お金に困ったときは「お金がない馬」

高く売れるお金って何?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

すぐにお金が欲しいけど、そんなあてはない。

そう思っている方は自分の財布の中を見てください。

いつも見慣れたお金がビックリするような高い金額で売れる可能性があるかもしれません。

そこで今回は高く売れるお金を硬貨に絞って徹底解説していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

  • 高く売れるお金のことを知りたい
  • エラー硬貨など具体的にいくらで取引されているか気になる
  • 現在持っているお金を将来高く売るためのポイントが知りたい

高く売れるお金の特徴

お金を売ってお金を稼ぐなんて一見変な感じもしますが、お金には驚くようなプレミアが付いているケースがあります。

日本の硬貨は国内にいくつかある国立造幣局で製造されていますが、製造過程でごく稀に起こるエラーで規格外の硬貨が製造されることがあります。

これらの硬貨は大抵の場合は流通されることなく除外されますが、ごく稀に市場に出てしまうこともあります。

これら硬貨はエラー硬貨またはエラーコインと呼ばれ、その希少性の高さからプレミアが付き、コイン収集家の間で高値取引されます。

またその希少性の高さにおいて、下記のような発行部数が限定されているものも同様にプレミアものです。

  • 発行枚数が少ない硬貨
  • 発行枚数限定の記念硬貨

ではこれらプレミア硬貨にはどのような特徴があるのかを説明していくことにしましょう。

製造過程のミスによるエラー硬貨

エラー硬貨には様々なものがあり、その希少性の高さによって、取引される金額に違いが見られます。

そこでどのようなエラー硬貨があるのかを紹介していきながら、その商品価値について見ていくことにしましょう。

エラー硬貨の種類

エラー硬貨には下記のものが存在します。

  • 穴なし 50円玉のように本来あいている穴があいてない硬貨
  • 穴ズレ 50円玉のように穴が本来あいている場所にあいてない(ズレている)硬貨
  • 影打ち 表裏がともに同じデザインになっている硬貨
  • 刻印ズレ デザインがズレて刻印されている硬貨
  • 傾打ズレ 表裏でデザインがズレている硬貨
  • 裏写り 表裏のデザインが一面に刻印されている硬貨
  • ヘゲ 刻印の一部がめくれ上がっている硬貨

この中でも最も希少性が高いと言われているのが穴なし硬貨と影打ち硬貨で、安くても20万円以上の高値が付くと言われています。

また、まったく刻印が見られないほどの刻印ズレをした1円玉が280万円もの高値で取引されたケースが報告されていることからも、取引価格を決定するのは希少性の高さが重要なポイントとなるのは明らかです。

発行枚数が少ない硬貨

発行枚数が少ない硬貨も希少性の高さからプレミア価値が付きます。

発行される硬貨の枚数は毎年同じではありません。

下記は年代別による1円玉の発行枚数です。

  • 昭和64年 116,100枚
  • 平成12年 12,026枚
  • 平成23年 456枚
  • 平成24年 659枚

発行年数によって製造枚数に違いがあることがお分かりいただけるでしょう。

特に平成23年、24年は極端に発行枚数が少ないため、取引価値が高くなっています。

製造年が査定額に大きく影響するのは、この発行枚数の違いが大きく影響しているのです。

発行枚数限定の記念硬貨

万博やオリンピックなど日本で行われる様々な催しに合わせて発行される記念硬貨も発行枚数限定ならばプレミア硬貨として取引されます。

実際に「第5回アジア冬季競技大会」に合わせて発行された1,000円銀貨幣は、150倍もの約150,000円という高値が付けられています。

この1,000円銀貨幣は発行枚数限定な上、日本で初めて発行されたカラーコインというという点が評価されてのことでしょう。

また先に紹介したエラー硬貨の購入層はコイン収集家だけ限定されてしまいますが、記念硬貨を求める人はコイン収集家に限定されません。

記念品を集めているコレクターに対しても、記念硬貨は価値のある品物であるため、需要が他の高価よりも高めです。

この点は先に紹介したエラー硬貨や発行枚数の少ない硬貨と大きく違う点でしょう。

家にある記念硬貨に興味がなく使用を考えている方は、まずその記念硬貨がいくらで取引されているのかを確認してみることをおすすめします。

使用されている素材が違う硬貨

通常硬貨に含まれている素材は、アルミやニッケル、銅など価値の低い金属ですが、古い硬貨や記念硬貨を中心に、金銀などの価値の高い素材を使った硬貨があり、コレクター価値の他に素材の価値自体が高いものもあります。

