馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

貯金ゼロの一人暮らしから抜け出す方法は?貯金することは可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

一人暮らしは、意外と出費が多くて、貯金ができないという人も多いのではないでしょうか。

貯金はしたいけど、中々上手くできないという人もいると思います。

今回は、一人暮らしと貯金の関係について紹介していきます。

貯金がなくても一人暮らしはできる?

一人暮らしは自分の収入のみで生活をするため、貯金がないと不安になりますが、貯金がなくても一人暮らしは成り立ちます。

一人でも二人でも、生活できる状況とは収入が支出を上回っていればいいだけです。

贅沢をせずに節約しながらであれば、全然問題はありません。

部屋を借りる時にはいくらかかる?

一人暮らしを始めるにあたって、部屋を借りるためには、次のような費用が必要となります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 家賃

生活費の中で大きなウェイトを占めるのが家賃ですが、一人暮らしの場合は、家賃にどれくらいの金額を充てればいいのでしょうか。

一般的に、家賃は収入の30%以下と言われています。

収入21万円であれば7万円以下の物件を、18万円であれば6万円の部屋を借りるのが目安ということになります。

そして、部屋を借りるときには、場合によって敷金と礼金が別にかかることもあり、家賃の他に1か月分又は2か月分の家賃を用意しておく必要があります。

さらに、不動産屋に支払う仲介手数料の目安は家賃半月~1か月分です。

家賃が7万円とすると、部屋を借りるためにはトータルで17.5万円~42万円が必要となるのです。

節約しながら引っ越しするには物件選びを工夫しよう

条件の良い物件が見つかり、いざ引っ越しするとなると、引越し業者へ依頼するのが一般的です。

この引っ越し費用についても5万円~50万円と高く、家賃などの他に引っ越しのための費用分も貯めておかなくてはいけません。

それでは少しでも初期費用を抑えるためには、どのような物件を探せばよいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

敷金礼金ゼロの物件の探し方

貯金がない状態で引越しを考えるのなら、不動産屋の広告でも見かける敷金や礼金が0円の物件を探しましょう。

「敷金・礼金が0円の物件を探している」と不動産屋に相談してみれば、公開物件でないものも教えてくれることがあります。

また、敷金礼金0円の物件の他にフリーレント物件と言って、ある一定の期間は家賃がかからないものもあるので、知っておくと便利です。

引っ越しを自分でするのも手

引っ越し費用を浮かせるために、引越し業者には頼まないで自分でするという選択もあります。

引っ越し先が近所だったり、新居へもっていく荷物が少なかったりするのであれば、引越し業者を頼まず自力でやってみてはいかがでしょうか。

運転免許証を持っているのであれば、レンタカーを借りるという手もあります。

生活費を抑えるためのポイント

貯金がないときは少しでも支出を抑えるために節約しますが、ポイントをしっかりと抑えることが大事です。

なお、生活費を抑えるポイントは次のものが挙げられます。

  • 不要なものは買わない
  • 光熱費を抑える

引越しをすると、どうしてもあれこれと新しいものが欲しくなります。

しかし、ただでさえお金がかかるのに、新しいものを買ってしまっては後が大変です。

ここはぐっと我慢をして、余裕が出てくるまで、必要最低限のもののみを購入するようにしましょう。

そして、水道やガス、電気は日頃より使い方を少し気を付けるだけで、費用を抑えることができます。

また、プランが用意されているものは、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶとお得になります。

契約前にしっかりと確かめておくことがポイントです。

様々な支払いのタイミングをできるだけ遅らせておくことも重要

一人暮らしを始めるときにまとまったお金がないときは、それぞれの支払いがいつになるのか把握することが大事です。

敷金・礼金と仲介手数料の支払日や、生活購入をする日をいつにするかで、お金を使うタイミングをずらして、負担を軽くするよう考えましょう。

お金の入出金はしっかり記録しておこう

引越し後も毎月支払う家賃と光熱費、食費などがあるので、お金の入出金はきちんと把握しましょう。

いつ収入が入り、いつに何の支払日かを明確にすることをおすすめします。

収入アップで貯金する

貯金をするには、毎月の収支が黒字になる必要があります。

そこで、まずは収入をアップさせて、毎月の収支を黒字にする手段を紹介していきます。

収入を上げて貯金を考える場合は、生活水準を下げずに貯金できますので、オススメとなっています。

収入が少ない場合は転職もアリ

収入を上げる方法として考えられるのは、まず、転職があると思います。

転職活動に時間がとれないという人もいるかと思いますが、今は、インターネット上の転職サイトや転職エージェントを利用することで、働きながらでも転職することが可能です。

