馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

【主婦の副収入】確定申告のポイントとおすすめ案件

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

家事や育児の合間に、ちょっとだけ収入を得たいという主婦は多いのではないでしょうか。

ちょこちょこと用事があるので本格的に働きに出ることはできないけれど、余った時間を活用して報酬を得られたら、生活にも少し余裕が出ますよね。

ですが、現在、専業主婦として配偶者控除の対象となっている方は、収入がある程度増えると、確定申告を行ったり、自分で社会保険料等を支払ったりする必要が出てきます。

主婦が副収入を得る際に考慮したい確定申告のポイントと、気軽さや時間の短さから見たおすすめの副収入案件を紹介します!

主婦の副業おすすめは在宅ワーク!

スキマ時間などを上手に活用して、お小遣い程度の収入を得られれば家計はもとより精神的も随分と楽になるものです。

とはいえ、専門的な知識もスキルもない、という人がほとんどですから、何から始めていいのか分からないのが現状です。

主婦の副業としておすすめできるのは、やはり在宅ワークです。

特別なスキルがなくてもスマートフォン1つあれば、安全に収入を稼げることも珍しくありません。

しかし在宅ワークと言えど収入が発生する以上、気になるのは税金です。せっかく稼いでも税金の支払いを大きくなり、結局手元に残るお金は微々たるものでは、やる意味がありません。

そこで、目安として下記の条件を、満たすような副業を探していきましょう。

  • 確定申告が面倒だなあと思う人は年収20万円以下
  • 夫の配偶者扶養から外れたくないなあと思う人は年収103万円以下
  • 自分で社会保険料を支払いたくないなあと思う人は年収130万円以下もしくは先ほど記した特定の条件下で年収105
    6,000円(8.8万円×12か月)以下

    また、次の記事も参考にしてください。

    クラウドソーシングサービスで5万円稼ぐ

    専業主婦のみならず、会社員にも人気な副業がクラウドソーシングサービスです。

    様々なサイトが存在していますが、「クラウドワークス」を例としてあげると、データ入力やWEBライター募集、デザインコンペなど多様な内容を展開してます。

    ただし高額収入の案件は、専門知識や最低限のパソコンスキルが求められますので、「ちょっとそこまでは…」という人ならば、簡単なアンケート調査やポイントサイトを活用した方がストレスも少ないものです。

    なおポイントインカム等のポイントサイトで報酬を得る場合、家事や本業の片手間に行うなら、かなり頑張っても月に2万円を稼ぐことは難しいです。

    収入が少ない分、税金の対象となる年間20万円に届かないことが多いですので、確定申告不要のちょっとした副収入になるでしょう。

    ポイントサイトについては、以下の記事も参考になります。

    お金がない!ポイントサイトは稼げるの?

    即日入金されるポイントサイトの見分け方と具体例!

    覆面モニターで3万円稼ぐ

    何の仕事をするにしても、まずは自分が楽しんで行えるかどうかが重要になってきます。

    モチベーションが上がらないとせっかく始めた副業も、単発で終わってしまう可能性が高くなってくるためです。

    「私はランチが好き」「コスメが好き」ということであれば、まず自身が試せる覆面モニターを選択すると趣味の延長でお金を稼ぐことができます。

    覆面モニターも何の覆面調査を行うのかで、金額は変わってきますが、月平均3万円程度稼いでいる人が多数ですから、一度挑戦してみてもいいでしょう。

    「ちょっと外出する時間がない」という人は、昔ながらの内職という方法もあります。

    ただ昔ながらの内職は、かなりの数をこなさないと、大きな収入を上げることができません。

    転売系で手堅く稼ぐ

    ブログを書いている人なら、企業広告を貼りつけて、アフィリエイト収入を狙うこともできます。特にノウハウなどは必要ありませんので、気軽に始められる副業と言えるでしょう。

    人気ブログならアフィリエイト収入だけでも月に何百万円になることもありますが、一般無名の個人ブログの場合は、月に千円~1万円ほどが相場と言えます。

    また転売とは少し異なりますが、アクセサリーなどのハンドメイド作品が得意なのであれば、ハンドメイド作品をインターネットで販売することも収入につながります。

    ただし相当な有名な作家でない限り、単価は低いものですから飽くまで趣味の延長として皆さん販売しています。

    アンケート回答でプチ稼ぎは非現実的

    主婦向けの雑誌やWEBサイトで「アンケートでプチ稼ぎ」という、ワードを見かけることがあります。

    アンケートに答えるだけなので、特にスキルも必要ありませんし、1日に必ずこれだけしなければいけない等のノルマもありませんから、ネット副業初心者には有り難い副業ではあります。

