お金に困ったときは「お金がない馬」

Visaデビットカードの審査に落ちた!原因は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

デビットカードは金融機関が発行するカードで、支払いのあと即時に口座から引き落としされるという特徴があります。

審査がないから簡単に作れるカードというのがデビットカードの魅力ですが、審査に落ちたという人もいます。

デビットカードでも審査は存在するのか、また審査落ちする原因は何か解説していきます。

デビットカードに審査はあるの?

デビットカードとクレジットカードの違いは、カードを使って購入した分を「誰が立て替えるのか」というところです。

クレジットカードの場合は、カード会社が商品代金をその場で立て替えて締め日にまとめて利用者に請求を行います。

一方、デビットカードは多少のタイムラグはあっても、基本的にはその場で指定の預金口座から支払い分が引き落とされます。

つまり発行している金融機関が代金を立て替える必要がないのです。

立て替える必要がないとなれば、金融機関としても貸倒れのリスクを回避できますから、審査を行う必要はありません。

そのため、デビットカードの作成では「審査なし」と明記されている金融機関が多いです。

デビットカードは、利用すると即時に口座から代金が引き落としされるカードであり、代金を立替えるクレジットカードのように審査なく作れます。

しかし、中にはデビットカードの審査に落ちたという人もいますので、実際のところデビットカードには審査があるのではと思っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、金融機関が発行するvisaデビットカードを作る際には審査があるのか、ある場合にはどのようなことが原因で審査落ちしてしまうのかなどについて紹介していきたいと思います。

1.審査があるデビットカードもある

一般的にデビットカードには審査がないと言われており、発行している金融機関でも「審査なし」と謳っているように、基本的にデビットカードを作るときには審査がありません。

従って、過去に金融事故を起こした「ブラックリストに載っている」人でもデビットカードであれば作れます。

しかし多様化するデビットカード業界で生き残りをかけるために独自サービスを附帯し、そのサービスがあるためにデビットカードでも審査を行う金融機関は存在します。

デビットカードでも審査を行っているカードを幾つか紹介します。

関連記事をチェック!

キャッシュカードとは何?~クレジットカードやデビットカードとの違いは?~

キャッシュカードはATMでお金を引き出すだけでなく、いろいろな機能が加わったものが増えました。 キャッシュカードの様々な機能や違いについてしっかりと理解し、さらに便利に活用できるようにしたいです...

2.スルガ銀行の【SURUGA Visaデビットカード】

スルガ銀行から発行されているSURUGA Visaデビットカードは、年会費無料で、利用金額に応じポイントやキャッシュバック、マイル(インターネット支店のみ)が貯まる独自のサービスを展開しています。

海外旅行先で利用した場合、現地通貨を引き出せますし、お買い物安心サービスや盗難補償も自動附帯していますので、通常のクレジットカードと同じ感覚で利用できます。

しかし問題はここからです。

先に話したようにカードを利用した分は預金口座から引き落とされますが、加盟店の集計などで即時引き落としにならない場合もあるのです。

またタイムラグが発生するので残高よりも多く、カード利用が可能になることがあります。

その場合はスルガ銀行が立て替えてその後請求となるのです。

つまりスルガ銀行が立て替えていますので、もはやデビットカードの領域を超えクレジットカードと同じ機能になってしまいます。

そのためスルガ銀行ホームページにも、「当社の総合的判断によりVisaデビット機能なしのカードが発行されることがあります」と明記されていることから、暗に「デビットカードであっても審査を行います」という意味に捉えられます。

3.みずほ銀行【みずほJCBデビット】

みずほ銀行から展開されているみずほJCBデビットは初回年会費無料、次年度は前年度1度でもカードを使えば無料です。

附帯保険としてショッピング保険、国内外旅行傷害保険、不正使用時補償が付いています。

ショッピング利用は世界のJCB加盟店で利用可能ですが、加盟店の請求タイミングで残高よりも多くカード利用ができることがあると明記されています。

その場合はみずほ銀行が料金を立て替え、利用した加盟店に支払い、その後みずほ銀行から請求が入るという流れですので、みずほ銀行が一時的であっても立て替える可能性があるので審査は行われるものと考えられます。

公式ホームページを確認しても「審査不要」と明記されていませんので、クレジットカードほどの審査ではないにしろ審査なしでカード発行される可能性は低いです。

4.イオン銀行【イオンデビットカードVISA】

イオンでの買物は現金よりもイオンカードで支払った方がポイントも付きお得です。

しかしクレジットカードは使いすぎが怖いためデビットカードに申込みを検討する人も多いのですが、イオン銀行デビットカードも審査が発生します。

銀行のシステムメンテナンスや口座残金が不足した場合、通常はカード利用自体できなくなるのですが、イオンデビットVISAの場合、一時的に10万円まで立て替える「バックアップサービス」を行っています。

