お金に困ったときは「お金がない馬」

「即振り込みます」は怪しい?本気と悪意の見分け方

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

何かに応募した記憶もないのに、「1,000万円を即振り込みます」のような嬉しいオファーが来ることがあります。

「即振り込みます」メールに返信するとどうなるのか、そして、即振り込みはすべて怪しいのかについて解説いたします。

返済不要の即振込メールはすべて詐欺!

冷静に考えれば分かりますが、見知らぬ人に何の見返りも無しに「1,000万円あげる」ということ自体あり得ないことです。

「節税のために、今すぐ受け取ってくれる人を探しているんです」、「損金処理ができないと追徴課税があるので、あなたに受け取って欲しいんです」と色々と理由をでっちあげるかもしれませんが、そんな話、本当だと信じられますか?

収入が多くて損をするということはない

確かに日本は税金の高い国です。

所得税の税率は収入が増えるほど高くなりますが、1,000万円稼ぐ人よりも2,000万円稼ぐ人の方が手元に残るお金は多いですし、2,000万円稼ぐ人よりも3,000万円稼ぐ人の方が手元に残るお金が多くなります。

ですが、所得税でも最高税率は45%ですし、少なくとも稼いだお金の半分は手元に残しておくことができるのです。

「節税のためにお金をもらってほしい」というような状況には、絶対にならない仕組みになっているのです。

税金として収めるよりは寄付をする?

特定の条件を満たせば寄付金を所得控除もしくは税額控除に利用することができます。

最大、寄付金の金額から2,000円を引いた残額を控除することができますので、金銭的負担が少ない状態で寄付をすることは可能です。

だからと言って、寄付をすることで、手元に残るお金が増えることや寄付額以上に税金を減らせることはあり得ません。

お金の使い道に困って寄付をする人もいますが、金銭的に得をしたいために寄付をする人はいないのです。

即振込メールの狙いは口座からの違法引出

善意から、また、節税等の何らかの理由から、多額のお金を見知らぬ他人にプレゼントする人は絶対にいません。

そのような「即あなたの口座に1,000万円振り込みます」というメールを送ってくる人の狙いはただ1つ。

あなたの口座から違法にお金を引き出したいのです。

個人情報から口座の暗証番号を聞き出す

即振込メールに返信すると、「お金を振り込むために振込先の口座番号を教えてほしい」というメールが届きます。

このメールにあなたが律儀に口座情報を教えると、次は「生年月日は?」、「電話番号は?」というメールが矢継ぎ早に届きます。

いずれも口座の暗証番号を知るための方法で、あなたが生年月日や電話番号を教える度にネットバンキングにアクセスして暗証番号と思われる番号を打ち込み、口座からお金を引き出そうとするのです。

あなたの口座の暗証番号が、生年月日や電話番号などと無関係なもののときは、口座からお金を引き出すことができませんので、さらなる個人情報(時にはストレートに「暗証番号を教えてほしい」と言われるかもしれません)を聞き出そうとするでしょう。

個人情報を渡さないことが鉄則

「お金を差し上げます」、「お金を即振り込みます」などの詐欺メールは、徹底的に無視して下さい。

うっかりと返信してしまうと、「早く口座番号を教えて」、「郵便番号は?生年月日は?」と、何度でもあなたの口座からお金を引き出すための情報を得ようとメールが送られて来ます。

また、詐欺集団たちがすでにあなたの口座番号や生年月日などの情報を入手している可能性もありますので、銀行口座のパスワードには推測されやすい数字の配列を使わないようにしてください。

即日融資の振込みは条件付きでアリ!

「お金を差し上げます!」というのは明らかに詐欺ですが、「お金を貸します!」というのは安心しても良いのでしょうか。

信頼できる即日振込融資を見極める方法について説明します。

信頼できる金融機関のキャッシングか

大手消費者金融や都市銀行、地方銀行等のカードローンでは、「即日振込キャッシングサービス」を実施していることがあります。

実際の店舗が存在する金融機関(三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンク、横浜銀行や京都信用金庫等の地方銀行や信用金庫)に振り込んでもらう場合は、振込先の営業時間が平日15時までとなっていますので、平日の午後1~2時までに契約ができていることが条件となります。