古いお金の場合、金貨や朱銀などは素材としての価値が高く、美品の場合には骨董品としての価値も加わるため、一気に価格が高騰します。

珍しい記番号の紙幣

硬貨よりも数は少ないですが、紙幣に関しても高額取り引きされるものがいくつか存在します。

代表的な高額取り引きされる紙幣が、珍しい記番号の紙幣です。

紙幣の左上と右下には、偽札を防止する目的でアルファベットと数字の記番号が必ず表記されています。

この記番号がぞろ目であったり、先頭と最後のアルファベットがそろっていたりすると、プレミア価値が付くため、額面の2倍以上の金額で取引される可能性があります。

ただし、紙幣の場合には高額買取される対象は、未使用かつきれいなピン札である必要があるため、折れ目などがあるだけで価値が下がってしまうため、紙幣買取で高額を手にするのは少し難しいです。

美術品としての価値があるものもある

現在硬貨として活用できるものは、昭和23年に発行された五円硬貨が最も古く、それ以前に発行された効果は古銭と呼ばれ、一般の買い物で使うことはできません。

しかし、古銭の場合にはコレクターとしての価値だけではなく、美術品としての希少価値がある可能性もあるため、専門の市場で取引を行うことをおすすめします。

本物の古銭や小判と査定されれば、数十万円から高いものでは100万円以上の価格で取引される可能性まであります。

現行硬貨の希少年代と価格例

記念硬貨でもなく、エラー硬貨でもない現在発行されている硬貨にもプレミアムがつくものがあります。

先に説明したように発行枚数の少ない発行年数のものが対象となります。

これなら探してみれば持っていたという可能性も十分考えられるので、家にある硬貨を手元に集めてチェックしながら見ていくのもいいでしょう。

まずは、1円玉から確認していきましょう。

1円玉

硬貨の種類発行年数と発行枚数
1円玉平成13年:約20円
平成21年~25年:約400円

1円硬貨は硬貨の価値自体が低いため、希少価値の高い硬貨であっても金額はそこまで大きくなりません。

それでも、平成21年~25年は極端に貨幣の発行が少なかったため、元の価格の400倍もの価格が付くためねらい目と言えます。

5円玉

硬貨の種類発行年数と発行枚数
5円玉平成12年:約25円
平成21年~25年:約2,000円

5円玉も1円玉と同じで貨幣自体の価値が低いため、年代だけでは高く売るのは難しいです。

しかし、平成21年~25年のものは高値で取引されていますし、穴ずれや穴なしなどのエラー硬貨の発行も行われているため、他の硬貨よりも一獲千金を狙える硬貨とも言えます。

10円玉

硬貨の種類発行年数と発行枚数
10円玉昭和33年:約100円
平成21年~25年:約1,400円

高額な10円玉と言えば側面に溝が付いている「ギザ10」を思い浮かべる人が多いですが、発行枚数の関係上多くのギザ10は20~50円程度でしか買取してもらえません。

ただし、昭和32年と33年は発行枚数が少ないため、他のギザ10よりも高額で買取りを行ってもらえるので、ギザ10を手に入れたときにも発行年数を良く確認しましょう。

50円玉

硬貨の種類発行年数と発行枚数
50円玉昭和62年:約4,000円
平成21年~25年:約1,400円

昭和62年の50円玉は額面の80倍となる約4,000円と高値が付いていますが、元々の額面が小さいため売っても大きな儲けにならないのは少々残念なところです。

ですがこの年の50円玉は一般流通用に造幣されたものではなく、貨幣コレクション用に造幣されたもののため77万5,000枚と特に発行枚数が少ない上、パッケージ仕様となっています。

