お金に困ったときは「お金がない馬」

山口銀行クレジットカードは本当にお得?その真実を徹底検証!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

近年は銀行がクレジットカードの発行に乗り出したことから、利用者はさらに選択肢が広がってきました。

利用者にとっては下記のようなメリットもあるので、おすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

  • キャッシュカードと一体型にできる
  • 口座があれば審査に通りやすい
  • クレジットカード実績があれば融資を受けやすくなる
  • ATM手数料が無料になる

そこで今回は山口銀行が発行しているワイエムカードはお得なのか、特徴を見ていきながら徹底検証していきます。

山口銀行クレジットカードはワイエムカード

現在は山口フィナンシャルグループ(YMFG)傘下となっていますが、かつては東京証券取引所と大阪証券取引所に一部上場していた、山口県下随一の地方銀行なのが山口銀行。

そして、その山口銀行が取り扱っているのクレジットカードが、下記の同傘下銀行と同様のワイエムカードです。

  • もみじ銀行
  • 北九州銀行

しかし、同じワイエムカードでも発行する銀行によって、その機能や発行カードには違いが見られます。

そこでまずは山口銀行が発行するワイエムカードにはどのような特徴があるのか、そして、どのようなメリットがあるのかを説明していきましょう。

山口銀行ワイエムカードの特徴

山口銀行が取り扱っているワイエムカードは、下記2つから好きな国際ブランドを選ぶことができます。

  • JCB  JCB ORIGINAL SERIES
  • VISA DC-VISA

発行元となるクレジットカード会社が上記のように違ってくるため、どちらの国際ブランドを選ぶかで利用できるポイントサービスには違いが出てきます。

どちらのブランドかで迷った時には、後述する説明を参考にしもらえばいいでしょう。

また同傘下銀行が発行するワイエムカードは、原則的に営業店舗のある地域に住んでいる人しか作成できませんが、山口銀行が発行するワイエムカードは全国どこからでも作成可能です。

今回の記事を読んでもらって気に入ったという人がいれば、ぜひ申し込んでもらえればと思います。

山口銀行ワイエムカードのメリット

また山口銀行のワイエムカードの特徴として挙げられるのが、下記の3つの機能を付帯できる点です。

  • クレジットカード機能
  • キャッシュカード機能
  • カードローン機能

山口銀行をメインバンクとしていれば、クレジットカードとキャッシュカードを一生にでき、そこに山口銀行が提供しているカードローン「マイカードやまぐち君」のサービスを付帯できるのは便利なサービスですね。

近年はカードローン利用者が増加しているので、申し込みを検討しているのであれば、消費者金融カードローンよりも低金利の銀行カードローンの方がおすすめです。

山口銀行のカードローン「マイカードやまぐち君」を検討してみるのもいいでしょう。

■山口銀行のカードローン保証会社とその特徴

山口銀行ワイエムカードの個人向けラインナップは?

山口銀行ワイエムカードの特徴とメリットを理解してもらったところで、次は実際にどのようなクレジットカードがあるのか、個人向けラインナップの商品概要を簡単に紹介しておきます。

そのラインナップは下記の4つです。

  • ワイエムカードJCB ORIGINAL SERIES一般カード
  • ワイエムカードDC-VISA一般カード
  • ワイエムカードJCB ORIGINAL SERIES EXTAGE一般カード
  • ワイエムカードJCB LINDA-mia

それでは各クレジットカードの概要を簡単に見ていくことにしましょう。

ワイエムカードJCB ORIGINAL SERIES一般カード

ワイエムカードJCB ORIGINAL SERIES一般カードの商品概要は下記のとおりです。

年齢18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある
(学生不可)
年会費2年度以降有料
(条件該当により無料)
再発行手数料1,080円
約低支払日毎月15日締め翌月10日払い

