馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

残高不足を気にする必要なし!ドコモiDってどんなサービス?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

NTTドコモが提供している電子マネーに、「iD(アイディ)」というものがあり、おサイフケータイで利用するか、クレカや電子マネーカードで活用することが可能です。

そんなドコモiDについて詳しく解説します。

ドコモiDってどんな電子マネー?

近年はさまざまな電子マネーが普及しており、商品購入やサービスの利用を、とても便利なものにしてくれています。

中には、電子マネー主体での購買活動によって、現金をほとんど持ち歩かないという人もいらっしゃるようです。

今では当たり前となった日もあるのですが、登場したばかりの黎明期から、ドコモiDは広がりを見せていました。

まずは、ドコモiDの特徴として、「iDの支払い方法が後払い」「パスワードもサイン不要で使い方が簡単」「クレジットカードポイントが貯まる」ということについて紹介します。

iDの支払い方法は後払い

ドコモiDは、支払方法は後払いということがあります。

電子マネーの多くが前払い制度を採用しているため、利用するためにはすでにチャージをしておかなくてはなりません。

もしも、チャージが切れた場合には、その電子マネーを利用することができません。

しかし、ドコモiDは後払い式であるため、万一の残高不足でも利用することが可能なのです。

利用限度額は、クレジットカードの限度額の範囲で使うことができるため、プリペイド式とクレジットカードの良い所取りをしたような電子マネーです。

使い方簡単!パスワードもサイン不要

クレジットカードを利用する時には、必ずサインを求められます。

また、デビットカードを利用する時には、暗証番号を入力する必要があります。

しかし、ドコモiDは、どこで利用したとしてもパスワードもサインも要りませんので、とても手軽にお買い物を楽しめます。

ただし、1万円以上の買い物の場合には、暗証番号が必要となるほか、お店によってはサインを求めるところもあるため、想定しておきましょう。

いずれにせよ、決済端末の普及によって素早い支払いが可能です。

クレカポイントが貯まる

ドコモiDは、クレジットカードと紐付けることにより、後払いを実現させている電子マネーですので、利用するごとにクレジットカードのポイントが貯まります。

たとえば、ドコモiDで1万円分の買い物をして、クレジットカードで2万円分の買い物をすると、請求は3万円となります。

この3万円に対してポイントが貯まるため、クレジットカードのポイント還元率が重要となります。

ドコモiDと紐付けるクレジットカードは、ポイント高還元のものを選びましょう。

知っておきたいiDの豆知識

初めてドコモiDを利用しようと考えている人や、電子マネー自体使ったことがないという人は、どのように利用すれば良いのか、イメージができないかも知れません。

そこで、ドコモiDの基本情報を豆知識情報を含めて紹介いたします。

ここでは、「読み取り機にかざすだけ」「dカードGOLDで使う場合」「アンドロイドおサイフケータイの場合」「クレカの残高確認」の4つを解説しますので、ぜひ知っておきましょう。

読み取り機にかざすだけ

ドコモiDの利用方法はとてもシンプルで、たとえばお店で活用する場合は、電子マネー決済を行うことを店員さんに伝えて、電子マネー読み取り機にかざすだけです。

難しい設定や、ややこしい操作は不要であるため、誰でも手軽に活用することができます。

店頭で、小銭を探す手間や、お釣りお財布にしまう手間、細かいお金にならないように端数を計算して支払う手間など、一切必要なくなりますので、使ってみるとその利便性に驚かれるかと思います。

