お金に困ったときは「お金がない馬」

アプラスカードが残高不足で引き落としできなかったらどうなる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アプラスカードは充実したラインナップを誇るクレジットカードで、多くの人が便利に活用しています。

そんなアプラスカードが残高不足で引き落としできなかったらどうなるのでしょうか?

この記事で詳しく解説します。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人いとってとても参考になる記事です。

  • アプラスカードの引き落としが残高不足で出来なかった人
  • アプラスカードの引き落とし日やタイミングが知りたい人

アプラスに再引き落としはない

一般的にクレジットカードの入金を忘れてしまった場合には、翌日以降に再引き落としが行われるケースが多いですが、アプラスには再引き落としの制度がないため、遅れて口座に入金しても自動で引き落とされません。

したがって、口座振替の日時に間に合わなかった場合には、銀行振込など他の手段をとるしかありません。

それでは、引き落としができなかったときの対処法など、詳しくはこれから確認して行きます。

引き落としできなかった場合の振込先

アプラスカードの引き落としに指定している銀行口座からなんらかの理由で、引き落としができず、数日経つと未入金のお知らせがアプラスから届きます。

もしも引き落としが間に合わなかった場合には、早めに支払わなければなりません。

この場合の支払い方法はアプラス口座に直接入金する方法と、アプラスから送られてくる振込用紙を使って支払う方法があります。

アプラスの指定口座に振り込み

クレジットカードの中には、再引き落とし日を設けているものもあります。

しかし、アプラスカードは、再引き落としを行いませんので、引き落とし日が過ぎてから、口座に入金しても意味がありません。

引き落としが遅れてしまった場合は、アプラスの指定口座に直接入金をする必要があります。

アプラスの口座に直接入金する場合は、振込先をアプラスに確認する必要があります。

振込先口座照会の方法

アプラスに、振込先を確認するにはアプラスのコールセンターに確認するか、公式サイトから確認ししてください。

アプラスコールセンター
電話番号0120-400-937
受付時間6:30~25:00
(年中無休)

電話で確認する際は、振込先の銀行や口座番号、支払い期日が伝えられますので、忘れないように、メモをしてください。

公式サイトから確認する方法は、アプラスにログインし、「請求明細照会」のページから「引き落としができなかった場合はこちら」をクリックします。

確認をしたら、迅速に支払いを完了してください。

振込手数料

アプラスの口座へ直接入金を行う場合、手数料も負担する必要があります。

振込手数料は、金額や金融機関によって異なります。

<振込手数料参考>

金融機関3万円以下3万円以上
窓口ATM
(現金)
窓口ATM
(現金)
みずほ銀行648円432円648円432円
三井住友銀行648円432円648円432円
金融機関5万円以下5万円以上
窓口ATM
(現金)
窓口ATM
(現金)
ゆうちょ銀行648円216円864円432円