また、振込先がジャパンネット銀行などのネット銀行(有人窓口や有人店舗が存在しない銀行)の場合は、営業日かどうかにかかわらず24時間いつでも即振込が可能なことが多いです。

いずれの金融機関に振り込んでもらう場合も、「お金をもらう」のではなく「お金を借りる」のですから、安心して使用できます。

ただし、借りたものを返さないのは犯罪です。

返済期日に遅れないよう、きっちりと返すようにしてください。

手数料や手付金が必要な即振込は怪しい

超大手の有名な消費者金融や銀行等から借りる場合は、特に不安にならなくても大丈夫です。

ですが、聞いたことがないような業者から借りるときは慎重さが必要となります。

あまり有名ではない業者や個人から借りるとき、「融資を振り込むための手数料(手付金)を先に支払って欲しい」と言われるなら、その業者や個人は悪徳だと考えて間違いないでしょう。

融資金の振り込みに手数料が必要なこと自体は怪しむことではありませんが、普通に考えれば手数料を差し引いた金額を融資してくれれば済みますよね。

業者に手数料や手付金を支払ったら、すぐに連絡が取れなくなってしまう可能性が大と見ることができるのです。

「借りて振り込め」と指示する業者はブラック

電信柱や求人広告等に小さく書かれている「お金貸します」の文字。

これもほぼ100%の確率で怪しいと思って間違いありません。

記載されている電話番号に電話をかけると「○○に電話をかけて10万円借りて、××に振り込んで下さい」といった指示をされることがあります。

指示通りに行動するなら借金のために借金を重ねる生活に突入していきますので、絶対に関わらないで下さいね。

「誰でもOK」・「ブラックでも貸します」も危険

お金を借りるためには、それ相応の審査を受けなくてはなりません。

なのに、審査をする前から「誰でも貸します」、「ブラック(信用情報に問題がある個人)でもOK」などと言っている業者は、怪しさ満開です。

なかなかキャッシングの審査に通らないと、つい、「誰でも貸してくれる業者はないのかな?」と考えてしまうかもしれませんが、そのような業者に関わると間違いなく今よりも悪い状況に陥ってしまいますので、絶対に関わらないようにしてくださいね。

ブラックな金貸しを見分けるポイントについては、次の記事でも詳しく説明しています。

ぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

d7b81136

...

d7b81136

その他の即振込の安全性について

「お金を差し上げます」と記した即振込は絶対にNG、「お金を貸します」と記した即振込は条件付きでOKであることを説明してまいりました。

次は、その他の即振込の安全性について見ていきましょう。

即PAT(ソクパット)振り込みは安全

JRA(日本中央競馬会)が実施している馬券(勝馬投票券)購入システム「即PAT(ソクパット)」。

ジャパンネット銀行・楽天銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・住信SBIネット銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行のいずれかの口座を持っているなら、その日からパソコンやスマホで馬券を購入することが可能なシステムです。

使い方は簡単です。

  1. 上記のいずれかの口座から即PATの口座にお金を振り込み、希望の馬券に申し込みます。
  2. 当選した場合は即PAT口座に振り込まれます。当選金を次の馬券購入に使用することもできますし、自分の銀行口座に入金することも可能です。

もちろん全財産を即PATに振り込んでしまうことは勧められませんが、即PATへの振り込みが安全であることは保証されています。

即日振込OKのポイントサイトは条件付きで安全

ポイントサイトで貯めたポイントを、その日のうちに自分の銀行口座に振り込むことも可能です。

ですが、ポイントと現金の換金率が異常に低い等、ポイントサイト自体が怪しいこともありますので、有名どころのポイントサイトを利用するようにしてくださいね。

本当に即日現金振り込みが可能なポイントサイトとその利用方法については、次の記事で詳しく説明しています。

即日入金されるポイントサイトの見分け方と具体例!

関連記事をチェック!

お金振り込んで下さい掲示板は有効なのか?その真相に迫る!

インターネットでお金に関することを検索すると、「お金振り込んで下さい」という趣旨の掲示板をよく目にします。 お金に困った時に、こういう書き込みをネットにすることは、は有効なのでしょうか? ...

即振込がすべて危険なわけじゃない

即振込の安全性について見てまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

危険なサイトや業者、個人には決して近づかず、不要なトラブルに巻き込まれないように生きていきましょうね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能