お金に困ったときは「お金がない馬」

ジャパンネット銀行にATMから入金できない時の対処法

ジャパンネット銀行の口座を開設した後でよく利用するのは、ネットを利用した取引とカードを利用して提携ATMからの入出金だと思います。

今回は提携ATMを利用して入金ができない時の原因と対処方法を調べました。

入金できない原因と対処法

ジャパンネット銀行には様々なサービスが用意されていますので、それらのサービスを利用するためにも口座への入金は必要ですよね。

給料の振込口座にしているとか、アフィリエイトの報酬の受け取り口座にしている場合には、振込されるまで待てばいいのですが、そうでない場合には必ず入金が必要です。

また、入金されるまで待つことができなくて、今すぐにでも利用してい時には提携のATMから入金をする事になります。

ここでは、ATMを利用して入金できなかった場合の主な原因と対処方法をご紹介します。

カードの挿入方向が間違っている

ジャパンネット銀行のキャッシュカードにVisaデビット機能がついている場合には、ATMへのカードの挿入方向が違っていると使えないという事があります。

カードの挿入方向を示す矢印が2方向についているので、どちらから挿入すれば良いのかわからない事が原因のようです。

ただ、矢印を書いている所には、文字でどちらで利用する場合というのはわかるようになっています。

具体的には「キャッシュカードのご利用」と書かれてある矢印の方向で利用すれば問題ないことになります。

ATMからカードが戻ってきたら、再度挿入する前に矢印の方向に注意してみるのが良いですよ。

もし方向を確かめるのが面倒な場合には、挿入方向を逆にして利用すると良いですね。

それでも利用できない場合には、その他の原因を探すようにしましょう。

提携ATMではない

ATMに挿入する方向に間違いがない場合には、利用しているATMが提携しているATMかどうかを確認しましょう。

ジャパンネット銀行のキャッシュカードが利用できるATMは以下の通りです。

これら以外のATMでは利用することができません。

ATMの種類はATM本体に大きく書かれてありますが、不明な場合には上記の表のATM所在場所をクリックすると検索ページが表示されます。

自分がいる場所を検索することで確かめることができます。

ゆうちょ銀行や三井住友銀行のATMは比較的わかりやすいですがコンビニなどでATMの種類が分からない時は、店員に確認するのも良いですね。

急いでいる場合や、他の提携ATMがそばにある場合には、他のATMを利用してみるのも良いですよ。

基本的にコンビニに設置してあるATMで利用できるようになっていますので、近くに他のコンビニATMも探しやすいと思います。

カードに不具合がある

カードの挿入方向も間違っていないし、操作しているのも提携のATMだった場合には、そのカード自体に不具合がある可能性があります。

特に磁気の近くに置いていた場合や、カードが変形してしまっているような場合には、カードの情報が読み込めなくなっている可能性があります。

近くに他のATMがある場合には、そちらでも試してみて、それでも利用できない場合にはカードの交換などを申し込みましょう。

会員専用ページにログインして、「各種手続」から「キャッシュカード・トークン 再発行」を選択すると申し込みが行えます。

この場合には再発行手数料はかからないようになっています。

再発行に関しては最初は深く理由は聞かれないと思いますが、短期間に複数回再発行をした場合には、再発行前に理由を確認されたりもします。

カードが正常に処理されない事が続いた場合には、保管場所に関しても十分注意するようにしましょう。

何回もカードの再発行を行っていると、本当に必要な時に利用できない場合もあります。

取引を停止している

カードが使えない理由の一つにカードでの取引を停止にしている場合があります。

カードの取引を停止するのは、会員専用ページから簡単に設定できますので再開をするのを忘れている場合があります。

カードの取引を再開するのは、会員専用ページにログイン後「各種設定」から「キャッシュカード・トークン」の「取引停止・再開」をクリックして再開処理をするだけです。

パソコンやスマートフォンからでもできますし、携帯電話でも「登録/変更」から「カードロック・トークンロック設定・解除」から操作ができます。

いざという時の為に、スマートフォンや携帯電話から会員専用ページにログインできるようにしておくと良いですね。

操作を行えば、すぐにでも利用することができる様になります。

ATM以外での入金方法

ここまではATMを利用してトラブルを解消する方法をご紹介してきましたが、カードに不具合があるような場合にはすぐには対応ができません。

ここでは、ATM以外でジャパンネット銀行の口座に入金する方法をご紹介します。

振り込みを行う

他の金融機関でインターネットバンキングが利用できるようであれば、その金融機関からジャパンネット銀行の口座に振り込みを行うと良いですね。

現金を手にしている場合には、その金融機関の口座に入金してから振り込みを行うようにしましょう。

いつでも振り込みが行えるように、ジャパンネット銀行の振込先を登録しておくようにしましょう。

金融機関によっては、ジャパンネット銀行の口座を選択するのが難しいところもあります。

その様な場合には、ジャパンネット銀行の銀行コード「0033」を利用して振り込みを行うようにするのも良いですよ。

支店番号と口座番号に関してはキャッシュカードに記載されております。

この時に一つでも間違った情報を入力してしまうと振り込みがされませんので、間違いなく入力するようにしておきましょう。

定額自動入金サービスを利用する

もし毎月ジャパンネット銀行の口座に入金することが決まっているのであれば、手数料のかからない「定額自動入金サービス」を利用しておくと良いですね。

定額自動入金サービスで指定できる金融機関は「定額自動入金サービス ご利用いただける金融機関一覧ページ」で確認ができます。

引き落とし日は毎月5日もしくは27日で選べるようになっておりますので、給料日の振り込み後に指定しておくと良いですね。

ただし、入金日は引き落とし日の4営業日後になるので、公共料金などの引き落としで利用している場合には、注意が必要です。

設定方法は会員専用ページにログイン後、「明細・振込・振替」から「定額自動入金サービス」から申し込みができます。

ATMを利用するための時間も必要ないですし、カードが使えない等のトラブルで入金ができない事も避けることができます。

◆ジャパンネット銀行公式サイト:「定額自動入金サービス ご利用頂ける金融機関一覧」

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

特集記事