お金に困ったときは「お金がない馬」

小学生はネット以外でも稼ぐことが可能?小学生が稼ぐ方法は?

 3.8  (16)
+ この記事を評価する
×
 3.8  (16)

この記事を評価する

決定

小学生は、お小遣いを欲しがる年齢ですよね。

子供のお小遣いが以外と家計に響くという親御さんも多いのではないでしょうか。

しかし、もしも子供が自分でお小遣い分を稼いでくれれば助かりると思いませんか?

今回は、小学生でも稼ぐ方法があるのかを紹介していきます。

小学生で稼ぐ方法を知りたい人に役立つ情報です
  • 小学生で稼ぐ方法があるのか知りたい人
  • ネット以外で小学生でも稼げるのか知りたい人
  • 小学生がどのくらい稼げるのか知りたい人

小学生が稼ぐのはネットが一番

小学生でもお金を稼ぐ方法があるのか?という疑問を持っている人が多いようです。

結論を先に言えば、小学生でも自分のお小遣い程度は稼ぐことが可能です。

基本的に、小学生のアルバトは法律で禁止となっているので、小学生が普通に雇用されて賃金を稼ぐのは厳しいです。

しかし、今は、インターネットを利用してお金を稼ぐことができるので、小学生でもお金を稼ぐ方法はいくつかあります。

と言うことで、ここでは、インターネットを利用して稼ぐ代表的な方法を紹介していきます。

オススメはポイントサイト

最も代表的かつ、作業が簡単なインターネットを使った稼ぐ方法は、ポイントサイトの利用です。

ポイントサイトは、「アンケートに答える」「ゲームをする」など、いくつかポイントが貯まる作業が準備されていますので、後は、実行するのみです。

基本的に、専門的な知識を必要としませんし、簡単な作業をこなすだけで、1日100円以上を稼ぐのもそれほど難しくありません。

ただ、ポイントサイトの中には、年齢制限を設けているサイトもあるので、少し注意が必要かもしれません。

年齢制限については、サイトによって異なりますし、親の同意があれば利用できるサイトもあるので、サイトの利用条件は確認するようにしてください。

また、ポイントサイトには、ポイントを現金化させない詐欺まがいのサイトもあるので、優良サイトを見極める必要もあることから、最初は、親御さんが一緒に探してあげる方が良いと思います。

ちなみに、ポイントサイトとして有名な「げん玉」というサイトは、しっかり現金化できる優良サイトで、年齢制限もありませんので、小学生が利用するにはオススメのサイトですよ。

アフィリエイトは現実的に厳しい

インターネットで稼ぐといえば、アフィリエイトをイメージする人も多いのではないでしょうか。

小学生がアフィリエイトで稼ぐのは可能ですが、現実的には厳しいかもしれません。

と言うのも、ウェブサイトの作成サービス自体は、年齢制限がないので小学生でも利用可能ですが、広告代理サービスのASPは、18歳以上の年齢制限を設けている場所が多いからです。

なにより、アフィリエイトで稼ぐためには、ある程度、アフィリエイトの知識が必要となります。

とは言え、アフィリエイトで稼いでいる小学生がいないわけではないので、子供のやる気次第で稼げる可能性は十分あります。

小学生でも1万円以上は稼げる?

小学生がインターネットを利用してお金を稼ぐ場合、どのくらいのお金を稼ぐことができるのか気になりますよね。

基本的に、インターネットを利用してお金を稼ぐ場合は、本人のやる気次第となりますが、小学生が稼げる現実的な金額としては、月3,000円から5,000円程度だと思います。

ただ、小学生は、土日、祝日は休日ですし、拘束されるのは学校のみなので、大人と違い自由な時間が多いです。

自由な時間が多いということは、その分、お金を稼ぐ時間に使えるといことなので、月1万円以上を稼ぐことも可能だと思います。

とは言え、小学生のうちは、遊ぶことも大切なので、稼がせるために無理強いすることがないようにしてくださいね。

親の監視は必要

小学生がインターネットで稼ぐ場合は、ある程度、親の監視が必要となります。

と言うのも、インターネットを利用して稼ぐ場合、アマゾンギフトや電子マネーなどに交換することが可能だからです。

直接現金を得るためには口座が必要となるので、それほど気にしなくても良いと思いますが、アマゾンギフトや電子マネーなどは、口座を必要としません。

つまり、親にバレないでお金を稼ぐことも可能ということです。

例えば、電子マネーを利用した場合、文房具などを買うために親からお金をもらい、実際の支払いは電子マネーを使うという方法をとれば、現金を得ることも可能です。

小学生だって、自由に使えるお金は欲しいはずです。

親に隠れてお金を稼ぐようになると、危険なサイトを利用してしまう可能性もあるので、トラブルになる恐れもあります。

ですので、小学生がインターネットを利用して稼ぐのであれば、親の監督義務が生じることは覚えておいてくださいね。

ネット以外で稼ぐことは可能?

小学生がお金を稼ぐ方法は、インターネット以外にあるのかということですが、基本的に中学生以下を雇用することは法律で禁止されているので、当然、小学生が普通に働くのも禁止されています。

ただ、条件はいくつかありますが、映画や演劇に関しては、小学生でも例外として働くことを認められています。

TVで子役などが活躍しているのは、例外として法律で認められているからということになります。

ですので、小学生がインターネット以外で稼ぐには、子役などの演劇関係をさせるしかないということになります。

ちなみに、中学生になれば、「軽易で健康と福祉に有害でない仕事」については、労働基準監督署の許可を得ることで可能となります。

当然、許可を得るにはいくつか条件をクリアしなくてはいけませんが、中学生になれば、法律上は働くことが可能となります。

資産運用は小学生でもできる

お金を稼ぐ方法は、雇用されて働く以外に資産運用という方法もありますよね。

基本的に、証券口座の開設は、18歳以上となるので、小学生が資産運用を行うのは難しいですが、SBIやマックスなどは、例外として、親の同意があれば口座を開設することができます。

ですので、小学生が資産運用を行うことも可能です。

ただ、資産運用を行うのは、リスクがありますし、高度な専門的知識を必要とするので、小学生が利用するのは現実的に厳しいかもしれません。

しかし、世界的に見ると、資産運用に対する日本の教育は遅れているといわれています。

海外では、資産運用をしている小学生もいますので、リスクはありますが、向学のために資産運用をさせてみるのも、アリかもしれません。

まとめ:小学生が稼ぐならポイントサイト

小学生がお金を稼ぐことについて紹介してきました。

小学生は、基本的に雇用されて働くことが禁止されていますので、普通に労働で賃金を得るのは難しいと思います。

しかし、今は、インターネットを利用した稼ぎ方ができるので、小学生でも稼ぐことは可能です。

特に、ポイントサイトは、難しい作業がありませんし、小学生がインターネットで稼ぐには一番オススメの方法となっています。

ただ、小学生の本分は、よく学び、よく遊ぶことだと思いますので、インターネットを利用して稼ぐのはほどほどにする方が良いと思います。

 3.8  (16)
+ この記事を評価する
×
 3.8  (16)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。