最初は多少の時間と手間が必要となりますが、後々、ハローワークなどを利用するより効率的に転職することができるかと思います。

空いてる時間を利用して副業で稼ぐ

収入を上げるには、副業を行うという方法もあります。

一人暮らしの人は、時間を自由に使えることが多いため、ダラダラと過ごしてしまうことも多いでしょう。

そのような人は、空いている時間を利用して、副業を考えてみてはいかがでしょうか。

インターネットを利用した副業には、初期費用をほとんどかけずに行える仕事が多くあります。

特に、クラウドソーシングは、自分に合った仕事を選択できますし、特別なスキルを持っていなくてもできる仕事が山ほどありますので、オススメです。

クラウドソーシングのサイトは複数ありますし、登録すること自体は無料ですので、空いている時間がある人は、利用を考えてみても良いかと思います。

不要なものは処分する

一人暮らしで貯金を考えるのであれば、不要になった物の処分を考えてみてください。

と言うのも、一人暮らしで貯金ゼロの人には、部屋の中に物が多いという特徴があるそうです。

物が多いということは、その分広い部屋に住む必要がありますので、どうしても家賃が高くなってしまいます。

物を少なくなれば、広い部屋は必要なく、家賃の安い部屋に引っ越すこともできます。

不要なものを処分するときはただ捨てるのではなく、売れそうなものはリサイクルショップに持って行きましょう。

ものによっては処分するために費用がかかってしまうこともあるので、安くても買い取ってもらえればトータルでお得です。

貯金するなら節約は必須

貯金の目標金額にもよりますが、本気で貯金を考えるのであれば、節約をすることが必須になります。

特に、現状の収入がアップする可能性が低い人は、節約によって支出を抑えることが重要となります。

簡単な節約としては、「電気の消し忘れをなくす」「水の出しっ放しをなくす」など、水道光熱費の節約があります。

また、一人暮らしの場合は、コンビニ弁当や外食が多くなりがちですが、基本的に自炊することを心がけてください。

自炊をすることで、食費を半分以下に抑えることも可能です。

クレジットカードの利用を抑える

節約術のひとつとして、クレジットカードの利用を抑えるという方法があります。

クレジットカードは、現金が減らずに買い物ができるため、お金が減っているという感覚を持つことができません。

また、クレジットカードで支払いを行うということは、翌月以降に現金での支払いを先延ばしにしているだけです。

支出を正確に把握するためにも、クレジットカードの利用を抑えることをオススメします。

ちなみに、クレジットカードの利用を抑えるというのは、全く使ってはダメと言うことではありませんので、勘違いしないでください。

例えば、水道光熱費などの固定費の支払いに関しては、金額がほぼ一定であるためクレジットカード払いにしても管理がしやすいでしょう。

クレジットカードは、ポイントなどの特典もありますので、上手に利用しましょう。

貯金するなら収支のバランスを見直す

一人暮らしで貯金ゼロの人の中には、少しずつでも貯金したいと考える人もいると思います。

貯金をするために大切なことは、収支のバランスが常に黒字であることです。

「収入-支出」が黒字ということは、少なからず貯金することができるはずですので、まずは、収支のバランスを見直してみてください。

一人暮らしでかかる費用はどのくらい?

収支のバランスを見直すには、支出がどのくらいあるのかを知る必要があります。

一人暮らしをする上で、一般的にかかると言われている固定費用の内容は下記のようなものがあります。

項目おおよその金額
家賃55,000円
食費30,000円
水道・光熱費10,000円
通信費10,000円
合計105,000円

上記は、平均的な金額を紹介していますので、当然、人によって多少の違いがあります。

また、固定費以外にも、交際費や娯楽費などの変動費用がありますし、車のローンや保険に加入している人は、その分の支払いを考える必要もあります。

口コミなどを参考にすると、一人暮らしの学生の場合は「10万円~13万円」、社会人の場合は「15万円前後」の支出が多いそうです。

ちなみに、家賃は、月収の3分の1~4分の1くらいの金額が相場のようです。

家賃にお金をかけすぎてしまうと毎月の出費が多くなってしまいますので、覚えておくと良いかもしれません。

収支を把握するのは重要

一人暮らしの場合、固定費だけでも平均で10万円前後の金額がかかってしまいます。

変動する費用を加えると、すぐに15万円を超えてしまうことも多くなると思います。

そこで重要なのは、家計簿をつけることです。

特に、男性は、家計簿をつけているという人が少ないかと思いますので、貯金を考えるのであれば、まず、家計簿をつけるようにしてください。

理想は、細かい支出がわかるしっかりとした家計簿ですが、最低でも大まかな支出は把握できる程度の家計簿をつけてみてください。

関連記事をチェック!

一人暮らしでお金が足りない!生活費が苦しい時の対処法

一人暮らしの人は、自分の努力次第で生活費を引き締めることができるはずです。 それなのに、生活費が足りない・・・。 これはあなたの普段の生活に、何か間違った部分があるからに他ありません。 ...

関連記事をチェック!