    アンケート回答は確かに誰でもできます。

    しかし逆を言えば、誰でもできる作業に高単価を出す企業は存在するでしょうか。

    誰でもできないから高収入につながるのですから、誰でもできるアンケート回答は手軽な分、稼ぎは本当に「プチ」程度なのです。

    それでは具多的にどの程度の収入なのか平均金額を見てみましょう。

    アンケートモニターの実際の報酬額

    アンケートモニターも様々なサイトが存在しますが、ここでは代表して「マクロミル」「ポイントタウン」「ちょびリッチ」の3サイトで、本当にアンケートだけを回答した場合、月の報酬額を見てみましょう。

    マクロミル500円~1,000円
    ポイントタウン1,000円前後
    ちょびリッチ1,000円前後

    アンケートサイトは誰でも簡単にできるという反面、稼働時間の割に報酬が少ないというデメリットもあります。

    月1万円以上の報酬を得るには、アンケートだけ行っていてもなかなか届きません。

    座談会や覆面モニターとしてクレジットカードの登録、モニター、友人紹介などをしないと高額ポイントを獲得できないのが現状です。

    またサイトによってポイント付与の還元率も変わってきますから、登録する前にしっかりと内容を確認しておくといいでしょう。

    副業で確定申告が必要なケース

    給与所得以外の所得が20万円を超えるときは、確定申告する必要が発生します。

    つまり、アルバイトやパート等による給与所得だけの人は、確定申告をする必要がありませんが、先に話したように副業による収入の合計が20万円を超えたときは、確定申告をしなくてはなりません。

    それでは具体的にどのような収入を得た場合に、確定申告を行う必要があるのかを見てみましょう。

    給与所得以外の所得が20万円を超える場合

    確定申告を行わなくてはならない基準は、給与所得以外の収入が、年間20万円を超える場合です。

    つまり副業であっても年間20万円、月に換算すると1万7,000円程度の収入をコンスタントに得ているのであれば確定申告の対象になります。

    仮に不動産での収入があるという場合ですと、収益用の物件によって家賃収入を得た場合も、初期投資や建て替え、メンテナンスにかかった費用を除いた純粋な利益が20万円を超えたときだけ確定申告の必要が発生します。

    しかし、家賃収入が年間200万円だとしても、建て替えに190万円かかっているなら、純粋な利益は10万円ですので確定申告する必要はありません。

    スマホアプリの副収入は確定申告必要?

    例えば自宅にある不要品をネットオークションやフリマアプリを活用して、売却したとしましょう。

    そこで得た収入(売却金)も、年間20万円を超えるなら確定申告を行わなくてはなりません。

    ただし、転売によって利益を得ている場合、売上から仕入れ値を引いた純粋な利益が20万円を超えたときのみ確定申告を行います。

    例えば、10万円で購入した衣類を25万円で売ったのなら、利益は15万円ですので確定申告をする必要はありません。

    確定申告しないと追徴課税?

    「別に給与明細をもらっている訳でもないし、微々たる金額だから」と、中には確定申告をしない人もいるのですが、発覚すればその場合には「追徴課税」と言って、また別の税金が発生してしまいます。

    本来ならば支払わなければいけなかった税金があれば、遡って請求されますし、「無申告加算税」と言って、50万円以内であれば15%の追徴課税を支払わなくてはいけません。

    確定申告期限後でも手続きはできるので、「ついうっかり忘れていた」という人は、急ぎ手続きを行うようにしましょう。自主的に行えば追徴課税は5%に軽減されます。

    確定申告しなくてもいい副業

    先に「年間20万円以上、給与以外の収入があれば必ず確定申告を」と話しましたが、中には20万円以上稼いでいても、確定申告をしなくてもいい副業が存在します。

    確定申告の手続きを行う前に、一度「確定申告をしなくてもいい副業ではないか」と確認しておいた方が二度手間になりません。

    それではどのような副業であれば、確定申告が不要なのかを見てみましょう。

    クラウドソーシングで源泉徴収されている場合

    クラウドソーシングの会社に登録してブログ記事の投稿や、ウェブデザインなどの仕事を行う場合も、利益が20万円を超えたときだけ確定申告の必要が発生します。

    ただし、このようなネット系の仕事は、源泉徴収をした金額が振り込まれることがあります。

    収入が少ない場合は、源泉徴収された税金が実際に支払うはずの税金よりも高いケースが結構ありますので、確定申告をして納め過ぎた税金を還付してもらいましょう。

    源泉徴収分の返還を求める場合は、年間所得に関係なく確定申告を行ってください。

    株式投資で税金が計算されている場合

    投資による収入も、利益が20万円を超えると、確定申告をする必要が発生します。

    利益から自動的に源泉徴収分を差し引いてくれる「源泉徴収付きの特定口座」は、確定申告不要ですが、「一般口座」や「源泉徴収なしの特定口座」で取引をした場合は、利益が20万円を超えると確定申告をしなくてはなりません。

