馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

大黒屋への質入はカードローンよりも断然お得!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

質屋通いなんて恥ずかしくて無理。

そう思っているかたは多いことでしょう。

若ければ若いほど、その思いは強いかと思います。

しかし、質屋は使い方さえ誤らなければ、下記のようにカードローンをも上回る、おすすめの資金調達手段となってくるのです。

  • 審査なしで借入できる
  • 融資スピードが早い
  • 督促がない

そこで今回は全国展開している大黒屋を例に挙げて、質入れがいかにメリットのある資金調達手段なのかを徹底解説していきます。

大黒屋ってどんな会社?

頻繁に質屋通いをしているかたは別として、初めての利用では戸惑うことも多いことでしょう。

そこで安心して利用してもらうためにも、まずは質屋ってどんなところなのか、大黒屋ってどんな会社なのかを簡単に紹介してます。

質屋で借入って、そんなことができるの?

オークションサイトを見ていると、質流れ品と呼ばれるものを販売している質屋が数多く見受けられますが、そもそも質屋ってどんな商売なのでしょう。

筆者も質屋を利用したことがないため、この記事を作成する前は説明しろと言われても、いらないものを売りに行って、お金に変えるところといった認識しかありませんでした。

筆者と同じくらいの認識の人は意外に多いのではないでしょうか。

そこで質屋のシステムを理解してもらうため、まずは質屋の基本知識を簡単に説明します。

質屋の仕組みって?

質屋は簡単に説明すれば高価なブランド品や時計を担保にして、お金を借りるところです。

原則3ヶ月以内に借入額と発生する利息を支払えば、担保として受けていた商品を取り戻すことができ、返済できなければ質流れとなり、二度と取り戻すことはできません。

質流れとは質屋が転売に回すことです。

大黒屋のように利息を支払えば1ヶ月単位で延長してくれる質屋もありますが、一般的には3ヶ月を超えると質流れになってしまいます。

この取引の流れを見れば、金融機関でいうところの有担保貸付とほぼ同じと考えていいでしょう。

不動産を担保に入れて金融機関から借入を起こし、返済不能となれば担保の不動産が取り上げられるという流れと全く同じです。

また近年は質入れだけでなく、買取をしている質屋が多くなっているので、不要な商品を端から買い取ってもらうこともできます。

端から取り戻す気がないのなら、利息を支払う必要がないので、質入れよりも買取の方がおすすめです。

担保の査定額によって借入できる金額は違ってきますが、査定額に応じた金額を必ず手にすることができるので、高額査定となる高額商品を持っている人にとっては、まさにおすすめの借入手段と言えるでしょう。

大黒屋の会社概要

質屋の仕組みについて理解してもらったところで、次は今回紹介する大黒屋についての基礎知識を説明します。

その大黒屋の会社概要は下記のとおりです。

正式名称株式会社大黒屋
本社所在地東京都港区港南4丁目1-8
設立昭和54年5月23日
資本金3,050万円
代表者松藤実
(代表取締役社長)
従業員数450名
(派遣社員は除く)

大黒屋は全国各地に店舗を展開している質屋で、年間の売上純利益はなんと1億円を超しています。

質屋で純利益が1億円超えなんて、なんだか従来の質屋のイメージとはずいぶん違いますよね。

また質屋としての規模だけでなく、それに加えて下記のように多くの事業展開をしていることからも、安心して利用できる質屋の1つと言えるでしょう。

  • ブランド販売
  • チケット販売
  • 携帯、家電販売
  • 航空券販売
  • 外貨両替
  • FC事業

大黒屋の質融資は本当にお得?

