お金に困ったときは「お金がない馬」

オリックス銀行eダイレクト預金の口コミ

金利が高いことでオリックス銀行のeダイレクト預金を利用する人はかなりの数いますが、利用者はどんな感想を持っているのでしょうか?

今回はオリックス銀行のeダイレクト預金を使っている人の口コミを調べてみました。

良い口コミ

eダイレクト預金を利用している人が多いという事は、その使い勝手や商品内容を気に入っている人が居るという事です。

そんないい評価をしている中で、最も多く挙げられている良い口コミをご紹介します。

金利が高めで預けておける

  • どこの銀行でも預金に対して付く利息はひどく安くなっていて、一定期間預けていても付けられる利息は無いに等しい状況です。
    そんな中でもオリックス銀行のeダイレクト預金は、他の銀行よりも多くの利息を付けてもらえます。
    多くの銀行の定期預金にしてもキャンペーン等で金利が上乗せされているものを除けばおおよそ0.1%未満の金利になっています。
    オリックス銀行のeダイレクト預金では、1年もので0.25% となっており、他の銀行の定期預金と比べて、2倍から十数倍の金利になっています。
  • 将来の為にお金を貯めていこうと思っていますが、株式等での資産運用には不安があるので少しでも金利の高い定期預金を続けています。
    メガバンクで定期預金をしていたのですが、利息は期間や金額が違っても、0.01%とほぼ金利はないと言える状態でした。
    少しでも多く増やせる銀行を探していたらオリックス銀行のeダイレクト預金で、1年もので0.25%となっているのを見つけました。
    1年で25倍もの違いがあるので、こちらに変えました。
  • 仕事などが忙しく、積極的な資産運用ができないのですが、なんとか少しだけでも増やしていきたいので定期預金をする事にしました。
    とはいえ、銀行の定期預金の金利は0.1%を下回るものが多く預けるのを躊躇していましたが、オリックス銀行のeダイレクト預金は0.25%と高いので利用し始めました。
    もらえる金額は少ないのですが、他の銀行と比べると高いので、このまま続けていこうと思っています。

短期で高金利な利息がもらえる

  • 定期預金をしたいのだけど、いつも預金を始めると数か月でお金が必要になることがありますので長い期間預けることができません。
    短い期間なので金利もほぼない状態で、増やすのはあきらめていたのですが、オリックス銀行のeダイレクト預金では、2週間でも0.05%の利子が付きます。
    利子としては少ないですが、他の銀行に比べると手にできる利子は多くなります。
  • 持っているお金を増やしたいとは思うのですが、長い間銀行などに預ける事は難しいので、運用の方法を悩んでいました。
    銀行などの定期預金では数か月で満期を迎えるものもありますが、その場合には利子がほとんどないという状況です。
    その中でもeダイレクト預金は、預ける期間が2週間でも0.05%の利子がつくので利用をしています。
  • オリックス銀行のeダイレクト預金は半年でも金利が0.08%と高く、他の銀行に比べると倍以上の金利が付きます。
    微々たるものですが、預けているだけですし満期が半年ごとなので使い勝手が良いです。
    将来金利が高くなることを期待して利用し続けます。

ネットでの操作だけですべてが行える

  • ネットを利用して仕事をしている関係で、銀行の窓口に行く時間を作るのが難しい時があります。
    オリックス銀行ではすべての取引が、WEB上でできるので外出する必要がなく、定期預金の申し込みも簡単にすることができます。
  • わざわざ銀行の窓口に行くのが面倒なので、WEB上ですべての申し込みができるネット銀行は重宝しています。
    定期預金も簡単にできますので、思いついた時に始めることができるのは良いですね。

悪い口コミ

利用している人で良い評価をしている人は多くいますが、逆に悪い評価をしている人もいます。

中には、この点は良いのだけどこの点は悪いという評価をしている人も多くいます。

ここでは、悪い表をした人の口コミをご紹介します。

連絡が多すぎる

  • 金利も他の銀行に比べて高く設定されているので良いのですが、利用している最中にはいろいろと連絡が多くあります。
    より良い資産運用をする為の連絡という事も理解できますが、DMなども多くありますので、重要な連絡を見落としていることもあります。
    もう少し連絡の頻度を下げられないですか。
  • 主にメールでの連絡になっているのですが、仕事の関係でメールを利用することも多いので多くのメールが来るときには、オリックス銀行からのメールは邪魔です。
    特にDMは非常に煩わしいので、件数を出来るだけ減らす様にしてもらいたいです。
    金利などは良いと思うのですが、このDMの多さは迷惑ですので、利用するのをやめようかとも思ってしまいます。