このクレジットカードは2年度から年会費が発生しますが、下記いずれかの条件をクリアすれば無料です。

ですが下記いずれかの条件をクリアすれば、無料となるので覚えておくようにしてください。

  • 毎月の支払額が1万円以上
  • 携帯電話、PHSの利用料金支払いにDC-VISA一般カードを利用

申込年齢が18歳以上と低く設定されている点からも、申し込みやすいクレジットカードと言えるでしょう。

ワイエムカードDC-VISA一般カード

年齢20歳以上で安定した収入がある
年会費2年度以降有料
(条件該当により無料)
再発行手数料1,080円
約低支払日毎月15日締め翌月10日払い

山口銀行のワイエムカードはJCBの方がライナップは多く、このワイエムカードDC-VISA一般カードが唯一のVISAとなっています。

後述するポイント交換を読んでもらい、VISAが良いというかたは、このククレジットカードを選ぶことになります。

またこのクレジットカードも2年度からは年会費が発生しますが、下記いずれかの条件をクリアすれば無料です。

ですが下記いずれかの条件をクリアすれば、無料となるので覚えておくようにしてください。

  • 毎月の支払額が1万円以上
  • 携帯電話、PHSの利用料金支払いにDC-VISA一般カードを利用

ワイエムカードJCB ORIGINAL SERIES EXTAGE一般カード

ワイエムカードJCB ORIGINAL SERIES EXTAGE一般カードの商品概要は下記のとおりです。

申込年齢18歳以上29歳以下で本人または配偶者に安定した収入がある
または18歳以上29歳以下の学生
(親権者の同意が必要)
年会費6年度以降有料
(条件該当により無料)
再発行手数料1,080円
海外傷病保険最高2,000万円
ショッピングガード保険年間最高100万円
約低支払日毎月15日締め翌月10日払い

このカードの特徴はポイントを効率よく獲得できる点で、下記のようなポイント優遇が受けられます。

  • 入会後3ヶ月間ポイント3倍
  • 4ヶ月以降ポイント15倍
  • 海外利用ポイント2倍
  • OkiDokiランドでポイント3倍
  • 年間利用20万円以上で翌年ポイント50%アップ

利用年齢に制限がありますが、効率的にポイント獲得したいかたには、まさにおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

ワイエムカードJCB LINDA-mia

年齢18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある
または高校生を除く18歳以上の学生
(親権者の同意が必要)
年会費無料
(データ維持費が有料だが、条件該当により無料)
再発行手数料1,080円
約低支払日毎月15日締め翌月10日払い