パッケージのままなら8,000円以上、鏡面仕上げが施されたプルーフミントセットならば20,000円以上の高値が期待できます。

100円玉

硬貨の種類発行年数と発行枚数
100円玉平成13年:約130円
平成14年:約110円

100円玉は毎年大量に発行をしている関係上、特定の製造年だけ価格が高騰することはあまりありません。

もしも、100円玉で高額な効果を探しているのであれば、旧柄の100円硬貨を探すと良いでしょう。

旧100円玉は銀含有量が現在の硬貨よりも格段に多いため、硬貨のコレクターとしての価値と併せて高値で取引されています。

500円玉

硬貨の種類発行年数と発行枚数
500円玉昭和62年:約1,400円
昭和64年:約550円

500円玉も発行枚数が多く、歴史も短い高価であるため、現在のコレクター価値はあまり高くありません。

ただし、旧絵柄で発行枚数の少ない昭和62年のものは、価値が上昇しているため、探してみるのもおすすめです。

そして50円以下の硬貨については、平成21年から25年までのものは発行枚数が少ないことから、高値が期待できるので覚えておいて気にかけていれば見つかる可能性も高くなってくるでしょう。

塵も積もればなんとやらを目標に頑張って集めてみるのもアリですね。

お金を高く売るための注意点

硬貨の取引価格はここまで説明してきたように希少性が一番のポイントとなってきますが、同じ状態の硬貨だからと言って全てに同じ買取額となるわけではありません。

取引価格は鑑定士の判断次第で大きく違ってきます。

その鑑定で一番重要なポイントとなってくるのが硬貨の品質です。

これは高価買取してもらうにも、是非押さえておいて欲しいポイントと言えるでしょう。

ここではその品質を維持するための方法について説明していきます。

保管方法がポイント

たまたま巡ってきた硬貨がプレミアム硬貨だったという場合には今更状態を気にしてもどうしようもありませんが、将来の値上がりを期待して記念硬貨を買うなどコイン収集するときは、品質を落とさないために保管方法が重要になってきます。

その保管方法でポイントとなるのが下記の2点です。

  • 空気から遮断する
  • 直接素手で触らない

具体的にどのような対策をするか解説します。

空気から遮断する

硬貨は日光を直接当てると変色する上、空気に触れさしたままにしておくと酸化してさび付いてしまいます。

また空気の流れによる風化や湿気等で劣化を起こします。

硬貨の保管となればコインホルダーが思い浮かぶでしょうが、品質第一に考えるのならば専用ケースがおすすめです。

ビニールは品質を劣化させますし、空気から完全に遮断することはできません。

場所を取らず、鑑賞にも適していますが、密閉状態で長期保管が可能な専用ケースならば品質劣化を一番抑えることができるでしょう。

直接素手で触らない

コレクターなら見ているだけでなく、直接手に取って触って見たいと願うのは当然です。

しかし、これは空気に触れさせてしまうことになるのでおすすめできません。

ですがどうしても触りたいという場合には、絶対に直接素手で触ることだけは避けましょう。
直接素手で触ると手の脂で硬貨が変色してしまいますし、古い硬貨は表面の欠けや破損がおきやすいので手袋を付けて慎重に掴むようにしてください。

売る時はクリーニングした方がいいの?

