馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

持病があったら団信は入れない?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

住宅ローンを利用する際に、ほとんどの銀行は団体信用生命保険(通称:団信)への加入を義務づけています。

この団信は、万が一、債務者が死亡または高度障害になった場合に、住宅ローンの残高全額を保険金で返済するための生命保険です。つまり、債務者にとっても、銀行にとっても、それぞれを守る大切な商品なのです。

団信の加入には、生命保険であるがゆえに、債務者の健康状態が問われます。もし、健康に問題ありと判断されると、団信には加入できないことになるのです。

では、「持病があったら加入できないのか?」と問われれば、必ずしも加入できない訳ではありません。

「持病とはいつまでも治らない病気で、現在、治療や経過観察中の病気のことですが、それが原因となって死亡や高度障害する確率が高いかどうか、生命保険会社が判断するからです。

つまり「持病があってもその内容によっては団信に加入できることがある」ということなのです。

もちろん、その判断は団信を引き受ける生命保険会社がするので、住宅ローンを申込した銀行に相談しても、回答はもらえないのですが、実は回答できないのです。

おそらく「申込をしてみなければわかりません」と言われるでしょう。

団信申込時の健康に関する具体的な質問は、主に3つあり、「最近3ヶ月以内に医師の治療・投薬を受けたか?」「過去3年以内に、2週間以上の治療が必要な病気で手術や治療を受けたか?」「障害はあるか?」というようなものです。

これらの質問に一つでも「あり」と書いたら、病気の内容とその治療方法(薬の種類や量など)を詳細に申告させられます。

例えば、糖尿病の治療を受けていれば、治療している期間や、現在の状態、治療の内容等です。

これらの申告内容によって、審査にうかる人もいれば、落ちる人もいるますが、その具体的な判断基準等は公表されていません。従って、本当に、個別に申込をしてみなければわからないのです。
そしてこれらの判断基準は、保険会社ごとに異なっていると言われています。

死亡と高度障害を保障する団信は、「普通団信」と呼ばれますがが、申込をして審査に落ちたとしても、まだ可能性があります。

それは、「ワイド団信」と言う商品があり、糖尿病、高脂血症、肝機能障害などの状態であっても、加入基準が緩和されているといわれているからです。

ただ、この「ワイド団信」はどの銀行でも取り扱っている訳ではありません。「普通団信」は、住宅ローンの取扱銀行ならどんな銀行でも用意していますが、「ワイド団信」は、メガバンクやネット銀行など一部の銀行でしか採用されていないので、必要性を感じている場合には、事前に取扱いの有無を調べておきましょう。

また、「普通団信」の場合、金利に特約料に相当するものが含まれていますが、「ワイド団信」はその特約料として、0.2~0.3%程度金利が上乗せされることになります。

どうしても団信に入れない場合には、一般の生命保険に加入することになりますが、通常の生命保険は団信よりも基準が厳しいと予想されます。

従って、条件付きであれば加入できることがあるでしょう。

その場合、特定の病気にかかって死亡した場合などは、保険金が下りない、ローン残高相当の保険金が正確に払われる訳ではない等、考慮すべき点はありますが、全く保険がかからない状態を回避することはできます。

もちろん、条件付きでも加入できない場合もありますので、その場合には、別の手段を検討することになります。

最後に、生命保険がどうしても難しい場合であっても住宅ローンを借りたい場合には、団信加入を義務化していない金融機関があるので、そういった金融機関に申請すればよいでしょう。

その場合は、万が一債務者が死亡しても、住宅ローンが残ってしまうので、別途対策を立てる必要があります。

ホームローンドクター株式会社 代表
淡河 範明

2006年設立から、これまで6000件を超える相談実績。住宅ローン専業のコンサルタントとして、日本において最も長い業歴。住宅ローンに特化しつつ、ライフプラン全体を俯瞰した提案は、一般的なファイナンシャル・プランニングとは異なり、具体的で実用的な提案となっている。
全国の工務店500社以上と提携していて、主に戸建てを取得するお客様から年間100件以上の相談実績。「住まいと暮らしの資金計画」というサービス名称で、お客様にとって最適な資金計画を設計・構築。住宅取得から住宅ローン完済まで、総合的に資金計画をたてることで、お客様の安心をコスト面での満足を追求。住宅ローンに限らず、住宅購入や維持のためのお金のあらゆる問題に対応。
 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能