カードローン利用者の多い日本においては、カードローンが一番便利な資金調達手段だと思っている人が多いと思います。

ですが、大黒屋の融資条件を知れば、質屋で借入するのもありかなと思い直す人も出てくるでしょう。

それでは早速、その大黒屋の融資条件のお得ポイントについて見ていくことにしましょう。

大黒屋の融資条件

お金を借りる時に必ず発生するのが利息です。

カードローンならば初回利用で15.0%から18.0%ほどの金利が発生します。

単純計算にはなりますが100万円借入で1年返済の場合、支払う利息は15万円から18万円と高額になってきます。

ですが大黒屋ならば下記の金利で借入が可能です。

  • 総額1,000万円以上 0.95%
  • 総額100万円以上  1.25%
  • 総額30万円以上   1.50%

しかし、詳しくは後述しますが、質屋の金利は数字だけに囚われてはいけません。

一見カードローンとは桁違いの低さを示していますが、1ヶ月で支払う利息は見た目ほど安くないからです。

むしろ単月利息は質屋の方が高くなってくるでしょう。

ですが大黒屋は質屋の中でも最低金利水準を誇るため、カードローンとほぼ同等の金利借入が可能です。

その上、下記のようにカードローンでは考えられない、メリットの高い借入ができる点も見逃せません。

  • 審査がなく信用機関に履歴が残らない
  • 融資スピードが早い
  • 催促や督促がない
  • 必要な分だけ借りられる

カードローンとほぼ同等の金利で、カードローンのデメリットを回避した借入ができるのです。

これらカードローンでは考えられない融資条件を見れば、多くの人が大黒屋のメリットに頷くのではないでしょうか。

審査がなく信用機関に履歴が残らない

これは大黒屋に限ったことではありませんが、質入れによる借入では本人審査が必要ありません。

カードローンは無担保融資という性質上、本人の返済能力を見極める必要があるので、厳正な審査が行われ、審査結果次第では借入できないケースも出てきます。

この審査が気になって、カードローン申し込みをためらっている人も多いことでしょう。

ですが質入は質入品を担保として借入する有担保融資となるので、担保の査定は必要になりますが、本人審査を行う必要がありません。

よって、審査落ちしたことが個人信用情報に記載されることもなく、審査落ちの心配なしで申し込むことができます。

審査落ちが気になる人には、間違いなく嬉しいメリットになってきますよね。

融資スピードが早い

また融資スピードが早いのも大黒屋の特徴です。

最短10分で、500万円以上の即日融資に対応しています。

スピード融資をウリにしているカードローンが最短30分ですから、この早さには驚く人も多いことでしょう。

直接査定してもらわなければならない煩わしさはありますが、スピード融資が必要な人には見逃せないポイントです。

催促や督促がない

カードローン借入で心配なのは、返済が滞った場合です。

返済が完了するまでカードローン会社からは執拗な督促が行われますし、3ヶ月を超える返済遅れとなれば、ブラックリストとして個人信用情報に情報が記載されます。

そうなれば今後の金融機関との取引にも影響が出て、借入やローンの申し込みをしても、大抵の場合は審査落ちとなってしまうでしょう。

ですが先に話したように大黒屋ならば、利息を支払えば1ヶ月単位で返済を伸ばすことができますし、最悪の場合は質流れとなるので、原則3ヶ月の返済期間を超えても催促や督促が行われることはありません。

催促や督促は借入していることが他人バレとなる可能性も高いので、他人バレしたくないという人にとっては安心して利用できるおすすめポイントと言えるでしょう。

必要な分だけ借りられる

大黒屋では査定額に応じて500万円を超える高額借入も可能ですが、査定額の範囲内で必要な分だけ借りることもできます。

利用する当てのない高額借入をしても利息を支払うだけですし、手元にお金があれば使いたくなるのが人というものです。

使い切って返済できなくなることも考えられます。

この点を考慮すれば必要な分だけ借入できるのは、利用者のことを考えた心憎い企業対応と言えますね。

大黒屋に質入れできるものは?

大黒屋の質入れで借入する際、重要になってくるのが質入品です。

借入できる金額は質入品の査定額が影響してくるので、何を質入れするかは重要なポイントとなってきます。

物によっては質入できないこともあるので、主にどんなものが対象となるかは知っておいて損はありません。

大黒屋の主な取り扱い商品は下記のとおりです。

  • 腕時計
  • 金、プラチナ
  • ブランド品
    (バッグや財布など)
  • ダイヤモンドや宝石
  • ジュエリー
  • アクセサリー類
  • ボールペン、万年筆
  • 記念金貨
  • デジカメ
  • 一眼レフカメラとそのレンズ
  • ビデオカメラ
  • パソコンやタブレット
  • Apple製品

基本的には一般的に需要のある商品となっていますが、取り扱い商品は店舗によって違いがあります。

利用する際には持ち込み先店舗に、対応可能かを事前確認するようにしてください。

質屋で借入するなら大黒屋がおすすめな理由

ここまでの説明で質屋からの借入メリットはご理解いただけたでしょう。

しかし、これはすべての質屋がそうだというわけではありません。

大黒屋だからこそ成立する話なのです。

それでは筆者が大黒屋がカードローンよりもお得だと言い切る理由について説明し、さらに賢く利用するためのポイントについて紹介します。

カードローンとの金利比較

金利表記だけ見れば、質屋からの借入の方がカードローンより低金利に見えます。

しかし、先に話したように実際に発生する利息は、決してその見た目が反映されたものではありません。

質屋の方が驚く程高かったと驚く人も少なくないのです。

その理由は利息の算出方法の違いにあります。

下記のようにカードローンと質屋では、金利算出の方法が違うのです。

  • カードローン 年利
  • 質屋     月利

年利とは1年間の借入でどれだけの利息が発生するか、月利は30日間の借入でどれだけの利息が発生するかという利息の計算方法です。

よって、質屋の金利がカードローンと一桁違うからといって、見た目で判断してはなりません。

それでは月利を年利換算した場合、どれくらの金利差が発生するのかを実際に比べてみましょう。

質屋の金利は本当に低いの?