    ただし、「源泉徴収付きの特定口座」を利用している場合は、利益が20万円以下でも約20%の税金があらかじめ差し引かれてしまいます。

    これは、確定申告をしても戻ってこないお金ですので、年間利益が20万円以下になりそうな人は、初めから「一般口座」か「源泉徴収なしの特定口座」で取引をするようにしてください。

    >納税は自己責任で

    先ほども述べましたが、源泉徴収されている仕事がある場合、確定申告をして払い過ぎた税金を取り戻すことができます。

    年収が20万円以下でしかも源泉徴収されている仕事がある場合は、間違いなく申告すれば税金分が返ってきますので、面倒がらずに確定申告を行いましょう。

    なお、すべての副業で自動的に源泉徴収が行われている訳ではありません。

    金額は同じでも、発注主の事業所によって、源泉徴収を行うのかどうか判断が違いますから、金額だけで判断するのは危険です。

    事前に「この副業では源泉徴収されているのか」を確認し、最終的には自己判断で納税すべきかどうかを判断するといいでしょう。

    最新の税額知識は押さえておこう

    今まで主婦の年間収入が103万円以下の場合は、配偶者は配偶者控除として38万円を所得控除することができていました。

    しかし2018年1月以降に法改正があり、いわゆる「103万円の壁」がなくなり、新たに「106万円の壁」「130万円の壁」ができたのです。

    年収106万円(月収8万8,000円程度)になると、条件を満たせば(従業員501名以上の勤務先で働いているなど)社会保険に加入しなくてはいけなくなります。

    個人で社保を持つということは、単純に保険料の負担が増えます。

    また年収130万円を超えれば、夫の扶養から外れなくてはいけません。

    一概に扶養を外れることは悪いことではありませんが、その分、税金の支払いが増えますので、収入が増えても税金などの支出が多くなり、働けば働くほど損をすることが考えられます。

    そのため130万円超~150万円の収入になるのであれば、どうにか130万円以下に抑えていた方が、手取り金額は増えます。

    社会保険を旦那とは別で払うケース

    配偶者扶養に入っている場合は、国民年金や医療保険などの「社会保険料」を個人的に支払う必要はありません。

    ですが、収入が次の基準を超えると、主婦も自分で社会保険料を支払わなくてはなりません。

    年収が130万円を超えるとき

    先に話したように、年収が130万円を超えると、主婦も自分で社会保険料を支払わなくてはなりません。

    ただし、国民健康保険料や住民税、所得税は収入に応じた額を支払いますが、国民年金保険料は満額を受け取りたいなら収入に関係なく、197,880円(2018年度、毎月払の場合)を支払うことになります。

    つまり、150万円程度の年収なら、130万円のときよりも受け取る額が少なくなってしまいますのでご注意ください。

    従業員数が501人以上の企業で働くとき

    2016年10月から、従業員数が501人以上の企業で働く場合、次の4つの条件を満たしているときは自分で社会保険料を支払わなくてはならないようになりました。

    • 残業を除く労働時間が1週間に20時間以上
    • 勤務契約が1年以上を見込まれている
    • 月額88000円以上
    • 学生ではない

    残業を除く労働時間が1週間に30時間以上

    残業を除く労働時間が1週間に30時間以上を見込まれている場合も、自分で社会保険料を支払わなくてはなりません。

    社会保険に加入することが労使合意されているとき

    2017年4月から、従業員数が500人以下であっても、社会保険に加入することが労使合意されているときは、次の条件を満たしていれば社会保険料を納める必要があります。

    • 残業を除く労働時間が1週間に20時間以上
    • 勤務契約が1年以上を見込まれている
    • 月額88000円以上
    • 学生ではない

    家事育児の合間でできる仕事を探そう

    特に子供が未就園児であれば、ママが働ける時間は限られます。

    気軽に行える方法としいて、ネットでの副業はメジャーになってきましたが、その中でも「ママ向け」などというワードで悪徳商法を行うサイトも存在します。

    確かに取りあえず何か始めることで、副収入が増え、自由に使えるお金や貯金額も増えることもありますが、何より大事なのはリスクを回避するリスクヘッジです。

    そこを最優先に考えて選択しないと、思わぬトラブルに巻き込まれることも十分に考えられます。

    自身で登録したサイト以外からの副業案内メールは、詐欺である可能性が高いので気を付けておきましょう。

    また、年収が150万円位では「もう少し減らして配偶者扶養に入る方がお得かも」と思うかもしれませんが、年収が200万円ほどに増えるなら、あえて103万円や130万円に抑えるよりも手にするお金は大きくなります。

    自分にとってもっとも良いバランスを模索しながら、副収入のある生活を続けていきましょう。

    本当にお金がない主婦がお金を稼ぐ11の方法

    主婦必見!避けるべきお小遣い稼ぎの方法まとめ

     0.0  (0)
    + この記事を評価する
    ×
     0.0  (0)

    この記事を評価する

    決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能