お金に困ったときは「お金がない馬」

楽天銀行VSじぶん銀行!お得な銀行はどっち?

 4.2  (5)
+ この記事を評価する
×
 4.2  (5)

この記事を評価する

決定

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行とauユーザーに人気のじぶん銀行。

どちらがよりお得な銀行なのか、手数料やポイントサービス、住宅ローン、カードローン等を徹底的に比較して調査します!

楽天銀行VSじぶん銀行!手数料比較

楽天銀行もじぶん銀行もいずれもネットバンクですので、店舗がありません。

また、両行ともに自社ATMを持ちませんので、入出金は“提携ATM”を利用して操作します。

銀行を選ぶときは、やはりATM手数料が安いところを選びたいですよね。

両行の入出金手数料をまとめてみました。

楽天銀行じぶん銀行
入金手数料3万円以上の入金は、いつでも手数料無料
3万円未満の入金は、1回あたり216~270円の手数料が必要
いつでも無料
ただし、ゆうちょ銀行ATMで入金するときは月に1回のみ手数料無料
2回目以降は216円の手数料が必要
出金手数料1回あたり216~270円利用状況によって月に2~11回手数料が無料になる
無料回数を超えると、1回あたり108円の手数料が必要
ただし、ゆうちょ銀行ATMで出金するときは、月に1かいのみ手数料が無料に
2回目以降は216円の手数料が必要

※手数料はいずれも税込み表示です。

関連記事をチェック!

じぶん銀行のATMで現金引き出し

店舗がない“じぶん銀行”はネットで便利に使えます。 しかし、現金の引き出しは、提携ATMを使って行うのです。 じぶん銀行を利用する際に知っておきたい、引き出し限度額や手数料、ATMの操作方...

じぶん銀行のATMで現金引き出し

関連記事をチェック!

じぶん銀行の預け入れ!完全マニュアル

店舗を持たないネット銀行の“じぶん銀行”。 店舗型の銀行なら、銀行に行って窓口やATMで預け入れができますが、じぶん銀行はじぶん銀行の窓口もATMもありませんので、どこで預け入れできるのでしょう...

楽天銀行の入出金手数料が無料になるとき

楽天銀行の提携ATMで入出金をするときは、1回あたり216~270円の手数料がかかります。

しかし、次のいずれかの条件に当てはまるときは、ATM手数料が無料になります。

  • 3万円以上を入金するとき
  • 楽天銀行口座開設後、6ヶ月以内は、入出金のATM手数料が月に5~7回無料になる
  • ハッピープログラムに入会(入会費無料)し、特定の条件を満たすと、入出金のATM手数料が月に1~7回無料になる

入出金手数料対決はじぶん銀行の勝ち!

楽天銀行も、入出金手数料が無料になる方法がないわけではありません。

しかし、口座開設後6ヶ月を過ぎると、残高や取引状況によっては、月に1回すらも手数料無料で利用できないことがあるのです。

一方、じぶん銀行では、利用状況に関わらず、ゆうちょ銀行ATMの入出金手数料が月に1回ずつ無料になりますし、ゆうちょ以外の提携ATMの入金手数料は無料、出金手数料も月に2回は無料になります。

手数料無料でATMを使いたい人は、じぶん銀行を選ぶ方が良いでしょう。

楽天銀行VSじぶん銀行!提携ATMの多さ

提携ATMが多ければ多いほど、便利に口座を活用できますよね。

楽天銀行とじぶん銀行の提携ATMをまとめてみました。

楽天銀行じぶん銀行
提携ATM三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、みずほ銀行、イオン銀行、ローソン、イーネット、ビューアルッテ、パッとサッと三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン、イーネット

提携ATM対決は楽天銀行の勝ち!

楽天銀行は、じぶん銀行の提携ATMすべてを利用できるだけでなく、みずほ銀行とイオン銀行のATMでも利用できます。

また、JR東日本駅構内に多数設置されているビューアルッテ、関西の私鉄・市営地下鉄構内に設置されているパッとサッとでも利用可能ですので、駅でお金が必要なときも迅速に対応することができます。

提携ATMの多さは楽天銀行が圧倒的有利と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)じぶん銀行ってどう?できることや口コミを徹底調査!

