お金に困ったときは「お金がない馬」

バイナリーオプションで借金地獄!嵌る理由と抜け出る方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

FX投資で借金地獄に陥る人も大勢いますが、バイナリーオプションで借金生活に入る人も少なくありません。

なぜバイナリーオプションに嵌ってしまうのか、どうすれば借金地獄から抜け出ることができるのか解説します。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • バイナリーオプションに嵌ってしまう理由を知りたい人
  • バイナリーオプションで作った借金を返済していきたい人

バイナリーオプションに嵌る3つの理由

バイナリーオプションとは、FXと同じく、為替レートの変動によって利益を得る投資方法です。

どちらも、為替がプラスに移動するかマイナスに移動するかを予想して投資する投資方法なのですが、FXには嵌らなかった人でもバイナリーオプションに嵌ってしまうことは少なくありません。

上がるか下がるかの二者択一!簡単だから嵌る

FXは、為替が自分の予想通りに動いた時点で「買い注文」や「売り注文」を出し、利益を確定させなくてはなりません。

つまり、少なくとも2回の注文を出さないと、利益を得ることができない仕組みになっているのです。

一方、バイナリーオプションでは、為替が上がるか下がるかだけを二者択一で選べば、利益を確定させることができます。

「為替を使った投資なんて難しそう…」と考えている人も、バイナリーオプションならコインの表裏を決めるような感覚で、気楽に始めることができるのです。

株式投資やFXのような勝負勘も必要ありませんし、負担も大きくないので、投資初心者のかたにもおすすめしやすいですね。

タイミングを図る必要なし!放っておけるから嵌る

FXでは、いつ売り注文を出すか、いつ買い注文を出すかによって、利益が大きく異なります。

そのため、FXに夢中になるなら、一日中レートの折れ線グラフを見つめることになってしまいます。

一方、バイナリーオプションでは、利益が確定するタイミングが最初から決まっていますので、注文を出す人がタイミングを見計らう必要はありません。

単純に「上がるか下がるか」だけを決めて、1分~2時間ほど待てば、勝手に取引が完了します。

こまめに為替レートをチェックできない人でも、バイナリーオプションなら気軽に投資ができるのです。

◆一般社団法人 金融先物取引業協会公式サイト:「通貨を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプションにかかる自主規制の在り方」

レバレッジがない!マイナス資産にならないから嵌る

FXでは、レバレッジを設定して投資ができます。

たとえば、10万円分の資金を投資する場合でも、レバレッジを25倍に設定するなら、実質的には250万円の資金を動かすことができるのです。

もちろん、利益が出たときはレバレッジを設定した分、利益も大きくなりますが、損失が発生したときはレバレッジに従って損失額も大きくなってしまいます。

高レバレッジのFXで勝負をした結果、財産をすべて失って一気に借金生活…という話は枚挙に暇がありません。

一方、バイナリーオプションではレバレッジを設定せずに投資を行いますので、10万円を投資した場合、予想が外れると投資した10万円を失うだけで終わりです。

ローリスクローリターン型の投資を楽しみたいなら、FXよりバイナリーオプションが適していると言えるでしょう。

ハイリスクハイリターンが信条の人はFX!

ここまで、FXとバイナリーオプションを3つの側面から比較してまいりましたが、「FX取引の方が自分に向いている!」と感じた人もいるのではないでしょうか。

そのような人は、次の記事をぜひ読んでみて下さい。

お金がないけどFXを始める方法

FXで借金をしてしまう理由とは

バイナリーで借金を作る3つの理由

投資額以上に負債を抱えることがないのですから、自分が持っているお金だけでバイナリーオプションを楽しむ限りは、借金を抱えることには絶対にならないはずです。

しかし、世の中にはバイナリーオプションで数百万円単位の借金を作ってしまう人が大勢いますよね?

なぜ、借金を作ることになってしまうのでしょうか。

そもそも儲からない仕組みになっているから

為替が上がるか下がるかのどちらかを選ぶだけのバイナリーオプション。

為替を読む力がない人でも、統計学上、何度も回数を繰り返せば勝率は50%に近付いていくはずです。

毎回、同じ金額をかけるとするならば、勝率が50%ということは、利益も出ない代わりに損失も出ないはず…ですよね?