入出金は全て振り込み

  • インターネットですべての取引が行われるのは良いのですが、eダイレクト預金の入出金も振り込みの手続きになるので面倒に感じることもあります。
    確かに月に2回までなら振込手数料が無料となっていますので、なんとか工夫をすれば振込手数料を無料にできますが、専用のATMがあればもっと便利に使えます。
    結局満期になって出金したい時には、振り込みをして、その後振り込んだ先の金融機関のATMで出金をする事になって手間がかかります。
  • 入出金をするのが全て振り込みで、しかも当日の振り込みができないという事ですので、使い勝手は非常に良くないと思います。
    金利が高いので利用しようと思っていますが、必要な時にすぐに出金できないのは非常に不便です。
  • 満期にすぐに出金したいのですが、出金するためには他行に振り込みを行ってからじゃないと引き出せないのは不便です。
    振り込み予約をすれば満期日にすぐに振り込み処理もできるのですが、その日に必要になった時には出金できません。
    利用する日付が分かっている場合には良いのですが、急に必要になった時には利用できないのは考え物です。

セキュリティ対策が少し不安

  • インターネット経由で取引を行うようになっているので、セキュリティ対策はされているのですが他の銀行のようにワンタイムパスワードなどの対応はありません。
    確かにウィルス対策などには注意しているようになっていますが、なりすまし対策には対応していないように思えます。
    できればワンタイムパスワードの導入をお願いしたい。
  • 多くの銀行ではネット取引に、トークンを利用したり2重の認証を行っていますが、オリックス銀行ではこれらの対策はできていません。
    ウィルス対策ソフトが無料で利用できたり、暗号化通信等には力を入れていますが、これに加えてトークインなどが利用できれば安心指定利用できます。

関連記事をチェック!

オリックス銀行の強みと弱みとは?

今回は、ネット専業銀行の中では比較的評価の高い「オリックス銀行」について、その強みや弱みをご紹介したいと思います。 銀行を選ぶ際には、どうしても検討している銀行のHPや口コミなどを鵜呑みにしてし...

オリックス銀行の強みと弱みとは?

関連記事をチェック!

非公開: (統合)オリックス銀行のダイレクト預金とeダイレクト預金の違い

オリックス銀行は金利が他の銀行よりもいい条件なので利用する人も多くいますが、定期預金にはダイレクト預金とeダイレクト預金の2種類があります。 今回はダイレクト預金とeダイレクト預金の違いについて...

違っている点

ダイレクト預金とeダイレクト預金ともに適用される金利は高いのですが、その金利も若干違いますし、それ以外にも違う点があります。

どちらを利用するかは、この違いによって変わってくると思いますので、どちらが自分にとって利用しやすいかをしっかりと把握するようにしましょう。

ここでは、それぞれの違いについてご紹介します。

手続き方法

ダイレクト預金とeダイレクト預金の大きな違いとしては、その手続き方法があります。

ダイレクト預金の手続きは、WEBサイトから資料請求をするか、電話(0120-094-089)で資料請求をして申込書を入手することから始めます。

その後、申込書に必用事項を記入して本人確認書類とマイナンバー(個人番号)が分かるものと一緒に郵送をして申し込みを行います。

本人確認書類は、氏名、生年月日、自宅住所が表示されている書類が必要となります。

顔写真のある、運転免許証または運転経歴証明書、在留カードまたは特別永住者証明書、パスポートであれば1点の提出でOKです。

その他には、各種健康保険証、各種年金手帳または各種福祉手帳、住民票の写しの「原本」等も利用できますが、これらを利用する場合には以下のものも一緒に提出する必要があります。

  • 公共料金領収書の「原本」
  • 国税または地方税の領収証書、もしくは納税証明書
  • 官公庁から発行され発給された書類
  • 社会保険料の領収証書

公共慮金領収書には、電気、ガス、水道、電話およびNHKのものが利用できますが、携帯電話の領収書は利用できません。

その後、預金するお金を指定されている口座に振り込みを行うことで定期預金が作成されます。

振り込みをする口座は、以下の口座に振り込みを行います。

ゆうちょ銀行からの振り込み
  • 記号:00180-3
  • 番号:67665
  • 口座名義(受取人名):オリックス銀行
ゆうちょ銀行以外からの振り込み
  • 金融機関名:オリックス銀行
  • 店名:本店
  • 預金種目:貯蓄預金
  • 口座番号:0000100
  • 口座名義(受取人名):オリックス銀行