じぶん銀行は信用できる銀行なのか、そして、実際に使っている人はどのような感想を持っているのかについて徹底的に調査します。 どのような人がじぶん銀行を使うべきなのかについてもまとめましたので、ぜひ...

楽天銀行VSじぶん銀行!振込手数料と振込み時間

振込みの利便性は、両行いずれが勝っているのでしょうか。

振込手数料と振込方法、振込み可能な時間を比較してみましょう。

楽天銀行じぶん銀行
振込手数料3万円未満:165円
3万円以上:258円
3万円未満:174円
3万円以上:278円
振込手数料が常に無料になる振込先楽天銀行口座じぶん銀行口座と三菱UFJ銀行口座
振込方法
  • インターネットバンキング
  • アプリ
  • インターネットバンキング
  • テレホンバンキング
  • アプリ
  • 携帯番号
    (じぶん銀行への振込のみ)
振込み時間自行あて:24時間即時振込
他行あて:平日9:00~15:00は即時振込、その他の時間は翌営業時間に対応
自行あて:24時間即時振込
他行あて:平日0:00~15:00は即日振込、その他の時間は翌営業日に対応
テレホンバンキングは平日0:00~14:30は即日振込
その他の時間は翌営業日に対応

※手数料はいずれも税込み表示です。

振込みの利便性はやや楽天銀行が有利か?

振込手数料を安く抑える方法は、楽天銀行の方が豊富にあります。

アプリやかんたん振込などを使えば、手数料を165円以下に抑えることが可能です。

振込方法はじぶん銀行の方が多彩ですが、他行あての振込でも営業時間内なら即時振込が可能な点も楽天銀行が勝っています。

全体的な振込みの利便性は、楽天銀行がやや勝っていると見ることができるでしょう。

楽天銀行VSじぶん銀行!預金金利

お金を預けるなら、金利が少しでも高い銀行を選びたいですよね。

楽天銀行とじぶん銀行の預金金利を比較してみました。

楽天銀行じぶん銀行
円普通預金金利(年)0.02~0.1%0.001%
円定期預金金利(年)0.02~0.13%0.03~0.05%
外貨預金金利
(米ドル、年)
0.6~10.0%1.45~10.0%

※いずれも2018年7月時点の税引き前の金利です。

もっとも高金利が適用される預け入れ期間は?

両行ともに、預け入れ期間によって円定期預金の適用金利が変わります。

楽天銀行の円定期預金においてもっとも高金利になるのは“6ヶ月定期”で、年0.13%が適用されます。

日本円から米ドルの外貨定期預金に移行させた場合は、最初の7日間は10%の高金利が適用され、その後は年0.6~4.0%の金利となります。

一方、じぶん銀行の円定期預金金利がもっとも高くなるのは、年0.05%が適用される“1年定期”です。

日本円から米ドルの外貨定期預金に移行させた場合においては、最初の30日間は10%の高金利が適用され、その後は、年1.45~1.80%の金利が適用されます。

円預金なら楽天銀行、外貨預金ならじぶん銀行

円預金の金利は、普通預金も定期預金もいずれも楽天銀行の方が圧倒的にお得に設定されています。

一方、外貨預金に関しては、じぶん銀行の方がお得に設定されています。

いずれも管理費はかかりませんので、預金の種類によって銀行を使い分けるようにしましょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)じぶん銀行で口座開設!作り方の流れと注意点【デビュー応援プログラムも】

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資によって誕生したインターネットバンキングが、じぶん銀行です。 KDDIの傘下ということもありauユーザーはもちろん、auユーザー以外にもお得な銀行として口座開設数が...

非公開: (統合)じぶん銀行で口座開設!作り方の流れと注意点【デビュー応援プログラムも】

関連記事をチェック!