以上の様に、振込手数料は意外に高いものですが、セブン銀行やローソン銀行などは、振込金額に関係なく216円としているところもあるのでお得に利用可能です。

ただし、時間帯によっては利用手数料がかかる場合があるので、注意が必要です。

振込依頼書でコンビニ払いもできる

アプラスカードの引き落とし口座が残高不足の場合、10日ほど経つと引き落としができなかったという内容のハガキが送られてきます。

ハガキは振込用紙として利用することができ、支払う場合は、振込ハガキを、コンビニエンスストアに持参して、レジで支払うことが可能です。

お金を持ってコンビニに行くだけですので迷わずに支払うことができます。

また、振込ハガキには、支払い期限が書かれていますので、コンビニ払いをするときには期限内に支払うようにしてください。

不明な金額が引き落としされていた時

通帳を確認した際、アプラスから身に覚えのない引き落としがされていたら、びっくりしますよね。

もしかしたら、悪用されているのでは?と不安になるかもしれませんが、アプラスから引き落しになった場合、以下の事が考えられます。

慌てる前に、通帳を確認してください。

引き落とし名義を確認

アプラスカードの引き落とし名義は、「APアプラス」です。

しかし、アプラスでは、アプラスカード以外にも引き落とし代行をしています。

したがって、アプラスカードを所持していない人もアプラスから引き落としされるというわけです。

引き落とし名義が「AP(カ)企業名」や「AP(企業名カイヒ)」となっていれば、アプラスからの引き落としだと確認することができます。

ちなみに、アプラスはあくまでも引き落とし代行を行っているだけですので、詳しい請求内容を問い合わせてもわかりません。

確認したい場合は、記載されている企業へ連絡する必要があります。

アプラス発行クレジットカードを確認

アプラスではアプラスカード以外のクレジットカードも発行しています。

例えば、Tポイントが付くTカードプラスは、色々なところで利用できるので、持っている人も多いのではないでしょうか。

Tカードといえば、TSUTAYAやファミリーマートを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、アプラスでも発行を行っています。

自分がアプラス発行のカード会員か確認するには、クレジットカードをよく見てください。

アプラス発行のクレジットカードには、裏面に記載してある発行会社のところにアプラスと書いてあります。

年会費の支払いは忘れがち

クレジットカードを利用していないのに、アプラスから引き落としがあった場合は、年会費が引き落とされた可能性があります。

アプラスカードの中には年会費がかかるものがあり、請求月に自動で口座から引落しされます。

年に1回のことなので、うっかり忘れがちですが、入会した月や年会費の金額をよく確認しておいてください。

家賃の引落しの可能性も

アプラスでは、不動産管理会社に代わり、入居者の審査、家賃の回収や督促も行っています。

このため、アプラスに家賃の回収を依頼している賃貸アパートなどに入居し、家賃の支払い方法を口座振替にしている場合は、不動産管理会社ではなく、アプラスから引き落としされるのです。

なお、アプラスは家賃の他にも、スポーツクラブの会費やショッピングローンなどの集金代行も行っています。

また、クレジットカードやなどの集金代行も行っていますので、アプラス発行のクレジットカードでなくても、ショッピングやキャッシングで利用したクレジットカードの引き落としが、アプラスになる可能性もあります。

アプラス引き落とし残高不足のリスク

アプラスカードは利用者目線に立った各種サービスを提供しているため、快適に活用しやすいです。

しかし、せっかく快適に使っていたとしても、引き落とし口座の残高不足となってしまった場合には、リスクを覚悟しなければなりません。

では、具体的にはどのようなリスクが発生するのでしょうか。

ここでは特に気を付けなければならないリスクとして、「利用停止の可能性」「強制解約や一括請求の可能性」「信用情報にキズが付く可能性」の3つを紹介します。

カード利用停止となる可能性がある

アプラスカードの利用料金を、残高不足によって支払えなかった場合には、クレジットカードが利用停止となる上、カード会社から督促の連絡が入ります。

もしも、督促の連絡を無視してしまった場合には、カード会社の信用を著しく損なってしまうため、真摯に対応しなければなりません。

ちなみに、利用停止の可能性については、規約にも書かれていますので、確認しておいてください。

カードの引き落とし日に残高不足で払えない!遅れても当日入金でOK?

強制解約や一括請求の可能性がある

もしも督促を無視し続け、滞納が長期間になると、アプラスカードが強制解約となる可能性もあります。

また、未払い分を一括請求されることも考えられるため、気を付けなければなりません。

もしも、カード会社側が法的手段に訴えた場合には、裁判所から呼び出されるケースもありえます。

財産となるものが差し押さえられる可能性もあるため、滞納は大きなリスクなのです。

信用情報にキズが付く可能性がある

引き落とし口座が残高不足となり、滞納した場合には、信用情報にキズが付く可能性もあります。

個人が行うクレジットカードなどの金融取引は、信用情報機関に履歴が残ります。

もしも信用情報ブラックとなってしまうと、ほかのクレジットカード審査や、各種ローンの審査で不利となってしまうのです。

今後の生活に支障がでる可能性もあるため、信用情報は健全に保たなければなりません。

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

引き落としで残高不足を起こさないために

アプラスカードに限ったことではありませんが、クレジットカードの引き落としが残高不足でできないと、利用停止や最終的に強制解約となり、信用情報にキズがついてしまう可能性があります。