しかしながら、投資家が50%の確率で勝ったとしても、きちんと業者側が利益を上げられるような仕組みになっているのです。

負けたときは全額没収!勝ったときは1.8倍程度の還元

10,000円をバイナリーオプションに投資して、予想が外れた場合は、10,000円全額が没収されます。

しかしながら、予想が当たった場合は1.7~1.9倍(ペイアウト率表示では70%~90%)程度、つまり、17,000~19,000円しか還元されないようになっているのです。

この仕組みなら、勝率50%の人が毎回10,000円をかけた場合の1回当たりの期待値は、8,500~9,500円です。

バイナリーオプションを続ければ続けるほど損失が大きくなり、その分、バイナリーオプション業者が儲かるようになってしまいますよね。

ペイアウト率が高い業者は手数料で儲ける!

予想が当たった場合は2倍(ペイアウト率表示では100%)還元の業者もありますが、そのような高率還元の業者では、「取引当たりの手数料」が設定されています。

つまり、バイナリーオプションを続ければ続けるほど、手数料がかさむことになってしまいます。

取引を続ければ続けるほど投資家は損失を被り、結局はペイアウト率が低い業者で取引をしているのと、同じことになってしまうのです。

業者が業者にとって不利な取引を制限することもある!

バイナリーオプションでは、注文がおおよそ半分になったときは業者側も一定の利益が得られる仕組みになっています。

しかし、注文が片方に偏り、しかもその注文が正しい結果のときは、業者は大きな損失を被ることになります。

そのため業者は、上昇・下落の結果が明らかだと思われるときは、自分たちにとって不利な取引を制限(「注文数が上限に達しました」等の言葉が表示される)して打ち切ってしまうこともあるのです。

これでは投資家は、勝てそうだと分かっているときには投資自体ができませんよね。

短期で結果が出るので中毒性があるから

海外のバイナリーオプション業者では、1分、5分といった超短期間で結果が出ます。

勝つと、「面白い!もう一度しよう」となりますし、負けたら、「くやしい!この負けを早く取り戻そう」となりますので、いずれにしても何度も繰り返して投資してしまうことになるのです。

この中毒性が、人々を「借金をしてでも損失分を取り戻したい」という気持ちに駆り立てるのです。

バイナリーオプションというと一瞬、「為替投資だから知的?」と考えるかもしれませんが、嵌ってしまうならパチンコ等のギャンブルと何ら変わりありません。

ギャンブルとしてではなく、頭を使った投資の範囲で楽しむようにしてくださいね。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)お金がないときスロット,ギャンブルでお金を稼げる?

お金がないときはスロットで稼げる? スロットとは スロットの遊戯方法 ①1枚20円のメダルを1000円50枚で借ります。 ②3枚のメダルを入れてスタートレバーを叩きます。 ③リールが回転し始める...

ネット注文なので支払いが簡単だから

店頭で株式やFXに投資をするときは、現金や口座を目の前で動かしますので、「こんなにたくさんお金をかけて大丈夫なのだろうか」と不安になることもありますよね。

しかし、ほとんどのバイナリーオプション業者はオンライン上でのみ取引を行いますので、投資家は実際に現金を見ずにお金を動かすことになり、「損失が出た」としてもなかなか実感が持てません。

実感がないまま続けていった結果、気付けば山のような借金だけが残っている、ということにもなりかねないのです。

バイナリーの借金を返済していく方法

バイナリーオプションは、嵌りやすいだけでなく、借金しやすい投資方法であるということが分かっていただけたでしょうか。

バーチャルゲーム感覚でバイナリーオプションを楽しんだとしても、借金を作ってしまったことはリアルな現実なのですから、きちんと返済していかなくてはいけません。

バイナリーオプションの借金を返済していく方法を、見ていきましょう。

借金を作った時点でバイナリーを止める!

パチンコや競馬で負けが続いている人が、「今度こそ、今までの借りを返す!」と叫んで、パチンコや競馬にお金をつぎ込んでいるのを見て、あなたはどう考えますか?

