お金に困ったときは「お金がない馬」

スマホの手帳型ケースにキャッシュカードを入れる危険度は?

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

スマホの手帳型ケースにキャッシュカードを入れると磁気不良を起こすと言われていますが、実際にどれくらいの危険度があるのでしょうか?

スマホケースにカードを入れると便利だけどどうしようと迷っている人にアドバイスします。

手帳型スマホケースとキャッシュカードの相性

手帳型のスマホケースの多くにカード入れがついていますが、金融機関はキャッシュカードを携帯電話の近くで保管すると磁気不良を起こすことがあると注意しています。

でも、これって少し変ですよね。

スマホケースのメーカーが不親切なのか、金融機関がめったにないトラブルを大げさに注意しているのか、どちらなのでしょう?

結論から言うと、キャッシュカードはスマホケースに入れない方が良い、つまりどちらというとメーカーが不親切だということになります。

そもそも携帯をキャッシュカードの側に置くのはNG

キャッシュカードの中には磁気型のキャッシュカードが存在します。

この磁気カードは、電波の影響などによってすぐに壊れてしまいます。

「なんどもキャッシュカードが読み取り不能になった」という経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか?

そのような人は、キャッシュカードを携帯電話の近くや、テレビの上などに置いている可能性が高い人です。

「磁気型キャッシュカードは電波に弱い」ということをよく認識して普段から管理するようにしてくださいね。

手帳型ケースの留め具の磁石も影響する

手帳型スマホケースのほとんどは留め具に磁石を使用していますが、この磁石も磁気カードに影響を与えます。

キャッシュカードの種類手帳型ケース
との相性
留め金の
磁石との相性
磁気カード××
磁気・ICカード
ICカード

磁石が付いている手帳型スマホケースに磁気カードを入れると×+×=××になるので磁気不良を起こす可能性が高くなります。

磁気テープとICチップが両方付いているカードは、磁気テープが不良になっても使えますが、ICカードに対応していないATMでは使えません。

現在は多くのATMがICカード対応ですが、ICチップ専用カードを発行している三菱UFJ銀行では「ご利用いただけるATM、サービスが(磁気・IC)コンビタイプに比べ限定されます」と注意しています。

地方銀行や信用金庫のキャッシュカードはいまだに磁気型になっていることがありますので、磁気テープがついているキャッシュカードを利用している人は十分に注意したいですね。

相性が悪いのは磁気テープ付きカード

現在キャッシュカードには次の3種類があります。

  • 磁気テープだけのカード
  • ICチップと磁気テープの両方が付いているカード
  • ICチップだけのカード(最近登場しましたがまだ少ない)

この中でスマホケースに入れると磁気不良を起こすことがあるのは、磁気テープが付いている2つで、ICチップだけのカードは携帯電話が発性させる磁気くらいには影響を受けません。

(ただし、キャッシュカードではなく交通系ICカードは改札の読み取り機がスマホが発するす磁気の影響を受けてエラーになることはあります)

各種カードを生産している凸版印刷もICカードは「磁気に近づけても影響がない」と言っています。

icカードに磁器は影響しない

ICカードはICチップに埋め込まれた情報をATMが読み取ることでお金の引き出しなどをすることができますね。

そのため、ICチップそのものが壊れない限りは、使用できます。

そして、ICチップは電波によって壊れる可能性はほとんどないのです。

古くから付き合いのある銀行のキャッシュカードが昔にままの磁気カードという人も多いのではないでしょうか?

このような人は銀行窓口に行き「ICカードに替えてください」と申し出ましょう。

ほとんどの銀行が無料でカードの交換を行ってくれるので、スマホケースに入れても壊れる心配はなくなりますよ。

交換している間はATMからお金を引き出すことができなくなりますので、カードの到着までに1週間程度必要になるお金は下ろしておくようにしましょう。

磁気不良を起こす確率はどれくらい?

