お金に困ったときは「お金がない馬」

1週間1000円以内で過ごすための方法や献立を紹介!

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

給料日までお金がない場合や節約している場合は、1週間を1,000円以内の食費で過ごさなければダメなこともありますよね。

1,000円以内の食費で1週間を過ごすとなると無理なように感じますが、少し工夫すれば、意外と過ごせるものです。

今回は、1週間1,000円以内で過ごすための方法や献立を紹介していきます。

1週間1000円で乗り切ろうと考えている人に役立つ情報です
  • 1週間の出費を抑えたい人
  • 節約の献立を立てる方法を知りたい人

1週間を1000円以内で乗り切る方法は?

日常生活で一番お金がかかる出費は、食費ですよね。

1週間を1,000円以内の食費で乗り切ることを考えた場合、無理だと考える人が多いと思いますが、少し工夫することで、意外と食費を抑えることが可能です。

当然、食事をとらないで食費を浮かせることも可能ですが、それでは健康に影響を及ぼしてしまう可能性があるので、食事をとらないという選択肢以外の方法を紹介したいと思います。

状況によっては実践できない方法もあると思いますが、実践できる状況にいる人は、試してみてください。

会社のまかないなどを利用

会社に勤務している人の中には、会社のまかないや昼食代が給料から天引きになっている人もいるのではないでしょうか。

そのような人は、給料から天引きされる状況を最大限に生かしてみてください。

具体的には、会社のまかないや余った昼食を持ち帰る方法になります。

空のタッパーなどを用意して、まかないや余った昼食を持ち帰るだけなので、とても簡単です。

タッパーは、かさばるから嫌だという人は、ジップロックなどを利用するのも良いと思います。

ただ、周りからは、少し貧乏くさく見えてしまう可能性がありますので、その点は我慢が必要となるかもしれません。

しかし、実践できる状況にいるのであれば、1週間を1,000円で乗り切る最も効率的な方法だと思います。

クレジットカードで買い物

問題の解決にはなっていませんが、現金を使わないという点においては、クレジットカードで買い物をするのもありです。

クレジットカードで買い物をすれば、食費をケチることもないので、一時的にしのぐということに関しては、有効的な手段となります。

ただ、クレジットカードで買い物をする場合は、翌月以降に請求がくることを忘れないでください。

クレジットカードで買い物したものの、支払ができないのでは意味がありません。

ですので、クレジットカードで食費をカバーする場合は、支払がしっかりとできることが前提となることを覚えておいてくださいね。

100円ショップの活用

1週間を1,000円以内の食費で過ごすためには、腹持ちが良く、価格の安い麺類がオススメとなります。

現在は、100円ショップでも食材が売られていますので、麺類を100円ショップで購入することも可能です。

麺類を主食にすることで、1食あたりの食費を40円程度に抑えることも可能ですので、1日3食麺類にすれば、1週間1,000円以内に収めることも可能だと思います。

1週間全て麺類となると、少し味に飽きてしまうかもしれませんが、調理方法を工夫するなどして、飽きないように料理してみるのも楽しいと思いますよ。

1週間1000円以内の献立を考えることも

1週間1,000円以内の食費で過ごすための方法をいくつか紹介しましたが、料理が得意で自炊できる人は、1週間1,000円以内の献立を考えることも可能です。

1週間分の献立を考えてから買い物をするのは面倒という人もいると思いますが、献立はあとから考えるので、意外と簡単に決まります。

というのも、1週間を1,000円以内の食費で抑えるためのポイントは、食材を買う前に献立を決めないことだからです。

つまり、家にある食材で料理を決める方法なので、目の前にある食材で料理を考えればOKということになります。

食材が目の前にあれば、献立は自然と決まってきますので、あれこれと献立に悩むこともありません。

1週間分の食糧はまとめ買い

食材を買うときは、1週間分をまとめて買うようにしてください。

1週間の食費を1,000円以内と決めているのであれば、1,000円分の食材をまとめて買います。

先に紹介したように、100円ショップを利用するのも良いと思いますし、スーパーの特売日を狙って食材を購入するのも良いと思います。

なぜまとめて食材を買うのかということですが、単純に下記のようなメリットがあるからです。

  • 無駄な買い物をしなくてすむ
  • 家に食材があるので、もったいないという心理が働き外食する気がなくなる

当然、1週間を1,000円以内の食費で抑えるのは簡単なことではありませんし、料理の内容に飽きてしまうこともあると思いますが、外食はNGですので、覚えておいてくださいね。

1000円以内の献立で必要な食材は?

1週間を1,000円以内の食費で抑えるための献立は、食材が重要となります。

必要となる食材は、下記のように2タイプに分けてバランス良く購入するのが理想的です。

食材のタイプ食材
主食系お米、パスタ、袋麺など
味のアクセント(調味料)、納豆、卵、芋類、乳製品など

特に、麺類は安く購入することができるので、節約料理には欠かせない食材です。

また、上記は一例になりますが、スーパーの特売日や夕方以降に安くなる肉類などを狙ってまとめ買いするのも良いと思います。

ちなみに、上記の食材の場合、組み合わせを変えることで、味の変化を付けることができます。

例えば、パスタと納豆と醤油で和風パスタにすることもできますよね。

安い食材でも工夫すれば意外と豪華な食事になるので、自分のオリジナル料理を考えてみてはいかがでしょうか。

節約レシピが載っているサイトは?

1週間を1,000円以内の食費で乗り切るための方法や献立の作り方、食材の選び方を紹介してきました。

料理が得意で自炊できる人は、自分のオリジナル料理や創作節約料理を作ることができると思いますが、料理が苦手という人もいますよね。

料理が苦手な人にとっては、どんな節約料理を考えて良いのかわからないという人もいると思います。

ですので、最後に、節約レシピが載っているサイトを一部紹介しておきたいと思います。

◆味の素 Park
◆Cookpad(クックパッド)
◆Nadia

上記は、節約料理のレシピが載っているサイトになります。

料理が苦手で献立が全く思いつかないという人は、上記のサイトを参考にしてみても良いかと思います。

まとめ:工夫次第で1週間1,000円以内は可能

1週間1,000円以内で過ごすための方法や献立作りについて紹介してきました。

1週間を1,000円以内で過ごすのは、簡単ではありませんが、不可能ということでもありません。

当然、我慢しなければいけないことも多いと思いますが、工夫すれば、無理なく1週間を過ごすことも可能です。

また、献立については、安い食材でも創意工夫することで、意外と豪華な食事になります。

自分なりの創作料理を作るのも良いですし、料理に自信のない人は、紹介したサイトのレシピを参考にするのも良いと思います。

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能