お金に困ったときは「お金がない馬」

ジャパンネット銀行のキャッシュカードが使えない時の対処法

ネット銀行を利用して現金を取り扱うときには、必ずキャッシュカードが必要です。

このキャッシュカードが利用できないと、現金を入出金することはできません。

今回はジャパンネット銀行のキャッシュカードが利用できない時に確認すべき事と対処方法を調べました。

使えない時の対処法

キャッシュカードが利用できないのは様々な原因が考えられますが、まずは落ち着いて対処することが第一です。

ここでは、キャッシュカードが利用できない時に確認するポイントと、対処方法をご紹介します。

ATMを確認する

ジャパンネット銀行のキャッシュカードが利用できるのは、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、ゆうちょ銀行ATM、三井住友銀行ATMです。

このほかのATMでは利用できないです。

コンビニなどで利用するときには、設置されているATMを確認するようにしましょう。

もし、提携していないATMだった場合には提携しているATMを利用するようにすると良いですね。

それぞれのATMの設置場所は、各ATM運用会社の公式ホームページ(セブン銀行ローソンATMイーネットゆうちょ銀行三井住友銀行)で確認ができます。

コンビニなどの場合には、店舗によっては設置してあるATMの種類が違うところも稀にありますのでよく確認しましょう。

もし、利用できないATMだった場合には、近くに提携しているATMが無いか探してみると良いですね。

コンビニの店舗は、近くに違うコンビニ店舗がある場合ほとんどですので、そちらのコンビニを利用すると良いですよ。

また、ゆうちょ銀行のATMは郵便局に備えられていますので、郵便局を探すようにしても良いですね。

ゆうちょ銀行とコンビニATMが利用できますので、利用できる場所を探すのに困るようなことはないと思います。

カードを確かめる

キャッシュカードが利用できない理由で意外に多いのがカードに問題がある場合です。

例えばカードが破損してしまっているとか、カードの磁気が読み込めない場合などです。

カードが破損しているのはすぐにわかると思いますが、財布などにカードを入れていて細かな亀裂が入っているような場合には気が付きません。

また、カードが大きく変形している場合もわかりますが、細かく変形しているのは気が付きません。

見た目ですぐに分からない場合には、再度ATMにカードを挿入してみてください。

少しの亀裂や変形の場合には稀に使える場合もあります。

何度試してもカードが使えない場合には、カードの再発行の手続きをとるようにしてください。

カードの再発行は会員専用ページにログインして「各種手続」の「キャッシュカード・トークン再発行」を選択すると手続きができます。

もし、会員専用ページにログインができない場合には、各種手続き専用ダイヤル(0120-007-410)に電話をして再発行手続きを申し込んでください。

受付時間は、休業日となってる12月31日~1月3日、5月3日~5月51日の間以外の9時~17時です。

もし、上記の電話番号でつながらない場合には、有料となってしまいますが03-6739-5012で各種手続き専用ダイヤルにつなげることができます。

カードが使えないと何かと不便ですので、できるだけ早くカードの再発行の手続きは行うようにしましょう。

暗証番号を間違えている

ATMにカードは挿入できてもカードが使えない時には、入力した暗証番号が間違っている、もしくは失効している場合が考えられます。

暗証番号の失効とは、間違えた暗証番号を何度も入力していると暗証番号が使えなくなってしまう事です。