金融機関は注意を呼びかけますが、「手帳型ケースにキャッシュカードを入れても使えなくなったことはない」という人がいるのも事実です。

楽天銀行のホームページには「各種カードは磁気を帯びたものに近づけると磁気ストライプが破損し、ATM等で利用できなくなる場合があります。

保管にあたっては十分にご注意ください。」とありますが、「利用できなくなります」とは書いていません。

手帳型スマホケースにカードを入れが付いているのは便利ですし、磁石式の留め金もすぐに開閉できて便利です。

出来れば使い続けたいところですが、磁気不良を起こす確率があまり高いようならキャッシュカードは別に保管しなければならず、悩ましいところですね。

NHKオンラインでは2017年4月に次のようなニュースを掲載しています。

スマートフォンの手帳型のケースに、クレジットカードやキャッシュカードを保管していたところ、磁気情報が損なわれて使用できなくなったという相談が増加していることが、カード会社や金融機関への取材でわかりました。
手帳型のケースには磁石が付いているものが多く、カード会社は、使い方に注意してほしいと呼びかけています。

どれくらい増えているかなど詳しく読みたいところですが、この記事はもう掲載期間が終わったようで今はアップされていません。

もちろん、磁気不良発生確率何%などというデータはないでしょうが、もう少し発生率のニュアンスが分る方法はないものでしょうか。

銀行のコールセンターに聞いてみました

ネットのサイトをいろいろ見ても「どれくらいヤバイの?」のというニュアンスは分らないので、日々カードのトラブルの相談を受けている銀行のコールセンターに電話して聞いてみました。

りそな銀行磁気不良を起こしたというご相談はときどきありますが、最近増えているかという点では、私はそのようには感じていません。
三井住友銀行最近増えたというわけではありませんが、磁気不良を起こしたというお客様に保管状況をお聞きするとスマホケースやカバンの留め金の磁石が原因かもと思われるケースはよくあります。
南都銀行磁気が弱くなって使えなくなったというケースはよくありますが、保管状況まではうかがっていません。

※南都銀行は地方銀行の例として私の住んでいるところの地方銀行を取り上げただけです。

手帳型スマホケースは2015年頃から発売されて2016年~2017年にかけて四半期ごとに倍々ゲームで売り上げを増やすほど急速に普及しました。

しかし、銀行のコールセンターでは手帳型スマホケースのこのような増加に歩調を合わすような磁気不良の多発の相談を受けてはいないようです。

したがって、磁気カードを入れたら即アウトということはなさそうですが、大丈夫とは言えないというやっぱりグレーな結論しか出てきません。

関連記事をチェック!

振込みでキャッシュカードが使えない原因と対処法【磁気不良?】

ATMにカードが入らなかったり、入っても「このカードはお取り扱いできません」と表示されると困ってしまいますね。 どんなときにキャッシュカードが使えなくなるか、そのときはどう対処したら良いかについてま...

手帳型ケースの磁気不良防止策

手帳型ケースにカードを入れてもスマホの磁気の影響を受けないためには次のような方法があります。

  • マグネットなしのケースを選ぶ
  • 磁気防止のカードケースに入れる
  • 磁気防止シートを利用する

いずれもそれほどコストをかけずにできる方法です。

スマホケースを買い換えるタイミングなどで、活用するようにしたいですね。

マグネットなしのケースを選ぶ

手帳型ケースの留め金が磁石式ではなくパチッと留まるボタン式を選ぶと、磁石による磁気の影響がありません。

磁気防止カードケースに入れる

外部からの磁気を遮断する磁気防止用ケースにキャッシュカードを入れて、手帳型ケースのカード入れに入れます。

カードをATMに入れる前にもう1手間かかりますが、留め金の磁石の影響も防ぐことができます。

磁気防止ケースはネットショップで1,000円前後で販売しています。

磁気防止シートをスマホとカードの間に挟む

ネットショップなどで700円ほどで販売している磁気防止シートをスマホとカードの間に挟む(カード入れのスマホ側に差し込んでおく)とスマホからの磁気の影響を防ぐことができます。

磁気防止シートはカードと同じ大きさ、形をしていて、おもに電車の改札を通るとき交通系ICカードのエラー防止の目的で使われますが、キャッシュカードの磁気不良防止にも役立ちます。

磁気防止シート内蔵したスマホケースを購入する

手帳型スマホケースには上記の磁気防止シートを内蔵したものがあるので、少し値段は高くなりますがそれを使用すると磁気不良の可能性はぐんと低くなります。

磁気不良を起こしたときの対処法

いったん磁気不良を起こしてしまうと修復することはできないので、窓口で手続きして新しいカードを発行してもらう必要があります。

窓口に行くときは、本人確認書、印鑑、使えなくなったカード、通帳が必要です。

キャッシュカードをカードの再発行は磁気不良の場合は無料にしている金融機関がほとんどです。(紛失や破損の場合は1,080円かかります)

手帳型ケースとsuicaの使い勝手

不良を起こすとは分かっていてもスマホケースにカードを入れておくのは、とても使い勝手がよいものですよね?

