馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

自転車にはさまざまな種類がある!まず何が欲しいか考えよう

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

自転車にはさまざまな種類があります。

このため自転車が欲しいと思った場合は、どのような目的で使うのかをよく考えておくことが必要です。

また自転車の種類によって、適する購入箇所も変わります。

自転車にはさまざまな種類がある

ひとくちに自転車といっても、目的に応じてさまざまな種類があります。

どのような種類があるか、解説します。

一般用自転車

買い物などの普段使いに適した自転車で、別名「ママチャリ」とも呼ばれます。

多くの自転車には前かごがついており、荷物などを一緒に持ち運べます。

毎日の通勤・通学や、新聞配達、警察など、幅広い目的で利用されています。

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、モーターの力を借りて、少ない力でも楽に走行できるようにした自転車です。

代表的な製品として、ヤマハのPASがあります。

特に坂道での走行や、女性や高齢者でも楽に走ることが可能な点が特徴です。

スポーツ用自転車

自転車にはサイクリングを楽しむ目的で使われる、スポーツ用自転車もあります。

代表的なものに、以下の3種類があります。

  • 舗装道路を高速で走行する目的の「ロードバイク」
  • 山道など舗装されていない道を走る目的の「マウンテンバイク」
  • 舗装道路でも山道でも使える「クロスバイク」

欲しい自転車により購入場所も変わる

自転車はさまざまなお店で販売されていますが、どの自転車でも得意というお店は少ないものです。

あなたがどの自転車を欲しいかによって、おすすめの購入場所は変わります。

ホームセンター等の自転車売場

大型スーパーやホームセンターでは、自転車を取り扱う店舗も多いです。

ふだん自転車を扱わない店舗でも、新生活の時期には販売する場合もあります。

安価な一般型自転車が主体となりますので、ふだん使いの自転車を探す場合に向いているといえます。

自転車専門の量販店

最近では自転車専門の量販店も増えてきました。

一般用からスポーツ用まで、さまざまな種類の自転車を取り扱うことが特徴です。

また個人経営の自転車専門店と異なり、多くの種類から好きな自転車を選べることがメリットです。

一方で店員の知識にはばらつきがあります。

特にスポーツ用自転車の知識には疎い場合もありますから、ご自分でもよく確認しましょう。

スポーツ用自転車専門店

スポーツ用自転車の購入であれば、スポーツ用自転車専門店がおすすめです。

スポーツ用自転車に特化している分、かゆいところに手が届く説明が受けられます。

お店のなかには、さまざまなメーカーの自転車を取り扱う専門店もあります。

関連記事をチェック!

ロードバイクが欲しいけど買えない人の金策法

ロードバイクは手ごろなものでも5万円程度しますし、高いものだと20万円以上覚悟する必要があります。 ロードバイクが欲しいけど買えないなら、どうやって手に入れれば良いのでしょうか? その金策...

ロードバイクが欲しいけど買えない人の金策法

通販や中古品で購入する場合

自転車を安く購入するには、通信販売で購入する方法があります。

また中古品で購入する方法もありますが、不良品をつかまされないようにチェックが必要です。

通信販売で購入する

ネット通販などで自転車を購入すると、実店舗よりも安く購入できる場合があります。

また生産量が少ないなど、店舗で見かけないタイプの自転車を入手するにも便利な方法です。

一方、通信販売で購入した自転車は、自分で組み立てなければならない場合もあります。

事前に試乗もできないので、自分に合うかどうかわかりづらい点もデメリットといえます。

中古品を購入する

自転車は、中古品を購入する方法もあります。

中古品はこれまでの使用状況により、劣化度合いはさまざまです。

このため購入にあたっては、状態をあなたの目で確認することが必須です。

せっかく購入したのに動かなかったり、多額の修理費が必要となると、かえって損になります。

特に通信販売で購入する場合は、信用のできるお店以外からの購入は避けましょう。

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、普通の自転車よりも軽い力で速度を出せることがメリットです。

その反面、通常の自転車にはない注意点もあります。

普通の自転車より重い

電動アシスト自転車はバッテリーを積んでいる分、普通の自転車よりも重くなります。

乗るときは楽でも、動かしにくいのでは困りますから、販売店で動かしやすいかどうか確認することをおすすめします。

有名メーカーの新品を選ぶ

電動アシスト自転車のバッテリーは消耗品ですから、充電回数が増すに従って充電しにくくなります。

このため中古品は多少安くても、トータルでは損することになりかねません。

さらに無名メーカーの商品では、バッテリーの充電ができないといったトラブルに見舞われる場合もあります。

電動アシスト自転車を購入する際は、実績のあるメーカーの新品を選ぶようにしましょう。

また電動アシスト自転車にはさまざまな種類がありますから、できれば自転車専門店で相談しながら購入することがおすすめです。

欲しい自転車を無償でもらう方法

自転車は、無償でもらうことができる場合もあります。

購入費用が不要であることはメリットですが、注意すべきポイントもありますので解説します。

不用品交換サイトを利用する

一部の不用品交換サイトでは、自転車が無料で出品されている場合があります。

この場合、多くはさびがあったり、パンクなどの故障がありますから、何らかの修理が必要となります。

また自転車を取りに行く手間がかかるほか、不良品でも返品ができない場合も多いです。

公的機関から引き取る

一部の自治体では、自転車を無料でもらえる場合があります。

この場合、修理がされていない場合がありますから、自分で修理をしなければなりません。

また引き渡せる台数が限られている場合がありますから、人数が多い場合は抽選になったり、早い者勝ちとなることも多いです。

このため、欲しい自転車をもらえるとは限りません。

防犯登録も忘れずに

無料でもらった自転車でも、500円の防犯登録は必要です。

お店や公的機関から引き取る場合は、引き渡し元の施設が行ってくれます。

一方で個人から譲り受ける場合は、自分で手続きを行う必要があります。

手続きは自転車を扱う店では可能となっていますが、お店によっては受け付けない場合もあります。

このため防犯登録だけの手続きを受け付けるかどうかは、事前にお店へ確認をする必要があります。

また前の所有者から「登録カードお客様控え」を受け取るか、所定の譲渡証明書を記入してもらう必要がありますから、忘れないようにしましょう。

まとめ

自転車はさまざまな種類がありますから、どの用途にも適した自転車は存在しません。

このため、選ぶ際には何よりも目的をはっきりさせることが重要です。

また目的によって、購入先も変わります。

普段使いの自転車で、安くてよい場合であれば、ホームセンターなどの自転車売場も選択肢になるでしょう。

または自転車専門店に行くと、多くの種類から好みの自転車を選べるメリットがあります。

電動アシスト自転車を購入する場合は、自転車専門店の方がよいでしょう。

一方でサイクリングを楽しむなどの場合は、スポーツ用自転車専門店での購入がおすすめです。

さまざまなメーカーの自転車を扱う店もあり、この場合はより良い自転車を選ぶことができます。

自転車は通信販売や中古自転車の購入などで、安く手に入れることもできます。

しかし自転車の状態は、入念に確認することが必須です。

このため、初心者は店舗で新品を購入した方が、確かな品物を安く手に入れることができます。

特に個人から入手する場合は、ご自身で防犯登録をする必要がありますから、忘れないようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    1

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1pro-1 aifl-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能