「ギャンブルの借りをギャンブルで返そうと考えるなんて馬鹿じゃないの?負けているなら、止めればいいのに」と思うのではないでしょうか。

借金を作ってしまった時点で、バイナリーオプションは自分に合わないと判断し、すっぱりと手を切りましょう。

バイナリーの時間でアルバイトをする

短時間で結果が出るバイナリーオプションですが、借金を作るほどのめり込んだということは、かなりの時間をバイナリーにつぎ込んだと言うことですよね?

では、その時間をアルバイトに充当してください。

夜間勤務は昼間勤務の25%増ですから、コンビニで1時間働くだけでも1,000円は稼げます。

しっかりと働いて、借金をきちんと返済していきましょう。

今日からでも始められる単発アルバイトについては、次の記事でまとめています。

裏バイト、闇仕事のすべて【即金高収入】

短時間で稼げるバイトを紹介します

バイナリーの借金は免責不可のことが多い

借金が多すぎて、自己破産を検討している人もいるかもしれません。

しかしながら破産法252条4では、浪費や賭博による借金は自己破産しても免責不可(=帳消しにはされない)と定められています。

借金を抱えてしまった理由がギャンブル寄りだと判断されれば、原則として免責は認められず債務を全額返済しなくてはならなくなってしまいます。

借金を抱えてしまった理由がギャンブルだったとしても、そこに至る過程を考慮して免責が認められる場合(裁量免責と言います)もありますが、これは裁判所の判断次第となります。

どのように判断されるかは自己破産の手続きを進めるまで何とも言えませんが、「バイナリーオプションの借金は自己破産しても帳消しにならない可能性が高い」ということだけは、肝に銘じておきましょう。

関連記事をチェック!

誰にでもできる!一瞬でお金を稼ぐ方法

売れるモノを売ってしまう 最も確実にお金を作る方法としては、家にある売れるものを売ってしまってことです。 昔ながらの方法で行くと、本やゲームなどを買い取り屋に持っていけば、その場で買い取ってもらえて...

借金返済できないときはどうすれば?

バイナリーオプションに嵌りすぎてカードローンなどで作ってしまった借金を返済できないと、大変なことになってしまいます。

借金返済の履行可能性が低いと判断されると、代位弁済が行われたり裁判所を介して強制支払いの手続きが行われたりと、まさに一大事です。

借金が返済できない場合の解決方法としては、どのような方法があるでしょうか。

不要なものを売る

手元に借金の返済に充てられるお金がないのであれば、家にある不要品を売ってお金を作ることを考えましょう。

最近では、不要品を販売するためのチャネルが、リサイクルショップ・質屋・フリマアプリ・ネットオークションなど多岐にわたっているので、不要品を売りやすい環境が整えられています。

不要品販売によって、借金を返済できるだけのお金を得るのはなかなか大変なことではありますが、ブランド物の商品などがあれば、それなりにまとまったお金を得られる可能性もあるでしょう。

また、限定品等のコレクター垂涎の私物があるのであれば、ネットオークションなどを利用することで、入札者同士で買い取り価格を引き上げてもらうことを期待してもいいでしょう。

保険を解約する

生命保険等の保険を契約している人は多いと思いますが、掛け捨てでない保険の場合は、解約すると「解約返戻金」というお金が返ってきます。

契約している保険の種類や保険の契約期間などにもよりますが、解約返戻金を得られれば、少しは借金返済の足しになるでしょう。

ただ、保険を解約したままだと不安だと思いますので、借金を返済した後で生活に余裕が出てきたら、保険に入り直しておいたほうがいいかもしれませんね。

専門家に相談する

借金の返済ができない場合は、債権者である金融機関と相談を行うことで、何らかの打開策を示してくれることもあります。

ただ、金融機関との話し合いを行うのに、たった一人では心細いですよね。

そんな場合には、弁護士や司法書士といった法律の専門家のかたに相談することをおすすめします。

債権者との相談の場でどのような内容を話すべきか、そもそもそういった相談を債権者側と行うべきなのかなどについて、いろいろなアドバイスを受けられるでしょう。

弁護士や司法書士のかたと相談には、30分や1時間単位で費用が発生することが多いですが、それで借金問題を解決できるのであれば、支払う価値は十分にあるでしょう。

一人で抱え込んでいる悩みを誰かに話してみるということだけでも、気持ちもずいぶん楽になりますよ。

債務整理

このままでは借金の返済を行える可能性がほとんどないというような場合は、債務整理を検討してみてもいいかもしれません。

債務整理手続きには、任意整理や個人再生・自己破産などいろいろな種類がありますが(後者2つはのちほど説明します)、いずれの方法でも返済しなければならない借金を減額してもらえます。

