お金に困ったときは「お金がない馬」

お金がない年末はこう乗り切れ!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

年末には、クリスマスや忘年会などの様々なイベントが目白押しです。

しかし、それらの楽しいイベントのせいで気づけば財布の中身はすっからかん…といった状態になりやすいのも、また事実です。

そこで今回は、年末にお金がなくなってしまった際の乗り切りかたについて、説明していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 愛媛銀行でキャッシングを考えている人
  • 愛媛銀行のクレジットカード利用を考えている人

年末にお金が足りなくなる理由

まずは、年末にお金が足りなくなる理由について考えていきましょう。

様々なイベントごと

冒頭でも少し触れましたが、年末にはイベントが盛りだくさんのため、自然とお金が減っていきやすい環境になってしまっているのです。

クリスマス・忘年会はもちろん、各地で行われているイルミネーションに様々な「冬休み○○大会」などなど…ついつい足を運んで楽しみたくなるようなものばかりです。

「そんなものは彼氏や彼女がいるリア充だけの話じゃないか」と思われたそこの独り身のあなた、年末には年に2回開催されるコミケのうちの1回が開かれるのを、お忘れではありませんよね。

むしろコミケでの出費は、クリスマスプレゼント・忘年会・イルミネーションデートの全てにかかる費用をはるかにしのぐことも、珍しくはないはずです。

このように、年末にはどのような人に対しても、自然と財布の紐を緩くさせてしまうような罠が待ち構えているのです。

年末のバーゲン

また、年末の散財理由として忘れてはならないものの1つに、バーゲンが挙げられます。

日本人はこの「バーゲン」という単語に非常に弱く、そこに「売り尽くし」とか「大特価」とか書かれたら、もう財布の紐はないも同然になってしまいます(実際筆者がそうなのですが…)。

そして、これは年末に限ったことではないのですが、バーゲンが危険なのは「安くなっているのだから買わなければ損」という雰囲気が、自然と醸成されているからです。

よくよく考えれば、必ず買うと決めているものでもない限りは「安い時に買わないのは損」なんてことはあり得ないのですが、バーゲンにはそんな考えを押し殺させてしまう魔力があるのです。

そして毎年毎年数多くの人が、年末バーゲンの魔力にやられてしまい、散財するという道をたどってしまうんですね。

何となく浮かれ気分で

そして、「年末特有のふわふわした雰囲気」というのは、バーゲン会場のみならず日常生活にまで侵食してきます。

少し胸に手を当ててみて考えていただきたいのですが、普段なら必要性や値段など様々な観点から買わないであろう商品を、「年末だし奮発するか」という謎の理由で購入したことはないでしょうか。

おそらく、ほとんどの人に心当たりがあると思います。

様々なイベント等で使ったお金はしっかり管理していても、普段の生活での出費はあまり気にしないような人であれば、「あれ?いつの間にこんなにお金減ったんだろ?」ということになってしまいかねません。

当てにしていた年末調整の還付金がなかった

会社で年末調整をしてもらうと、税金を支払いすぎてしまっていた人は、払いすぎていた分だけ返金してもらえる、いわゆる「還付金」を受け取れます。

年末には還付金が返ってくるから大丈夫だと思っていたのに、給与明細を確認すると還付金の「か」の字もなければ、当てにしていたお金がなかった分、金欠になってしまいます。

ただ、還付金は税金を支払いすぎていた人にしか返ってこないお金ですので、人によっては還付金がないことも十分あり得ます。

また、還付金は税金関係の計算をきっちり行った後に振り込まれるので、会社によっては12月ではなく1月の給料に上乗せされて振り込みになるケースもあります。

特に、転職したばかりで転職前は還付金を12月に受け取っていたというような人が陥りやすい罠ですので、勤務先が変わった場合には、還付金の扱いはきちんと確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