古いプレミアム硬貨を高く売るために、少しでも綺麗にしておいた方が良いのではと考える方は多いでしょう。

しかし、硬貨の鑑定では良かれと思ってやったクリーニングが悪影響を及ぼすことが大半です。

鑑定してもらうのが古銭の場合には、絶対にクリーニングは厳禁となります。

古銭は黒ずみや汚れが古銭ならではの良さであり、クリーニングによって欠けや破損を起こしてしまう可能性があるからです。

また古銭以外でもクリーニング時の研磨等でさらに傷が増えてしまったり、変色を起こしてしまったりすることが多いので、却って硬貨価値を落とすリスクが生じます。

硬貨はそのままの状態で鑑定してもらうのが一番おすすめです。

クリーニングで価値を引き下げるリスクのないよう、この点はしっかりと覚えておきましょう。

プルーフ貨幣を持っておくのも良い

「奇麗な状態の硬貨を手に入れて保管したい」という人は、造幣局からプルーフ貨幣を購入するのもおすすめです。

プルーフ貨幣とは、収集や鑑賞を目的として作られた貨幣で、通常の貨幣よりも表面を奇麗に研磨しており、鏡のような光沢をしている貨幣です。

プルーフ貨幣は造幣局で販売されているため、保管用として現在発行されている硬貨を保管したい人は、購入してみてください。

ただし、プルーフ貨幣の購入は期間限定のネット販売のみで、購入者多数の場合には抽選となりますので、手に入らない可能性もあるため気を付けてください。

買取業者は慎重に選ぼう!

先にも申しましたが鑑定による評価額は鑑定士によって違ってきます。

よって、どこに鑑定してもらうのがいいのかは気になるところでしょう。

ここでは気になる買取業者の選択ポイントと注意点について説明していくことにします。

お金が売れるところは?

お金が売れるところとなれば硬貨や紙幣の売買取引を行っているところとなりますが、調べてみると下記のように多くのところで取り扱われています。

  • 骨董品や古美術を扱っている業者
  • 質屋
  • 総合リサイクルショップ
  • 専門買取業者
  • 古銭商
  • ネットオークション

買取業者の中には、出張買取に対応してもらえたり、買取商品の件数に応じて買取額をアップしてもらえたりする会社もあるため、このような点を見比べるのも大切です。

しかし、買取業者を選ぶときに一番気にかけて欲しいのは、高い知識を持ち、正しい鑑定を行ってくれる専門業者である点です。

正しい知識を持たない鑑定士のいないところに売ってしまうと、本来の買取価格とはかけ離れた安値で買い取られることもあるでしょう。

また硬貨や紙幣を専門に扱う買取業者にも安値で買い叩く悪徳業者もいるので、専門買取業者だから安心というわけではありません。

買取業者選びの際にはサイト上の口コミや買取業者の業歴やサービス内容をしっかりと確認し、できるだけ多くの業者情報を比較することをおすすめします。

またネットオークションという手もおすすめです。

買取業者の場合は転売することが目的のため、転売利益を考慮した買取となりますが、ネットオークションは収集家が直接購入できるので、買取業者の買取相場よりも高値で取引されることが多いと言われています。

現在の主流はフリマやネットオークション

現在はネットオークションで売るのが主流となりつつあるので、検討してみるのも1つの手でしょう。

買取サイトの中にも、店舗への持ち込みではなくネット買取を行っている会社もあるため、自宅にいながらお金を売ることも可能です。

また、ネットオークションであれば、価格設定を自分で行うことができるため、コレクターとの価格取決めが上手く行くことで、高額買取をしてもらえる可能性まであります。

ただし、ネットオークションやフリマで販売する場合には、買い手が付かなければ買取を行ってもらえないため、売却できないこともある点には気を付けてください。

クーリングオフはできるの?

プレミア硬貨は鑑定士によって鑑定額が違ってきます。

よって、買い取ってもらうことを決めた後に、鑑定額に不満を持ってしまうことは珍しくありません。

また買取価格が100万円を超えるようなレアなプレミアム硬貨なら、売ってしまったことを後悔することもあるでしょう。

そこでぜひ覚えておいて欲しいのが、硬貨の買取はクーリングオフの対象だということです。

下記は国民生活センターのHPに記載された訪問買取時のクーリングオフに関する助言文書です。

「平成25年2月21日より、訪問購入についてもクーリング・オフが導入され、今後は法律 で定められた書面を受け取った日を含めて8日以内であれば無条件に取り戻すことができ るようになりました。」
「契約をしたとしても商品をその場で引き渡す必要はありません。」
*参照:国民生活センター公式サイトより引用

