馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

メルカリで即入金してもらう方法とお金の流れ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

フリマアプリの「メルカリ」と聞いてもう知らない方は居ないと思いますが、サービス開始4年で、今やメルカリのアプリダウンロード数は5,000万件を超えています。

◆メルカリ公式サイト:「お知らせ」

しかも出品した約半数が24時間以内に売れるという事ですから、即お金が欲しい…という方にも、最適なアプリとなっています。

今回はそんなメルカリでのお金の流れや、できるだけ早く現金を手に入れる方法などをお伝えしていきたいと思います。

メルカリ出品から入金までの流れ

ご存知の方も多いかとは思いますが、メルカリの出品から入金までの流れについて、簡単におさらいしておきましょう。

1.出品スマホのカメラから商品を撮影し、簡単なコメントを記載するだけで、10分程度で出品できます。
2.落札者対応出品途中に商品に関する質問がきたり、値下げ交渉が入る可能性もあります。いずれも誠意をもって対応しましょう。
3.落札落札者の希望商品・価格と合うようであれば、落札されます。落札された事は出品者にメールが行くので、まずは落札者にお礼のメッセージを送りましょう。
4.入金落札者より入金があります。この場合もメールで連絡が来ます。
5.発送商品を発送します。発送したらアプリ上で「発送連絡」を忘れずに。
6.商品到着落札者に商品が届き、受け取り通知を行うと、出品者へ商品が届いたことが知らされます。
7.売上げ金計上ここまでで一通りの流れが完了となります。この後実際に現金を手に入れる手続きが必要になります。
※詳しい流れはこの後ご紹介します。

よくあるメルカリでのトラブル例

身近な物を簡単に売り買いできる、便利なメルカリですが、一方でトラブルもいくつか報告されています。その一例をご紹介します。

※今回は出品者の立場でのトラブルについてのみ、ご紹介します。

過剰な値下げ交渉

メルカリは落札者と出品者との間で値下げ交渉をする事が可能です。(もちろん最初から値下げ不可としておけば、そのような交渉は不要です)

できるだけ早く商品を売ってしまう為には、このような柔軟な対応も必要かもしれませんが、人によってはしつこく値下げ交渉をしてくるケースや、散々値下げ交渉した挙句に結局買わない…等と言うケースも報告されています。

落札したのに入金されない

メルカリは落札後に入金という流れになるのですが、最悪のケースとして一生懸命交渉して落札されたのに、その後一向に入金の連絡がない…というトラブルも報告されています。

尚、この場合の対処方法については、この記事の最後でお伝えします。

メルカリで転売される

自分の商品が落札された後、その落札者がその商品を高値で出品するケースもあります。

ただ、これは明確なルール違反かどうかというと、そうではないかもしれません。

しかし、モラル上あまりよくない行為と言えます。

メルカリで最速で入金してもらう方法

次にメルカリから売上金を入金してもらう方法についてご紹介します。

ちなみに、メルカリの売上金は利用者が請求しないと、自動的には振り込まれません。

売上げ金申請から入金までの流れ

売上げ金を入金してもらう為には、まず自分の口座を用意しておく事が必要です。(メルカリから入金してもらうのは、現金振込みの方法しかない為)

振込み申請と入金のスケジュールですが、まず振込み申請は、毎週火曜日から翌週月曜日までで一旦締め切られます。

その間に申請された金額を、締め日の月曜日の4営業日目に振り込まれます。

少しややこしいので、具体的な日付で説明すると、以下の通りとなります。

  • 振込み申請受付期間:9/12(火)〜9/18(月)
  • 振込み実施日:9/22(金)

尚、金曜日が祝日の場合は翌営業日の振込み(通常であれば翌週の月曜日)となります。

注意点

メルカリから売上げ金が振り込まれる際には、振込み手数料が差し引かれますので、あまり売上げ金が少ない場合には、振込み申請をしないほうがいいでしょう。

ちなみに、申請金額が1万円以上の場合は、振込手数料は無料となり、申請金額が1万円未満の場合は、振込手数料は210円徴収されます。

さらに、売上げ金が発生してから1年以内にその申請をしておかないと、売上げ金は無効となりますので、充分注意して下さい。

メルカリを使って最速でお金を手に入れるには

以上のように、メルカリは比較的振込み申請から入金までのスピードは早いほうなのですが、それでも商品が売れてから計算すると、どうしても入金までには1週間~10日程度はかかってしまいます。

では、メルカリで最速でお金を手に入れる方法はあるのでしょうか?

メルカリで買ったものを買取店へ

メルカリを使って最速でお金を手に入れるには、以下の方法しかありません。

ただし、以下の方法は既に売上げ金がある事が前提になります。

  1. 売上げ金を使って、買取店で買い取ってもらえそうな商品をメルカリで安く買う。
    (携帯電話の中古品・ブランドもののバッグや時計など)
  2. 急ぎで発送してもらい、到着したら即効買取店へ持ち込む。

ただ、この方法は商品の目利きも必要ですし、ある程度のブランド品でしか使えないテクにニックかもしれません。

しかし、振込み入金を待つよりは、早く現金を手に入れることが可能ですので、一度試してみて下さい。

メルカリで入金されない場合の対処法

冒頭でも触れましたが、メルカリではいくつかのトラブルが報告されており、その中でも「落札されたのに入金されない…」というトラブルは、少々厄介です。

では、そんな時にはどのように対処するべきなのでしょうか?

