馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

パチンコで金策に走る人の特徴と対策

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

自分のまわりにもパチンコファンの方は居ると思いますが、一般社団法人「日本遊戯関連事業協会」が発表した、平成28年度のパチンコ遊戯人口は940万人と言われています。

今回は、そんなパチンコ愛好家の方が陥ってしまう、「パチンコによる金策」という事をテーマに、パチンコが原因で金策に走る人の特徴や、その対策についてお伝えしていきたいと思います。

◆日本遊技関連事業協会公式サイト:公益財団法人日本生産性本部出典「レジャー白書 2017」

パチンコで金策に走る人の数

先ほどご紹介したレジャー白書によれば、ピーク時の平成7年には2,900万人いたパチンコ遊戯人口は、現在ではその三分の一程度にまで減っています。

ただ、以前よりは減ってきたとはいえ、940万人と言えば東京都の人口とおおよそ同じ数ですから、依然多数の遊戯人口がいる事がわかります。

一方、以下は2017年3月31日の毎日新聞の報道ですが、厚生労働省が発表したデータによると、パチンコにのめりこむ人を含む「ギャンブル依存症」の数は、全国で280万人と、相当な数の人が依存症になってしまっています。

◆毎日新聞公式サイト:「厚労省 ギャンブル依存推計 2.7% 11都市・成人調査」

これら280万人の方々が、全てパチンコで金策に走っているとは言えませんが、ギャンブル依存症と言われる限りは、すでに「パチンコで借金を繰り返している…」、またはその「予備軍」である事には間違いありません。

金策してまでパチンコする人の特徴

では、そんなギャンブル依存症の方々が、パチンコやパチスロでお金を費やし、さらには借金してまで遊戯をしてしまうのには、どのような心理が働いているのでしょうか?

負けた事は全て忘れる習性

最近では新基準機の導入などが進められ、大勝ちは出来ないようになったパチンコ・パチスロですが、以前までは、一回の遊戯で10万円~20万円の利益を出す事も、そう珍しくはありませんでした。

そして、そんなパチンコにのめり込む人には、一回大勝ちした経験をしてしまったら、一度の勝ちで過去の負けを全て忘れてしまう傾向があります。

その結果、いつまで経ってもパチンコがやめられない状態が続きます。

都合のいい言い訳をする

次の特徴は、「パチンコを正当化する言い訳」をする人が多い、という事です。

例えば「パチンコはストレス発散になる」「ボケ防止になる」「他のレジャーよりも楽しいから」など、一見すると、もっともらしい言い訳に聞こえます。

しかし、それらは単なる言い訳であり、所詮は「お金を稼ぎたい」という思いで、パチンコから抜け出せないだけです。

借金をして大勝ちした経験がある

中には「お金がなくなったら借金すればいい」という安易な気持ちで、借金をしてパチンコをしている人もいます。

また、先ほどご紹介したとおり、パチンコ依存症の人は、1回でも借金をしたお金でパチンコで勝つ経験をしてしまうと、いつまでもその快感が忘れられず、何度もそのような事を繰り返してしまいます。

そのうち借金に対する感覚も麻痺してしまい、借金だけが増えていきます。

関連記事をチェック!

ギャンブルに負けてお金が足りない!生活費も支払えないときの対処法

「給料の全額をつぎ込んだ」 「生活費をすべて使いきってしまった!」 「負けてばかりでお金が全然増えていかない・・・」 このようにギャンブルによってお金に困っている人は多くいます。 ...


金策してお金を作る方法

先でもお伝えしたとおり、小遣いの範囲内でパチンコを楽しむ人がいる一方で、残念ながら「パチンコで散財してしまい、家賃が払えない…」とか、「食費が足らない…」という方も多く、パチンコが原因で、「金策」をする人も多いようです。

ただ、金策の方法にも、「安全な金策」と「危険な金策」があります。

ここからは各々の金策の特徴や、緊急時の金策の手段についてお伝えしていきたいと思います。

(このパートではカードローンなどの金策手段をお伝えしますが、それ以外の金策の方法についても、この後のパートでご紹介します)

安全な金策

最もスピードが早く、安全に金策をするには「大手消費者金融のカードローン」を利用する事をおすすめします。

また、プロミスやアコムなどのカードローンでは、初めての契約者に限り、30日間の無利息キャッシングのサービスが提供されていますので、一時的に急場を凌ぐ金策方法としては最適です。

ただ、これらのカードローンを利用する場合は、一時的に生活費を補うための緊急手段として捉えて下さい。

決してパチンコの遊戯をする為の補填として利用してはいけません。

先ほどもお伝えした通り、パチンコで借金を重ねると、借金の意識は麻痺してしまい、さらに借金に借金を重ねてしまう事になります。

■アコムでパチンコの軍資金は借りれる?