このワイエムカードJCB LINDA-miaは、山口銀行が取り扱うクレジットカードの中で唯一、年会費が2年度以降も無料となっています。

しかし、2年度以降は月額108円(税込)のデータ維持料が発生します。

ですが下記いずれかの条件をクリアすれば、無料となるので覚えておくようにしてください。

  • 毎月の支払額が1万円以上
  • 携帯電話、PHSの利用料金支払いにJCB LINDA-miaを利用

■山口銀行のキャッシング徹底解説~ワイエムカードでの借入のすべて

ワイエムカードのポイント利用

それでは山口銀行ワイエムカードについて把握してもらったところで、次は気になるポイントの利用方法について見ていくことにしましょう。

ポイントが貯まったとしても、利用するあてのないものでは仕方ありません。

そこで山口銀行ワイエムカードで得られるOkiDokiポイントは、どのように利用できるのかを確認していきましょう。

DC-VISAカードのポイントサービス利用

まずはDC-VISAカードの基本サービスの利用です。

これはDC-VISAカードの基本サービスですから、ワイエムカードDC-VISA 一般カードを選定していることが利用条件になります。

JCB系のカードでは利用できないので注意しましょう。

OkiDokiポイントは三菱UFJニコスが提供している「DCハッピープレゼント」で下記の利用が可能です。

  • キャッシュバック
  • 商品との交換
  • ポイント移行

キャッシュバックは500ポイントから1ポイント4円に交換することができ、200ポイントからポイント数に応じた商品との交換ができます。

また下記へのポイント交換にも対応しているので、常時使用している該当ポイントがあるかたには、おすすめな利用法となってくるでしょう。

  • Ponta
  • au WALLETポイントプログラム
  • ナナコポイント
  • R Point
  • d POINT

OkiDokiポイントプログラム利用

OkiDokiポイントプログラムでは下記のポイント利用が可能です。

こちらはJCBカードの基本サービスですから、ワイエムカードJCB系一般カードを選定していることが利用条件となります。

  • 商品との交換
  • ポイントを使って買い物
  • キャッシュバック
  • ポイント移行

このポイントプログラムが用意した商品との交換が可能で、下記店舗での買い物に利用できます。

  • スターバックスカードへの1ポイントからポイントチャージ
  • Amazon.co.jpで1ポイントから利用できる
  • オンラインギフト

またOkiDokiポイント1ポイント3円でキャッシュバックも可能です。

キャッシュバックできるポイント数に規定はありませんが、交換率はDC-VISAよりも若干低めなのが残念ですね。

しかし、ポイント移行は下記のようにDC-VISAよりも多くのものが用意されているので、ポイント移行を希望するかたにとっては、嬉しいポイントとなってくるでしょう。

  • au WALLETポイントプログラム
  • ナナコポイント
  • R Point
  • d POINT
  • ビックポイント
    (ビックカメラ)
  • ビックネットポイント
    (ビックカメラ.COM)
  • ベルメゾンポイント
  • ジョーシンポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • セシールスマイルポイント
  • 楽天Edy
  • カエトクカード
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • JALマイレージポイント
  • ANAマイレージポイント
  • ANAマイレージクラブ
    (ANA SKYコイン)
  • デルタ航空スカイマイル

山口銀行ワイエムカード独自の利用法

またJCB系一般カードのみ、下記へのポイント移行が可能です。

  • スターフライヤーマイル
  • 井筒屋ウィズカードポイント

地域性を感じるポイント移行となりますが、下記の様に高い変換率となっているので、山口県下の利用者にはかなり高いメリットとなってくるのではないでしょうか。

  • OkiDokiポイント200ポイント ⇒ スターフライヤーマイル600マイル
  • OkiDokiポイント200ポイント ⇒ 井筒屋ウィズカードポイント1,000ポイント
    *200ポイントから100ポイント単位で移行可能

銀行だから「いい」は間違い!

クレジットカードを作るなら信用度が高く安心して利用できる銀行で、そう考えるかたもいることでしょう。

山口県下ならば、山口銀行を選ぶかたも多いのではないでしょうか。

しかし、発行元の信頼度だけに捉われたクレジットカード選びは、本来受けることができるメリットをみすみす逃すことにもなりかねません。

クレジットカードの下記機能はどのクレジットカードでも同じですし、利用条件にさほど違いはありません。

  • ショッピング機能
  • キャッシング機能

ですが今のクレジットカードに求めるサービスは、上記の基本機能だけではないのです。

どのようなサービスが受けられるのかが重要な選定ポイントとなってきます。

よって、山口銀行にクレジットカード申し込みを検討する際には、受けられるサービスが本当に自分にとってメリットを生むものなのかを検証し、他社クレジットカードとの比較を忘れないようにしてください。

■クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

受けられるサービスはクレジットカードによって様々!

ここまで説明してきた山口銀行ワイエムカードで受けられるサービスが、自分にとってメリットのあるものであれば、他のクレジットカードと比較することなく申し込んで貰っても結構です。

しかし、そのサービス内容がメリットがないとなれば、他のクレジットカードのサービスを確認してみましょう。

各クレジットカードのサービスは様々で、それぞれに特徴を持つため、探せば自分にとって一番メリットのあるサービスを提供しているものが見つかります。

ヤフオクやヤフーショッピングをよく利用するならば、ポイントが貯まりやすいヤフークレジットカード、ボーナス2回払いをよく利用するなら、分割手数料が無料となるオリコカードといった具合です。

山口銀行ワイエムカードのサービスにメリットがない場合は、比較サイト等を利用して他のクレジットカードがどのようなサービスを提供しているのかを、必ず確認するようにしましょう。

■オリコカードでキャッシングを利用する方法

審査が厳しいなら「ワイエムデビットJCBカード」という手も!

