を上げて給料を増やすか、副業や週末起業によって収入を増やすことで、お金を貯めることも良い方法です。

もちろん、副業をする場合には、就業規則は事前に確認しておくことが必要です。

資産を増やす

資産を自動的に増やす方法も検討してみましょう。

具体的には投資信託や保険商品を利用すると良いかと思います。

これらの商品は、資産運用の知識がなくてもお金を貯えることができますので、担当営業に相談してみると良いでしょう。

積立投資や貯蓄性のある生命保険を利用すると、毎月コツコツと資産を貯えることができますので、必要な時に備えたお金を貯めやすいのです。

関連記事をチェック!

お金がない人の投資は株より投資信託がオススメ!

金融資産をすべて銀行に預けていても、お金は増えません。 普通預金よりも金利が高い定期預金でも、メガバンクは軒並み年利0.01%(税引き前、普通預金は0.001%)、一般的に金利が高いとされている...

20代からの資産運用がおすすめ

20代から資産運用をしていると、将来多くの貯金を得ていることとなるでしょう。

しかし、自分の意思力だけで毎月貯金をしていこうとしてもなかなかお金が貯まるものではありません。

あまった分を貯金しようと思っても、結局余った分を消費してしまい、お金が貯まらないというのはよくある話しです。

さきほど軽く触れたように、自動的に貯まっていく方法を選択することをおすすめします。

家族ができたら貯蓄型生命保険

20代の独身者の間は、掛捨てタイプの生命保険に加入している人が多いかと思います。

比較的安い保険料で、多くの保障を得ることができるからです。

しかし、20代で家族ができた場合には、貯蓄型のある生命保険に切り替えると良いでしょう。

貯蓄性のある生命保険は、解約返戻金がありますので、万一の保険事故がおきなくてもお金が返ってきます。

そのため、保障と貯蓄を両立できる良い方法なのです。

関連記事をチェック!

お金がない人は性格を直そう!共通するダメな48の特徴

お金がない人は性格が悪い、とまで言い切ることはできません。 ですが、お金がない人はお金がなくなりやすい性格をしていることは事実です。 反対に言えば、お金がなくなりやすい性格さえ直せば、お金...

定期預金で自動的に貯蓄

定期預金で自動的にお金を貯めるのも良いかと思います。

定期預金は毎月決まった額を自動振替して行きますので、半強制的にお金が貯まります。

定期預金は普通預金よりも切り崩しにくいため、しっかりとお金を貯めることができるでしょう。

積立投資を行う

積立投資とは、投資商品の名称ではなく、投資の手法のことを指します。

一定額の投資信託を毎週や毎月買い続ける方法で、500円や1,000円程度の少額から投資をすることが可能です。

家計の負担をおさえながら投資をすることができるため、長い目で見た時に一定の資金を確保することが可能です。

まとめ

20代で、お金が貯まらないと悩む人がいらっしゃいますが、実は20代でお金を貯めている人は少ないのです。

しかし、早いうちからお金を貯める取組をしていると、後から大きな差となりますので、なるべく早い内から対策を取っておきましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能