馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

キャッシュカードとデビットカードの違いと利用法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お店で現金の代わりに支払いに使えるデビットカードの利用者が増えてきました。

デビットカードとキャッシュカード、クレジットカードはどこが違うのか、デビットカードにはどんな種類があるのかをまとめました。

デビットカードとは

デビットカードとはATMではなくお店のレジで使用するカードで、現金の代わりに買い物の料金や飲食代を支払うことができます。

クレジットカードとデビットカードの違い

お店のレジで使うカードといえばクレジットカードが思い浮かびますが、両者の違いは次の点です

  • クレジットカードは後払いで、翌月請求が来て口座から引き落とされる
  • デビットカードは即時払いで、レジで決済すると同時に口座から引き落とされる
  • クレジットカードは買い物した時点で口座にお金がなくてもOKだが、デビットカードは口座に残高がないと使えない

したがって、デビットカードを発行する金融機関はとくに申込者の信用調査をする必要がなく、

  • クレジットカードを所有するには審査があるが、デビットカードには審査がない

というのも大きな違いです。

キャッシュカードとデビットカードの違い

キャッシュカードはATMで使うカードで、デビットカードはお店のレジで買い物や飲食の支払いに使うカードです。

キャッシュカードとデビットカードの共通点は、どちらも使うときに暗証番号を入力しなければいけないことと、口座に残高がないと使えないことです。

デビットカードのメリット

デビットカードには次のようなメリットがあります

  • 現金をたくさん持ち歩かなくてよい
  • 近くにATMがなくても契約店なら買い物ができる
  • ATM手数料がかからない
  • 口座に残高がないと使えないので、クレジットのような使いすぎがない
  • 利用明細をウェブで確かめられるので家計簿代わりになる(レシートを後で整理する必要がない)

コンビニで買い物をするときに現金がなかったら、キャッシュカードならATMで手数料を払ってお金をおろしてからレジに行かないといけませんが、デビットカードなら何もせずにレジに向かうことができます。

ただし、デビットカードは契約店でないと使えないという制約があり、その点はクレジットカードと同じです。

デビットカードの種類と特徴

現在日本には次の3種類のデビットカードがあります。

  • J-デビット
  • VISAデビット
  • JCBデビット

J-デビット(ジャパン・デビット)は2000年に誕生した日本独自のデビットシステムで、全国のほとんどの金融機関があつかっていて加盟店は約45万店あります。

J-デビットの最大の特徴はキャッシュカードと一体になっていることです。

VISAデビット、JCBデビットは、ネット銀行ではキャッシュカードと一体になっていますが、店舗型金融機関では一体型はありません。

VISAデビットとJCBデビットは世界中のそれぞれのカードの加盟店で使え、日本の加盟店もJ-デビット加盟店よりはるかに多数あります。

【各デビットカードの特徴】

J-デビット
  • キャッシュカードと一体になっている
  • 全国のほとんどの金融機関(約2,700)があつかっている
  • 金融機関によって利用できる時間帯や利用限度額が異なる
  • 日本でしか使えない(加盟店は約45万店と少ない)
  • クレジットカードと一体型のカードもある
VISAデビット
  • キャッシュカードとは一体でなくデビット専用カードになる
    (ネット銀行ではキャッシュカードと一体になっています)
  • あつかう金融機関が限られている
    (都市銀行であつかっているのは、三菱東京UFJ-、三井住友銀行、りそな銀行)
  • 世界中のVISA加盟店で使える
  • クレジットカードと一体型のカードはない
JCBデビット
  • キャッシュカードとは一体でなくデビット専用カードになる
    (ネット銀行ではキャッシュカードと一体になっています)
  • あつかう金融機関が限られている
    (都市銀行であつかっているのは、みずほ銀行だけ。他にネット銀行や18の地方銀行)
  • 世界中のJCB加盟店で使える
  • クレジットカードと一体型のカードはない

関連記事をチェック!

キャッシュカードのおすすめは手数料が安いネット銀行

キャッシュカードの利便性はどこの銀行でも大差ないと思われていますが、ATMの利用料金ではかなりの差があります。 セキュリティや引き出し限度額もキャッシュカードによって違いがあるので、これらの点か...

キャッシュカード一体型デビットカード

ATMでお金を引き出すこともでき、お店で現金の代わりに使うこともできるのが、キャッシュカード一体型デビットカードです。

J-デビットはすべてキャッシュカード一体型

J-デビットはすべてキャッシュカード一体型で、キャッシュカードには自動的にJ-デビットをつける金融機関が増えています。

ゆうちょ銀行では口座を作るときにデビット機能をつけるかどうかを選択します―このタイプの金融機関も多くあります。

古いキャッシュカードでJ-デビットが付いていない場合は、窓口で申し込むとデビット機能を付けてもらえます。

VISAデビット、JCBデビットはデビット専用が基本

VISAデビット、JCBデビットは、店舗型銀行ではデビット専用カードだけを発行しています。

店舗型銀行のキャッシュカードにはJ-デビットが付いているものが多いので、VISAデビットやJCBデビットも持ちたいという場合は専用カードでということですね。

J-デビットの加盟店はVISAやJCBの加盟店よりずっと少ないので、J-デビット付きのキャッシュカードとVISAやJCBのデビット専用カードを両方持つ意味はあります。

ネット銀行はVISAデビット、JCBデビットと一体型

ネット銀行はVISAデビットあるいはJCBデビットとキャッシュカードが一体になっています。

関連記事をチェック!