山口銀行でクレジットカードの申し込みをしたが、審査に落ちて利用できなかった。

こんなケースもあるでしょう。

もちろん山口銀行の審査に落ちたから、ほかのクレジットカードも同様の結果になるとは限らないので、申し込んでみるのも1つの手です。

しかし、審査落ちとなった原因しだいでは、同じ結果となる可能性は高くなってきます。

申し込んでまた審査落ちとなることになるかもしれません。

そこでまた嫌な思いをしたくないというかたにおすすめしたいのが、ワイエムデビットJCBカードです。

ワイエムデビットJCBカードはクレジットカードではありませんが、クレジットカードと同じショッピング機能があります。

またクレジットカードのように審査が必要ないので、申し込めば確実に発行を受けることができます。

審査落ちが気になるかたには、魅力的なカードですよね。

それではワイエムデビットJCBカードを、簡単に紹介しておきましょう。

「ワイエムデビットJCBカード」とは?

ワイエムデビットJCBカードは山口銀行が発行しているデビットカードです。

デビットカードとクレジットカードの違いは先払いか、後払いかの一点につきます。

クレジットカードは利用限度額以内ならば、後払いで商品やサービスを購入することができますが、デビットカードは利用限度額が口座にある預貯金額となります。

つまり、デビットカードの契約時に指定した口座内の、預貯金額に応じて利用限度額が変わってくるのです。

カード支払い時に利用した金額は、口座から即時に引き落とされます。

口座に入っている額以上の利用はできないため、不払いとなる心配がありません。

これが審査なしで発行できる理由です。

ですがクレジットカードのようにキャッシング枠を付けることはできません。

この点に不満を感じるかたもいるでしょうが、これは諦めるしかないでしょう。

ショッピングに利用するだけならば、クレジットカードと同様の働きがあると納得してください。

関連記事をチェック!

キャッシュカードとデビットカードの違いと利用法

お店で現金の代わりに支払いに使えるデビットカードの利用者が増えてきました。 デビットカードとキャッシュカード、クレジットカードはどこが違うのか、デビットカードにはどんな種類があるのかをまとめまし...

「ワイエムデビットJCBカード」の申込条件とスペック

それではワイエムデビットJCBカードの申込条件と、そのスペックについて簡単に紹介しておきます。

申込条件

ワイエムデビットJCBカードの申込条件は下記のとおりです。

  • 普通預金口座を持っている個人
  • 中学生を除く15歳以上
  • 日本国内に居住している

クレジットカードと違い、申込条件がかなり緩やかになっています。

年齢も15歳以上ということから、多くの年齢層のかたが利用できるのも大きな特徴です。

商品スペック

ワイエムデビットJCBカードの商品スペックは下記のとおりです。

  • 利用限度額 口座内の金額に応じる(個人別に借入限度額の設定あり)
  • 利用可能店舗 JCB加盟店(一部店舗では利用不可)

JCBが発行したクレジットカードで受けられる、下記のサービス対象となっている点はありがたい点です。

  • ポイントサービス 1,000円(税込)ごとにOkiDokiポイントが1ポイント貯まる
  • JCBスターメンバーズ 対象ランクに応じた特典

クレジットカードと同様に貯めたポイントを利用できます。

また見逃してはならないのが年会費です。

初回年会費は無料ですが、2年度目からは1,250円(税別)が発生します。

ですが下記に該当する場合は無料となるので、賢い利用を心がければ無料で利用し続けることも可能です。

  • 前年度利用額が10万円以上
  • au、NTTドコモ、ソフトバンクいずれかの利用料金支払いに指定

そして下記のATM時間外手数料が無料となるのも、これら銀行を利用しているかたにとって、大きなメリットとなってくるでしょう。

  • 山口銀行
  • 北九州銀行
  • もみじ銀行
 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能