まずは落札者へ連絡を

入金して来ないような落札者なので、メッセージを送ったとしても返信はないかもしれませんが、落札者のほうも何らかの突発的な理由でメール送信や入金の手続きが出来ない…というケースだってあり得ます。

したがって、ここは少し辛抱して1週間程度待ってみて、それでもダメなら一度メッセージを送るようにして下さい。

それでもダメならキャンセル

それでも返信や入金もない場合、この場合はやむを得ませんが出品そのものをキャンセルする事が可能です。

また落札者が悪質な場合は、メルカリに通報する事も可能ですので、あまりにも目に余る行為をされた場合には、通報も視野に入れて検討してみてください。

関連記事をチェック!

相手にお金を振り込んでもらう方法!時間帯と手数料を解説

人からお金を振り込んでもらうために、知っておきたい豆知識を紹介します。 銀行ごとの振込み手数料や手続き時間を具体的に紹介した上で、振り込みに関するよくあるトラブルも解説しますので、ぜひ参考にして...

早く振込たい場合にはお急ぎ振込

通常の振り込み依頼は4日以上の時間がかかりますが、早く振り込みを行いたい場合には別途手数料が200円多く必要になりますが、お急ぎ振込のサービスがあります。

申請日と振込実施日は以下の通りです。

  • 営業日の0:00~8:59までに申請完了の場合は翌営業日に振込み
  • 営業日の9:00~23:59までに申請完了の場合には翌々営業日に振り込み
  • 土・日・祝、年末年始(12/30~1/3)の申請は翌々営業日に振り込み

振込できる金額には1日100万円までという制限があります。

メルカリの売上金の振り込みを行うときに、一番早く行える方法となります。

関連記事をチェック!

メルカリで即入金してもらう方法とお金の流れ

フリマアプリの「メルカリ」と聞いてもう知らない方は居ないと思いますが、サービス開始4年で、今やメルカリのアプリダウンロード数は5,000万件を超えています。 ◆メルカリ公式サイト:「お知らせ」 ...

振込依頼をするときの注意点

振込申請から振り込まれるまでに時間がかかることも注意が必要ですが、それ以外にも振込依頼をする時に注意することがいくつかあります。

注意していないと、折角の売上金を無駄に消費してしまうことにもなりかねません。

振込依頼する期限は一年以内

売上金があっても、今すぐに使うこともないからと言って振込依頼をしないでいると、振込依頼の期限が過ぎてしまうことがあります。

振込期限に関しては、振込申請とスケジュールのところで「売上金の振込申請期限」をタップすると確認することができます。

そこには、以下の説明がされています。

「売上金には定められた1年の振込申請期限があります。一年以内に振込申請をするか商品購入時にご利用してください。売上金は申請期限が早く切れるものから消費されます。」

明確に使えなくなるとは書かれていませんが、消費される旨が書かれていますので使えなくなると考えていいでしょう。

1万円未満は手数料が必要

通常の振込を依頼する場合には、1万円を超えない場合には210円の手数料がかかることになっています。

1万円を超える場合には手数料は無料となりますが、お急ぎ振込を依頼する場合には200円の手数料は必要になります。

もし現在ある売上金が1万円未満で、振込依頼の期限までに時間があり、他の商品も出品している場合には、売上金が1万円を超えるまで待ったほうが良いですね。

もし、1万円を超えることが無い場合には振込依頼は極力一回にまとめたほうが良いですね。

これだけを気にしているだけでも、利益率を上げる事ができます。

振込依頼をキャンセルする方法

手数料の事や振込される時間に関して、依頼をした後で修正したいときもあります。

メルカリでは、振込依頼をしてから24時間以内であればキャンセルができます。

振込申請のキャンセルの手順は以下の通りです。

  1. アプリのメニューをタップ
  2. メニューの中の「設定」をタップ
  3. 売上・ポイント・クーポンの中の「売上・振込申請」をタップ
  4. 「振込申請履歴」をタップ

ここで表示された画面に「申請をキャンセルする」というボタンがあればキャンセルができます。

基本的に、ここにボタンの表示がない場合にはキャンセルすることはできません。

また振込申請のキャンセルを行う場合には、振込の締め日である月曜日までに一回しかできない事に注意しましょう。

一度振込依頼を行った後に、急に商品が売れたのでキャンセルして、再度振込依頼を行った場合には、次回の月曜日まで再度キャンセルすることはできません。

一度キャンセルを行った場合には、再度キャンセルしなくて良いタイミングで振り込み依頼をするように心がけましょう。

売上金の確認と反映される時間

ここまでは、売上金の振り込み方法に関してみてきました。

ここからは、その売上金の反映されるタイミングと確認方法に関してご紹介していきます。

売上金の確認方法

今現在、売上金があるかどうかの確認は、以下の手順で確認することができます。

  1. アプリのメニューをタップ
  2. メニューの中の「設定」をタップ
  3. 売上・ポイント・クーポンの中の「売上・振込申請」をタップ

ここで、現在の売上金というところを確認することで今現在の売上金を確認することができます。

売上金が反映されるタイミング

商品を売り上げたのに、売上金に商品代金が反映されていないことがあります。

それは商品の売上が、ある条件を満たさないと反映されないからなんです。

商品の売上は発送が終わっただけでは売上とは認められません。

商品の発送が終わり、買い手と売り手の双方がお互い評価した段階で取引完了となり、そのあとで売上に反映されます。

売上金の確定には、少し時間がかかると思っておいたほうが良いようです。

まとめ

今回は、メルカリで即入金してもらう方法などについて、いくつかの情報をお届けしました。

メルカリは非常に便利なアプリですが、所詮は「個人間の不要品売り買いをサポートする」フリマアプリです。

様々なトラブルも報告されていますので、全ては自己責任で出品や落札をする事が大切です。

今回ご紹介した内容が、少しでもお役にたてば幸いです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能