馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

銀行の振込は何時までできる?入金可能な時間まとめ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行の振込時間について、意外と知らない人が多いようです。

銀行で振り込みをする場合には、時間によっては翌日扱いになることや、入金が確認できるまでにタイムラグがある場合もあります。

今回は銀行の振込時間帯によって入金が確認できる時間の違いや、リアルタイムで送金できる銀行についてみていきます。

当日扱いとなるのは何時までの振り込みになる?

銀行窓口の場合

銀行振込を窓口で手続きをした場合、当然ですが銀行の営業時間内でしかできません。

そのため利用ができるのは、9時から15時までとなります。

ただし、銀行窓口で振込をするときに気を付けなければならないのは、振込の事務処理に時間がかかることです。

窓口で15時に受け付けても、事務処理が間に合わずに翌日扱いとなることがあります。

確実に当日扱いで振り込みをしたいときは、14時までに振り込み手続きをすると良いでしょう。

銀行ATMの場合

銀行ATMの稼働時間は、ATMの設置形態によって変わります。

有人店舗内に設置されたATM、と無人ATMとでは、営業時間が異なるため振り込みできる時間が異なります。

基本的には、振り込みが当日扱いとなるのは9時から15時までです。

また、現金での振り込みか、キャッシュカードでの振り込みかによっても違いますので、それぞれの場合について見ていきましょう。

現金振込の場合

現金振込をする場合は、ATM利用の振込限度額は10万円までです。

10万円を超えるときは窓口を利用しなければいけません。

10万円を超える現金の取扱いは、「犯罪による収益移転防止に関する法律」によって、必ず本人確認が必要とされています。

また現金で振り込みをするときは、多くの銀行がキャッシュカード利用よりも時間が短く設定されています。

例として4つの銀行の振込時間をまとめてみました。

三井住友銀行平日8時45分~18時まで
(他行宛ては15時まで)
三菱UFJ銀行平日窓口営業日18時まで
(他行宛ては15時まで)
みずほ銀行平日15時まで
(他行宛ても同じ)
ゆうちょ銀行平日15時まで
※ただし、14時30分以降は翌営業日扱いになる場合がある
(他行への現金での振込はできない)

現金振込の場合は、時間が限定される銀行が多く、他行宛ては15時までとなっています。

また、ゆうちょ銀行は他行宛てへの現金振込ができないため、利用するときには注意が必要です。

キャッシュカード振り込みの場合

キャッシュカードで振り込みをする場合は、利用するATMによって時間帯が変わります。

銀行ごとに利用時間が設定されていますので、事前に確認することをおすすめします。

幾つかの銀行の振込時間を紹介します。

三菱UFJ銀行24時間 365日
(他行宛ては15時まで)
三井住友銀行24時間
(他行宛ては15時まで)
みずほ銀行0時~15時まで
(他行宛ても同じ)
ゆうちょ銀行24時間
(他行宛ては15時まで)

キャッシュカードを利用すると、同じ銀行内の振込であればかなりの長時間にわたり、即日振込が可能となっています。

ただし、ATMの場所によっては利用できないこともあるため、事前に確認をしておくことをおすすめします。

入金されるまでの時間はどれくらい?

同じ銀行ではどのくらいで反映される?

一般的に同じ銀行間での振り込みは、他行へ振り込みをするよりも処理が早いため、入金の確認が早くなります。

幾つかの銀行について、振り込み反映時間をまとめました。

りそなグループ間での振込手続き後即時入金
ゆうちょ銀行間での振込手続き後即時入金
三井住友銀行間での振込手続き後即時入金
三菱UFJ銀行間での振込三菱UFJダイレクトの即時振込サービスに登録している場合は即時入金

上記の銀行は、入金時間の反映が特に早い銀行となります。

どの銀行も他行宛てには即時入金できない場合が多いため注意が必要です。

他行宛てではどれくらい?