年末は企業からしても書き入れ時

年末に「お金を使ってしまいやすい空気」が流れているのは、ある意味消費者の購買意欲の集合体が作り出した空気が、そこにあるからです。

しかし元をただせば、そのような空気を作り出すように仕向けているのは、企業側です。

年末年始には、お金を使いやすいイベントがたくさんある上に、冬のボーナスが出た直後でもあるので、企業からすると絶好の書き入れ時でもあるんですね。

企業には、人間心理を基にしたマーケティング担当の部門がありますから、彼らが消費者の心理をたくみにくすぐるようなプロモーションを行えば、消費者としてはひとたまりもありません。

「年末の出費なんて財布の紐をしっかりガードしておけばなんてことはない!」という人もいるかもしれませんが、相手はその紐をほどくプロですから、かなり分の悪い勝負になってしまうのです。

企業から仕掛けられる出費の誘惑に勝つためには、財布をガムテープでぐるぐる巻きにするぐらいの気持ちが、必要かもしれませんね。

年末貧乏の原因、それ…本当に必要?

ではここで、年末に発生する出費の中で、「それ本当に必要かな?」と思えるようなものをいくつか挙げていきましょう。

これらをカットできれば、年末にお金が無くなるという状況を回避できるかもしれませんよ。

繰り返し行われる飲み会

まずは、年末の風物詩とも言える「何かと理由を付けて行われる飲み会」です。

忘年会はもちろん、送別会・クリスマス独り身会や、中にはバーゲンで買い物をした後に「バーゲンお疲れ様会」などという名目で、飲み会を行う人もいるようです。

もちろん、飲み会自体は楽しいものですし参加したい気持ちは分かりますが、繰り返し行われる飲み会全てに参加していたら、それだけでかなり大きな出費になってしまうのも事実です。

重要度や参加メンバー等を慎重に吟味して、参加する飲み会を絞っていくことで、年末のお財布にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

豪華なおせち料理

年始に欠かせないものの1つにおせち料理がありますが、最近ではデパ地下や割烹店などが手掛ける豪華なおせち料理が、おせち料理の1つのジャンルとして定着しつつあります。

日本人として、古来より伝わる風習を大事にしていくことは非常に重要ですが、そのような豪華で高価なおせち料理を注文することによって金欠になっているのであれば、それは本末転倒な気もします。

年末が近づくにつれて、テレビや雑誌で大々的に豪華なおせちが取り上げられるようになるため、気になる気持ちはもちろん分かりますが、自分の身の丈にあったものを選ぶことが重要です。

あなたが今選ぼうとしているそのおせち料理、本当にそれじゃなきゃダメですか?

年末ジャンボの購入

年末の風物詩と言えば、「年末ジャンボ」を忘れてはいけません。

一等とその前後賞を当てることができれば10億円の賞金…まさに「宝くじ」と呼ぶにふさわしい金額ですよね。

しかしほぼ大半の人は、追い求めている夢が毎年毎年儚くついえるというのが、現実です。

お金がないからこそ、宝くじで一獲千金を狙いたくなるという気持ちはもちろん分かるのですが、宝くじを買わなければあれもこれもできた…と考えることもできるはずです。

試しに今年の年末は、年末ジャンボに費やしていたお金を手元にキープしてみませんか?

もしかしたら、年末がいつもより少し楽になるかもしれませんよ。

年末年始特有の事情にも注意

年末年始と言えば、実家への帰省にお年玉という家族・親戚ぐるみでの付き合いも欠かせません。

しかし、ここにもお金が無くなっていく原因が潜んでいます。

帰省タイミングはずらせないか?