セキュリティ対策の為に、暗証番号は定期的に変更する方が良いのですが、変更した後に忘れてしまうこともよくあります。

このような場合には、会員専用ページにログインして暗証番号の再設定をすれば再度利用することができます。

暗証番号が失効している場合には、ログインすると「仮暗証番号発行」の画面になっていると思います。

もし、「仮暗証番号発行」の画面になっていない場合には、「各種手続」の「仮暗証番号発行」を選択して処理を進めてください。

仮暗証番号を発行したあとで、[暗証番号変更]をクリックして暗証番号を変更します。

カードが使えないようになっている

カードが挿入できて暗証番号のエラーもないのに使えない時には、カードが利用できない状態になっていることが考えられます。

具体的にはカードでの取引を停止している、もしくはATM出金制限額を超えている場合です。

どちらの場合も会員専用ページにログインして操作することで解除できます。

カードの取引を停止している場合には、ログイン画面より「各種設定」の「キャッシュカード・トーン」から「取引停止・再開」を選択して取引開始の設定をします。

ATMの出金限度額を超えている場合には、ログイン画面より「各種限度額変更」の「ATM出金限度額変更」を選択して限度額の変更を行います。

これらの設定が終われば、すぐに設定は反映されて利用することができる様になります。

カード取り扱いの注意点

ここまではカードが利用できない場合の確認するポイントと対処方法をご紹介してきましたが、少しだけ気を付けることでカードが利用できなくなる確率を減らせる事もできます。

ここでは、カードを使う上での注意点をご紹介します。

会員専用ページを登録しておく

カードが使えない時の対処方法は、すべて会員専用ページから対応ができます。

外出している時に持ち歩いているスマホなどで、ジャパンネット銀行の会員専用ページにログインできる様に登録しておくと、いざという時に素早く対応ができます。

設定にはトークンが必要な場合が多いので、トークンも携帯しておくと良いですね。

磁気のそばに置かない

カードには磁気でATMで利用するために必要な情報が書き込まれています。

ですので、強い磁気に近づけてしまうとその情報が消去されてしまって読み取れないことになる可能性があります。

テレビの近く等は絶対に避けるようにしましょう。

その他にもマグネット式の留め具があるものなどの近くにも置かないようにしましょう。

カードを変形させない

カードは持ち歩くものですので財布の中に入れて、その財布をお尻のポケットに入れている場合がありますよね。

どうしても座る機会が多くなりますので、財布に強い力がかかってしまう事が考えられます。

カードはできるだけ力のかからない場所に入れて持ち歩くようにすると良いですね。

お財布などに入れて持ち歩く場合でも、財布自体が曲がらないようにできているもの等を選ぶと良いですね。

カードを汚さない

カードを雑に利用していると意外に汚れてしまうものです。

カード同士の摩擦でついてしまう汚れや、手についた汚れが付着してしまうことだってあります。

カードが汚れてしまうと、ATMがカードに入力されている情報を正しく読み込むことができない場合があります。

出来るだけ汚れのつかないように保管することと、定期的に拭くなどして汚れが付かないようにしましょう。

関連記事をチェック!

非公開: キャッシュカードの新規発行~届くまでに引き出し可能?~

キャッシュカードを発行してもらう手続き、カードが届くまでの日数など、カード発行についての疑問点に答えます。 キャッシュカードの発行手続き キャッシュカードは銀行の口座を作ったときには必ず発行される...