そこで、残高不足で引き落としができないという事態にならないための、対処法を紹介します。

引き落とし日時と時間

まずは、アプラスカードの引き落とし日時を確認して、入金が遅れないように心がけてください。

締め日ショッピング毎月5日
キャッシング毎月末日
引き落とし日ショッピング・キャッシングどちらも毎月27日
(ただし、金融機関が休日の場合は翌営業日)

引き落とし時間は、金融機関によって異なります。

引き落とし日が土日祝の場合

引き落とし日が土日祝日の場合は、金融機関が休業日のため、翌営業日が引き落としとなります。

例えば、27日が土曜日という時は、29日月曜日が引き落とし日になるという訳です。

また、ゴールデンウィーク期間中も、金融機関が長期休業になるので、引き落としはゴールデンウィーク明けの営業日になります。

【参考】2019年の場合

ゴールデンウィーク期間4/27(土)から5/6(月)
引き落とし日5/7(火)

長期休暇の場合、引き落とし日に猶予ができますが、それまでに使ってしまわないように注意してください。

引き落とし口座を変更する時

アプラスの引き落とし口座がメイン口座でなく、毎回入金が大変という場合は、お給料などが入金される口座に変更してしまうのもおすすめです。

引き落とし口座の変更申込みは、電話やインターネットで可能です。

電話で行う場合はアプラスのカスタマーサポートへ電話をかけます。

カスタマーサポート電話番号0570-008-789(有料)
受付時間9:00~17:30(日祝休み)
自動音声応答6:30~25:00
(年末年始を除く)

手順は電話をかけ、メニューコード1→4→3を押し、音声ガイダンスに従い手続きを行います。

手続き終了後、1週間から10日ほどで「口座振替登録依頼書」が届きますので、必要事項を記入し、アプラスへ郵送すれば終了です。

なお、変更した口座からの引き落としはアプラスに「口座振替依頼書」が届いた翌月からになりますので、気を付けてください。

また、アプラスのオンラインサービスNETstaton*APLUSに登録している人は、インターネットで、手続き可能です。

対象金融機関に口座を持っていれば、「口座振替登録依頼書」提出不要で、変更手続きが完了できます。

インターネットで手続きを行った場合も、手続きを行った翌月から引き落とし口座が変更になります。

当日入金でも間に合うの?

アプラスカードの引き落としは毎月27日となっています。

土日祝日が27日に重なった場合は翌営業日となりますので、把握しておいてください。

基本的には引き落とし日の前日までには入金しておく必要がありますが、1日に数回引き落としが行われるため、当日入金でも間に合う可能性はあります。

ただし、銀行ごとに引き落としのタイミングが異なるため、ちゃんと引き落としができたかは履歴を見て確認してください。

カードの引き落とし日に残高不足!当日入金で大丈夫?

アプラスカードの内容をおさらい

アプラスカードは、新生銀行グループ発行のクレジットカードで、豊富なサービスにより、ライフスタイルをワンランク上のものにしてくれます。

しかし、万が一引き落とし残高不足になってしまうと、さまざまなリスクが発生してしまうため、気をつけて利用することをおすすめします。

そんなアプラスカードの内容のおさらいとして、「アプラスカードの特徴」「アプラスカードのラインナップ」「アプラスカードの優待やポイント還元」について詳しく見て解説します。