「帰省ラッシュ」という言葉もあるぐらい、年末年始は大半の人が実家・故郷に戻っていきます。

しかし、だからこそその時期の飛行機・新幹線の値段は、割高な設定になっているのです。

しかも、普段なら新幹線では自由車やせいぜい指定席を利用している程度なのに、年末年始で席が埋まっておりグリーン車しか空いていなかったりすると、支払わなければならない金額はさらに高くなります。

親戚一同が年末年始に集まることを決まりにしているような家族であれば、そのタイミングをずらすことは難しいかもしれません。

しかしそうではない場合は、少し早めにor年が明けて少し経ってから帰省することも、検討してみてはいかがでしょう。

それだけで、実家への往復費用をグッと減らせて、なおかつゆったりと帰ることができるようになるかもしれませんよ。

お年玉も見栄を張らないように

帰省してたくさんの親せきの子供を前にすると、否が応にも「お年玉」のことを考えざるを得なくなります。

子供の数が多かったり子供がある程度の年齢になっていたりすると、それだけたくさんのお金をお年玉に充てなければならなくなりますが、実はお年玉の金額に影響を与える要素は、「子供の数や年齢」だけではないのです。

もう1つ、「他の親御さんがお年玉として子供にあげている金額」というのが重要な要素としてあり、どうしても他の親と同じぐらいの金額は渡してあげないと…という気持ちになってしまいますよね。

しかし、お年玉をあげすぎて自分の生活が苦しくなってしまっているのでは、本末転倒としか言いようがありません。

お年玉は、あくまでも「気持ち」を渡すものであり、金額の多寡が重要なのではありません。

見栄を張らずに、自分の生活に影響を与えない程度の金額におさめておくようにすることも、重要ですよ。

お年玉の平均金額

お年玉の平均金額がいくら位かは、子供達の年齢によっても変わってきます。

一般的には、子供が小学校低学年~中学年の場合は、「学年×1,000円」(小学校3年生なら3,000円)程度が目安で、それ以降は1万円というのが1つの目安となっているようです。

それぞれの家庭環境によって、この平均値とは大きくずれた金額になっている家庭もあるとは思いますが、お年玉の金額を決定する際の1つの目安としてみてくださいね。

年末に節約するための工夫

年末にお金が無くなる理由については、なんとなくお分かりいただけたかと思います。

では、出費を抑えて年末を乗り切るための方法について、考えていきましょう。

飲み会は回数を減らすor早めに帰る

まずは、年末に欠かせない飲み会への対処の仕方です。

先ほども少し触れましたが、まずは参加する飲み会をしっかり吟味するということが、非常に重要です。

そして、飲み会は1次会から始まり2次会、3次会…と続いていきますが、できる限り1次会で帰るようにすることが重要です。

○次会は、参加すればするほど当然お金はどんどんなくなっていきますし、後半になって人が減ってくると、人が多い時には遠慮して行けなかったお金のかかる店に行こう、というようなケースも出てきます。

参加している人との関係上、途中で帰りづらいということもあるかもしれませんが、そんな時でも最低限終電には間に合うようにすることで、キズが開きすぎることを防げます。

飲み会は、「参加する回数」と「何件目まで付いていくか」ということを、しっかりコントロールすることが重要だと言えるでしょう。

「人は人、自分は自分」の精神

年末は誘惑が多いタイミングであるということは、先ほども触れたとおりです。

「友人がバーゲンで○万円分も買い物をした」「会社の先輩が高級なおせち料理を予約した」「知り合いのカップルが有名なイルミネーションを見に行った」などのようなことを聞けば、「じゃぁ自分も!」と思いますよね。