一人暮らしで家賃が払えない!ピンチを乗り切る5つの方法

みなさんは月々家賃をいくら支払っていますか? 一人暮らしの場合、月収の2~3割程度と呼ばれることも多い家賃ですが、地域によっては月収の半分なんてこともあるかもしれません。 そうなると、急な...

一人暮らしで家賃が払えない!ピンチを乗り切る5つの方法

先取り貯金は効果的

一人暮らしで、毎月の収支が黒字なのに貯金がゼロという人は、浪費癖がある可能性が高くなります。

そのような人には、給料日にある程度の金額を先に貯金してしまう、先取り貯金がオススメとなります。

先取り貯金をする場合は、簡単に現金を引き出せてしまうと意味がありませんので、定期貯金をするようにしてください。

引き出せる現金がないのが不安な人は、定期貯金と普通預金に分けて行うのも良いかと思います。

また、勤務先に財形貯蓄制度がある人は、勤務先の制度を利用してみるのも手段のひとつとなります。

貯金ゼロでも一人暮らしを始めた人の体験談

一人暮らしを始めたときに貯金がなかった人の体験談を幾つか紹介します。

敷金・礼金がない物件を利用したものの、退去時にお金がかかるかもしれないことを考慮して引っ越し後に貯金を始めたという人や、とにかく安い家賃の部屋を探したという声も多くありました。

番外編1:一人暮らしの平均貯金額は?

一人暮らしは、時間に縛られることがなく、お金も自由に使うことができるので、自分を制御するのは中々難しいですよね。

だからというわけではありませんが、一人暮らしの人の中には、貯金が全くないという人もいると思います。

しかし、同じように一人暮らしをしている人でも、しっかりと貯金をしている人はいます。

一人暮らしで貯金ゼロの人は、同じ一人暮らしの人がどのくらいの金額を貯金しているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

と言うことで、まずは、一人暮らしの貯金額について紹介しておきます。

平均貯金額と中央値は下記のようになっています。

世代平均貯金額中央値
20代116万円0万円
30代502万円24万円
40代789万円0万円
50代1,300万円60万円
60代1,755万円600万円

上記は、一人暮らしの年代別の貯金金額になります。

また、貯金額の全国平均は、822万円となっており、中央値は20万円となっています。

ちなみに、中央値は、金額順に並べたときのちょうど真ん中の数値を指しています。

平均値の場合は、極端に貯金額の多い人が全体を底上げしてしまうので、世の中の貯金額の実態を知るには、中央値を見た方がわかりやすいかもしれません。

関連記事をチェック!

35歳で貯金ゼロ!?お金がない人の現状と対策

「35歳」と言えば、ちょうど人生の折り返し地点、というのは大袈裟かもしれませんが、今後の人生について考え直す、ちょうとよいタイミングの年代でもあります。 そんな35歳の多くが、今「お金がない」と...

40代で二極化する?

一人暮らしの年代別貯金金額の平均を紹介しましたが、平均金額を紹介しただけでは意味がありませんので、少し考察を付け加えたいと思います。

年代別の平均金額と中央値を見ると、金額に幅があることがわかると思います。

これは、全体的に貯金できる人とできない人が二極化しているということを証明しています。

特に40代は、平均貯金額が上がっているのに対して、中央値は0万円に戻っていますので、貯金ができる人とできない人で完全に別れてしまっています。

つまり、お金を貯めることができるかどうかは、40代になる前にある程度決まってしまう可能性が高くなります。

関連記事をチェック!

40代で貯金ゼロの独身は危ない?今からでも貯金は可能?

独身だから給料を自分のためだけに使えるだけでなく、自由で楽しく生活していると感じている人も多いでしょう。 また、仕事と子育てに追われている人から見たら、独身の生活が羨ましいと感じるかも知れません...

40代で貯金ゼロの独身は危ない?今からでも貯金は可能?

まとめ:貯金するなら収支の見直しが必要

一人暮らしと貯金の関係について紹介してきました。

一人暮らしで貯金を考えるのであれば、毎月の収支が黒字になる必要があります。

ですので、まずは、毎月の収支の見直しを行ってみてください。

また、毎月の収支が数万円の黒字になるにもかかわらず、貯金がゼロという人は、先取り貯金をすることで、強制的に貯金することが可能となります。

特に、浪費癖の自覚がある人は、先取り貯金を行うことをオススメします。

急な出費に対応するには貯金はどれぐらい必要?

関連記事をチェック!

貯金がない生活のデメリット~これでも無貯金で大丈夫と言える?

貯金してますか? 「貯金なんてしても利子もつかないし、なくても生きていけるよ!」という人もいるかもしれません。 しかし、貯金がない生活には多くのデメリットがありますので、今回の記事を読んで...

貯金がない生活のデメリット~これでも無貯金で大丈夫と言える?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能