お金に困ったときは「お金がない馬」

セブン銀行VSじぶん銀行!便利さとお得さ徹底比較

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ATMとインターネットバンキングさえあれば、銀行の窓口に行く必要なんてほぼないですよね?

そんな人には、ネット銀行がおすすめです。

ネット銀行の中でも大手の“セブン銀行”と“じぶん銀行”。

便利さとお得さで選ぶならどちらの銀行がより良いのか、金利や手数料、カードローン、住宅ローン等、さまざまなポイントで徹底的に比較いたします!

セブン銀行VSじぶん銀行!手数料比較

セブン銀行はセブンイレブンや駅などに自社ATMがありますが、その他の提携ATMも多数ありますので、さまざまな場所で入出金が可能です。

一方、じぶん銀行には自社ATMがありませんので、すべての入出金は提携ATMで実施します。

両行の手数料を一覧表示しました。

セブン銀行じぶん銀行
入金手数料
  • セブン銀行ATMはいつでも無料
  • ゆうちょ銀行は平日8:45~18:00、土曜9:00~14:00は1回108円、その他の時間は1回216円
  • その他の提携銀行ATMは、銀行によって手数料が異なる
  • 基本的にはいつでも無料
  • ゆうちょ銀行ATMで入金するときは、月に1回のみ手数料無料
    2回目以降は216円の手数料が必要
出金手数料
  • じぶんプラスのステージによって月に2~11回手数料が無料になる
    無料回数を超えると、1回あたり108円の手数料が必要
  • ゆうちょ銀行ATMでは、ステージに関わらず月に1回のみ手数料が無料
    2回目以降は216円の手数料が必要

※手数料はいずれも税込み表示です。

関連記事をチェック!

じぶん銀行のATMで現金引き出し

店舗がない“じぶん銀行”はネットで便利に使えます。 しかし、現金の引き出しは、提携ATMを使って行うのです。 じぶん銀行を利用する際に知っておきたい、引き出し限度額や手数料、ATMの操作方...

じぶん銀行のATMで現金引き出し

関連記事をチェック!

じぶん銀行の預け入れ!完全マニュアル

店舗を持たないネット銀行の“じぶん銀行”。 店舗型の銀行なら、銀行に行って窓口やATMで預け入れができますが、じぶん銀行はじぶん銀行の窓口もATMもありませんので、どこで預け入れできるのでしょう...

セブン銀行の入出金はセブン銀行ATMで!

セブン銀行のキャッシュカードは、セブン銀行ATMでならいつでも無料で利用できますが、他の提携ATMで使うと常に手数料がかかってしまいます。

セブン銀行口座の入出金は、かならずセブン銀行ATMで実施するようにしてください。

次のサイトでは、最寄りのセブン銀行ATMを検索できます。

◆セブン銀行公式サイト:「ATM検索」

2018年12月以降のじぶん銀行手数料

2018年12月1日以降、じぶんプラスのステージ+1の人は、入出金手数料が常に有料になります。

じぶんプラスのステージが+2以上の人は、入金手数料は無制限で無料です(ゆうちょ銀行ATMは月に1回のみ無料)が、じぶんプラスのステージが+1の人にとっては改悪というべき変化です。

また、じぶんプラスのステージ+2の人も、2018年12月1日以降はステージ+1になる可能性がありますので、ステージ+2の人も決してお得に使えるとは言えません。

現在、じぶんプラスのステージが+2の人は、以下のページ中の「じぶんプラス2ステージ判定方法の変更」をぜひご覧になり、2018年12月1日以降どちらのステージに該当するのかご確認ください。

◆じぶん銀行公式サイト:「じぶんプラス一部改定のお知らせ」

手数料対決はセブン銀行の勝ち!

じぶん銀行では、預金残高や利用状況によって決まるステージが+2以上の場合のみ、ATM手数料を無料にすることができます。

一方、セブン銀行は、口座残高や利用状況に関わらず、自社ATMさえ使えば誰でも手数料が無料になります。

セブン銀行ATMはセブンイレブンや駅、ショッピングモールなどの至るところにあります(2018年3月末時点で全国に24,392台)し、わざわざ探す必要もありません。

ATM手数料対決は、セブン銀行の圧勝だと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

海外送金するなら断然セブン銀行ATMが便利!その理由とは?