しかし、そういう誘惑に流されずに「人は人、自分は自分」という気持ちをしっかり持っておくことが、節約するためには重要になります。

人の話を聞いて、それに釣られて行動しているようでは、庭に油田を掘り当てても足りないぐらいの出費が発生してしまいます。

財布にお金を入れすぎない

そして、あらゆる状況で意識しておきたいのは、財布に入れるお金は必要最低限にとどめておく、ということです。

年末の空気というのは、財布の紐を緩くする魔力を持っていますが、紐が緩くなった財布の中にお金が入っていなければ、使いようがありませんからね。

「そうは言ってもキャッシュカードがあったら降ろせちゃうし…」という人は、いっそのことキャッシュカードは家に置いた状況で、外出してしまいましょう。

そうすれば、財布の中に実際にある現金以上の出費は発生しないはずです。

目当ての物を買い終えたらさっさと家に帰って、余計な出費をする機会を極力減らしてしまうのも、効果的ですよ。

年末年始の金欠をやり過ごす方法

実際に年末年始に金欠になってしまったら、「お金がない…」と嘆いていてもどうしようもありません。

年末年始の金欠を、何とかやり過ごすための方法について、考えていきましょう。

買い物はクレジットカードで

クレジットカードを利用すれば、買い物の支払いをすべて後払いにできるので、金欠状態を乗り切るための方法としては、非常に便利な方法です。

また、クレジットカードにはショッピング時に利用するショッピング枠だけでなく、キャッシングを行えるキャッシング枠の機能もあるので、いざというときにはお金を借りて対処できます。

社会人のかたであれば、クレジットカードを持っている人が大半だと思いますので、クレジットカードをフル活用して年末年始を乗り切りましょう。

ただし、年末年始に使った分の支払いは、当然ながら後日請求されますので、そのときの引き落としにはきちんと備えておかなければなりませんよ。

口座からお金をすべて引き出す

「お金がない」というのは、「自由にできるお金がない」という意味のこともあり、そういうときには得てして「口座引き落としなどに備えて手を付けられないお金」があるものです。

たとえば電気代やガス代・家賃などを、口座引き落としで支払うようにしている人は多いですよね。

そこで、そういった引き落としに備えて口座に入れてあるお金を、すべて引き出してしまいましょう。

口座引き落としで支払われるはずだったものは当然支払われなくなりますが、その分のお金を利用できるようになるので、年末年始は乗り切れるでしょう。

次の給料日にお金が入ったら、支払いをできていなかったものをすべて支払うようにすれば、一件落着です。

しかし、クレジットカードの支払いなどは、返済が遅れてしまうと信用情報にそのことが記載されてしまい、いわゆる「ブラック状態」になってしまう可能性があります。

口座引き落としで、クレジットカードやローンの支払い・返済を行っている場合は、この方法は行わないほうが賢明です。

短期の日払いバイトをするのも◎

お金がないのであれば、どうにか工夫して乗り切るよりも、お金を稼いでしまうことを考えたほうがいい場合もあります。

年末年始には、短期の日払いバイトがたくさん募集されているので、そういったバイトで働いて手っ取り早くお金を稼いでしまえば、金欠で苦しまなくても済むでしょう。

日払いバイトには、資材・機材の搬入といった肉体労働系のバイトから、データの調査・入力といったようなオフィスワーク的な仕事まで、さまざまなものがあります。

働く場所・時間・時給・仕事内容などを吟味して、自分ができそうなバイトを選んで働くといいでしょう。

短期の日払いバイトを利用するというのは、年末年始に限らず有効な方法なので、金欠になった場合の打開策として覚えておくと助かると思いますよ。

お正月のお金の準備にはカードローンも検討してみて

ここまで色々な対策を紹介してきましたが、それでもなお年末の魔力に負けて出費をしてしまった…という人も多いと思います。

しかし、そのような金欠の状態で年末年始を過ごすのは不安だというのであれば、一時的にカードローンの利用を検討してみてもいいかもしれません。

カードローンやキャッシングには、多少ダークなイメージや怖いイメージを持っている人もいるかもしれません。

ただ、多額の金額を借り入れるわけではなく、年末に少し遊ぶぐらいの金額しか借り入れないのであれば、返済時の負担もそこまで重くなることはありません。

お金が無いからという理由で、みんなが楽しく過ごしている年末に一人家で引きこもっているのは、なかなか辛いものです。

多少返済の負担を負うことにはなりますが、カードローンやキャッシングを利用することで、年末年始をより自由に楽しく過ごせるのであれば、安いものではないでしょうか。

初めての利用であれば、初回無利息サービスが利用できる可能性が高いので、期間中に返済することによって利息の負担を無くすことも可能ですよ。

年末年始の営業時間には注意

ただし、カードローンやキャッシングのサービスを取り扱っている銀行や消費者金融も一般の会社であり、年末年始は常に営業しているというわけではありません。

特に、12/31~1/3はどこも新規の借り入れを行うことは難しいので、大みそかに急にお金が入り用になったからといって申し込みを行ったとしても、年内には間に合いません。