硬貨の訪問買取もその対象となっています。

買取専門業者の場合は訪問鑑定が一般的ですが、中にはクーリングオフはできないと言う悪質業者がいないではありません。

クーリングオフができることを忘れず、困った時には住んでいる自治体の消費生活センター等に相談するようにしましょう。

フリマやネットオークション利用時の注意点

フリマやネットオークションを利用する場合には、購入者との代金のやり取りが最後まで行われるかに注意しましょう。

落札を行ったものの代金を振り込まれずにキャンセルになるケースもあるため、「今すぐお金が欲しい」という人には確実にお金が手に入るか分からない、ネットでの販売はあまりおすすめではありません。

また、落札者の情報を確認してみて、不安な点がある場合には取引を行わない方が良いかも知れません。

高く売れるお金一覧

それでは実際に高く売れるお金にはどんなものがあるのかを最後に紹介していきましょう。

「見てビックリ!」手元にあったということもあるので、見落としのないように確認してみてください。

記念硬貨編

記念硬貨は桁外れに発行枚数が多いため、プレミアが付くのは先に説明したとおり発行枚数限定のものだけです。

しかも、開封済みのものは価値が下がるため、高値を望むならば未開封・未使用であることが条件となってきます。

その枚数限定でプレミアがあるものは先に紹介した第5回アジア冬季競技大会1,000円銀貨幣の他に下記のものが挙げられます。

  • 天皇陛下御在位10年記念10,000円金貨幣 約110,000円
  • 2002FIFAワールドカップ10,000円金貨幣 約50,000円
  • 2005年日本国際博覧会500円ニッケル黄銅貨幣 約1,200円
  • 天皇陛下御在位60年500円白銅貨幣 約2,000円
  • 東京オリンピック1,000円銀貨幣 約2,000円

エラー硬貨編

次は収集家の中でも特に人気のエラー硬貨です。

エラー硬貨はプレミア硬貨と呼ばれるものの中でも、特に高値となる傾向が見られます。

どんなエラー硬貨にどれくらいの高値がつくのか、楽しみにして見てください。

  • 穴なし:200,000円以上
  • 穴ズレ:50,000円以上
  • 影打ち:200,000円以上
  • 刻印ズレ:2,000円以上
  • 傾打ズレ:50,000円以上
  • 裏写り:20,000円以上
  • ヘゲ:2,000円以上

これらエラー硬貨は今回のお金を高く売るというテーマには最も適した素材となります。

中でも特に高値となる穴なしと影うち、そしてヘゲは見つけやすいですが、他のエラー硬貨は気にしていないと見逃してしまいがちです。

お金を高く売りたいという方は、手にした硬貨を必ず確認することの習慣を癖付けるなどの努力が必要になってくるでしょうが、狙い目の硬貨となるでしょう。

古銭、古金銀編

古銭や古金銀は500円以下のものもあれば、100万円を超えるものもあるので、お金を高く売るにはおすすめとなってきます。

しかし、それにはやはり希少性が重要なポイントとなるので、簡単に見つかる可能性は一番低いのが実情です。

どのようなものがあるのか、参考までに100万円以上のものを紹介しておきましょう。

  • 明暦大判金 江戸時代の1658年に起きた明暦の大火により溶けた金を貯蔵し直した大判
  • 旧20円金貨 明治4年に日本で初めて発行された近代貨幣
  • 正徳小判 新井白石が通貨吹き替えで作らせた小判
  • 慶長小判 関ケ原の戦いの翌年となる慶長6年に作られた小判

まとめ

世の中には意外と高く売れるお金が多く出回っています。

しかし、エラー硬貨や発行枚数の少ない製造年の硬貨は、意識をしなければうっかり見落とす可能性が高いです。

今回紹介した硬貨の中でも、特に価値が高い硬貨は発見するだけでまとまったお金になるため、是非お釣りなどで手にした硬貨に混ざっていないか確認してください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能