一方、eダイレクト預金は、まずは個人のオリックス銀行の口座に入金をした後、お客様専用ページにログインをして、メニューの中から「定期預金作成」を選択します。

その後の手続きは画面の指示に沿って行うことになります。

預金証書の有無

ダイレクト預金とeダイレクト預金で違う点としては、定期預金証書の有無があります。

ダイレクト預金では定期預金作成後に定期預金証書が簡易郵便で郵送されることになっていますが、eダイレクト預金では定期預金証書は発行されません。

ダイレクト預金では郵送で手続きをする都合上、定期預金が作られた証明として発行されますが、eダイレクト預金では、WEBで状況が分かるので発行されないのかもしれないですね。

証書があるほうが安心する、もしくはインターネットを確認する機会が少ない人にとっては、証書があるダイレクト預金の方が安心できるかもしれないですね。

常にインターネットを利用してお客様専用ページで確認する事ができる場合には証書は必要ないと思います。

適用される金利

オリックス銀行が提供する定期預金ですが、適用される金利には少し違いがあります。

300万円以上の預け入れをするスーパー定期300のダイレクト預金とeダイレクト預金の主な預入期間と適用される金利は、以下のようになっています。

預金期間6ヶ月1年2年3年5年
ダイレクト預金0.04%0.18%0.10%0.20%0.20%
eダイレクト預金0.08%0.25%0.15%0.20%0.20%

3年、5年と長く預け入れをする分には違いはありませんが、2年以下の場合には大きく違いがあります。

特に1年の場合には、0.07%もの開きがありますので、預入期間が1年とする場合には、圧倒的にeダイレクト預金の方が良い金利となっています。

その他にも、6ヶ月で0.04%、2年で0.05%の違いがありますので、短く利用する場合にはeダイレクト預金の方が金利に関しては良いといえそうです。

ダイレクト預金が向いている人

ここでは、ダイレクト預金を利用するのが向いている人はどんな人なのかをご紹介します。

郵送での申し込みを希望する

最近ではスマホなどの普及により、インターネットを利用する人も増えてきてはいますが、中にはこれらの機器になれていない人も多くいます。

また、インターネット上で取引をする場合には、ネットを利用した詐欺やなりすましなどの犯罪が多いことから極力インターネットを利用したくないという人もいます。

その様な人は、手続き等は全て郵送で行うダイレクト預金の方が安心して利用できると思います。

全ての手続きや連絡は全てハガキや封筒などによって郵送で行われますので、記録も残すことができますので、手続きを忘れているという事も失くす事ができます。

ただし、どうしても郵送には時間がかかってしまいますので、時間に余裕がある人が利用する事になりますね。

証書を持っておきたい

申し込みをして実際に定期預金が行われると、すぐに「自動継続自由金利型定期預金証書(M型)」が発行されます。

この証書は自動更新時にもそのまま使えるものになりますので、複数の証書があって最新のものが分からないといったトラブルも起きません。

証書を一通保管しておけば、定期預金の証明になりますので、証書が必要な方はダイレクト預金の方が良いですね。

eダイレクト預金が向いている人

ここでは、eダイレクト預金を利用するのが向いている人はどんな人なのかをご紹介します。

インターネットで取引をしたい

最近では仕事以外でもPCを使う人も増えてきていますし、スマホを利用してWEBサービスを利用している人も増えています。

もしWEBを利用する機会が多く、常にインターネットを利用している場合には、オリックス銀行のお客様ページにアクセスすることも容易です。

このような場合には手続きがWEB上で完了するeダイレクト預金を利用する方が便利に利用することができます。

郵送にかかる時間も必要ないですし、WEB画面から定期預金の情報もすぐに確認ができます。

書類は必要ない

何をするにしても契約書が必要になってきていますので、できるだけ重要な書類は手元に置きたくないという人も多くいます。

その様な人には定期預金の書類がないeダイレクト預金の方が良いですね。

少しでも高い金利を希望

ダイレクト預金とeダイレクト預金では適用される金利が違ってきます。

もしも短期で定期預金を利用して、少しでも金利を多く手にしようとする場合には、eダイレクト預金の方が良いですね。

特に1年ものであれば、ダイレクト預金と比べて0.07%も多くの金利を手にすることができます。

これを繰り返すことで、金額に大きな差が生まれてきます。

関連記事をチェック!

オリックス銀行eダイレクト預金の口コミ

金利が高いことでオリックス銀行のeダイレクト預金を利用する人はかなりの数いますが、利用者はどんな感想を持っているのでしょうか? 今回はオリックス銀行のeダイレクト預金を使っている人の口コミを調べ...

関連記事をチェック!

オリックス銀行の金利と活用の裏技とは?

今や自分の資金を定期預金に預けても、金利は0.01%…と、雀の涙ほどの利息しか付かない時代…。 そういう意味では、少しでも利便性が高く、手数料も安い、そして金利が少しでも高い銀行選びをする事が大...

オリックス銀行の金利と活用の裏技とは?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1
条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能