他行に振り込みをする場合には自行宛ての振り込みと違って、入金が確認されるまでに時間がかかるようです。

例えば、三井住友銀行の場合は、自行間の場合は即反映しますが、他行宛ての場合は10分から30分、他行の事情によってはさらに反映までに時間がかかります。

他行の利用者に振り込みをするときは、入金が即時に反映されないことが多いため、振込先の相手が入金を急いでいる場合には注意が必要です。

土日の場合

土日祝日の場合には銀行の営業時間外ですが、同じ銀行間であれば即時入金が可能な銀行もあります。

特にゆうちょ銀行は、ゆうちょ銀行間であれば土日祝日でも、即時に入金が確認できます。

また、ネット銀行の多くが同じネット銀行間であれば、土日祝日に関係なくリアルタイムで入金が確認できます。

関連記事をチェック!

ゆうちょ銀行なら即日入金OKってホント?土日祝日や深夜は?

ゆうちょ銀行の口座へ振り込みをしたとしたら、いつどのタイミングで入金が反映されるものなのでしょうか? 振り込みをしたのに入金が反映されないままだと、不安になりますよね。 ゆうちょ銀行への入...

時間帯によって振込の反映時間が異なる

一般的に銀行の営業時間は、9時から15時までです。

銀行の営業時間内と営業時間外である、15時以降の時間帯によって入金が反映される時間は異なります。

銀行の振込は、平日である月曜日~金曜日の営業時間内に振り込み処理がされます。

したがって、その他の営業時間帯は振り込みをしても、振り込み完了ではなく振り込み予約となってしまう銀行が多いため、急ぎの振込の場合には注意が必要です。

なお、銀行の営業時間によって、振込先の銀行が異なる場合の、反映時間は下記のとおりです。

◇0時から8時59分

銀行の営業時間前の入金は、9時に振込予約の確認がされ、確実に入金が反映されるのは9時10分頃とされています。

銀行によって確認される時間が異なり、10時頃まで入金が確認できないことがありますので注意が必要です。

◇9時から15時

銀行の営業時間ですので、銀行の混み具合によって違いがありますが、ほぼすぐに入金が確認できることが多いでしょう。

ただし他行宛ての場合であったり、15時ギリギリの時間であったりするときは、処理に時間がかかることもありますので、なるべく早めに手続きをすることをおすすめします。

一般的には14時を過ぎると、翌日扱いになる可能性もありますので注意をしてください。

◇15時から0時

銀行の営業時間を過ぎてからの振込は、一般的な銀行では翌営業日扱いになります。

先に紹介しているように時間外であっても、自行間であれば時間外でも利用できる場合や、入金が即時に確認できる銀行もあります。

リアルタイムで送金できる銀行はあるの?

入金がすぐに反映されないこともある通常の振込より、リアルタイムで送金が確認できればとても便利です。

実際にリアルタイムで送金できる銀行があり、ネット銀行から一部の都市銀行間で行われています。

ネット銀行なら24時間可能

携帯やスマホ、パソコンで、インターネットを利用する銀行がネット銀行です。

ネット銀行であれば24時間のリアルタイムで振込が可能です。

ただし双方が同じ銀行でなければ、24時間いつでも利用することができない点に注意しなければなりません。

振込人と送金先がお互いに、同じネット銀行を利用していると、とても便利なサービスです。

24時間リアルタイムで振り込みができるネット銀行の一部を紹介します。

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行

ネット銀行以外でリアルタイム送金ができる銀行もある

ネット銀行のほかに24時間リアルタイムで、振り込みができる銀行もあります。

ネット銀行と同様に、振込人と送金先がお互いに、同じ銀行を利用している場合に限りリアルタイム送金が可能となります。

  • りそな銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

このほかにも各銀行で行っている、即時振込サービスなどを利用することによって、リアルタイムで送金できるところもあります。

即時振込サービスが利用している銀行で、取扱いをしているか確認をしてみることをおすすめします。

まとめ

銀行の振込は、時間帯や振込先の銀行によって変わります。

また窓口やATM、インターネットなど振り込み方法でも、振り込み可能時間は異なります。

またリアルタイムで送金したいときは、相手先と同じ銀行であれば24時間利用ができる銀行もあります。

このほかにも各銀行のサービスによっては、リアルタイムで振り込みが可能な場合もあるため、利用している銀行で確認をしてみることをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1pro-1 aifl-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能