もちろん、ノーリスクで借金を減額してもらえる夢のような方法ではなく、いずれの方法でもそれなりのペナルティはあります。

しかし、借金返済で頭を抱えている債務者のかたからすれば、最後の頼みの綱であることは間違いありません。

債務整理を検討する場合も、自分一人で決断するのではなく、弁護士や司法書士のかたに相談したうえで行うようにしましょう。

自己破産

自己破産手続きは、債務整理の中でももっともドラスティックな方法です。

自己破産を行えば、今抱えているすべての借金の対する返済義務を放棄できます。

何社から借り入れていようが、何億円の借金があろうが、自己破産を行ってしまえばそれらを返済する必要はなくなるのです。

しかし、それに伴うリスクももちろん大きなものであり、一定金額以下の現金などを除いたすべての資産を、借金返済に充てるために放棄しなければなりません。

持ち家がある人は、もちろんそれも手放さなければなりません。

いわば、「一から人生をやり直す」ための方法であり、多重債務者のかたは最終的に自己破産を選択することも少なくありません。

軽々しい気持ちで行えるような方法ではないので、弁護士等にしっかりと相談して自己破産を行うのが適切かどうかをしっかり考えたうえで、行うようにしてくださいね。

個人再生

持ち家があるために自己破産にはなかなか踏み切れない…という場合には、個人再生手続きの検討が有力です。

個人再生では、借金を全額放棄というわけにはいきませんが、原則として借金を現在の5分の1程度まで減額してもらえます。

また、それだけ大幅な借金の圧縮をしてもらいつつも、持ち家を手放す必要はないため、持ち家がある人にとっては非常に助かる債務整理手続きと言えるでしょう。

ただ、個人再生を行うにあたっては、減額した借金を原則として3年間で返済する必要があり、3年間で完済するための再生計画を立てなければなりません。

立てた再生計画が、裁判所や、個人再生委員と呼ばれる裁判所が指定した人の許可を得られなければ、個人再生は認められません。

また、再生計画期間中に裁判所に内緒でお金を借りたこと・借りようとしたことが発覚してしまうと、その時点での借金の全額一括返済を求められる可能性もあります。

個人再生手続きを行った場合は、立てた再生計画通りに返済を進めていくことを心がけるようにしましょう。

バイナリーで借金を作らないために遵守すべき5か条

バイナリーオプション自体が「悪」というわけではなく、バイナリーオプションは嵌りやすい仕組みであるがゆえに、嵌ってしまって借金を行ってしまうのが「悪」なのです。

そこで、バイナリーオプションを行う場合には、借金を作らないために自分なりにルールを設けておくといいでしょう。

バイナリーオプションで借金を作らないために意識しておきたいことを、いくつか挙げていきましょう。

余ったお小遣いでする

バイナリーオプションにつぎこむお金に制限をかけておかなければ、負けてしまったときに「負け分を取り返さないと…」という気持ちになり、どんどんとお金が減っていってしまいます。

まずは生活費に手を付け始め、それでも足りなくなったらカードローン等で借金をして、気付けばあっという間に借金が膨れ上がっている…という風になってしまうわけですね。

このように無計画にお金を使ってしまうことを防ぐためには、あらかじめバイナリーオプションに使えるお金を決めておいて、それを厳守するのが重要です。

一番わかりやすいのは、自分のお小遣いの範疇の中で行うようにするという方法です。

万が一負けてしまって、その月のお小遣いがすべてなくなったとしても、そこで新たに別のお金に手を付けるのは厳禁です。

このルールさえ守っていれば、お小遣いがなくなって多少しんどい月はあるかもしれませんが、借金を抱えるようなことにはならないでしょう。

自己判断でする

バイナリーオプションに関しては、「簡単手法でラクラク大儲け!」「コンピューターが弾き出す勝率○○%のマル秘手法!」などのような謳い文句を掲げている業者が、多数存在します。