キャッシュカードの解約方法とやめるときの注意点

銀行口座は残しておきたいがキャッシュカードは要らないという場合、あるいは口座も解約したいという場合はどうしたらよいのでしょうか? キャッシュカードや口座の解約手続きとそのときの注意点についてまと...

3機能一体型カードとは

キャッシュカードにデビット機能もクレジット機能も付いている3機能一体型のカードもあります。

金融機関が発行するクレジットカードにはキャッシュカードの機能を付けることができますが、そのキャッシュカードにJ-デビットが付いていると3機能一体カードになります。

3機能一体型のカードのデビットはJ-デビットだけで、VISAデビットとJCBデビットにはありません。

カードの機能店舗型金融機関ネット銀行
キャッシュカード単一機能
J-デビット単一機能××
VISAデビット単一機能×
JCBデビット単一機能×
キャッシュカード+J-デビット×(※)
キャッシュカード+VISAデビット×
キャッシュカード+JCBデビット×
キャッシュカード+J-デビット+クレジット機能×
キャッシュカード+VISAデビット+クレジット機能××
キャッシュカード+JCBデビット+クレジット機能××
キャッシュカード+クレジット機能

※ジャパンネット銀行にはキャッシュカード+J-デビットがあります。

クレジット機能付きデビットカードを使うときの注意点

<キャッシュカード+J-デビット>にクレジット機能も付いているカードは、お店での支払いのときに必ず「デビットで」とことわる必要があります。

黙っているとデビットで支払うつもりがクレジット払いになってしまいます。

VISAやJCBの加盟店数に比べるとJ-デビット加盟店数はまだ少ないので「デビットは御使いになれません」と言われることがあるかも知れませんが、そのときは現金かクレジットで支払うことになります。

関連記事をチェック!

振込みでキャッシュカードが使えない原因と対処法【磁気不良?】

ATMにカードが入らなかったり、入っても「このカードはお取り扱いできません」と表示されると困ってしまいますね。 どんなときにキャッシュカードが使えなくなるか、そのときはどう対処したら良いかについ...

デビットカードの暗証番号はキャッシュカードと同じ

デビットカードも暗証番号は4桁の数字で、キャッシュカードと一体になっている場合は、同じ暗証番号になります。

「キャットカード+デビットカード」とクレジットカードが一体になっている場合は、キャッシュカードとクレジットカードの暗証番号を別々に設定することができます―と言うか別々に設定しなければならないカードもあります。

クレジットカードをATMに入れるのはおもにキャッシングのときですが、キャッシュカードとして使うときとはATMに挿入するカードの方向が反対です。

キャッシュカードでお金をおろすつもりがクレジットカードで借金してしまうことにならないようにカードの挿入方向に注意が必要ですが、暗証番号を別にしておくともう1つ関所ができるので安心です。

ただし、挿入方向を間違ったことに気づかずに何回も違う暗証番号を入力すると、ロックがかかってしまいカードが使えなくなります。

関連記事をチェック!

キャッシュカードの番号の見方 3桁の番号は何?

キャッシュカードに刻印されている数字はふだんあまり気にしない人が多いでしょうが、支店番号や口座番号が分る数字なので、見方を知っておくと役に立つことがあります。 銀行によって番号の書き方がいろいろ...

デビットカードの1日利用限度額

J-デビットの1日の利用限度額はキャッシュカードの利用限度額(通常50万円)と同じですが、その範囲内で自由に設定できます。

限度額の初期設定は誰もが同じですが、窓口で手続きすると自分なりの個別設定をすることができます。

J-デビットでの買い物の額とキャッシュカードでの現金引き出し額の合計が限度額になります。

VISAデビットとJCBデビットの利用限度額は30万円、50万円など金融機関によって違いますが、やはりその範囲で自由に設定できます。

デビットカードの年会費

J-デビットの年会費は無料ですが、VISAデビットとJCBデビットは金融機関によって無料のところと有料のところがあります。

【デビットカード年会費の一例】

金融機関 VISAデビットJCBデビット
三井住友銀行無料
東京三菱UFJ銀行初年度無料 2年目から1,000円
みずほ銀行初年度無料 2年目から1,000円
りそな銀行初年度無料 2年目から500円
楽天銀行952円無料
セブン銀行無料

まとめ

カードで買い物ができるのがデビットカードですが、クレジットカードのような後払いではなく、支払いと同時に口座からお金が引き落とされます。

デビットカードは買い物の前にATMに行く必要がない、クレジットカードのような使いすぎて借金ができる心配がないというメリットがあります。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能