この記事を読んでいる人の中には、海外送金の経験がある人・ない人など、さまざまな人がいると思います。 最近は海外送金に関するサービスなどがどんどん拡充されている事実をご存知ですか。 今回は、...

海外送金するなら断然セブン銀行ATMが便利!その理由とは?

セブン銀行VSじぶん銀行!提携ATM

両行のキャッシュカードの提携ATMを、一覧表示しました。

セブン銀行じぶん銀行
提携ATM
(コンビニ)
セブン銀行セブン銀行、ローソン、イーネット
提携ATM
(銀行)
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行

※セブン銀行のATMはほとんどがセブンイレブン内に設置されていますので、コンビニATMとして分類しています。

提携ATM対決は引き分け!

コンビニATMを利用するなら、じぶん銀行が便利です。

一方、セブン銀行キャッシュカードは、セブンイレブン以外のコンビニでは利用できませんが、ほぼすべてのメガバンクを網羅しているという強みがあります。

コンビニ系に強いじぶん銀行と銀行系に強いセブン銀行。

提携ATM対決は引き分けと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)じぶん銀行ってどう?できることや口コミを徹底調査!

じぶん銀行は信用できる銀行なのか、そして、実際に使っている人はどのような感想を持っているのかについて徹底的に調査します。 どのような人がじぶん銀行を使うべきなのかについてもまとめましたので、ぜひ参考...

セブン銀行VSじぶん銀行!振込関連

振込みの利便性も、銀行を判断する上での大切な要素です。

振込手数料と振込方法、振込み可能な時間を表にまとめました。

セブン銀行じぶん銀行
振込手数料セブン銀行口座へ:54円
他行口座へ:216円
3万円未満:174円
3万円以上:278円
振込手数料が常に無料になる振込先なしじぶん銀行口座と三菱UFJ銀行口座
振込方法
  • インターネットバンキング
  • セブン銀行ATM
  • 提携銀行ATM
    (上記の振込手数料ではなく、各行所定の手数料になります)
  • インターネットバンキング
  • テレホンバンキング
  • アプリ
  • 携帯番号
    (じぶん銀行への振込のみ)
振込み時間自行あて:24時間即時振込
他行あて:平日15:00までなら即日振込、その他の時間は翌営業時間に対応
自行あて:24時間即時振込
他行あて:平日15:00までは即日振込、その他の時間は翌営業日に対応
テレホンバンキングは平日14:30までは即日振込
その他の時間は翌営業日に対応

※手数料はいずれも税込み表示です。

振込み対決も引き分け!

じぶん銀行では、じぶん銀行口座と三菱UFJ銀行口座なら、常に手数料無料で振り込むことができます。

しかし、他行への振込手数料は174~278円と割高に設定されています。

一方、セブン銀行は口座に関わらず手数料無料で振り込むことはできませんが、自社ATMや提携ATMを使って振込手続きができるというメリットがあります。

両行ともに一長一短ありますので、振込対決は引き分けだと言えるでしょう。

セブン銀行VSじぶん銀行!預金金利

お金を預けるなら、金利が少しでも高い銀行を選びたいですよね。

セブン銀行とじぶん銀行の預金金利を比較してみました。

セブン銀行じぶん銀行
円普通預金金利
(年)
0.001%0.001%
円定期預金金利
(年)
0.015~0.02%0.03~0.05%
外貨預金金利
(米ドル、年)
サービスなし1.45~10.0%

※いずれも2018年8月時点の税引き前の金利です。

預金金利はじぶん銀行がお得

円定期預金の金利はじぶん銀行がお得ですし、外貨預金も実施しているという強みもあります。

円や外貨を預金で増やしたい人には、じぶん銀行がお得なパートナーになるでしょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)じぶん銀行で口座開設!作り方の流れと注意点【デビュー応援プログラムも】

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資によって誕生したインターネットバンキングが、じぶん銀行です。 KDDIの傘下ということもありauユーザーはもちろん、auユーザー以外にもお得な銀行として口座開設数が...

