馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

ネット銀行で海外送金するならどこ?海外送金で注意する点は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

国内で振込を行ったことがあるという人は、多いと思います。

しかし、海外への送金となると、利用したことがあるという人は、少ないかもしれません。

今回は、ネット銀行での海外送金について紹介していきます。

海外送金とは?

海外送金は、読んで字のごとく、海外へ資金を移動する手段となります。

日常生活で海外送金を利用する機会は、それほど多くないかもしれませんが、海外留学や海外への出張が多い人などは、利用する機会があるかと思います。

海外送金と国内送金(振込など)の違いは、簡単に説明すると、取引する銀行が異なるということになります。

国内送金は、「国内銀行と国内銀行」となりますが、海外送金は、「国内銀行と海外銀行」となりますので、国内送金に比べて手数料が高くなってしまう他、日数もかかってしまいます。

また、海外送金を行う場合、送金先の国の通貨で送金するのが一般的となりますので、その日の為替も影響するということを覚えておく必要があるかと思います。

以上のことをまとめると、下記のようになります。

海外送金の特徴
  • 国内送金より手数料が高い
  • 国内送金より日数がかかる
  • 為替の影響を受ける

ちなみに、海外送金は、どこの銀行でも行えるわけではありませんので、注意してください。

特に、ネット銀行では、海外送金に対応していない銀行もありますので、海外送金を後々利用する可能性がある人は、事前に確認しておくことをオススメします。

海外送金にかかる手数料の種類

海外送金は、国内送金に比べて手数料が高くなってしまうと言うことを紹介しましたが、なぜ手数料が高くなるのか気になる人もいると思います。

と言うことで、ここでは、海外送金の手数料について簡単に紹介していきます。

基本的に、海外送金にかかる手数料の種類は、下記のようなものがあります。

手数料の種類内容
国内銀行への送金手数料送金元となる銀行に対して支払う手数料です。
手数料は一律ではなく、各銀行によって異なります。
為替手数料円を外貨に変えて送金するときにかかる手数料となります。
手数料は一律ではなく、各銀行によって異なります。
中継銀行への手数料中継銀行に支払う手数料です。
送金側の銀行と受取側の銀行が業務提携を行っている場合は、手数料がかからないこともあります。
手数料は一律ではなく、各銀行によって異なります。
受取銀行への手数料受取銀行に支払う手数料です。
基本的に受取側が負担することが多いので、送金側が気にする必要はありませんが、送金側が負担することもできるケースが多くなっています。

上記のように、海外送金には何かと手数料がかかってしまいますので、覚えておいてくださいね。

ネット銀行で海外送金はできるの?

現在は、店舗がある既存の銀行の他に、ネット銀行もありますよね。

何かとお得なサービスが多いネット銀行を利用している人もいるのではないでしょうか。

ネット銀行で海外送金は可能なの?と思う人もいるかもしれませんが、ネット銀行を利用して海外送金をすることは可能です。

ただ、既存の銀行に比べて、海外送金が可能なネット銀行は意外と少ないですので、注意が必要かもしれません。

メジャーなネット銀行の海外送金の可否は、下記のようになっています。

ネット銀行送金受取
セブン銀行
※個人のみ
不可
ソニー銀行
※個人のみ
楽天銀行
住信SBIネット銀行
※法人のみ
イオン銀行不可
じぶん銀行不可
ジャパンネット銀行不可

ネット銀行大手であるジャパンネット銀行が海外送金に対応していないのは、少し意外かもしれません。

また、セブン銀行に関しては、送金することは可能ですが、海外からのお金の受け取りには対応していませんので、覚えておくと良いかと思います。

関連記事をチェック!

ジャパンネット銀行から海外送金する方法

ジャパンネット銀行では、海外送金のサービスは実施していません。 しかし、ジャパンネット銀行のデビットカード“JNB Visaデビット”を使えば、ジャパンネット銀行の口座から海外に送金することが可...