「このまま行ったらお金が足りなくなりそうだなぁ…」と思うタイミングがあれば、転ばぬ先の杖として早めに申し込んでおくことをオススメします。

仮に申し込んだとしても、実際に借り入れを行わなければ返済の義務は発生しません。

予想通りお金が足りなくなったら、その時初めて借り入れを行えばいいですし、借り入れをせずに乗り切れそうなのであれば、それに越したことはありませんからね。

実際に各金融機関でいつまで申し込み・借り入れが行えるかに関しては、それぞれのホームページ等で確認するようにしてください。

年末年始のお金のかからない楽しみ方

お金がないからといって、年末年始に何もできないというわけではありません。

お金がないならないなりに、楽しめる方法はあるものです。

お金を使わない贅沢としては、日帰りでの旅行などが挙げられるでしょう。

宿泊施設を利用するとなると、一気にお金がかかってしまいますが、日帰りでの旅行であれば、意外とリーズナブルに行けるものです。

旅行まで行かずとも、目的地を決めてちょっとしたドライブをするだけでも、十分楽しいですよね。

また、近所にスーパー銭湯があるなら、そこで一日中楽しむというのも、あまりお金をかけずに楽しめる方法です。

スーパー銭湯には、いろいろなアミューズメント施設が併設されていることも多いですし、館内着でのんびりできるような広々としたスペースもあります。

子供は子供で楽しめますし、大人も子供の面倒を見ずにリラックスできるので、非常に理想的な環境と言えるでしょう。

二度と年越しのお金がないなんて言わないために

本来であれば、正月・大晦日という特別な時期にお金の心配をするというのは、なかなか世知辛いことです。

「正月なのにお金がないから何もできない…」そんな状態に今後二度と陥らないためにも、翌年以降注意すべきポイント・行うべきことについて、考えていきましょう。

年末年始の支出を把握する

年末年始にお金がなくなってしまうのは、年末年始に使うお金を甘く見ているからかもしれません。

もろもろのイベントごとでお金を使うのはもちろん、実家に帰省するのであれば往復の交通費も必要になりますし、繁忙期ということで交通費は普段よりも高めの設定になっています。

また、文中でも紹介した高級なお節料理を購入するような場合は、出費も跳ね上がります。

年末年始を迎える前に、どのような予定があってどれくらいお金を使いそうかということをリストアップしていき、それに備えて早めからお金をキープしておくようにしたいですね。

特別支出分として給料から毎月貯蓄をする

年末年始に向けてお金を貯めようと考えても、それを決めたのが10月や11月なのであれば、満足のいく予算は確保できそうにありません。

「来年こそは満足のいく年末年始を過ごす!」と思うのであれば、1月から次の年末年始に向けて、お金を貯蓄していくぐらいの計画性が欲しいですね。

たとえば、毎月の給料から1万円ずつ年末年始用のお金をストックしておくようにすれば、12万円分を無理なく確保できるでしょう。

月によっては年末年始用のお金を貯蓄するのが難しいこともあると思いますが、そこは家計管理の腕の見せ所ですね。

まとめ

以上、年末にお金が無くなってしまう原因やその際の乗り切りかたについての説明でした。

年末年始は1年の中でも特に重要なタイミングであるため、できればお金には余裕をもった状態で過ごすようにしたいですが、毎年毎年そんなベストの状態で過ごせるとも限りません。

お金が無いなら無いなりの乗り切りかたがあるので、今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能