では Suicaカードの場合はどうでしょうか?

普段から電車に乗る人は、Suicaを手元に持っているスマホに入れておけば、改札の出入りにとても便利です。

Suicaカードはスマホケースに入れておいても問題はないのでしょうか?

suica(icカード)の場合

以前は、Suicaカードには磁気テープが使用されていました。

このため、古いSuicaカードを持っている人はスマホケースに入れておくことで、磁気テープが不良になり、使用不能になる可能性があります。

しかし、最近はSuicaカードもICカードになっています。

こちらのカードであれば、スマホケースに入れても電波の影響を受けることはないので、壊れる心配はありません。

JR東日本のホームページには

現在、磁気定期券をお持ちの場合は、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の「指定席券売機」「多機能券売機」または「みどりの窓口」で「Suica定期券」に変更することができます。」と記載されていますので、古い磁気型のカードを持っている人は、みどりの窓口か券売機で磁気型のSuicaカードへ変更しましょう。

モバイルsuicaの場合

モバイルSuicaの場合には、そもそもカードは関係ありません。

スマホのおサイフケータイ機能を利用して、スマホそのものが改札に読み取られる仕組みになっていますので、そもそもSuicaをスマホケースに入れておく必要すらありません。

Suicaカードをスマホケースに入れている人は、モバイルSuicaへ変更した方が、確実にカードの不良を免れることができますね。

カードが落ちる場合の対策

スマホケースにカードを入れておくことによって、ケースからカードが落ちてしまう可能性があります。

これは、最も気をつけなければいけないものです。

銀行が預金を保証してくれるのは「預金者に重大な過失または過失がない場合」です。

スマホケースからキャッシュカードを紛失した場合には、過失がある可能性がありますので、そのカードで預金を下ろされてしまった場合には、全額保証されないリスクがあるのです。

スマホケースにキャッシュカードを入れておくことについて、実は最も注意しなければならないのは、カードが落ちるということなのです。

カードの滑り落ち対策

カードの滑り落ち対策としては以下のような方法を考えることができます。

  • カードが隠れるケースを買う
  • カードの後ろに厚紙を入れる

スマホケースの中には、完全にカードが隠れるタイプのケースがあるので、そのようなケースに入れておけばカード落下の可能性を防ぐことができます。

また、カードの後ろに厚紙を入れておけば、ケースをカードの密着度がまして、落下防止に繋がります。

ただし、確実にカードの落下を防ぐことができる訳ではありませんので、カードをスマホケースに入れる人は十分に落下には注意する必要がありますね。

カード収納に何のカードを入れる?

ここまで、キャッシュカードやSuicaカードを入れることは、破損や紛失のリスクが高いということをご説明しました。

では、スマホケースのカード収納には何を入れるべきでしょうか?

携帯やマグネットの影響を受けないカード

まず第一に破損する可能性が低いカードを検討しましょう。

つまり携帯やマグネットの影響を受けない、磁気テープで情報を読み取るタイプのカードではないカードである必要があります。

クレジットカードもやばいので入れるのはやめておこう

ICカードであれば、確かに影響は受けません。

キャッシュカードだけでなく、最近はクレジットカードもICカードになっていますので、入れておいても読み取りができなくなる可能性はありません。

しかし、スマホケースには落下のリスクがあるので、クレジットカードはなおさら入れておくべきではありません。

キャッシュカードは暗証番号がわからなければ使用することができませんが、クレジットカードの場合には暗証番号が分からなくても使用することができる場所が多数あるためです。

このため、スマホケースにはキャッシュカードもクレジットカードも入れずにポイントカードなど、当たり障りのないものを入れておいた方がよいでしょう。

まとめ

手帳型ケースにキャッシュカードを無防備で入れるのは、磁気不良を起こす可能性があるのでNGです。

どうしてもカードを入れた方が便利だという人は、磁気防止ケースなどで対策しましょう。

ただし、落下のリスクはどうしても排除することはできませんので、できればスマホケースの中には、キャッシュカードやクレジットカードは入れておかない方が無難です。

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能