お金に困ったときは「お金がない馬」

借金苦で子供の養育が難しい?相談機関と対策方法を紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

児童相談所によるとこの数年で、借金苦による施設に預けられる子供が増えているとされています。

借金苦が原因で子供と暮らせないということは、是が非でも避けたいものです。

借金を減らしながら子供と暮らすことができればどんなにか良いかと思うでしょう。

このような状況から抜け出すための方法を考えていきましょう。

借金苦で子供を育てられない?

世の中には借金で生活が苦しくて、子供を育てられないという人も多数存在します。

なぜ借金をして育てられないかは、人それぞれですが問題を解決できる方法を探していきます。

相談機関に相談しよう

ひとりで悩むよりまずは、知識のある人に相談することが大切です。

借金問題を相談することは勇気が要りますが、今後の生活や子供のためにも行動を起こしましょう。

児童相談所

子供に関する相談窓口は幾つもありますが、児童相談所もそのひとつです。

児童相談所では相談ができるほかに、一時保護の利用ができます。

これは、あくまでも一時的なものですので、一時保護の後は帰宅をするか、状況が変わらなければ、ほかの施設へ入れることになります。

なお、借金苦で親が自殺し、残された子供が施設への入所が増えていることも事実です。

借金苦で親と離れた子供が、児童相談所へ預けられている割合も多いことからもこのような問題が浮かび上がってきています。

市町村役場に相談をする

身近な公的機関といえば、市町村役場があります。

行政では様々な相談窓口が設けられ、支援制度やほかの機関の紹介を受けられます。

各地域の民生委員や子育てサポートセンター等で情報を得たり、相談したりすることが可能です。

いきなり児童相談所へ行くことに抵抗がある人にはおすすめの方法です。

借金で苦しいという内容でも相談することができ、またひとり親世帯への支援も様々ありますので、利用している人も多いです。

市町村役場ではこのようなサービスのほかに、一時的に利息の少ない貸付を行っており、状況によっては利息がなしで貸付をしてくれることがあります。

また社会福祉事務所が管轄する制度を紹介されることもありますので、初めて相談に行くときは市町村役場にする人も多いです。

借金になる理由を把握しよう

借金の理由によって対策方法は変わってきますので、まずは現状をきちんと把握しましょう。

ギャンブルや浪費による借金癖

ギャンブルや浪費といった親の無知でできた借金の場合は、親がしっかり反省する必要があります。

子供と一緒に暮らしていきたいのであれば、少しの我慢は耐えられるでしょう。

このような人は借金を完済しても、また新たに借金をする傾向があります。

借金癖がついてしまっているので、自分を律して生活を見直さないと、借金苦からいつまでも抜け出せません。

また家族に手伝ってもらいながら、改善する方法もあります。

本人が借金をできないようにするために、前もって貸付自粛制度に届出をすることも検討しましょう。

ただし、この制度は貸金業のみにしか、対応できませんので注意してください。

病気やけがが理由の借金

病気やけがで借金をするときは、収入が少なくなっていることが多いです。

また医療費がかかるときに、カードローンやキャッシングをしている人もいます。

高額な医療費を支払うときに手元にお金がないときは、利息の少ない貸付を利用することをおすすめします。

また地域や収入によっては、医療費控除を受けられることもあります。

この控除についても、市町村役場に相談をしてみましょう。

子供を手放さない方法を考える

ほとんどの親はどんなことがあっても、子供を手放したくないはずです。

そこで、借金が理由で子供と離れて暮らすことを考える前に、知っておくことが幾つかありますので紹介をします。

債務整理を検討する

生活を圧迫している借金を整理し減額することで、生活に少しは余裕が出ます。

そこで、考えることが債務整理になります。

なお債務整理の方法は幾つかあり、借入額や返済状況に応じて変わってきます。

◇任意整理

裁判所を通さずに借主と貸主が相談して、借金を減額する方法です。

主に利息分の減額が対象となります。

◇特定調停

裁判所を通して貸主と借主との話合いで、借金を減らす方法です。

任意整理と似ていますが、特定調停は弁護士が仲介なるのではなく、裁判所が仲介となりますので費用が安く済みます。

◇個人再生

任意整理や特定調停では、対処しきれない借金があるときに利用します。

裁判所が借主と貸主の間に入り、借金の減額を法律に基づいて決める方法です。

すべての財産を処分することなく手続きをすすめられますので、住宅や車など必要なものを、自分で選んで残すことができます。

なお、財産を残したいものについて、借金をしている場合は、該当するローンの返済をしなければいけません。

◇自己破産

自ら裁判所に破産手続きをすることで借金をすべてなしにする代わりに資産を処分する方法です。

一からスタートしたい人は、自己破産で債務を整理することにより生活を立て直すことができます。

ただし、個人信用情報に10年間登録され、その間はクレジットなども利用ができなくなります。

利用できる制度を確認する

借金を減額する方法のほかに、生活費用の支援を受けられる制度がありますので紹介をしていきます。

生活福祉資金貸付制度とは?

日常の生活必需品の購入や、教育費の資金を支援する制度です。

低所得者や障害者、高齢者が利用できます。

支援してくれる資金は次のとおりです。

  • 総合支援金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

上記の資金援助に該当する人は、社会福祉事務所へ相談し申請してください。

生活困窮者自立支援制度を利用しよう

2017年から始まった制度で、生活保護を受けていない人も申請することができます。

働けない人や住む住居がない等の、それぞれに合った支援をする制度です。

市町村役場に相談すると制度を紹介してくれます。

  • 自立相談支援事業
  • 住居確保給付金の支給
  • 就労準備支援事業
  • 就労訓練事業
  • 家計相談支援事業
  • 生活困窮世帯の子供の学習支援事業
  • 一時生活支援事業
生活保護制度で生活をする

資産や能力を活用しても、生活が苦しい人が受けられる制度です。

生活必需品やアパート代等が支給されますが、支給額はその地域によって異なります。

生活保護を受けるには条件が厳しいので、まずは社会福祉事務所や市町村役場へ相談をしてください。

まとめ

借金苦で自分の子供を手放すことは、誰でも避けたいはずです。

借金の原因によって対策法方が異なりますので、理由をハッキリさせ問題解決をしていくことを考えましょう。

まずは市町村役場や法テラス、児童相談所に相談し、解決方法を見つけることをおすすめします。

また各制度も確認して、利用できそうなものを積極的に利用をしていきましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能