こういった謳い文句は非常に魅力的なものが多いですから、ついついそういった言葉に惹かれて、業者を利用してしまうような人もいるかもしれません。

しかし、上述したような謳い文句を掲げている業者は、十中八九詐欺業者です。

利用者から「登録料」だの「システム利用料」だの「情報料」だのをふんだくって、何の根拠もない適当な情報を投げつけて来るだけなので、絶対に利用してはいけません。

そもそも、為替の値動きが「上がる」か「下がる」かを判断するだけの単純な取引手法なのですから、必勝法を知っている業者が存在するわけがないのです。

業者に騙されずに自己判断で行うことによって、万が一お金が無くなってしまったとしても、ある種の「納得感」が得られて、そこからさらにお金をつぎ込むことに対して、ブレーキがかけられるでしょう。

徹底的に分析してからする

為替の値動きを判断するだけの単純な手法だとお伝えしましたが、もちろんそこにはある種の傾向や相関関係が存在します。

円が短期的に上がった場合に下がる通貨はどこか、というようなことは、データを確認していけば何となくの傾向が見えてくるかもしれません。

もちろん、それらの傾向を把握したところで絶対に勝てるわけではありませんし、そもそも傾向を把握したと思い込んでいるだけで、実は何の関連性もないかもしれません。

しかし、自分の中で何かしらの根拠を持って行うのとそうでないのでは、結果に対する受け止め方がまったく異なるものです。

徹底的に分析を行ったうえでバイナリーオプションを行えば、自分の中で見えてくるものがあるかもしれませんね。

分析データをノートにまとめ可視化する

データというのは、これまでの多くの取引から抽出される情報ですが、情報は「何となく分かった」気でいるのが、一番危険です。

そこで、自分なりの分析データを作成し、それをノートにまとめて可視化することで、きちんと実感として情報を「理解」することが重要です。

バイナリーオプションでは、瞬時の判断が求められる場合もあります。

そのときにノートを見返して、「こんなときはどうすればいいんだっけ…?」としているのでは、千載一遇のチャンスを逃してしまいかねません。

ノートにまとめた情報を自分のものにできたと言い切れるぐらいに、作成したデータを反芻するようにしましょう。

儲からなければ早めに撤退する

ここまで、バイナリーオプションで儲けるための努力や心構えについてお伝えしてきましたが、投資取引である以上は、努力の甲斐むなしく負けてしまうということももちろんあります。

そんなときに、頭に血が上った状態で「絶対に取り返してやる!」という気持ちで取引を続けても、絶対にいい結果にはなりません。

一度冷静になるために一呼吸置いたほうがいいですし、何度もそのようなことを繰り返しているのであれば、傷が広がりすぎないうちに撤退するのも、立派な戦略の1つです。

バイナリーオプションだけが投資の方法というわけではなく、他にも株式投資やFXなどいろいろな方法があります。

バイナリーオプションが自分には合わなかったんだなと見切りをつけるのも、1種の勇気と言えるでしょう。

自分の適性を早めに見定めよう!

バイナリーオプションのようにシンプルな投資であっても、やはりセンスというものが必要です。

上手に儲けて資産を築ける人もいますが、大多数のセンスのない人々は損失だけを生みだしています。

自分にセンスがあるのかどうかは、借金を作る前に見極めることができるはずです。

早めに自分の才能を見極め、向いていないと判断したときはきっぱりと手を切るようにしてください。

まとめ

バイナリーオプションは、シンプルであるがゆえに嵌る人が続出してしまう、ある意味では魔性の投資取引と言えます。

自分の資金の範囲内で行えば、FXとは異なりそれ以上の損失を出すことはありませんが、バイナリーオプションのために借金をしてしまうようだと、状況はかなり悪いと言えるでしょう。

借金を行わないように自分の中でルールを作ったり、借金を作らないで済むようにデータ分析を行ったりと、いろいろな努力の方向性があります。

それらがうまく行かずに借金を抱えてしまいそうになった場合は、いっそのことすっぱりとバイナリーオプションを辞めてしまうというのも重要だということを、心に刻んでおいてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。