ジャパンネット銀行から海外送金する方法

送金手数料は銀行によって違う

海外送金にかかる手数料は、利用する銀行によって大きく異なります。

海外送金を利用する銀行によっては、倍以上違うこともありますので、手数料を抑えたい人は、事前に確認することをオススメします。

ちなみに、個人での海外送金が可能なネット銀行の手数料は、下記のようになっていますので、参考にしてみてください。

ネット銀行送金手数料中継銀行手数料
セブン銀行990円~6,500円
※送金金額によって変動
不要
ソニー銀行3,000円3,000円
※受取手数料含む(送金依頼人負担の場合)
※状況により追加請求あり
楽天銀行一律750円1,000円
※1,000円以上になることもある

上記のように、手数料は、銀行によって大きく異なります。

紹介した以外にも、為替手数料などがあり、各銀行によって変動しますので、確認が必要となります。

海外送金は、手数料だけで損得が決まるわけではありませんが、手数料についてはある程度把握しておく方が良いと思いますので、事前に利用する銀行の手数料を確認しておくようにしてくださいね。

オススメのネット銀行は?

海外送金を行う場合、状況によって利用する銀行を選ぶことで、余計な手数料などを節約できることがあります。

できれば、余計な経費は節約したいですよね。

と言うことで、海外送金を行う場合にオススメなネット銀行を紹介しておきます。

トータル的にオススメなのは楽天銀行

総合的に利用しやすいネット銀行は、楽天銀行となります。

楽天銀行は、送金手数料が業界最安値の一律750円となっていますので、手数料を抑えることができます。

送金手続きは、24時間ネットで完結させることができますので、余計な手間がかかりませんし、取扱い通貨も60以上となっていて、マイナーな通貨の送金が可能という点も魅力的だと思います。

ただ、受取銀行への手数料については、受取人負担のみとなっていますので、送金側が支払うことはできません。

また、海外送金を利用するには、事前に口座を開設し、海外送金の申込み手続きが必要となりますので、ある程度の余裕を持って利用する必要があるかと思います。

外貨で海外送金するならセブン銀行がオススメ

外貨での送金を行うという点においては、セブン銀行がオススメとなります。

セブン銀行の海外送金は、送金先の相手側が口座を持っていなくてもWestern Unionの窓口で受取が可能となります。

また、24時間・365日、ネットから申込みが可能となっていますので、時間を気にする必要がないのも魅力的なポイントとなっています。

ただ、海外送金を行うには、事前に口座の開設と海外送金サービス契約の申込みが必要となりますので、忘れずに行うようにしてください。

ちなみに、手数料については、送金額によって変動しますので、少し注意が必要かもしれません。

送金額と手数料の関係は、下記のようになっていますので、参考にしてみてください。

送金額手数料
1円~10,000円990円
10,001円~50,000円1,500円
50,001円~100,000円2,000円
100,001円~250,000円3,000円
250,001円~500,000円5,000円
500,001円~1,000,000円6,500円

海外送金は為替レートに注意

海外送金は、国内送金に比べて送金手数料などが高くなるので、ついつい送金手数料などをみて銀行を決めてしまいがちですが、手数料より、為替レートとTTSレートが重要となります。

TTSレートとは、銀行が顧客に外貨を売るときのレートで、各銀行がその日の為替を参考に決定しています。

ですので、当然、TTSレートは、銀行によって違ってきます。

例えば、100万円送金することを考えてみます。

1ドル=100円として、100万円を送金する場合は、1万ドル送金することができますよね。

しかし、レートが1円違って、1ドル=101円の場合、約9,900ドルの送金となります。

つまり、100万円の送金を行う場合は、レートが1円違うだけで、約1万円(1ドル=100円と考えた場合)の差が出ることになります。

為替の幅が大きくなれば、より大きな金額の差となりますので、海外送金を行う場合は、手数料より、為替レートやTTSレートの方が重要と考えて良いと思います。

特に、高額送金になる場合は、為替レートやTTSレートの影響が大きくなりますので、注意するようにしてください。

まとめ:ネット銀行では楽天銀行が利用しやすい

ネット銀行の海外送金について紹介してきました。

海外送金が可能なネット銀行は、以外と少ないですが、総合的に考えると、楽天銀行がオススメとなっています。

また、海外送金を利用する場合、手数料のみを考えてしまいがちですが、為替レートやTTSレートの方が重要となりますので、まずは、為替レートの確認やTTSレートの比較を行ってみてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能