例えば口座預金残高が1万円、カード利用金額が3万円の場合2万円不足していますので、不足分の2万円はバックアップサービスの10万円から差し引かれるという仕組みです。

これも代金をイオン銀行が加盟店に立替払をするのですから、自ずと審査が発生します。

5.VISA、JCBのデビットカードは審査があるのか

よく「VISAデビットカードの審査に落ちた」「JCBデビットカードの審査に落ちた」という声を聞きますが、VISA,JCBはデビットカードに関し審査を行いません。

VISAやJCBは決済システムを発行する銀行加盟店に貸しているだけなので、直接デビットカードを発行している銀行にしか審査をする・しないの権限がないのです。

そのためたとえ同じ「VISAデビットカード」であったとしても、どこの銀行から発行されているかで審査の有無が変わってきます。

審査のないデビットカードにも審査落ちはある

デビットカードは、利用と同時に口座から引き落としされるシステムなので貸し倒れのリスクはないと言えます。

しかし、口座の開設ができなければデビットカードを作れません。

銀行口座の開設ができないケースに、以下のようなものがあります。

  • 本人確認できない
  • 住所がない
  • 反社会的勢力に該当する
  • 返済事故等でブラックリストに載っている

また、口座が開設できないことの他に、デビットカードに融資機能があらかじめ付帯されている場合も審査落ちすることがあります。

融資機能が付いている=立て替える可能性があるということなので、審査が必要になってくるわけです。

以下で、デビットカードの審査に落ちる原因をいくつか紹介していきます。

デビットカード審査に落ちる原因とは

デビットカードの中には、審査が必要なものもあります。

特に銀行が立替えを行うバックアップサービス等が付帯しているデビットカードですと、通常のクレジットカード同様の審査が行われていることがあります。

どこの金融機関も審査内容は公表していませんが、可能性のある審査落ちの項目に該当していないかを確認してみましょう。

銀行口座を作れない

先述の通り、デビットカードを作る大前提として、申込先の銀行に口座を所有する必要があります。

そこの口座がなければ使用時に引き落とせませんので、口座を作れなければ審査にとおることもありません。

銀行口座開設で必要な本人確認書類を未提出であったり、反社会的勢力に加担していたりする人は口座を作れませんので、まずは口座が問題なく開設できているのかを確認してみましょう。

過去に申込先銀行とトラブルがあった

過去に申込先銀行に対し、借りたお金の返済を怠っているなどトラブルがあった場合も審査落ちの原因となってしまいます。

信用情報機関に記載されるまでもない短期延滞であっても審査落ちの原因となり得ます。

信用情報には記載されていなくても銀行内での自行情報には残っていますので、幾らデビットカードであっても一度でもトラブルがあった顧客は信用に値しないと判断されてしまいます。

申し込み条件に合っていない

多くのデビットカードは15歳から(中学生は除く)申込み可能ですが、その対象年齢に該当しているのか、またその他の申し込み条件はないのかを先に確認しておくと安心です。

申込み対象者はどの金融機関にも明記されているため、そこを無視し申込みをしても審査落ちになるだけです。

申し込み不備

入力ミスの場合であっても、事実と異なる情報を申込時に記載していると、虚偽申告とみなされ審査に落ちてしまう原因になります。

店頭窓口で直接申込みをするならば、記載ミスもその場で訂正できますが、WEB申込みをする場合、申込者が単にうっかり記入ミスをしたのか、わざと間違えたのか判断するのは困難です。

これから申込者を信用してカードを発行するための審査に、虚偽の申告をするということは、それだけで信用できない人だと判断されてしまいます。

特にWEB申込みを行う場合には入力に誤りはないかを確認しておくことをおすすめします。

デビットカード審査に落ちたらどう対応すればいいのか

デビットカード=審査なしと思うのが一般的ですから、デビットカード審査に落ちてしまうと精神的に落ち込んでしまいます。

しかし中には審査がないデビットカードがありますので、次回申込みを検討するならば審査なしのデビットカードにしておくといいでしょう。

サービス内容の充実などで、どうしても審査ありのデビットカードに魅力を感じるのであれば、審査落ちになる原因を排除しておくことが重要になってきます。

収入の有無は関係あるのか

収入があってもなくても、預金口座に残高がなければ使えないのがデビットカードです。

そのためクレジットカードとは異なり安定した収入を得ていなくても申込みは可能です。

しかし先に解説したような立替払を行っているデビットカードの場合は、支払い能力が問題になる可能性もあります。

また今後の生活を長い目で考えると、少額であっても収入源は確保しておいた方がクレジットカードの審査にも通りやすくなりますので、可能ならば収入を得ていた方がいいでしょう。

ブラックでも本当に問題ないのか

審査がないデビットカードであればブラックであっても問題ありません。

ブラックリストにのっている人は通常のクレジットカードに申込みをしても審査に通る可能性は極めて低いです。

デビットカードはクレジットカードと違って、支払い後すぐに銀行口座から引き落としされるため、口座にお金があれば利用できます。

口座にお金がなければデビットカードが使えないというだけであるため、金融機関にとってもクレジットカードほどリスクがありません。

そのため、審査なしのデビットカードの場合は、ブラックの人でも口座に残高がある人であれば問題なく利用できるのです。

審査がないデビットカードは、その分基本的なサービスしか付いていませんが、何に利用するためにデビットカードを持つのかという点を考え、シンプルな機能でも需要に沿えば問題なく使えるでしょう。

デビットカードの審査に落ちた!再申し込みはどこがいい?

