お金に困ったときは「お金がない馬」

【ベッド欲しい!】そんな時にお金を貯める方法とお得に買う方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「ベッドを買いたい!」このような時に、お金を貯める方法とお得に買う方法について解説してみました。

「ベッドが欲しいけど買うお金がない・・・」、「なるべくお得に買いたい!」というような時の参考にしてもらればと思います。

ベッドはいくらくらいするの?

ベッドがいくらくらいするのかはピンきりです。

種類やサイズ、メーカーによっても大きく異なってくるため、一概には言えないのです。

安ければ1万円以下で買えるモデルもありますが、高いと数十万円することあります。

このため、ベッドの購入に必要な費用は欲しいモデルによって変ってきます。

ただし、高級なモデルを希望しない限りは数万円程度で買えるケースがほとんどです。

ベッドの購入費用はどう貯める?

ここからは、ベッドの購入費用はどう貯めれば良いかをお伝えしていきます。

ベッドの購入費用を貯めたい時は、以下の方法を試してみてください。

貯金は貯金専用口座に

貯金をする場合は「貯金専用口座」にするのがおすすめです。

貯金専用口座というのは、入金しかしないと自分の中で決めている口座のことです。

入金しかしないため、口座残高は増えていく一方ですので、入金と出金がある口座よりもお金が貯まりやすいです。

給料を貰ったらすぐに貯金する

給料を貰ったらすぐに貯金をするようにしてください。

給料が振込されたら、生活費等の必要なお金を計算し、いくら貯金できそうかを確認します。

そして、そのお金をすぐに貯金してしまうのです。

このようにすれば、毎月ほぼ確実に貯金ができるため、ベッドを買うお金が貯まりやすいです。

小銭貯金をする

古典的かもしれませんが「小銭貯金」という手も有効です。

財布の中に余っている小銭を貯金箱に入れる習慣を作ってみましょう。

たかが小銭とはいえ、チリも積もれば山ですのでけっこうな額になります。

とくに100円玉や500円玉を貯金する習慣を作れば、1年続けるだけでも数万円が貯まるケースも少なくありません。

不用品を売却する

不用品を売却して購入費用の足しにするという手もあります。

家に売れそうなものがあれば、それを「ヤフオク」や「メルカリ」、「買取りショップ」などに売ってお金に換えるのです。

それだけでも1万円~3万円程度なら、比較的簡単に現金化出来ます。

ベッドをお得に買う方法

お金を貯める方法の次に知りたいのが、「お得に買う方法」ではないでしょうか。

そこで、この章ではベッドをお得に買う方法を紹介していきます。

ニトリで買う

「ニトリ」と言えば、安くて良いものの代名詞です。

安いものであれば1万円以下で買え、品質もそれなりの物が多いです。

このため、ニトリで買うというのもひとつの手です。

ネットで探す

ネットで探すという手も非常に有効です。

「楽天市場」や「アマゾン」、「激安家具のサイト」などであれば、価格の安いモデルを見つけやすいです。

中には数千円台のモデルも多くあるため、実店舗よりも安く買える傾向にあります。

アウトレット品を狙う

「アウトレット品」を狙うという手もおすすめです。

アウトレット品とは、傷がある物や取扱中止品、修理品など使用に問題はないものの、通常価格では売れない商品のことです。

物によっては半額近く安くなっていることもありますので、このアウトレット品を狙えばお得に買えるケースが多いです。

中古品を買う

中古品で買うという選択肢もあります。

中古品であれば、新品では数万円するモデルが、数千円台で買えるケースもゴロゴロあります。

このため、けっこうなグレードのモデルでも格安で購入できる可能性が高いです。

中古品のベッドは、ヤフオクやメルカリ、中古家具を扱っているお店などで買うことが出来ます。

安くなる時期に買う

安くなる時期に買うという手もあります。

一般的にベッドが安くなる時期は以下の3つです。

  • 決算時期(3月・9月)
  • カタログ入れ替え時期(5月ごろ)
  • 新生活シーズン後(5月ごろ)

これらの時期は値引きをするお店が増える傾向にありますので、通常よりもお得に買える可能性があります。

ジモティーなら無料で入手も!

インターネットにはベッドを無料で入手できるサイトもあります。

それが「ジモティー」です。

ジモティーとは、「あげますサイト」と呼ばれ、不用品を処分したい人とそれを欲しい人が出会うための掲示板です。

このジモティーなら、「引き取りに来てくれれば無料であげます」という場合も多いため、ベッドを0円で入手することも可能です。

また、「送料を負担してくれれば無料であげます」といケースもあるため、引取りにいけない場合はこちらを利用するのがおすすめです。

このジモティーは手数料や利用料が完全無料です。

ジモティー自体はただの掲示板でしかなく、サイトが商品の受け渡しの仲介をしているわけではないので、手数料や利用料は一切発生しないのです。

そのため、ジモティーを上手く活用すればベッドをタダで手に入れることも可能です。

まとめ

ベッドは種類やサイズ、メーカーによって価格が大きく異なり、安ければ1万円以下、高ければ数十万円することもあります。

ただし、一般的なモデルであれば数万円程度で買えるケースが多いです。

このため、何十万円もの大金が必要になるケースは多くありませんので、今回の記事内容を活用してもらえれば、入手するのにそこまで大きな苦労は必要ないかと思います。

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1
条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談