また、Suicaやnanacoの場合は、残高不足時にチャージをしなければならず、どうしても端数残高が残りがちです。

しかし、どこもiDは後払いであるため、端数残高も気にしなくて良いのです。

dカードGOLDで使う場合

ドコモiDは、電子マネーとクレジットカードが紐付いていることで、支払いを一元化できて管理が楽となります。

先ほどもお伝えしたように、電子マネーの支払いとクレジットカードの支払いがまとめて決済されるため、別々に管理する必要がないのです。

ちなみに、100円の利用ごとに1ポイントのdポイントが貯まり、ドコモの各サービスに利用できるため、特にドコモユーザーにオススメです。

また、ゴールドカードであるdカードGOLDの場合、家族カードもドコモiDが使えますので、家族みんなで電子マネーを共有することも可能です。

アンドロイドおサイフケータイの場合

もしも、お手持ちのスマートフォンがアンドロイドで、アンドロイドおサイフケータイで 活用する場合には、アプリのダウンロードが必要となります。

ドコモiDのアプリをダウンロードして、電子マネーの情報を登録しておきましょう。

お手持ちのアンドロイドにダウンロードすると、新規利用か、引継ぎかの選択をすることになります。

必要な項目を入力して、早速利用してみましょう。

また、スマホアプリで初期設定をする場合には、クレジットカード決済のほかにも、ドコモ決済を選ぶこともできます。

ドコモ決済を選んだ場合には、ドコモの通信料と合わせて請求されますので知っておきましょう。

クレカの残高確認

ドコモiDは、ドコモ決済も可能ですが、原則的にはクレジットカードと紐付けることになります。

ここで1つ知っておくべきこととしては、電子マネーを利用することによって、クレジットカードの利用可能額が減ってしまうということです。

たとえば、クレジットカードのショッピング枠が30万円だったとして、電子マネーで5万円利用した場合には、クレジットカードのショッピング枠は残り25万円と狭まります。

便利な電子マネーであるがゆえに、知らず知らずのうちにクレジットカードの限度額に達してしまうことも想定されるため、念のため、ご利用中のクレジットカード会社での残高確認の方法もチェックしておきましょう。

iDが使える店を把握しよう!

せっかく便利な電子マネーがあったとしても、利用店舗が少なければ利便性は低くなりますが、ドコモiDの場合は利用可能な店舗がとても多いというメリットがあります。

たとえば、電子マネーのWAONは、ミニストップやファミリーマートで活用することはできますが、競合店であるセブンイレブンでは利用できません。

逆に、セブンイレブンのnanacoは、競合であるイオン系列のコンビニで利用することができません。

しかし、ドコモiDは流通業ではないため、提携コンビニのしがらみがありません。

そのため、メジャーであるコンビニの大半で利用することが可能です。

各スーパーやマクドナルド、ガスト、コカコーラの自動販売機などでも利用可能であるため、とても便利に活用することができるでしょう。

有効期限があるiDもある

ドコモiDの電子マネーの中で、キャッシュバックによっていた電子マネーは、利用期限が無期限というわけではありません。

有効期限が設定されているiDもあるので注意が必要です。

また、キャッシュバックを複数回受けた時には、もともと持っていたiDの利用期間は、新たなiDに更新されるため、頻繁にキャンペーンを適用していると、利用期間を上手に延長することが可能です。

キャッシュバックの利用期限は、公式サイトにログインすれば確認することができますので、時々チェックしておきましょう。

ドコモの携帯料金の割引は不可

キャッシュバックで得たiDは、ドコモケータイの月額に充てることはできません。

ほかにも、ドコモ光、故障修理代、事務手数料、mastercard/VISA、ETC、キャッシング、年会費、遅延損害金などの一部についても充当できないので気を付けましょう。

ポイント移行も不可

ドコモiDは、ほかのポイントプログラムへ電子マネーを移行することはできません。

ドコモユーザーが、dポイントから交換することは可能ではありますが、他社からのポイント交換には対応していません。

独立した電子マネーであることを把握しておきましょう。

まとめ

ドコモiDは、全国的に利用できる店舗の多い電子マネーで、後払い式という特徴があります。

そのため、残高を気にせず、便利に利用することが可能です。

クレカとの支払いが一元化するため、家計管理を楽にしながら、手軽に活用することができるでしょう。

ドコモのdカードでお金を借りることができる?

ドコモカードでキャッシングする時のメリットデメリット

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1pro-1 aifl-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能