先に話したように審査がある銀行であれば、デビットカードの審査に落ちてしまうことも十分に考えられます。

再申し込みをすること自体は可能ですが、なぜデビットカードが必要なのか、デビットカード以外のカードに申込みできない理由は何かを今一度考えた上で、再申込先を検討していきましょう。

ネットショッピングなら楽天銀行「楽天銀行デビットカード」

ネットショッピングでカードを使いたいということであれば、審査なしで作れる楽天銀行デビットカードがおすすめです。

年会費無料、100円ごとに1ポイント付与、ショッピング利用だけでなく公共料金支払いや携帯料金支払いまで使用できますので、ポイントも貯まりやすくなっています。

たまったポイントは楽天グループで使えますし、楽天銀行の振込手数料としても活用できます。

万が一残高不足などで即時引き落としができない場合には、単純にデビットカードが使えなくなるのみで立て替え制度もありませんので、安心してショッピングを楽しめます。

ゲーム好きなら「Sony Bank WALLET」

ソニー銀行が展開しているSony Bank WALLETも審査不要のデビットカードです。

特にゲーム好きにはたまらない特典が多く、PlayStationストアやネットワークでゲームタイトルを購入した場合には利用額の2%がキャッシュバックされます。

ゲーム本体は3%のキャッシュバックと、お得に買い物ができます。

またカード発行月~翌々月まで5回以上カードを利用した場合、現金1,000円をもれなくプレゼントしてもらえるサービスも展開しています。

申込み対象者は15歳以上という年齢制限のみですので、子供にカードの使い方を教える最初の1枚としても活用できるのではないでしょうか。

【徹底比較】ソニー銀行VS新生銀行!口座開設するならどっち?

デビットカードでも質を求めたいなら「ちばぎんスーパーカードゴールド」

たとえデビットカードであってもそれなりのステータス性とサービスの質を求めたいということであれば、おすすめなのは「ちばぎんスーパーカードゴールド」です。

デビットカードには珍しいれっきとしたゴールドカードです。

申込み対象は20歳以上でちばぎんの口座を所有している人となります。

年会費10,800円が発生しますが年会費に見合うサービス内容で、国内外の旅行補償、ショッピングガード保険、空港ラウンジ無料が自動附帯されます。

また1日の利用可能額ですが、クレジットカードが1日50万円までなのに対し、スーパーゴールドは1日200万円と通常のカードよりも利用限度額が高いのも特徴です。

ただしゴールドカードであること、また加盟店の請求タイミングでちばぎんが立替え払いする可能性もあることから、一定の審査が行われる可能性は出てきますので注意が必要です。

審査なしでプラチナカード「タカシマヤプラチナデビットカード」

タカシマヤプラチナデビットカードはタカシマヤ優待サービスとSony Bank WALLETが一体型となったデビットカードです。

年会費32,400円発生しますが、タカシマヤでの利用で最大10%のポイント付与とメンバーズサロンへの招待、駐車代最大5時間サービス、店内レストランでのドリンクサービスなどタカシマヤの品質はそのままにお得に利用可能です。

またVISAプラチナサービスとして、24時間365日対応可能のコンシェルジュ、海外トラベルデスクなど利用者だけの特別なサービスを提供することもうれしい特典のひとつと言えるでしょう。

年会費という費用は発生するものの、それに見合うサービスの質そして面倒な審査不要という箇所を考えるとお得な1枚なのではないでしょうか。

審査に落ちても再申込み可能

デビットカードの審査に落ちてしまった場合でも、再申込をすることが可能です。

しかし、再申込をしても審査は必ず受けなければなりませんので、ここでまた審査落ちとなる可能性もあります。

イオンデビットカードのように、審査がある場合には加盟する個人信用情報機関に信用情報を照会している可能性があります。

したがって、デビットカードと言えどもローンやクレジットカードに申込んだ時のような審査が行われると予想されます。

再申込をする場合には、信用を高くしてから申込むことが望ましく、2度目の申込で審査通過できるように対策する必要があります。

まとめ

デビットカードは審査なしで展開している金融機関が多いのですが、サービス内容によっては審査を行うところも存在します。

見極めるポイントは「誰が立替払をするのか」という点です。

再申し込みを検討するならば、立替払を行わないデビットカードであり、なおかつ公式ホームページにも「審査なし」と記載されている金融機関を選ぶことをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能