アプラスカードの特徴

アプラスカードはVISAやJCB、マスターカードなどの国際ブランドとなっており、多くのお店やネットショップなどで活用することが可能です。

各種アプラスカードの年会費、初年度が無料で、翌年以降はアプラスカードの種類ごとによって異なります。

初年度無料であるため、気軽に保有可能な1枚です。

アプラスカードは毎月5日締めの27日払いですので、把握した上で計画的な利用を行ってください。

アプラスカードのラインナップ

アプラスカードのラインナップはとても充実しており、生活スタイルに合わせた選択がしやすいメリットがあります。

アプラスカードのラインナップを一覧でまとめましたので、他のカードが気になる人は是非参考にしてください。

アプラスカードのラインナップ特徴
海外プリペイドカード GAICAVisa payWave対応プリペイドカード
アプラスアクシスカードプラス使えば使う程ポイント還元率があがる
アプラスヤングアクシスカードプラス国内外の旅行傷害保険が付帯
新生アプラスゴールドカードプレミア特典豊富なワンランク上のカード
新生アプラスカード安心のショッピング保険
Tカード プラス
(アプラス発行W)
Tポイントがお得に貯まる
Tカード プラスTSUTAYAレンタルがお得
清水エスパルスデザインのTカードプラス清水エスパルスのシーズンシートを購入で分割払手数料無料
マンチェスター・ユナイテッドカード GOLDオリジナル特典豊富
マンチェスター・ユナイテッドカードシーズン成績ボーナスポイントあり
ボルシア・ドルトムントカードゴールドクラブオフィシャルグッズをプレゼント
ボルシア・ドルトムントカードクラブオフィシャルグッズをプレゼント
CNプレイガイドカードチケット先行販売の抽選が有利
Tカード プラス
(スマイルパーソナル)
会員特別価格で給油
Tカード プラス
(コバックメンバーズ)
車検のコバック発行のTカード プラス
ECナビカードプラスECナビでのショッピングで、ポイント3重取りが可能
エバーライフカードボーナスポイントがお得
G・O・GカードPCやスマホ、タブレット、周辺機器のサポートが会員割引

優待やポイントの恩恵あり

アプラスカードはカードごとに、さまざま優待や恩恵があります。

それぞれのカードの強みを理解してから申し込みしてください。

各アプラスカードに共通していることとしては、公共料金の支払いや税金の支払いでも、ポイント還元がなされるところです。

どうせ支払わなければならないものですから、少しでもお得に支払うことをおすすめします。

アプラスの引き落としに関するQ&A

アプラスの引き落としに関する質問に、Q&A方式で回答していきますので、参考にしてください。

引き落としされていない時は電話でオペレーターに連絡すべき?
アプラスの引き落とし日は27日ですが、27日が土日や祝日であった場合、翌営業日が引き落とし日になります。まず、引き落とし日が土日祝日ではないか、確認してください。また、アプラスに店舗などから届く請求が遅れると、請求日が遅れる場合もあります。不安な場合は、アプラスに電話連絡をしてください。
支払い日に遅れるとすぐに信用情報ブラックになる?
多くの人が支払い遅延をしてしまうと、すぐに信用情報ブラックになると思っているようなのですが、実は1回程度の遅延ではすぐに信用情報ブラックになるとは限りません。カード会社からの督促の電話に対して、迅速かつ丁寧に対応していれば、信用情報にまでは記録されない可能性が高いのです。ただし、カード会社の履歴には残ってしまうため、いずれにせよマイナス面とは考えなければなりません。
アプラスは引き落とし日の変更をできる?
アプラスは、引き落とし日を変更することができません。遅れた場合は、再引き落としはできず、アプラスの口座へ直接振込みを行う必要があります。
引き落とし内容の明細を確認するには?
引き落としの明細内容は、毎月送られてくる明細書で確認を行います。また、アプラスのWEBサービスを利用して確認も可能です。WEBサービスでは毎月の締め日のあと、請求額が確定すると、メールで確定の案内がきます。インターネットが使えればいつでも確認できることや、郵送にかかる時間の短縮というメリットがあります。なお、WEBサービスを利用するには、NETstation*APLUSで、「カードご利用明細WEBサービス」へ登録が必要です。
引き落としが反映されるタイミングは?
引き落としのタイミングは利用している金融機関によって異なります。当日でも間に合う可能性はありますし、間に合わない可能性もあります。引き落としされないということがないように、前日まで入金することをおすすめします。

まとめ

アプラスカードは豊富なカードラインナップと、さまざまな特典によって、賢く活用することが可能です。

しかし、残高不足で支払いができなかった場合には、リスクが伴いますので、十分気を付けてください。

それさえ気を付けていれば、とてもお得で便利なクレジットカードだといえます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能