キャッシュカード紛失時の手順

ネット銀行を利用するときにはキャッシュカードが無いと、ATMを使って出金も入金もできない事になります。

ここではキャッシュカードを紛失してしまった時にはどうすれば良いのかをご紹介します。

すぐに利用停止にする

暗証番号で一応のセキュリティ対策はできていますが、番号が偶然一致してしまった場合には、口座にあるお金を守ることはできなくなってしまいます。

そうならないためにカードの紛失に気が付いた時には、すぐにカードの利用停止をするようにしましょう。

カードの利用停止は、会員専用ページから操作が行えるようになっています。

操作方法は、ログイン後「各種手続」を選択し、その中の「キャッシュカード・トークン取引停止・再開」をクリックします。

出てきた画面でキャッシュカードの[取引停止]ボタンを押下します。

その後、取引状況欄に「取引停止中」と出てきたら取引停止の操作は完了です。

もし、外出先などでWEBにアクセスすることができないようであれば、事故受付センター(0120-444-964)に電話をして利用停止の届け出を行います。

基本的に24時間受付はされていますので、気が付いた時にすぐに電話をすると良いですね。

事故受付センターで取り扱っているのはカードやトークンを紛失してしまったときの取引停止の処理に限られます。

緊急の時に連絡をする事になりますので、携帯電話の電話帳に電話番号を記録しておくと良いですよ。

警察に届け出る

利用停止した場合でも、紛失した後に悪意のある人によって不正利用がされている可能性もあります。

紛失したことを警察に届けておくことも忘れないようにしましょう。

WEB上でカードを取引停止にして、カードが紛失したことを警察に連絡していると、不正利用の証明にも役立ちます。

最寄りの警察に行って、窓口で紛失届を出すようにしましょう。

窓口に書類が用意されているところもありますが、無い場合には窓口の警察官に紛失届を出しに来たことを伝えると良いですよ。

もし警察署や交番に赴くことができないような場合には、警察署に電話をして事情を説明すれば紛失届を提出するために警察に行かなくても良い場合があります。

電話で連絡をしたときには、最後にこの電話で紛失届を出したことになるのかきちんと確認しておくようにしましょう。

再発行手続きを行う

利用停止処理を行った後には、会員ページからの処理はできますが、ATMを利用した操作はできなくなります。

ですので、カードの再発行手続きを行うことになります。

カードの再発行手続きは会員ページにログインして「各種手続」を選択し、その中の「キャッシュカード・トークン再発行」を選択します。

その後出てくる画面で「カードをなくした・見当たらない(紛失・盗難など)」にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

次の画面でローマ字で氏名を入力したあと、表示される規定を確認して同意してから、次へのボタンをクリックします。

次の画面ではトークンを操作して出力されたワンタイムパスワードを所定の場所に入力し、申込内容、ローマ字氏名、住所を確認して申し込みを行います。

この操作を行うと、口座から再発行手数料を引き落とされて、新しいカードが1週間程度で届くことになります。

この時に、利用停止をしていた場合には、取引状況欄が再発行したカードのものに変わりますので、「取引可」の状態になります。

カードの再発行は、手続きを行った後では取り消しなどはできません。

必要がない場合には解約

カード紛失時に、将来ジャパンネット銀行を利用しない事が分かっている場合には、カードの再発行をするよりも解約をした方が良いですね。

口座の解約は、会員ページから申し込みができます。

申し込み方法は、「各種手続」を選択し、その中の「口座解約」をクリックします。

解約申込を行ったときに、口座に残高がある場合には、「解約代わり金」の振込先口座を指定する画面になります。

残高を振込する口座を先に用意しておきましょう。

振り込まれるまでの時間は、翌営業日(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)になります。

ログインできない場合には書面で解約の申し込みもできます。

解約申込書は、各種手続専用ダイヤル(0120-007-410)に電話をして取り寄せてください。

解約申込書に必要事項を記述して郵送します。

この場合、口座残高はジャパンネット銀行での手続完了後の翌営業日(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)に、指定口座へ振り込まれます。

関連記事をチェック!

キャッシュカードを紛失したら悪用されるの?すぐにすべき対策とは?

数あるカードの中でも、キャッシュカードは大切なカードです。 4桁の暗証番号さえ知っていれば、キャッシュカードの持ち主でなくても口座のお金をすべて引き出せるのですから、ある意味、怖いカードともいえます...

キャッシュカードを紛失したら悪用されるの?すぐにすべき対策とは?

キャッシュカード再発行の手続きと注意点

紛失時に気を付けておくこと

カードを紛失した後には、いろいろと手続きをしておく必要がありますが、手続きを行うと同時に注意しておかなければならないこともあります。

ここでは、手続き時に注意しておくべき点をご紹介します。

制限される取引がある

カード紛失時にはカードの利用停止を行いますので、それに伴ってATMを利用した取引が全てできない事になります。

また、カードの再発行手続きを行った場合には、紛失したカードが見つかった場合でもそのカードは利用できなくなっています。

Visaデビットでの取引もできなくなっていますのでVisaデビットでの支払いもできません。

ただし、ネット決済専用に作成したJNBカードレスVisaデビットに関しては、問題なく利用できるようになっています。

Visaデビットのカード番号が変わる

カードの再発行手続きを行うと、Visaデビット番号が変更になります。

もし、携帯電話等の月額利用料や何かのサービスの年会費の支払いにデビットカードを利用していた場合には変更する必要があります。

また、ファミマTカード付きのVisaデビット付キャッシュカードを再発行する場合には、T会員番号も変更されます。

貯めていたTポイントは、新しいカードの再発行後、1~2週間程度で新しいカードに移行されます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

特集記事