危険な金策

ネット上や街では「ブラックOK即日5万円融資」などと書かれた広告をよく見かけます。

しかし、これらの甘いメッセージは、全て「闇金」「ソフト闇金」からの勧誘である事を忘れてはいけません。

闇金はほとんど審査もせずに少額の融資をしてくれますが、10日で1割などの高利を貪り、さらに返済しようとしても返済をさせてもらえず、「気がつけば借りたお金の何倍もの借金になっている」というケースがほとんどです。

いくら生活費に困窮しているとはいえ、絶対にこのよう勧誘には乗らないようにして下さい。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)金策は携帯・スマホでも可能です

携帯で即日稼ぐ方法 MNPで稼ぐ MNPとはMobile Number Portabilityの略で、番号持ち運び制度のことです。 他携帯会社に乗り換えて契約することで今使っている電話番号が...


関連記事をチェック!

金策に裏ワザあるって本当?【急なお金の作り方】

人と同じことをしていては大きく稼ぐことはできませんし、時間もかかります。 そこで今日は、人と違う方法で金策する裏ワザを考えていきたいと思います。 金策とは 金策とは大至急必要な金銭を...

金策に尽きた時の対処方法

ここまで、金策をしてまでパチンコにのめり込む人の特徴や、パチンコの為に生活費にまで手を出してしまった人の対策(カードローンの利用)などをお伝えしてきました。

しかし、「これ以上お金が借りれない…」「新たなカードローンも契約できない」という場合は、どのようにしてお金を手に入れれば良いのでしょうか?

不要品を売る

もし、キャッシングをしたり、親や兄弟からもお金を借りる事ができない場合には、不要品を売ってお金を作る方法があります。

家にあるブランドバッグや、機種変更した後のiphone等は、高価で買い取ってくれる場合もありますので、是非買取店などに持ち込んで査定をしてもらう事をおすすめします。

日払いバイト・副業

また、日払いバイトや副業でお金を作る方法もあります。

コンサートのイベントスタッフや工場の日払い作業員などをこなせば、日給で8,000円程度は稼げます。

また、普段サラリーマンをしていて、まとまった時間が取れないような方には、クラウドソーシングでお金を稼ぐ方法もおすすめです。

ランサーズやクラウドワークスなど、ネット上の記事を書いて月に3~5万円程度の収入を得る事も可能です。

◆ランサーズ公式サイト

◆クラウドワークス

借金してパチンコ… 抜け出すためには

最後に、パチンコで金策に走るような人がパチンコを辞める方法についても、お伝えしておきたいと思います。

余分なお金・カードは持たない

給料を手にしたらすぐにパチンコ店に行ってしまう…。

さらには、パチンコで負けたらすぐにお金を引き出したり、キャッシングをしたり…という方は、素直に家族に相談しましょう。

そして、お金の管理を家族にしてもらい、お金を引き出す可能性のあるキャッシュカードやクレジットカード、カードローンのカードなども全て家族に預けるようにして下さい。

どうしてもパチンコをやめたいなら、それくらいの覚悟を家族に見せる事と、お金を手に入れる環境を排除する事で、自分を律する必要があるのかもしれません。

余分な時間を作らない

パチンコ依存症の人は、いくら「パチンコをやめたい!」と強く思って、しばらくやめたとしても、自由な時間があると、ついつい昔勝った快感が忘れられず、「1万円くらいならいいか…」という感じで、ホールに足を運んでしまいます。

したがって、そのような意思の弱い人は、とにかく暇な時間を作らないようにする事が大切です。

「とにかく仕事の時間を増やす」「副業をする」「ジムに通う」など、パチンコの事を考える時間がないくらいに、用事を詰め込んでみてください。

そのうちにパチンコに行きたい衝動もなくなるはずです。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)パチンコ依存症で借金地獄?禁パチする22の方法【完全保存版】

パチンコの軍資金のためにほんの少し借りたつもりが、気づけば大きな借金になっていたということは少なくありません。 そうした状況になるとパチンコを止めたほうが良いのかと感じることもありますよね。 ...


関連記事をチェック!

お金がない人は性格を直そう!共通するダメな48の特徴

お金がない人は性格が悪い、とまで言い切ることはできません。 ですが、お金がない人はお金がなくなりやすい性格をしていることは事実です。 反対に言えば、お金がなくなりやすい性格さえ直せば、お金...

まとめ

パチンコに依存してしまい、借金を重ねてまでホールに足を運んでしまう人というのは、恐らく「最後は店側が儲けるのはわかっているけど、自分だけは負けない…」という、全く根拠の無い自信を持ち続け、大勝ちした快感が忘れられずに、借金を重ねてまでも遊戯を続けてしまいます。

しかし、もう一度冷静になってください。

パチンコで勝ち続けている人はほぼ居ませんし、もし居たとしても朝の10時から夜の11時まで毎日13時間も労働(遊戯)をして、それでも勝つ保証はどこにもないのです。

さらに、パチンコで借金をして、またその返済の為にパチンコに賭ける…という事を続けて、その結果借金が完済できた人も見た事はありません。

もし、パチンコ…そしてパチンコの為の金策から抜け出せない場合には、今回の記事でもお伝えした通り、まずはまわりのサポートをもらいながら、強い意思を持つことから始めたほうがいいのかもしれません。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。