じぶん銀行は未成年も口座開設できる!手順とお得な使い方徹底解説

じぶん銀行では、未成年も自分の意思で口座開設できます。 未成年者が口座開設する方法とお得な使い方について徹底的に解説します! 偽情報多し!じぶん銀行の未成年口座 じぶん銀行の未成年口座につい...

じぶん銀行は未成年も口座開設できる!手順とお得な使い方徹底解説

楽天銀行VSじぶん銀行!ポイントサービス

銀行によっては、利用の度にポイントが付与されるサービスを実施していることがあります。

楽天銀行とじぶん銀行のポイントサービスを比較してみましょう。

楽天銀行じぶん銀行
ポイントサービスの種類楽天スーパーポイントWALLETポイント
ポイントが付与される条件振込みや入出金、口座振替などの度に1~3ポイント付与
  • 電子マネー(auWALLETプリペイドカード)にオートチャージする
  • auでんきとauWALLETクレジットカードを一緒に使うとポイントが最大6ヶ月間は3倍付与
  • 新規口座開設時に、毎月最大200ポイントを2年間付与

※じぶん銀行のオートチャージによるポイント付与サービスは、期間限定で実施しています。利用のタイミングによっては、WALLETポイントは付与されません。

ポイントサービスは楽天銀行の勝ち!

じぶん銀行のポイントサービスは、いずれも期間限定で実施されています。

キャンペーンの期間が限定されていることもありますし、キャンペーンの期間が限定されていないものでもポイント付与期間が限定されていますので、いずれにしても恒久的にポイントを得ることはできません。

一方、楽天銀行のポイントサービスは、ポイント数は少ないですが、振込や入出金などの日々のサービス利用でコツコツとポイントを貯めることができます。

ポイントを貯める楽しみは、楽天銀行の方が大きいと言えるでしょう。

楽天銀行VSじぶん銀行!住宅ローン

住宅ローンの金利と各種手数料について比較してみましょう。

楽天銀行じぶん銀行
住宅ローン変動金利(年)0.527%0.457%
10年固定金利(年)1.152%0.62%
保証料0円0円
繰り上げ返済手数料0円0円
(固定金利の特約期間中に全額返済するときのみ、32,400円の手数料がかかる)
団体信用生命保険料
(通常タイプ)
0円0円
事務手数料借入金額に関わらず一律324,000円借入金額に対して2.16%

※いずれも新規借入の場合に適用される2018年7月時点の税込み金利です。

※手数料は税込み表示です。

住宅ローンはじぶん銀行がやや優勢!

金利だけを見るならば、じぶん銀行の方がお得です。

ただし、固定金利の特約期間中に全額返済をすると手数料がかかってしまうことと、1,500万円より多額を借りるときは事務手数料が楽天銀行よりも高くなってしまうことに注意をしてください。

楽天銀行VSじぶん銀行!カードローン

カードローンのスペックを比較してみましょう。

楽天銀行じぶん銀行
カードローン名称楽天スーパーローンじぶんローン
金利年1.9~14.5%年2.2~17.5%
利用限度額800万円800万円
当行口座開設必須ではない必須ではない
ATM手数料提携ATMは基本的には手数料無料だが、りそな銀行・三菱UFJ銀行・しんきんバンクのATMは108~216円の手数料がかかる提携ATMはすべて手数料無料
振込融資利用可能利用可能

カードローン対決は五分五分

金利が低いのは楽天銀行ですが、ATM手数料のお得さはじぶん銀行が勝っています。

カードローン対決は五分五分と言えるでしょう。

ただし、楽天ユーザーは会員ランクによっては楽天スーパーローンの審査が優遇されますし、auユーザーはじぶんローンの適用金利が年0.1~0.5%引き下げられます。

各自、利用しやすい方のカードローンを選ぶようにしましょう。

特徴を見極めてお得な銀行を選ぼう

楽天銀行とじぶん銀行のどちらがお得かについては、何を重視するかによって異なります。

ご自身が利用したいサービスに強い銀行を選ぶようにしてください。

 4.2  (5)
+ この記事を評価する
×
 4.2  (5)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能