下記の月利を年利に置き換えると、その金利は下記のようになります。

  • 月利3.0%⇒年利36.0%
  • 月利1.0%⇒年利12,0%

カードローンで36.0%の金利なんて考えられませんよね。

これを下記の一般的なカードローン金利と比較すると、一概に質屋の方が低金利とは言えないことがわかります。

  • 年利18.0%
    (消費者金融カードローン)
  • 年利15.0%
    (銀行カードローン

しかも月利3.0%が一般的な質屋の金利だと言われていることから、質屋の方が驚くほど高金利なのは隠しようのない事実となってきます。

質屋は3ヶ月後の短期返済、カードローンは40ヶ月以上もの長期返済となるため、最終的に支払う利息総額はカードローンの方が高額になりますが、年利に置き換えて見れば一般的な質屋はカードローンより驚くほど高金利なのは明白です。

では大黒屋の場合はどうでしょう。

  • 総額1,000万円以上 月利0.95%⇒年利11.4%
  • 総額100万円以上  月利1.25%⇒年利15,0%
  • 総額30万円以上   月利1.50%⇒年利18.0%

カードローン金利と比べても、さほどお得感は感じられません。

カードローンとほぼ同等の金利条件といったところですよね。

ですがここで理解して欲しいのは、大黒屋が一般的な質屋では不可能な低金利を実現している点です。

これによってカードローンと同水準金利で借入でき、先に説明したカードローンでは実現不可能な条件で資金調達を可能にしています。

これは一般的な質屋にはない、大黒屋だけのメリットと言っても過言ではありません。

賢く質屋を利用するには月利1.0%前後であることが条件となってきます。

これはこれは本当に重要な必須ポイントです。

質屋は基本高金利だということを前提に考えれば、筆者が大黒屋をおすすめする理由もわかってもらえたのではないでしょうか。

さらに賢く利用するポイント

それでは大黒屋をさらに賢く利用してもらうため、そのポイントを紹介していくことにしましょう。

そのポイントは下記のとおりです。

  • 買取相場を把握しておく
  • 同じ商品を繰り返し利用する
  • 返す気がなければ買取を

このポイントに気をつければ、さらに賢く利用できるでしょう。

買取相場を把握しておく

大黒屋は高価査定を明言していますが、持ち込んだ本人が相場価格を把握していなければ、その査定が適正なのか判断のしようがありません。

実際にどれくらいの査定が出るのか、大黒屋以外で調査してみるのもいいでしょう。

大黒屋は「どこよりも高価査定!」を謳っていますし、他社比較を歓迎しており、他の質屋からの借り換えにも対応しています。

よって、大黒屋の査定価格が本当に高価査定なのかを見極める判断材料となりますし、仮に査定が低ければ価格を引き上げる材料に利用できるというわけです。

同じ商品を繰り返し利用する

大黒屋では100万円以下の査定で、カードローンとほぼ同等の金利で借入が可能です。

それなら質入れするよりも「カードローンに申し込んだ方が・・・」と考える人も多いでしょう。

ですがこれはカードローン利用ができる人に限っての話です。

事実、返済に問題があり、カードローン利用できないという人は少なくありません。

そんな人におすすめなのが、ある程度の査定が出る商品を持ち、それを緊急時に質入れするという方法です。

3ヶ月以内に返済できることが条件となりますが、そんな商品を持っていればもしもの時に繰り返しの資金調達が可能になります。

取り戻す気がなければ買取を

中には返済して質入品を引き取るつもりがない人もいるでしょう。

その場合には絶対に質入れではなく、買取を選ぶことをおすすめします。

大黒屋では質入れの場合、借入上限額は査定価格の80%ほどになり、そこに利息支払いが発生するので、実際に手にできる金額はさらに低くなってしまいます。

しかし、買取だと手にできるお金は、質入れ時よりも確実に高額になってくるのです。

これはHPでも明言されており、実際の資産額を見ると下記のように、質入れ時の20%増しになっています。

  • 査定商品ロレックス サブマリーナデイト(116610LN)
    質入れ時 75万円
    買取時  93万円
    *Sランク査定の金額

水商売で働く女性がお客に同じ商品をねだり、質屋に持っていくという下世話な話を耳にしますが、引き取るつもりがないなら端から絶対に買取を選びましょう。

手にできる額は確実に高くなりますし、質入れのように利息が発生することもありません。

となれば買取を選ばない理由なんて見つかりませんよね。

大黒屋を利用する際の流れ

最後に質屋を利用したことがない人にも、安心して大黒屋を利用してもらうため、大黒屋で質入れする際の流れを簡単に説明しておきます。

注意しなければならないポイントも併せて説明するので、利用を検討している人はよく覚えておくようにしてください。

借入から返済までの流れを把握しておこう!

大黒屋に質入して返済を完了するまでの流れは下記のとおりです。

大黒屋へ来店
2. 店頭で商品査定
(査定料は無料)
3. 査定額の提示
4. 査定価格に納得すれば、現金と質札が手渡される
5. 最長3ヶ月以内に返済
(返済も延長もしなければ質流れ)
6. 質入品の返還

来店時には身分証明書が必要となり、返済時には加えて質札が必要になります。

買取の場合も同様で、他には後述する点を除けば、特に注意する点はないでしょう。

一点だけ忘れないで欲しいのは、大黒屋から返済の打診連絡が入ることがないことです。

これは今回メリットとして説明したことですが、完全に忘れていて質流れになってしまう危険性も出てきます。

質入れの場合、返済管理は自ら行う必要があるので、取り戻す気があるならば自己管理を怠らないようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1pro-1 aifl-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能