非公開: (統合)じぶん銀行で口座開設!作り方の流れと注意点【デビュー応援プログラムも】

関連記事をチェック!

非公開: (統合)気になるセブン銀行の定期預金利率は?利息以外のメリットはある?

セブン銀行は、セブンイレブンを利用している人にとっては、とても利便性の高い銀行として有名です。 しかし、いくら利便性が高かったとしても、利息が低いようではあまり評価できない銀行…となってしまいま...

非公開: (統合)気になるセブン銀行の定期預金利率は?利息以外のメリットはある?

セブン銀行VSじぶん銀行!ポイントサービス

銀行によっては、利用の度にポイントが付与されるサービスを実施していることがあります。

セブン銀行とじぶん銀行のポイントサービスを比較してみましょう。

セブン銀行じぶん銀行
ポイントサービスの種類nanacoポイントWALLETポイント
ポイントが付与される条件
  • 振込みや入出金、口座振替の度に1~10ポイント付与
    (2018年11月以降はポイント付与はなし)
  • 給与受け取り口座登録で500ポイント付与
    (2018年11月以降も継続)
  • デビットカード利用1回につき1ポイント+利用金額の0.5~1.5%のポイント
    (2018年11月以降も継続)
  • 電子マネー
    (auWALLETプリペイドカード)にオートチャージする
  • 新規口座開設時に、毎月最大200ポイントを2年間付与

※じぶん銀行のオートチャージによるポイント付与サービスは、特定期間のみ実施しています。

デビットカードを使うならセブン銀行が勝ち!

じぶん銀行のポイントサービスは期間限定のサービスですし、セブン銀行の入出金ポイントも2018年10月で終了してしまいます。

しかし、セブン銀行でデビットカードを発行しているなら、いつでも利用1回につき1ポイントと利用金額の0.5~1.5%のポイントが付与されます。

デビットカードを発行するという条件下なら、セブン銀行のポイントサービスはお得と言えるでしょう。

セブン銀行VSじぶん銀行!住宅ローン

住宅ローンの金利と各種手数料について比較してみましょう。

セブン銀行じぶん銀行
住宅ローン変動金利
(年)
住宅ローンは提供していない0.457%
10年固定金利
(年)
0.65%
保証料0円
繰り上げ返済手数料0円
(固定金利特約期間中に全額返済するときは、手数料32,400円が必要)
団体信用生命保険料
(通常タイプ)
0円
事務手数料借入金額に対して2.16%

※新規借入の場合に適用される2018年8月時点の税込み金利です。

住宅ローンならじぶん銀行一択!

セブン銀行では住宅ローンを提供していませんので、住宅ローンを利用したい人はじぶん銀行一択です。

金利や手数料も一般的な店舗型銀行よりもお得ですのでおすすめです。

セブン銀行VSじぶん銀行!カードローン

カードローンのスペックを比較してみましょう。

セブン銀行じぶん銀行
カードローン名称ローンサービスじぶんローン
金利年14%年2.2~17.5%
利用限度額50万円
(70万円、100万円のコースは2018年3月で新規受付を終了しています)
800万円
当行口座開設必須必須ではない
借り入れ・返済可能なATMセブン銀行ATMのみセブン銀行、ローソン、イーネット、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
ATM手数料無料無料
振込融資可能可能

カードローン対決はセブン銀行がやや勝ち

一見、セブン銀行の金利は割高に見えますが、じぶん銀行の上限金利と比べると低く設定されていますので、初めて利用する場合はセブン銀行の方が低金利が適用される可能性が高いです。

また、セブン銀行のローンカードはキャッシュカードと兼用ですので、カードを持ち運びしやすいというメリットもあります。

セブン銀行ATMでしか使えないというデメリットはありますが、全体的にはセブン銀行が使いやすいと言えるでしょう。

使いやすい銀行を選ぼう

入出金や振込、カードローンなどの利用がメインの人は“セブン銀行”、住宅ローンや定期預金の利用がメインの人は“じぶん銀行”がおすすめです。

特性に合わせて銀行を選びましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能